« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月30日 (木)

仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat. スカル MOVIE 大戦 CORE レビュー(ネタバレあり)

 【ストーリー】

●仮面ライダースカル メッセージforダブル
怪人を追跡する仮面ライダーWだが、攻撃を仕掛けるとコインを落とした事に左翔太郎(桐山漣)は驚く。相手がドーパントではないと気付いたフィリップ(菅田将暉)たちだが、放置できずに戦う事に。
そこに駆け付けた照井竜(木ノ本嶺浩)だが、何故か仮面ライダーアクセルに変身せず、生身のまま戦う。
実は今日は竜と翔太郎が務める鳴海探偵事務所の所長・鳴海亜樹子(山本ひかる)の結婚式だった。結婚式の直前に飛び出してきた竜だが、亜樹子がマリッジブルーから『仮面ライダーアレルギー』になっており、竜のアクセルドライバーとアクセルメモリも没収されてしまっていた。父親のいない亜樹子に、父親代わりとして結婚式に出席する予定だった翔太郎も変身して飛び出してしまっており、自分の父親である鳴海荘吉(吉川晃司)も仮面ライダーになって死んでしまった。周りが仮面ライダーばかりで、戦いを優先する事ですっかり仮面ライダー嫌いとなってしまっていたのだ。
S(スパイダー)のガイアメモリを手にし、知識を求めるプテラノドンヤミーを追いかけるダブルたちだが、プテラノドンヤミーに捕えられた亜樹子は鳴海荘吉が生きていた頃の記憶を見ることになる。

まだ亜樹子が幼かった頃、鳴海荘吉は相棒のマツこと松井誠一郎(山本太郎)と共に風都で探偵事務所を開設していた。そんな荘吉に「守ってくれる約束をした筈」と電話を掛けてきたのは、どこか亜樹子に似た性格のメリッサ(山本ひかる)だった。
歌姫であるメリッサは『蜘蛛男』を名乗る人物から自分の望む歌を歌い、100点満点で減点分だけ人を殺すという脅しを受けていたのだ。

人の力を越えたドーパントに敵わない荘吉だが決して諦めようとはしない。
そんな荘吉に、マツにも秘密にしている部屋に匿っていたシュラウド(声:幸田直子)は彼にもスカルメモリとロストドライバーを使うように勧めるも、荘吉は自分の力だけで戦うと拒絶する。

続きを読む "仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat. スカル MOVIE 大戦 CORE レビュー(ネタバレあり)"

| | トラックバック (0)

2010年12月29日 (水)

荒川アンダー ザ ブリッジX2 第13話(最終回)「13 BRIDGE×2」

第190話「荒川王様ゲーム決定戦」
シスターとマリアによる王様ゲーム決勝戦
実力拮抗と思われた勝負だが、マリアによる毒舌攻撃によってシスターは出血多量で既に瀕死状態。
インターバルで輸血を行ったシスター。そして輸血を行ったリクルートこと市ノ宮行はもはや瀕死……シスターと同じ血液型だったんだね。

第191話「宿命の対決」
マリアが優勝してしまえば自分たちはカースト制度の最下層になるに違いないとシスターに輸血したリク。
ミサイルすら迎撃してしまうマリア。
はさみを構えた途端、男性陣全員の脳裏に何故か波平ヘアーが思い浮かぶという恐怖心。
マリアなら十分にやりかねない。

第192話「ガラスハート」
ステラはシスターのポーカーフェースなのは、マリアの技を受けてみんなに笑われたからだとか……
そんなガラスのハートとはとても思えないが。
でも時々繊細だからな。この前の乙女モードの時と言い。

第193話「神の声」
毒舌攻撃の上、トラウマで銃口の震えるシスターは、突然「神の声」を聞き出す。
神の声を聞いて銃を捨てたシスターは、ナイフを手に……
スネーク!!
もちろん段ボールでステルス発動はデフォだよね☆

続きを読む "荒川アンダー ザ ブリッジX2 第13話(最終回)「13 BRIDGE×2」"

| | トラックバック (0)

2010年12月28日 (火)

アマガミSS 第25話(TV放映最終回) 上崎裡沙編 「シンジツ」

創設祭も間近に迫ったある日、橘純一はラブレターを貰って準備室に呼び出された。
そこに待っていた可愛い女の子・上崎裡沙と付き合う事になった純一はすっかり嬉しさに舞い上がる。
てか、まったく見た事のない女の子にいきなり告白されて、可愛いからとOKする純一はたいがいだな。
ずっと前から純一の事を好きだったという裡沙だが、何故か純一と付き合っている事は誰にも秘密にして欲しいと言い、付き合っている姿も見られないようにしないといけないのだという。
純一はそんな裡沙の申し出を快諾すると、人目を忍んだデートなどをしながらつき会い続ける。
しかし純一は何故そんな条件を提示するのか疑問視しないのか。

翌日のクリスマス・イヴの創設祭を裡沙と廻りたいと頼んだ純一に、裡沙は考える時間を欲しいと頼む。
自分が純一の彼女である事を本当は公表して、一緒に創設祭を廻りたい裡沙だが、今更純一の彼女だと名乗り出られない訳があった。
それは彼女が純一に近づく女性達に色々して、付き合うのを阻止してきたから。
純一と仲良くなった森島はるか・棚町薫・中多紗江・七咲逢・桜井梨穂子・絢辻詞に合成写真で他に彼女がいると思わせて遠ざけていました。
完全無欠のヤンデレ・ストーカー女ここにあり!
紗江、七咲、梨穂子の3人のショックぶりが激しいなぁ。
しかしこのルートの純一は凄いな。裡沙に邪魔されているけど、悉くフラグ立てに成功してるんだ……

続きを読む "アマガミSS 第25話(TV放映最終回) 上崎裡沙編 「シンジツ」"

| | トラックバック (1)

2010年12月27日 (月)

STAR DRIVER 輝きのタクト 第13話「恋する紅い剣」

相変わらず終末はシンドウ・スガタの家に泊まりに来ているツナシ・タクトと、朝から食事を食べに来ているアゲマキ・ワコ。
本当にワコはここで食事食べすぎ。婆ちゃんたちはこの欠食児童並の食欲の娘が外食してくれるのは助かってるかもしれないけど。
剣道部部長でもある寮長であるシナダ・ベニオが女子剣道大会で優勝したという話題で盛り上がっていたところに、ベニオが手合わせにやってきた。
昔からスガタの道場に通ってきていたようだ。

まずは弟子が相手をすると、スガタはタクトの相手をさせる。一瞬で姿を見失ってタクトの背後を取って勝利したベニオ。
タクトがお風呂に入っていたところにベニオが入ってきたが、男子生徒が入ってきたら何処かに消えていたり……この神出鬼没ぶりは何か力でも持っているようにも見えますが、そういう訳ではないのか。
タクトの部屋に潜り込んだベニオはタクトにキスしたものの、第1フェーズの力は発動しない。
サイバディを失った事で、第1フェーズの力も消失したと考えるべきなのだろうか。
ところで、タクトってもちろんベニオがスカーレットキスである事は幾ら何でも気付いてるんだよね……

続きを読む "STAR DRIVER 輝きのタクト 第13話「恋する紅い剣」"

| | トラックバック (0)

仮面ライダーオーズ/OOO 第16話「終末とグリードと新ライダー」

カザリ(声:橋本汰斗)はガメル(声:松本博之)を騙して、彼の中に14枚のコアメダルを集中させる。
アンクのメダルの1枚は自分で手に入れる。
つかさ、メダルが集まっていたという意味ではアンクはもっと多くのメダルを1人で持ってたよね。自分のメダルは1枚しか持っていなかったけど。

泉比奈(高田里穂)は火野映司(渡部秀)がズタボロとなるため、オーズの力が彼のために良くないのではないか、と考えるようになっていますが、映司はまだオーズの力を捨てる気はないようです。
そういや、比奈ちゃんの怪力設定ってどうしても必要なものなのだろうか。
今後あの怪力には恐竜コアが関わっている、とか秘密があるのなら判るのだけど……

アンク/泉信吾(三浦涼介)は鴻上光生(宇梶剛士)の下へと乗り込んで話を聞き、彼の差し金でない事を確認する。
鴻上は真木が陰謀に加担している可能性を考慮するが、もし真木の仕業ならば止めないと言い出した。そりは真木が欲望に忠実に行動を起こしているから。
鴻上は「欲望は世界を救う」と笑う。
欲望に忠実な人はどれほど暴走しようと容認する方向なんだね。
逆に後藤慎太郎(君嶋麻耶)は欲望を自らの正義感で押さえつけているから認めてもらえないようです。

続きを読む "仮面ライダーオーズ/OOO 第16話「終末とグリードと新ライダー」"

| | トラックバック (0)

天装戦隊ゴセイジャー epic45「救星主、誕生」

クリスマスも終わったけど、今度は正月の準備に追われていた護星天使。
何故かホワイトボードを持ってきたアラタ(千葉雄大)は、正月には1年の事を振り返り、正月には来年の抱負を書くのだ、と言いだし、彼らにとって一番振り返るべきはブレドランだと、ブレドランの事を振り返ることになりました。
そんなわけで総集編です。

ブレドラン(声:飛田展男)はロボゴーグの残したデータと資料を自分のものとして、ターミネル改めラビリンデルの主となりました。

サイボーグのブレドRUNはテンソウダーを封印する力を持っていたり、アラタを過去に飛ばす時にも力を使っていた。
ロボゴーグによって改造されて記憶を奪われたサイボーグのブレドRUNですが、その前はチュパカブラの武レドラン。
ミラクルゴセイヘッダーの事を知っていた武レドラン。エルレイの匣に封じられていたブロブの膜イン(声:茶風林)とビックフットの筋グゴン(声:高口公介)の封印を解いたのも武レドランかもしれない。
しかしその前は彗星のブレドラン。この時もやはり護星天使について色々と詳しかった。
本来の姿は不明。と、言いながらもこれだけヒントを出せばおっきなお友達には予想がついてしまうのですけどね。

続きを読む "天装戦隊ゴセイジャー epic45「救星主、誕生」"

| | トラックバック (0)

2010年12月26日 (日)

侵略!イカ娘 第12話(最終回)「戦わなイカ?/ピンチじゃなイカ?/もっとピンチじゃなイカ?」

●戦わなイカ?
毎年恒例のビーチバレー大会
優勝賞品である3Dテレビを目当てにイカ娘と相沢栄子がタッグを組んで優勝を目指す。
他の出場チームは長月早苗とシンディ・キャンベルのイカ娘追っかけチーム、何故か3人組で出場している3馬鹿博士チーム、偽イカ娘のかぶり物が前より酷くなっている海の家『南風』チーム、齋藤渚と紗倉清美チーム、相沢たけるとユウタチーム、嵐山悟郎と友人のライフセーバーチームです。
相沢千鶴はマネージャーという事で不参加です。

1回戦 イカ娘・栄子チーム vs たける・ユウタチーム
子供相手でも本気モードで21-3の圧勝。
栄子も大概大人げないな。

2回戦 vs 早苗・シンディチーム
明かな早苗への集中攻撃で圧勝。
早苗ドM過ぎる。

3回戦 vs 3馬鹿博士チーム
3馬鹿博士自爆により勝利。

4回戦 vs 渚・清美チーム
清美がイカ娘の親友だと知った渚がグルになって何かされるのではと逃亡して棄権。

続きを読む "侵略!イカ娘 第12話(最終回)「戦わなイカ?/ピンチじゃなイカ?/もっとピンチじゃなイカ?」"

| | トラックバック (0)

テガミバチ REVERSE 第13話「紅緋色ノ旋律」

カベルネを追跡したザジだが発見できなかった事をハチノスに帰還してラルゴ・ロイドとアリア・リンクに報告していた。
アンバーグラウンドを闇へと還す事でこの世界から格差を消滅させると考えているリバースを「浅はか」と切って捨てる。
ザジは政府によって作られるカベルネ討伐部隊と同様にカベルネの捜索を引き続き続行する事となる。
ラルゴは過労から来る発熱によって検診中のラグに変わり、アリアに配達を要請する。
やっぱり凍結物件については各エピソードもカットか。

ラグはゴーシュの眠る医務室でDr.サンダーランドJr.の診察を受けていた。
サンダーランドJr.はラグに心弾の撃ちすぎである事を告げると同時に、休養を指示する。

配達する事に戸惑っていたアリアだが、ラルゴが配達を要請したホーダイ・フランクリンはかつての『飛行船の乗組員』であると知り、配達する事を決意する。
もちろん飛行船と言えば、瞬きの日ですね。

自宅に戻ったアリアはBEEの制服に着替えるが、服がきつくて着るのも一苦労……
アリアさんの格好がエロ過ぎる……
アリアが配達に向かう事を知った飼い犬のボルトは心配するように「ワホン、ワホィ」と鳴き続ける。

続きを読む "テガミバチ REVERSE 第13話「紅緋色ノ旋律」"

| | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

神のみぞ知るセカイ FLAG 12.0(最終回)「神以上、人間未満」

大量のギャルゲーを購入した桂木桂馬はフラフラになりつつも、気合いを入れてスーパーサ●ヤ人化
前々から思っていたのだが、桂馬のこのギャルゲー購入費用はどこから捻出されているのだろうか。かなりの額を費やしているようだけど、バイトなどもしていないし……ネットで儲けたりしてるのか?
それとも未だ原作にも登場していない父親の稼ぎが実は結構あるのか? 海外で働いてるみたいだしなぁ。

人間界に慣れてきたエリュシア・デ・ルート・イーマは家の前をお掃除。
地味に第2期に登場するハクアのマスターも登場しましたね。
働き者もエルシィを褒める桂木麻里は、エルシィが本当の娘だったら良かったのにと……

そして本当の息子はというと、エルシィがやってきてからゲームがあまり出来ておらず、新作ゲームが積みゲーとなってしまっているとゾンビ化。
「積みゲーを作るなど恥! 罪!」
世のオタクにその台詞を聞かせてあげてください。
ま、売る側はどちらでも良いのでしょうけどね。

続きを読む "神のみぞ知るセカイ FLAG 12.0(最終回)「神以上、人間未満」"

| | トラックバック (1)

2010年12月24日 (金)

相棒-劇場版Ⅱ- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜 レビュー(ネタバレあり)

 【ストーリー】

中国系マフィアに捕らえられた八重樫哲也(小澤柾悦)だが、そこに突入してきた公安部の磯村栄吾(葛山信吾)たちによって窮地を脱する。だが、磯村は船に仕掛けられていた爆弾によって、マフィアたちとともに命を落としてしまう……

それから7年が経過した。
特命係・係長の杉下右京(水谷豊)は操作する事件もなく時間をもてあましていた。
右京の相棒である神戸尊(及川光博)は、警務部人事第一課・主席監察官の大河内春樹(神保悟志)に呼ばれて、剣道の稽古の相手役を務めていた。彼との賭けに勝利して2本を先取した神戸は約束通りにワインを手に入れて特命係へと戻ろうとしていたが、定例部長会議の存在を知って別のエレベーターで下りることに。
なかなか降りてこないエレベーターがようやく下りてきた時、そこに乗っていたのは一組の男女。
男・磯村はエレベーターの下り態に女の手を引きながら、拳銃を取り出していた。
咄嗟に女を引き寄せてエレベーターを閉じた神戸は、即座に男が降りた11階へと向かう。

時同じくして14階・13階・12階でも続けざまに火災騒ぎが生じた。
混乱の中、磯村は定例部長会議中であった警視庁11階第11会議室に乱入すると、拳銃を手に扉の鍵を閉めてそこにいた警視総監・田丸寿三郎(品川徹)以下、各部長たち計12名を人質として立て籠もってしまう。
籠城した会議室は防弾ガラスを使用した嵌め殺しの窓。

続きを読む "相棒-劇場版Ⅱ- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜 レビュー(ネタバレあり)"

| | トラックバック (13)

アマガミSS 第24話 絢辻詞編 最終章 「ヤクソク」

みんなに甘えながら創設祭の準備を手伝って貰う絢辻詞はなんとか本番当日に間に合わせる事に成功する。
「昨日までのあの子は消えちゃった」という謎の台詞を口にした詞に、橘純一は今の詞も可愛いが、と納得がいかないで距離を置いてしまう。
人に甘えて力を借りている差し詰め甘辻さんというところか?

そして迎えた創設祭当日、やはり詞と純一の距離は変わらないままだった。
詞は仲良くなったヤヨイたちと創設祭を巡る。
それにしてもヤヨイたちは豹変しすぎだろう。

七咲逢は相変わらず水泳部伝統のおでんを販売。
美也はサメのキグルミ、中多紗江はバニーガール姿でお代官と町娘ごっこ……何やってんだ、この二人は。つーか、よくあの紗江が人前にバニーガールで登場したな。
棚町薫の司会によるミスサンタコンテスト。
森島はるかはギリギリな超セクシー衣装で登場。元々は出場するつもりだった塚原響の衣装だったけど、いきなり出場したいと言い出したはるかに衣装を貸した事で、響きよりもスタイルの良いはるかではやばい衣装になったようだ。しかし響もあの恰好で出るつもりだったのか? はるかほどでないにしても、結構な露出だよ?
そして相変わらずこのサンタコンテストは室外で行っているイベントなのに寒そうな格好でみんな平気そうな顔してるなぁ。

続きを読む "アマガミSS 第24話 絢辻詞編 最終章 「ヤクソク」"

| | トラックバック (0)

2010年12月23日 (木)

百花繚乱 サムライガールズ 第拾弐話(最終話)「さよならの忠」

崩壊する施設の中で、将である徳川慶彦を庇って傷ついたシャルル・ド・ダルタニアンは、慶彦に逃げるように告げながら命を落として。そんなニアに慶彦は自分に命令するなと毒づきながらも、ニアに目を覚ますよう必死に呼びかけ続ける。

心の中でマスター十兵衛から、次の契りで存在が消滅する事を教えられた柳生十兵衛。
仮初めの存在である彼女は、大日本の危機を救えるのは真の柳生十兵衛であるマスター十兵衛だけだと納得しながらも、消えたくないという恐怖に怯える。
おつむの弱い十兵衛ですが、序盤にも宗朗に捨てられるのを怖がったりしているので、寂しい事に対する想いは強いのだな。
自分が何のために生まれてきたのかと十兵衛はキスする事を躊躇うが、マスター十兵衛でない十兵衛に礼を語る柳生宗朗に、十兵衛はついにキスを交わす。

自分1人の力では天草四郎の完全復活には足りないと感じる柳生義仙は、十兵衛と生徒達の精気を得ようとする。
これに対して、後藤又兵衛は服部半蔵・直江兼続と共に『チーム愛☆戦士』を再結成して、一般生徒を護る事を決意する。
べーたさんはチーム・愛☆戦士の存在を認めてくれていたんですね。本当にええ子や。
べーたさんと半蔵は自分たちが喩え宗朗と契りを交わしていても、剣姫(マスターサムライ)に慣れなかったのではないかと推測。それは彼女たちの宗朗への想いがゆっきーや千姫に比べて弱いものだったからという事のようだ。
しかしゆっきーは宗朗と付き合いは短いのに、何故マスターサムライになるほど宗朗の事を思うようになったのやら。

続きを読む "百花繚乱 サムライガールズ 第拾弐話(最終話)「さよならの忠」"

| | トラックバック (1)

2010年12月22日 (水)

もっとTo LOVEる -とらぶる- 第12話(最終回)「大スキ♥1・2・3」

大切な友達だから隠し事はしたくないと、結城リトの事が好きだと西連寺春菜の告白を聞いたララ・サタリン・デビルーク。
ララは驚きながらも大好きな友達である春菜の恋も、自分の恋も応援。
流石宇宙人なので、地球のように一対一の恋愛には拘らないご様子。
ララもナナとモモとは母親が違うから、デビルーク(またはデビルーク王族)では一夫一婦制ではないのでしょう。

●Aパート「大好きドキドキ1」
御門涼子のところにやってきた患者は、ペットが逃げた事でストレスが溜まってます。
お静(村雨静)は誘われてプールへ。
この時点で何が起こるのかは言わずもがな。

ナナ・アスタ・デビルークとモモ・ベリア・デビルークも参加。
金色の闇も結城美柑に誘われて参加。前回の美柑との入れ替わりイベントが効いているのか、リトを意識しています。
籾岡里紗と沢田未央のコンビは相変わらずララと春菜にセクハラ三昧
古手川唯は監視役と言いながら、ビキニというところが明らかにおかしいと思ったら、案の定リトの事を思って新しい水着を購入していたみたいだ。

猿山ケンイチはリトが水着の女の子たちと普通に会話できていて変わったのは、ララとの生活のおかげかもしれないと。
実際、初期のリトは水着の女の子を見たらそれだけで気絶していたキャラだったからな。普段から全裸とか見る機会が増えたので、否が応でも免疫がついたのだろう。
しかしリトって女の子が苦手だった筈だけど、男の友達って猿山しかいないよね……
ララが来るまでどれだけ寂しい生活だったんだろうか。

続きを読む "もっとTo LOVEる -とらぶる- 第12話(最終回)「大スキ♥1・2・3」"

| | トラックバック (0)

荒川アンダー ザ ブリッジX2 第12話「12 BRIDGE×2」

第183話「王様の願い」
男たるもの、1つ2つ野望を持っていて欲しい。
という事で村長は『王様ゲーム』を発案。ただしバトルで王様決定……
リクは村長の思いつきに付き合わないというリクですが、「王様は1つだけどんな願いでも叶う」という村長の発言にやる気を出しました。みんなに敬語を使ってほしかったのか……
みんなの願いはそれなりに無邪気っぽいものの、マリアとステラの願いは黒そうです。
とはいえ、どうせ星は自分がニノの彼氏になるか、リクとニノを別れさせるというものだろうし、星の願いだけは叶えさせるわけにはいかないのだろうな。

第184話「予選開始」
水上バトルロイヤル
星とリクは一時休戦。
鉄人兄弟は些細な願いの違いから仲間割れであっさり自滅。どっちでも変わんないじゃないかと思うけど、お子ちゃまには大問題なのかな。
ビリーはシロをパチキ一撃で鎮めて、白線から出られないシロのために自分の羽をむしるという漢っぷり。
しかもP子に背中を押されて川に落ちそうになったジャクリーンを助けるために、進んで自分も場外にでるとか相変わらず格好良すぎる
何気に河川敷住人の中でこの人が一番まともなんだよね。オウムのかぶり物してるけど。

続きを読む "荒川アンダー ザ ブリッジX2 第12話「12 BRIDGE×2」"

| | トラックバック (0)

2010年12月19日 (日)

仮面ライダーオーズ/OOO 第15話「メダル争奪と輸送車と器」

ドライバーを完成させた真木清人(神尾佑)ですが、使用前にメダルの力を確かめたいと思い、カザリ(声:橋本汰斗)がメダルの力を試すことにしました。

アンク/泉信吾(三浦涼介)がこれまで食べたアイスはしっかり白石知世子(甲斐まり恵)が管理していて23625円を請求されました。

真木の要請で鴻上光生(宇梶剛士)は5000枚のメダルの輸送をする事になりましたが、更にアンクのコアメダルも……
アンクは火野映司(渡部秀)にコアメダルを強奪するように命じるも、映司はこれを固辞。
しかしカザリが泉比奈(高田里穂)が輸送車に閉じこめられている事を教えたことでやらざるを得なくなりました。
もちろん罠ですが、自分のコアメダルを手に入れるにはやるしかない。他のグリードのコアメダルなら今回は見逃す事も出来るのでしょうが。

映司は輸送の立ち会いをする後藤慎太郎(君嶋麻耶)の前に出てきた映司は輸送車の中を確認して、比奈の姿がない事を確認。
コアメダルの存在は隠していますけどね。
念のために同行すると、セルメダルを狙ってウヴァ(声:山田悠介)とメズール(声:ゆかな)、ガメル(声:松本博之)まで登場。もちろんカザリが教えたからです。

続きを読む "仮面ライダーオーズ/OOO 第15話「メダル争奪と輸送車と器」"

| | トラックバック (2)

STAR DRIVER 輝きのタクト 第12話「ガラス越しのキス」

「ねぇ、ガラス越しありな人?」
相変わらず見知らぬ学生とガラス越しのキスをするワタナベ・カナコ。
「穴の空いたバケツに水を汲むのは無意味だから」
ニチ・ケイトが最近注意しないのは無意味だからと思っていたらしい。
73人の男の子とガラス越しの
「お預けプレイ」とか言い出すカナコ。
ニチはカナコに「存在自体が公然猥褻罪」とか辛辣。
そんなカナコの様子を見るシモーヌ・アラゴンは、ダイ・タカシのようにカナコが楽しそうとは思わないようです。

復元実験の始まるサイバディですが、すぐにアインゴットは直ぐに行わない。
プロフェッサー・グリーンによると、壊れたサイバディの復元にはスタードライバーの協力が必要で、リスクがあるという。
サイバディが必要なリビドーがなければ、生命力を奪われるだけ。
つまりは半端なスタードライバーでは眠り姫状態となってしまうわけだ。

アインゴットやザメクが今までアプリポワゼした相手が眠ったままとなったのは、生命力を奪われていたからかもという事。
今までの相手が生命力を与え続けてきたから満ちたのか、それとも今の2人が強いリビドーを持っているから満ち足りたのか……

続きを読む "STAR DRIVER 輝きのタクト 第12話「ガラス越しのキス」"

| | トラックバック (5)

天装戦隊ゴセイジャー pic44「究極の最終決戦」

復活したゴセイジャーに苦戦した10サイのロボゴーグ(声:小杉十郎太)はサイボーグのブレドRUN(声:飛田展男)に自爆するように命じるが、エージェントのメタルA(アリス)(声:井上麻里奈)がブレドRUNを庇って自ら自爆ドンッを選択。

人間を下劣な存在と見下すロボゴーグは、過去の話を始める。
遙か昔、1人の科学者が永遠の体を手に入れる術を産み出したも、彼の才能は認めて貰えなかった。
しかし地殻変動が起きて滅びる時、人類は科学者に救いを求めた。
科学者はそこで人類を支配するには、絶対的な恐怖が必要だと考えるようになったという。
つまりロボゴーグは元々は人間だったという事か。

ゴセイジャーの前に追いつめられたロボゴーグはビービーを使って巨大化。
もう一度誰かを信じてみるように諭したアラタ(千葉雄大)ですが、ロボゴーグはますます人類は愚かな存在だと嘲笑うと、今度は自ら自爆を始めました。

ゴセイパワーが足りずに戦えないゴセイナイト(声:小西克幸)は仲間を信じ続けていると、外が光輝いて声が聞こえてきました。
そして力を取り戻したゴセイナイトもグセイグランドで参戦。
何故復活したのかは次回以降に持ち越しです。
自爆しようとしている相手にあんな何も考えず攻撃を仕掛けていいのか。
最後はアルティメットゴセイストライクで撃破する事に成功……
「もうこれしかない!」て、そんなに追いつめられてた?

続きを読む "天装戦隊ゴセイジャー pic44「究極の最終決戦」"

| | トラックバック (1)

侵略!イカ娘 第11話「人形じゃなイカ?/疑惑じゃなイカ?/登山しなイカ?」

●人形じゃなイカ?
子供の頃に買って貰った人形がプレミアが付いているらしいと、売るために探していた相沢栄子ですが、イカ娘は不気味な人形に怯える。
本当に怖いわ! この人形の趣味は理解できない。
女の子のジョニーと男の子のデップがあるものの、見付かったのはデップだけ。

夜中に後ろ向きにした筈が、朝になったら回転していたりして怯えるイカ娘。
その時は気のせいという事にしたものの、翌朝にはまたも同じ方を向いていて、「おはよう」とか言い出したものだからイカちゃんビビリまくり。
てか、イカ娘、仕事は?
肝試しの時はまったく平気だったのにね。
元々時間がきたら話をする人形だったようですが、長月早苗によるとジョニーが「おやすみ」デップが「おはよう」と喋るらしい。
更に赤外線でお互いのいる方向へ向く仕組みになっているという事で、デップの向く方向にジョニーがいる筈。

記憶を辿った栄子は物置に隠した事を思い出して取り出すと……ボロボロに朽ち果てて無惨な姿のジョニーが……
怖い!怖い!
お寺へ人形供養に出しました。

続きを読む "侵略!イカ娘 第11話「人形じゃなイカ?/疑惑じゃなイカ?/登山しなイカ?」"

| | トラックバック (0)

テガミバチ REVERSE 第12話「光、闇を照らす」

ノワールを撃ち抜いたゴーシュ・スエードへの想いを託したラグ・シーイングの心弾・赤針。記憶が回復したのか定かではないゴーシュの下に駆け寄ろうとするラグだが、ノワールが彼は世界を救うために必要な人物であり渡さないと告げる。そんなロダの瞳を見たラグは……

その時、群生型鎧虫ラオラオの群れが彼らの下へ迫ってくる。
大量の鎧虫はラグやザジの心弾でどれほど撃とうと僅かに減らす程度にしか効果がない。ラオラオを呼び寄せたのは、カベルネが飛び立つまでラグたちを足止めする事を目的としたカリブス・ガラードとヘイズル・バレンタインだった。
カリブスの持っている特殊な超音波を放つ機械で、鎧虫を操作する事が出来てしまうのだ。
て、ええ!? 超音波って、それはありなのですか? そんなので操れてしまうのなら、カベルネを誘導する人柱いらないんじゃ……まぁ、カベルネに力を与えるという事で必要という事になるのかな。
後、関係ないところで気になったのは、町にシスターたちが残っていたのですけど……修道院の人が全員リバースの仲間ではなかったという事? でもどう考えても修道院の一部がリバースというわけでは無い筈なんだけど。

カベルネに手こずるラグたち。
――こんな時にニッチがいてくれたら。
ラグの期待に応えるかのように、ステーキと共に姿を現したニッチは、黄金の髪を虫取り編みのように変化させるとラオラオの群れを纏めて捕らえてしまった。
精霊の庭から戻ってきたニッチの髪技はお姉さんのように進化しています。
元気に戻ってきたニッチに思わず泣き出すラグ。
「ぬに、ぬににに」
「ステーキがスキマだらけだとゆっている。
 うてラグ!」

ニッチが戻ってきた事で心の強さを取り戻したラグは、ニッチの捕らえたラオラオ全てを一撃で撃ち抜いて倒してしまう。
復活のニッチはパンツ穿いていませんでした。DVDになっても見えたりしないんだからねっ!
ま、お姉ちゃんたちはパンツを穿いてないから穿かせようとか思わなかっただろうしな。というか、ラグのデカパンを何処に置いてきた?

再会したニッチはラグに飛び乗るや否や、頭をぐりぐりする。
「げんきはあったか、ラグ?」
ハチノスでアリア・リンクから、ニッチ不在でラグに元気がないと聞かされてニッチは心配したのだ。
「あったよ、ニッチと一緒に戻ってきた。
 さすがニッチだ」

喜ぶラグに、ニッチは嬉しくて頭をぐりぐりする。
ニッチのぐりぐりは原作でも大好きです。

しかしニッチはまだ完全に回復はしていなかった。姉に止められていたニッチだが、ラグの相棒(ディンゴ)としてラグのところへいち早くやってきたのだ。
原作ではこのシーンではニッチはまだ復活していないので、ニッチがいるとこの後の展開が大きく変わりそうだからニッチを動けなくしたのかな。
でも、こうするとニッチの髪技が進化しているところに説明つかないんじゃ……

ノワールを追い掛けようとしたロダだが、足場が崩れて崖下へと転落しそうになる。
そんなロダを救うラグ。
ラグは首都で融合された彼女の中に、ゴーシュ・スエードの相棒(ディンゴ)であったロダも混ざっているのだと感じていた。
「きっとそうなんだ。
 だからボクは、キミの友達だ」
「友達?」
「キミがノワールの事を守るのも、きっとゴーシュの事を憶えているからなんだ。
 キミがいなくなったら、ゴーシュが哀しむ」
「哀しむ?」
「ボクが、ゴーシュの“こころ”を元に戻す……そうすれば!」
必死にロダを引き上げようとするラグ。
「迷惑な少年だ……
 お前の“こころ”は、不思議と私の胸の奥を揺らす」

ロダはラグの手を振り払い、自ら谷底へと落下していく。
――“こころ”の奥の方が、少しだけ暖かくなる
ロダの“こころ”にラグと共に過ごしたロダの記憶が蘇る。
――でも私は、リバースのロダ……
落下していったロダに驚くラグとザジだが、ラグの手にはロダに奪われた筈の手紙弾が握りしめられていた。
リバースでいる事を選んだロダ。
このロダの“こころ”を取り戻す日も来るのだろうか? でもロダの場合は、“こころ”を取り戻さなくても、今のままでも上手く説得する事で仲間にする事は出来そうなんだよね。

姿を現したカベルネをザジが相手をし、ラグは手紙弾を手にゴーシュの下へと急ぐ。
この時点ではザジとラグはゴーシュが記憶を取り戻しているかどうか判らない筈なのに、今度こそゴーシュを取り戻せというザジの言葉はおかしいような気がするな。
ノワールに追いついたラグはゴーシュに呼びかける。
「もう、友達は終わったんだ、ラグ。
 ボクはリバースの略奪者(マローダー)。
 名はロワール……
 キミの命、略奪します」

ラグの心弾を受けながらも未だノワールである事を選ぶゴーシュは、大口径連発心弾銃『ジムノペディ』の銃口をラグへと向ける。
自分の心弾がゴーシュの“こころ”に届かなかった事にショックを受けるラグだが、突如彼らの周辺に黄爆による爆発が起こる。
あくまでもマローダーであろうとするゴーシュ。

“こころ”を失ったサニーを抱えて立ち尽くすコナー・クルフ。
「間に合わなかった……助けられなかった……
 サニーの優しい“こころ”……
 鎧虫に……
 あいつに全部っ……
 全部……ぜんぶ……!!」

コナーの言葉にラグの怒りに灯が灯り、ラグの義眼である精霊琥珀が輝きを放つ。
「これの!
 これの何処が世界を救うんだ!!
 何の罪もない人たちの“こころ”を奪って!!」

“こころ”よりも大切な事があるというノワールだが、コナーは“こころ”を失ったら哀しむ人がいるのだと告げる。
リバースの記憶を見て、彼らの主張にも一理あるという想いを持っていたラグだが、許さないと怒りを露わにする。
殺傷能力のないラグの心弾・赤針はノワールの“こころ”には響かない。
「ここにはノワールしか存在しない。
 ゴーシュ・スエードを取り戻す事は……二度と出来ない!」

力を得たカベルネによって人工太陽は消え、『闇』の中で世界が一つとなると告げるノワールだが、ラグの耳に彼の言葉は届かない。
怒りに燃えるラグの全身がまるで人工太陽のように光り輝き、ノワールの心弾をかき消してしまう。
「ゴーシュを取り戻すんじゃない!!
 ノワール!
 お前の存在を消してやる!!!」

ラグの赤針がノワールを撃ち抜き、ノワールはそのまま倒れてしまう。
ラグの覚醒です。ラグの秘密の一端がここに現れているのですが、詳細に関してはまだまだ不明のまま。

続きを読む "テガミバチ REVERSE 第12話「光、闇を照らす」"

| | トラックバック (0)

2010年12月18日 (土)

伝説の勇者の伝説 #024(最終回)「遠い日の約束」

世界を相手に戦い続けた黒い勇者は遂に壊れてしまった。
女神達によって南の果てに封印された黒い勇者だが、そこにはもう一つの存在があった。
あまりにも醜くてあまりにも孤独な、寂しがりの悪魔
復活を望む勇者に彼の望みに応えて、《全ての式》と呼ばれた寂しがりの悪魔は自分を《すべての式を編む者》《すべての式を解く者》の2つに分けると、勇者は《すべての式を編む者》を食べてしまった。
力を得た勇者が世界を壊し続けて触れた世界の中心にあったのは、真っ暗な絶望と孤独と地獄と闇と闇と闇と闇……
世界の全て破壊する事を望む勇者だが、闇によって死んでしまう。苦しむ勇者に、寂しがりの悪魔は《すべての式を解く者》は自分に闇を入れたらいいと告げる。
寂しがりの悪魔は後悔をしなかった。一瞬でも友達が出来たから、一瞬でも友達のために生きる事が出来たから。

寂しがりの悪魔はバカなのです。
最後まで、バカなのです。

ライナ・リュートを殺害しようとするシオン・アスタールの涙は雨に紛れる。常に裏切られ続けてきたライナは、いつかこうなるのではないかという想いがあった。
シオンにならば殺されても良い、そう思えていたライナだが、ライナの死を寂しがるフェリス・エリスの存在によって彼は死ぬ事を拒む。
親友でありながらもライナを殺すと決めたため戦うしかない2人。
シオンは人体実験によって産み出した兵士達をライナへと差し向ける。肉体に触れれば肉体を解かし、どんな攻撃を受けても再生する。
ミルク達が叱咤人体実験を行っていたのはこの兵士を産み出すためのものだったのか。
ライナに使ったのは本来の目的ではなく、ガスタークや周辺諸国と戦うための戦力として産み出されたのだろう。しかしこんな兵士をどうやって倒すんだ? 何か弱点があるのか、それとも再生不能なぐらいにバラバラにすればいいのか。

続きを読む "伝説の勇者の伝説 #024(最終回)「遠い日の約束」"

| | トラックバック (2)

神のみぞ知るセカイ FLAG 11.0「おしまいの日」

図書館の視聴覚ブース設置によって蔵書の一部が処分される事になり、汐宮栞はホームセンターで達磨やら買い込んで、視聴覚ブース設置の反対を訴えて図書館に立て籠もりました。
カウンター周辺に本の山を作って、必勝達磨やら招き猫やら笹やらまで飾っています。
蔵書処分にやってきた図書委員は栞の立て籠もりにビックリ。
対して桂木桂馬はこれまでの様子から、モノローグでなんとなく栞の行動を察していたので驚く様子もなく、展開次第で栞を応援するか止めるかを判断する事に。

転た寝する栞は幼い頃の夢を見る。
幼い頃から人と話すのが苦手だった栞は、遅刻した時、教室でなかなか教室に入る事が出来ず、その時見つけたのは図書室。
栞は静かで誰にも邪魔されず自分の世界にいられるその世界の虜となった。

騒がしくない空間を守りたいから応援すると、桂馬が天井に穴を開けて侵入してきました……無茶苦茶だ。
カウンターの中のアジトに招待された桂馬ですが、栞に構うことなくひたすらゲーム。
そんな桂馬とどうコミュニケーションを取ればいいのか悩み続ける栞。
「話さないと、判ってくれないの?」
思わず気持ちを口に出してしまった栞。
「……違ったか」
顔を上げた桂馬は呟くと、栞のお茶を貰う。
ゲームのことにも思える台詞ですが、実際には栞の心の隙間が自分の思っていたものとは違う方だったとに気付いての台詞だったのだろう。

続きを読む "神のみぞ知るセカイ FLAG 11.0「おしまいの日」"

| | トラックバック (0)

2010年12月17日 (金)

アマガミSS 第23話 絢辻詞編 第三章 「プライド」

遅れ気味となっている創設祭の準備だが、準備を張り切っていた絢辻詞に、担任の高橋麻耶は彼女が倒れた事が職員会議で問題視されて、創設祭の規模縮小案が浮上していることを告げるが、詞はこれに強く反発する。
表向きこそはみんなが頑張っているから見守って欲しいと穏やかな口調ながら、内心はかなりの苛立ちが……
詞は橘純一に愚痴を零すが、純一は自分も頑張るからと励ます。

時間が圧倒的に足りない状況で純一に意見を求めると、純一は人手を増やす事を提案。
純一は詞の手作り弁当を貰ってにやにやです。
今更になって人を増やすように頼むのがみっともないと反対する詞だが、純一は人手の足りない事実を受け入れた上で、みんなで成功させれば評価も上がる筈だと納得させる。

純一と詞はクラスのまずはみんなに協力を頼む事になる。
乗り気で無かったみんなも、2人の説得に棚町薫や梅原正吉が協力を申し出た事で続々と増えるものの、純一と詞が仲良く弁当を食べている姿を目撃した女子生徒たちが反発を口にする。
詞が純一といちゃついて仕事を遅らせて、そのとばっちりを受けていると文句を並び立てるヤヨイ・ゆーこ・みゆきに詞は怒りのあまりにぶち切れてブラック絢辻モードで彼女たちを激しく罵る。
別に昼休みぐらい自由にさせてやれよ。つか、やるのが嫌なら帰ればいいんじゃないのか。これだけ文句を言いながらやっているのは、手伝わずに帰ったら他のクラスメイトから白い目で見られるとかいう思いがあるのかな。
理路整然とした罵倒に文句一つ口にできずに黙り込んだ女生徒たちだが、そんな詞の姿を純一は心配する。
それにしても純一はへたれすぎるというか、この場はもっと強く出ろよ。
なんで女に「あんたは関係ない」とか言われてすごすご引っ込んでるんだ? 完全に当事者だろうに。

続きを読む "アマガミSS 第23話 絢辻詞編 第三章 「プライド」"

| | トラックバック (0)

2010年12月16日 (木)

百花繚乱 サムライガールズ 第拾壱話「仏蘭西から来たサムライ」

儀式の時が来たが、未だ復活の巫女は欠けたまま。
天草四郎復活のため、柳生義仙は強行に走る。
本来は義仙と十兵衛の二人で天草四郎を蘇らせるはずだったようですが、無理矢理一人で復活させる事にしたのか。
このせいで天草四郎の復活が完全体ではなく、宗朗たちにも勝ち目が生まれるという展開なのだろうか。

とらわれの身であった柳生宗朗は目覚め、同じく目覚めた柳生十兵衛とキスを交わして剣姫(マスターサムライ)へと変化を遂げる。
十兵衛からマスターサムライゲノムを採取した徳川慶彦に宗朗は共闘を訴えるも、マスターサムライの量産化を進める“イザナミ計画”が成功したと、慶彦はこれを拒絶する。
シャルル・ド・ダルタニアンを『失敗作』と呼び、不要で廃棄処分とすると見捨てようとする慶彦。
慶彦はどこまでも小者ぶりを発揮していくな。
しかし量産型という呼び名は凄まじく弱そうです。真の絆で繋がっていないマスターサムライは本来の力を発揮できないというオチがありそう。

続きを読む "百花繚乱 サムライガールズ 第拾壱話「仏蘭西から来たサムライ」"

| | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

もっとTo LOVEる -とらぶる- 第11話「「妹」戦線異常アリ/偽りの恋?/恋愛予報」

●Aパート「「妹」戦線異常アリ」
タイトルどおりに結城美柑メインのお話。
学校でモテモテの美柑ですが、誰とも付き合わないのは素敵なお兄ちゃんがいるから、というのがクラスメイトの認識のようです。
完全にブラコンなのは確かですが。
まだ結城リトを見た事はないのですね。友達だけど家に遊びに来たりした事はないのか。

モモ・ベリア・デビルークが最近リトにベタベタしすぎだとちょっぴり不機嫌。
リトの部屋に夜中に潜り込んだりしている事を注意する美柑ですが、モモの方はまったく反省する様子はありません。

リトの部屋にでモモを待ち受けるつもりでいた美柑ですが、なかなかモモはやってこない。
リトのベッドで横になったら寝ぼけたリトにお尻を揉まれたりする事になるのは、流石です。寝ていてもスケベ度全開。

部屋に戻ろうとしたところで雷が鳴り始めて怯えた美柑を、寝ぼけたリトは守ってやると言って安心させてくれました。
が、美柑はそのまま朝まで寝てしまい、モモに発見されて誤解を招くありさま。

続きを読む "もっとTo LOVEる -とらぶる- 第11話「「妹」戦線異常アリ/偽りの恋?/恋愛予報」"

| | トラックバック (6)

荒川アンダー ザ ブリッジX2 第11話「11 BRIDGE×2」

今日は荒川河川敷盆踊り大会です。

第178話「夏の夜の奇跡」
ニノの浴衣姿にリクも星も真っ赤です。
何気にシスターもマリアの浴衣姿は嬉しいのだろうね。
アマゾネスも参戦。
アマゾネスとデートかと囃し立てた星ですが、ニノが自分とデートだと言い出した事で星もアマゾネスもショック。

燃えるアマゾネスとそれを応援する星。
金魚すくいではニノ、金魚を食べようとする豪快さ。お箸で金魚を捕まえるつもりなのか……

村長の『荒川最凶妖怪音頭』
星の変な盆踊りやアマゾネスたちのアマゾンの踊り。
アマゾネスと天狗達の踊りに村長食べられそうな気分を味わう羽目になってます。
そんなアマゾネスをスルーしてニノと楽しく踊るリク。
二人とも明らかに盆踊り以外のものを踊ってますけどね。

続きを読む "荒川アンダー ザ ブリッジX2 第11話「11 BRIDGE×2」"

| | トラックバック (0)

刀語 第十二話(最終話)「炎刀・銃」

左右田右衛門左衛門の放った炎刀・銃による銃弾を浴びて倒れる尾張幕府家鳴将軍家直轄預奉所軍所総監督・奇策士とがめ。
驚く鑢七花に、右衛門左衛門はとがめの真の名が容赦姫であると語る。
全てを否定する否定姫と対立していたとがめの名前が容赦姫。否定姫がとがめは全てを受け入れると言ったように、名前も全てを容赦する訳ですね。

「姫様と奇策士の対立の物語が、このような終結を向かえたのは、全てお前のせいだ……
 虚刀流」

凶弾を浴びることになってしまったとがめ。
流石のとがめであっても銃弾まではどうしようもない。しかもとがめは自分の体がどれほど弱いかこれまで散々語っていますから。
七花のせいだと言うのは、彼が完了形変体刀であったから、という事か。

右衛門左衛門は情けを掛け、わざと急所を外す事で即座の絶命は避けた。
とがめの最後の言葉を聞いてやれ、と告げて立ち去っていく。
とがめを抱きかかえる七花。
必死にとがめに呼びかけた七花に、意識を取り戻したとがめは自ら銃弾を受けたことで炎刀・銃の特性を理解する。
奇策で今後の策を練るというとがめだが、自らが死にかけている状況において結果を覆すように策を思いつくはずもない。
「私たちの負けだ。
 ま、私が死ぬだけで、そなたが死ななかったのだから、良しとするか」

七花はとがめを医者に連れて行こうとするが、とがめは自分が助からない事を悟っていた。
七花に「ちぇりお」を気合いをいれるためのかけ声として日本中に流行らせてくれと頼むが、自分にはそんな事1人ではできない拒む。
この状況下において「ちぇりお」について語り出すか……とても死に際に交わす会話とは思えない。

続きを読む "刀語 第十二話(最終話)「炎刀・銃」"

| | トラックバック (1)

2010年12月14日 (火)

薄桜鬼~碧血録~ 第二十二話(最終回)「夢幻の薄桜」

蝦夷へと向かう陸軍参謀・黒田清彦の指揮する新政府軍の船に突如現れた風間千景は、その船で蝦夷へと向かう。

松前道、木古内道、二股道の三つのルートから箱館へ向けて進軍を開始した新政府軍に対して、旧幕府軍は3隊に分けてこれを迎え撃つ。
二股口で指揮を執る土方歳三は度重なる攻撃を撃退、瀧川充太郎率いる伝習士官隊が抜刀して敵中に突進するなどの活躍を見せて士気も上がるが、大鳥圭介が指揮を執っていた松前が突破されてしまった事により、退路を断たれる危険を考慮して撤退を余儀なくされる。
土方さんは昔の厳しいばかりの鬼の副長ではなく、褒めて飴を与える事も憶えたようです。昔のように自分が厳しくして、近藤勇が優しくするという構図がなくなったからかな。
その夜、吸血衝動に襲われる土方に、小姓として同行した雪村千鶴は襟をはだけて自らの血を与えて衝動を抑える。
しかしこれってわざわざ首筋にする必要あるのか……ただ血を与えるだけなら腕とかでも充分だと思うのだが。あんなにはだけて無駄にエロくなってるだけで……

続きを読む "薄桜鬼~碧血録~ 第二十二話(最終回)「夢幻の薄桜」"

| | トラックバック (1)

2010年12月12日 (日)

仮面ライダーオーズ/OOO 第14話「プライドと手術と秘密」

アンクが何処かへ行ってしまったせいで泉信吾(三浦涼介)は昏睡状態で瀕死。
火野映司(渡部秀)は倒れて運ばれてきた院長(浜田晃)から田村ケイ(松永京子)に執刀させない本当の理由を聞いて、カンドロイドでアンクと田村の捜索を開始です。
手持ちのカンドロイドもある筈なのになんで、と思ったら広範囲の捜索のために数が必要だったからか。

勝手な行動を取った事を鴻上光生(宇梶剛士)に詫びる後藤慎太郎(君嶋麻耶)ですが、彼の代わりに来たライドヘンダー隊員(藤田慧)はケーキを必死に食べて後1ホールのところまで頑張ったようだ。
里中エリカ(有末麻祐子)は食べろと命じられたら、ケーキを延々食べ続けているようですが、本当は辛いもの好きで、ただ給料が良いから我慢しているだけなのか。
それらの事を「見苦しい」と切り捨てる後藤ですが、鴻上に彼が吹っ切れないのは欲望を抑え込もうとしているプライドのせいだと指摘されてしまいました。

ヤミーごときに好き放題やられているアンク。
結局右腕だけの状態ではどうしようもないので信吾の肉体にあっさりと戻ってしまいました。

シャムネコヤミー(声:吉岡さくら)に飲み込まれた田村とバトル。
今回もタカトラーターの力で削りだして田村を引き出すと、田村に院長が倒れた事を教えて病院へ向かわせました。
田村は院長の娘だったようです。
院長が院長としてしか名前が出ていなかったのは、親子である事を伏せるためだったようだ。
田村が転院しなかったのも、ここが自分の親の病院だったからのようだ。
かなり難しい病状という事ですが、具体的に何の病気なのかまでは不明。
院長は自分の執刀を娘に任せるも、言われた途端に失敗したらと怖じ気づく。彼女には命を預かる事への恐れを知らず、技術にばかり頼る医者になるのを止めたかったから手術をさせなかったとの事。

続きを読む "仮面ライダーオーズ/OOO 第14話「プライドと手術と秘密」"

| | トラックバック (5)

STAR DRIVER 輝きのタクト 第11話「サイバディの私的活用術」

交通事故の夢を見たシモーヌ・アラゴン。
――何か……嫌な夢で目覚めた。

どれほど夜更かししてもシモーヌよりも早起きして仕事をやっているワタナベ・カナコ。
相変わらず授業中に空気も読まずにツナシ・タクトに語りかける。
クラス中のみんなも先生ももう恒例行事なのか、呆れつつも注意すらしません。シナダ・ベニオすら注意しないのだからよほどの事だろう。
そんなミセス・ワタナベに仕えながら嫌っているシモーヌは、同時に世界経済の一端を担っている彼女の才能はただ者ではないと認めている。色々と複雑な事情がありそうです。
浮気した人妻の上位ランキングは浮気した夫への仕返しがあるらしいが、その気持ちが判るとか語り出したあげく、1組の親睦会の開催を宣言しました。
「みんなで弾けましょ☆ミ」
「ワニはいないよね」
とりあえず、そういう話は休み時間かホームルームにして下さい。そしてタクトの気がかりはそこか。

水着着用での親睦会ではダイ・タカシの演奏によるアゲマキ・ワコの歌を披露。
ミセス・ワタナベはドレス姿で水着ではありません。
タカシのあの水着はいけてないな。
ニシノ・ヒトミ先生は酒を飲んでクラスメイトのヒロシ君に絡んでます。
そんな先生はセクシー水着でオッパイもカナコさんに次いで凄いです。ミドリと比べると同じぐらいかな?
酒で絡んでなければ生徒達の注目の的だったかもしれないけどね……

続きを読む "STAR DRIVER 輝きのタクト 第11話「サイバディの私的活用術」"

| | トラックバック (6)

天装戦隊ゴセイジャー epic43「帝国総攻撃」

ゴセイジャーのデータ収集を終えたと考える10サイのロボゴーグ(声:小杉十郎太)は総攻撃を決定し、サイボーグのブレドRUN(声:飛田展男)に任務を与えるも、エージェントのメタルA(アリス)(声:井上麻里奈)には何も指示をしない。
ブレドRUNの完成後はメタルAを痛めつける事で、ブレドRUNに恐怖よる忠誠を植え付ける事を目的としていたロボゴーグはメタルAを失敗作と呼んで何も指示を与えませんでした。
自分自身で修理していたメタルAの所に現れたブレドRUN。
メタルAが確実に記憶を取り戻すためのフラグを立てていっていますが、どっちに転んでもこの人には不幸なエンディングしか待ってないよね。ロボゴーグを裏切ってブレドRUNの記憶を取り戻してあげても、きっともう用済みだとブレドRUNに裏切られて、捨てられてしまうだろうし。

総攻撃を仕掛けるマトリンティス帝国に戦いを挑む。
完全攻防一体式汎用量産型ショートタイプマトロイドのショートのザンKT3ですが、あっさりと全滅。
ゴセイジャーの前に立ちはだかるブレドRUNに苦戦を強いられつつも、ゴセイナイト(声:小西克幸)の叱咤を受けて追いつめたゴセイジャーでしたが、ロボゴーグの策略に嵌り、ブレドRUNが自分のエネルギーと引き替えに放ったビームでテンソーダーとレオンセルラーが錆び付いて封印されてしまいました

続きを読む "天装戦隊ゴセイジャー epic43「帝国総攻撃」"

| | トラックバック (0)

侵略!イカ娘 第10話「てるてる坊主じゃなイカ?/好かれなイカ?/野球しなイカ?」

●てるてる坊主じゃなイカ?
宿題の写生で外へ行こうとしていた相沢たけるですが、生憎の雨。
そこでてるてる坊主を作る事にしたところ、イカ娘が興味を持ちました。
笑顔で首を吊ってるとか、確かにその通りなんだけど嫌な表現だな。

相沢千鶴や相沢栄子は宿題は家でもできるはずだと言い、家族の肖像画を描く事になりましたが、千鶴がイカ娘は家族同然だとイカ娘の絵を描く事に。
なかなか上手く描けないうえ、イカ娘はじっとしているのに耐えられない。
そこで今度はイカ娘が絵を描く事になりましたが、幼稚園児並の画力。
栄子が触手で描かせてみると、なんと凄く上手い!
千鶴と栄子は自分も描いて欲しいというが、イカ娘が触手で描くのはイメージをそのままトレースするという事。
単純で特徴がないたけるは簡単だけど、2人は難しいのだ、と。
たける言われたい放題です。
なんとか描いた絵は千鶴=なまはげ栄子=目からビームを放つロボット、でした。
2人に対する恐怖心が良く現れています。
最終的にたけるの描き直したイカ娘の絵はよく似てます。

続きを読む "侵略!イカ娘 第10話「てるてる坊主じゃなイカ?/好かれなイカ?/野球しなイカ?」"

| | トラックバック (2)

テガミバチ REVERSE 第11話「カベルネ襲来」

ラグ・シーイング、ザジ、コナー・クルフの3人が集荷予定の村に現れないとの報告をアリア・リンクから受け取ったラルゴ・ロイドは、リバースの真の狙いが北で行動を起こす事にあり、ラメントの町が怪しいと睨むも、生憎と裂ける人員は無かった。
が、その時、窓の外をもの凄い速さで走り去る影が……
しかもパンツ穿いてな……

人柱となるべく天使の羽と呼ばれる丘へと向かうベリタブリィー修道院の修道女たち。
修道院に残ってクッキー作りを続けていたサニーに、修道院長は政府の手先であるBEEのコナーに食べさせるクッキーに、毒を盛るように命じる。
人柱にならないといけないのに、コナーのためにクッキーをつくる事を優先していたサニー。にも関わらずそのコナーをコロセと命じられてしまうとは、その心中はいかほどなものなのか。
それらはリバースの使いとして現れたカリブス・ガラードとヘイズル・バレンタインの指示によるものだった。
久しぶりに登場になったお二人ですが、やってる事はただの使いっ走りですよ。

相棒(ディンゴ)のガスに起こされたコナーは「あんな可愛くて美味しいクッキーを焼ける娘がリバースの筈がない」と信じて疑わないも、突然歩き出したガスの後を追い掛けて無人となった修道院へと入っていく。
ガスはよぼよぼな外見ですが、やっぱりディンゴだけあってコナーの足りない部分をしっかり補ってくれてます。
そこでコナーが目にしたのはラグと対峙するロダの姿であり、ラグから彼女がリバースだと教えられる。
コナーのお人好しぶりは天下一品です。あの状況下でもまだロダを信じようとするとか凄いよね。

続きを読む "テガミバチ REVERSE 第11話「カベルネ襲来」"

| | トラックバック (0)

2010年12月11日 (土)

装甲騎兵ボトムズ ボトムズファインダー レビュー(ネタバレあり)

 【ストーリー】

At(アルトロ)操縦技術からタンブラー(曲芸師)という呼び名を持つ少年アキ・テスノ(声:石田彰)は、いつも空ばかり見上げていた。
彼らが住むのは遥かに深い崖の底にある世界“ボトムズ”
ボトムズに暮らす多くの者たちは、崖の上にあるという華やかな世界“トプ”へと想いを馳せ、少年もまたそんな一人だった。
ジャンクを回収するボトムズで生活をしているアキはそのAt操縦技術から、崖から現れるシロアリと呼ばれる怪物を追い払う仕事を引き受けていた。

巨大なシロアリとの戦いでAtの足を失ったアキは、メルインガル(声:勝生真沙子)の下でAtの修理を行う。トプに憧れるアキだが、メルインガルやダバルト(声:広瀬正志)もかつてはトプに憧れたという。
ボトムズからトプに上がるには崖にある先人が突き立てた楔を使いよじ登っていくしかない。しかし過去6人の人間が落下して命を落としているという危険な行為でもあった。

そうしたある日、トプからやってきたレッシング(声:田中秀幸)のという男性から、評議員の娘を誘拐したディアハルト(声:森川智之)から誘拐された少女を助けて欲しい、との依頼が舞い込んでくる。
ディアハルトは少女を連れて、アキたちが“島”と呼ぶ廃墟に逃げ込んだのだという。

続きを読む "装甲騎兵ボトムズ ボトムズファインダー レビュー(ネタバレあり)"

| | トラックバック (0)

伝説の勇者の伝説 #023「最後の日」

シオン・アスタールの命令で宿を取り囲まれて拉致されたライナ・リュートとフェリス・エリスは、王城の一室に軟禁され、書類整理を4日連続徹夜でやらされてました。
ライナとフェリスがコントを繰り広げているところへ、更にシオンが持ってきた緊急の書類。その書類を処理しないと、シオンの誕生日が祝われてしまうという事。
そんなわけで前回のシリアから一転して今回はコメディ回です。

そんなシオンの誕生祭を盛大にしようと燃えているのはミラン・フロワード。
彼が声を掛けたのは筋肉バカのクラウ・クロムと女癖の悪いカルネ・カイウェルは、どっちも将来は女の尻に敷かれそうです。
頭の中を極限まで軽量化とか好き放題に言ってるな。
意趣返しに「根暗くん」とか呼んでるし。

逃亡したライナはミルク・カラードとあって、彼女の誕生日パーティの事思い出しました。ライナはミルクが誘拐されていた事を知らないから、誕生日パーティが中止になった事を知らなかったんだな。

クラウとカルネはエスリナ・フォークルとノア・エンと相談した結果、とりあえずメインは打ち上げ花火という事に決まったものの、花火の準備には時間がかかるもの……それを手伝わさせられるのは当然。

続きを読む "伝説の勇者の伝説 #023「最後の日」"

| | トラックバック (0)

神のみぞ知るセカイ FLAG 10.0「あたしの中の……」

図書館で汐宮栞を助けた桂木桂馬。
「ありが論」
お礼を言うつもりが謎の言葉になってしまった栞。噛んだのでなく、本による影響だったようだ。
まともにお礼が言えないままに立ち去ろうとした栞ですが、桂馬が本など不要で全てデータ化してしまえば良いだの、全てスキャンすれば全ての本を処分できるなどととを吐いた事で、「ばかぁ」という言葉を引き出す事に成功。
怒らせてでもとにかく心の声を外に引き出すのが重要、と考えての行動。
最終攻略のためには、一時的な好感度ダウンも厭わない桂馬らしい対応。

昔から人との会話が苦手で、あたまの中で考えている言葉が上手く口に出せない栞。
大好きな本の事を聞かれて直ぐには答えられず、翌日に原稿用紙100枚の感想を書いてくるって……その感想を読むのが大変だよ。
そんな彼女が唯一心を寄せる事ができるのは、自分のペースでいられる本の世界。

しかしそんな栞の心の拠り所を脅かす出来事が進行中。
それは以前から要望があったという視聴覚ブースの設置
他の図書委員にとっては嬉しい事のようだけど、栞にとっては違うようで。でも上手く喋る事ができないのでその気持ちを伝える事もできない。

続きを読む "神のみぞ知るセカイ FLAG 10.0「あたしの中の……」"

| | トラックバック (0)

2010年12月10日 (金)

アマガミSS 第22話 絢辻詞編 第二章 「ウラガワ」

教室に落ちていた絢辻詞の手帳を拾った橘純一だが、純一が中を見たと口にした途端、詞の態度が豹変。
純一は思わず詞の胸を揉んじゃってるし。
人の家のない神社の境内へと連れ出した詞だったが、「書き殴ったアレ」を見たと詞の早合点だった。
見られたら詞が学校にいられなくなってしまうような事が書かれていたという事だが、具体的に何が書かれていたのかは不明。

「ボクは何も見ていません。綾辻さんは裏表のない素敵な性格です」
と約束させられましたが、翌日になってあっさり梅原正吉に相談しようとする純一の性格は凄いと思う。

梅原に相談しようとしたせいで、詞の創設祭の仕事を手伝わされる事になった純一ですが、忙しい日々で授業中に眠ってしまったりしています。
詞がそこまで頑張るのは、自分のため。完璧主義だし、内申が有利になるという打算的なところがあるようだ。

詞は純一が今でも詞に普通に接してくる理由が判らないものの、純一は実行委員の仕事も面白くなってきたなどとまるで気にした様子はない。
純一はそんな詞が家に帰りたくないように見えると感じる。

続きを読む "アマガミSS 第22話 絢辻詞編 第二章 「ウラガワ」"

| | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

百花繚乱 サムライガールズ 第拾話「魔眼の牢獄」

柳生宗朗は良い将であろうと、夢の中で服部半蔵や後藤又兵衛に訴えかけるも、柳生義仙の魔眼の力で、半蔵や又兵衛、直江兼続は快楽に身を任せば良いと迫る。
ぎったんの魔眼の力は継続中だったんだな。遠隔操作も可能なのか。

囚われの身となった真田幸村は、彼女たちを処刑しようとするシャルル・ド・ダルタニアンに土下座をしてまで宗朗の無事だけを確認する。
宗朗や柳生十兵衛三厳が生きていると聞いて涙を流して喜ぶ幸村。
目を醒ました兼続が騒ぎ立て、ニアは興が醒めたと処刑を中断するも、自分が何故処刑しなかったのかと悩む事に。
ゆっきーの宗朗への思いに心動かされたのは確かでしょうが。
それにしてもぐつぐつさんはどこまでも賑やかしキャラ。アレって死んだふりだったのか。

十兵衛と宗朗の解析を急ぐ徳川慶彦。
宗朗のデータは不可解なものが多くて捗らない一方、十兵衛の解析は順調に進み、“イザナミ計画”は前へと進む。
宗朗が何故そんな特殊な存在なのかは最終回までに明らかになるのだろうか。

続きを読む "百花繚乱 サムライガールズ 第拾話「魔眼の牢獄」"

| | トラックバック (0)

2010年12月 8日 (水)

もっとTo LOVEる -とらぶる- 第10話「花粉伝心/オンナノコノキモチ/ドキドキ☆メール」

<span style="font-weight: bold;">●Aパート「花粉伝心」</span><br />
結城リトはセリーヌを連れてお散歩の途中で古手川唯とばったり出会って、一緒になりました。<br />
唯はネコ相手に何ツンデレやってんだ……<br />
老婆に夫婦と呼ばれて妄想膨らませたり、相変わらず<span style="color: rgb(250, 128, 114); font-weight: bold;">妄想力豊か</span>な娘だなぁ。唯は本質的にエッチなのではないかと思います。<br />
<br />
セリーヌがコーラを飲んで酔っぱらってしまって大変な騒ぎに。<br />
セリーヌの花粉を浴びた天条院沙姫が突然リトに<span style="color: rgb(238, 130, 238);">「愛してる」</span>と抱きついてきて馬乗りで迫ったり、九条凛や藤崎綾も愛していると追い掛けてきたり、挙げ句に街中の老若男女を問わずに迫ってきて、挙げ句に校長までパンツ一丁で……<br />
なんたる地獄。ま、普段美味しい目にあっているのでたまにはいいのではないかと。<br />
時間が経つと元に戻るようですが、その間の記憶が無かった事がリトにとって幸いか。もし覚えていたら沙姫たちからどんな目にあわされていた事か。<br />

続きを読む "もっとTo LOVEる -とらぶる- 第10話「花粉伝心/オンナノコノキモチ/ドキドキ☆メール」"

| | トラックバック (0)

荒川アンダー ザ ブリッジX2 第10話「10 BRIDGE×2」

金星行き定例報告会。
「好きです金星。」Tシャツをみんな着用。誰がこのTシャツを作ったのか。
このTシャツはグッズ販売されるのかなぁ。
村長からみんなに残念なお知らせ。金星行きのロケットは500kgの重量制限があった事で、みんなの体重を量って……およそシスター5人分

オープニングテーマ
『行様☆Go!Summer!~いや、行くのは金星だから~』
歌:高井(CV:チョー)

オープニングが新しくなりました。
今回限りだと思うけどね。チョーさん絶好調。

続きを読む "荒川アンダー ザ ブリッジX2 第10話「10 BRIDGE×2」"

| | トラックバック (0)

2010年12月 7日 (火)

薄桜鬼~碧血録~ 第二十一話「雪割草の花咲きて」

蝦夷へと渡った土方歳三たち旧幕府軍は新政府軍に寝返った松前藩を土方歳三を総督として攻め込んで撃破、蝦夷地平定を行い、榎本武揚らは蝦夷共和国の設立を行う。
土方は陸軍奉行並に就任することになります。

そんな訳で新選組もいよいよ終局となる函館戦争。

土方は1人吸血衝動に苦しんでいました。
今や唯一残った羅刹で、おそらく吸血衝動を抑える薬ももうないのだろうな。
雪村千鶴の幻を見てしまうほどに心が弱っているご様子。

その頃、千鶴はというと、土方の言いつけを護って仙台で死んだ父・雪村綱道の墓守をしてました。
この娘の場合は他に行く当ても無いのですね。斉藤は生きているけど投獄中だし、頼れそうなのは松本良順と永倉ぐらいか。松本先生も投獄中だったかな? 後は何処へ消えたか判らない千姫とかでしょうけど。
そんな千鶴の前に現れた風間千景は千鶴を捨てられた女鬼と呼んだり、もう千鶴からは興味を失ったようだ。
土方に関わり続ければ鬼の道を踏み外すと言いつつも、土方と決着つけるという「誓い」を護るために蝦夷へ渡る気満々です。
ま、彼との決着を描かなければもはやただの新選組伝記という感じになっていくからな。鬼としての一騎打ちを描写してこそこの作品の意味があるのだし。

続きを読む "薄桜鬼~碧血録~ 第二十一話「雪割草の花咲きて」"

| | トラックバック (3)

2010年12月 5日 (日)

仮面ライダーオーズ/OOO 第13話「シャム猫とストレスと天才外科医」

自分のメダルが集まらずにアンク/泉信吾(三浦涼介)は白石知世子(甲斐まり恵)に同情されたりしている上に、自分のコアメダルが集まらないことにご立腹。
今のところは彼のメダルは2枚だけ。他のグリードも持っていない感じだから、鴻上光生(宇梶剛士)が持っている可能性の方が高そうなんだけどね。
アンクは2枚だけだから片腕しかなれないみたいだけど、ガメル(声:松本博之)も今は似たような状態じゃないのか?

自分の担当患者の手術を他の医師にさせられている天才医師の田村ケイ(松永京子)は、院長(浜田晃)に直訴するも相手にしてもらえない。
つか、名指しで患者がやってくるほどに有名な天才医師なら、そんな病院はさっさと辞めて他の病院に行けばいいんじゃないのか? 今のご時世は医師不足なんだから、他に好待遇で受け入れてくれる病院はいくらでもあると思うよ。

そんな田村に目をつけたのはカザリ(声:橋本汰斗)。
久しぶりで忘れていたけど、彼のヤミーは寄生型だったね。
オーズがヤミーを倒しても、巡り巡って真木清人(神尾佑)からセルメダルが手に入るので問題ないと考えているようだ。
そんな真木は新たなライダーベルトを開発完了しているみたいで、後藤がどうやってこのベルトを手に入れるのか。

続きを読む "仮面ライダーオーズ/OOO 第13話「シャム猫とストレスと天才外科医」"

| | トラックバック (0)

天装戦隊ゴセイジャー epic42「情熱的ハイド」

エージェントのメタルA(アリス)(声:井上麻里奈)が前回の戦いでゴセイジャーからデータ収集できていなかった事にご立腹の10サイのロボゴーグ(声:小杉十郎太)は自らが建てた作戦を実行する事にしました。

ハイド(小野健斗)はデータス(声:宮田幸季)を使ってマトリンティス帝国について分析をしていましたが、食器の片づけをしようとしたデータスに「機械なんだから余計な事をしなくていい」と叱り付けるも、逆にモネ(にわみきほ)がその言葉に怒りました。
てか、地球を護ろうとしている人間が濡れたものをティッシュペーパーで拭くとかするな。
ちゃんと雑巾使え

オープニング曲が2番になりました。
マトリンティス帝国のシーンにはブレドRUNが加わったのは良いとして、こいつが真ん中かよ!

メタルAたちがミサイルを向けている先では、世界平和会議が国際コンベンションセンターで開催中でした。
ミサイルのスイッチを押さない交換条件にデータスの引き渡しを要求。

続きを読む "天装戦隊ゴセイジャー epic42「情熱的ハイド」"

| | トラックバック (0)

侵略!イカ娘 第9話「ピンポンダッシュしなイカ?/メイクしなイカ?/秘密兵器じゃなイカ?」

●ピンポンダッシュしなイカ?
ピンポンダッシュをしていた相沢たけるとユウタを見つけたイカ娘。押された方が困るんじゃなイカという至極真っ当な反応でしたが、侵略者のくせにと言われてピンポンダッシュをしてみることにしました。
しかしそこを偶然にも相沢千鶴に発見されて、なんとか誤魔化そうと紗倉清美の友達という事にしてしまいました。

清美に土下座までして友達という事にして欲しいと頼んだイカ娘に、友達のフリではなく、本当の友達ならOKとしてくれました。
イカちゃんに始めてまともな友達ができました。
清美を家に招待する事になったイカ娘は、千鶴に黙って招待した事でびびりまくりですが、千鶴はイカ娘が始めて友達を連れてきてくれた事で嬉しいだけでしたが。
優しすぎる栄子にもびびりまくり。
ヘタレなイカちゃんが可愛い。
栄子と千鶴からしたら何が何やらという感じでしたが。

続きを読む "侵略!イカ娘 第9話「ピンポンダッシュしなイカ?/メイクしなイカ?/秘密兵器じゃなイカ?」"

| | トラックバック (0)

STAR DRIVER 輝きのタクト 第10話「そしてマリノの初恋」

ミズノの教えてくれた魔法が、私を私にしてくれたの……

学校を上げて行われる球技大会。
1年生は野球大会
ツナシ・タクトはピッチャー。
スガタメ・タイガーとヤマスガタ・ジャガーは隣のクラスだから敵チームのようだ。
タクミ・タケオたちは第2隊『バニシングエイジ』はマンティコールの正体がヨウ・マリノである事に気付いたようです。残り2人は先輩なんだな。
ワタナベ・カナコは何故かベンチで髪の毛の手入れ。やる気がまったく無いのかと思いきや、そういう訳ではなく結構ノリノリだし。
ニチ・ケイトは実はアゲマキ・ワコやシンドウ・スガタと幼馴染みで、例の流されてしまったトーテムポールを一緒に建てた間柄だったようだ。彼女が一緒に遊ばなくなったのは、自分が巫女の1人だと知ったからかな。

アクシデントでマリノの胸に顔を埋めるラッキー・スケベなタクトは、ちょっぴり良い雰囲気になって、マリノを落とそうと思っているタケオは気に入らないご様子で、たびたび牽制球を投げつつ睨み付けています。
「まさに牽制球だな」
スガタは誰が上手い事を言えと……

続きを読む "STAR DRIVER 輝きのタクト 第10話「そしてマリノの初恋」"

| | トラックバック (3)

テガミバチ REVERSE 第10話「ベリタブリィー修道院」

氷の中に封じられていた巨大な精霊虫の幼虫の封印を解き、心弾で洞窟の外へと誘き出したノワールは、脱皮したトンボ型鎧虫を放置して相棒(ディンゴ)のロダと共に立ち去る。
それらの“こころ”の記憶を見たザジ。
セントラルに帰還途中だったラグ・シーイングは倒れて運び込まれていたザジと再会し、彼がノワールにテガミを奪われていた事を知る。

鎧虫が精霊虫の成れの果てであるという事実をニッチ姉から教えられていたラグは、自分やBEEの使うの精霊琥珀も鎧虫になってしまうのでは焦る。
心が抜け落ちる前に琥珀になった精霊虫は鎧虫になる可能性が殆どないと聞いて安堵したラグは、自分の命を救うためにラグの母がくれたものである事を語る。
「ボクの命を救ってくれた精霊が、“こころ”を失って鎧虫になってしまったら、とても哀しいです」
「ふっ……その精霊虫は今もおまえを助け、共に生きている。
 良い母を持ったな」

ニッチ姉の言葉に嬉しそうに笑うラグ。
そんなママンの行方については未だ判らず仕舞いですけどね。

続きを読む "テガミバチ REVERSE 第10話「ベリタブリィー修道院」"

| | トラックバック (0)

伝説の勇者の伝説 #022「αという名の獣」

リューラ・リュートルーが現れて、ライナ・リュートを刺してしまいました。
ライナの扉を開けるのはまだ早いと考えたルシル・エリスが妨害に現れるも、シオン・アスタールのいる城に向かって勇者に遺物による何かを仕掛けたため、それを止める事を優先したようだ。ただ具体的にアレが何をしようとしていたのかは謎。
リューラがライナを一体どうしたいのか、未だ見えてきませんが、妻と共に助けようとした相手である以上はライナが生き延びるために何か策を講じようとしていると思えわれるのだが。

フェリス・エリスが助けに現れるも彼女の実力で勝てないほどにリューラは強いようだ。

刺されたライナが意識の底で見たのは彼を倒して解放されようとする怪物でした。
声からして、ライナが暴走する時に聞こえてくる全ての破壊を望む声のようです。
ただ、そんなライナを護るため、ライナの母親が出現。
彼女はこの怪物の封印のための生け贄となっていたようです。
ライナを逃がして、彼の中にある扉を開けさせようとした母はあっさりと犠牲になって悔い殺されてしまいましたが。

ライナがその扉の向こうで見たのは、魔王を殺した勇者の姿。
その勇者がライナを殺害しようとしたところで目が覚めました。
勇者は彼を殺そうとする意識と、殺したくないと願う意識があったので、シオンを現しているというところか。

続きを読む "伝説の勇者の伝説 #022「αという名の獣」"

| | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

神のみぞ知るセカイ FLAG 9.0「大きな壁の中と外」

ケーキを作れば大爆発!
人間界の常識がまるで無いエリュシア・デ・ルート・イーマに辟易した桂木桂馬は、一般常識を勉強させようとエルシィに図書館へ勉強するように指示しました。
そこでエルシィが発見したのは赤く格好いい車……消防車
遂にエルシィが消防車と運命の出逢いを果たしました。
エルシィが好きな二大アイテムはかのんちゃんと消防車ですから。
消防車に惹かれてもっと知りたくなったエルシィは受付の図書委員に本の情報を聞きに行くも、受付にいた少女・汐宮栞は本に没頭してエルシィの声にも気が付かない。
ようやく気が付いても非常に無口で会話が成立しません。
そんな彼女に駆け魂センサーが反応してしまい、桂馬の出動となりました。
中の人は花澤香菜。また文学少女役か……最近文学少女づいてるな。

図書委員はギャルゲーの王道でよほど優秀じゃないとやる気が起きないと言って憚らない桂馬でしたが、栞はエルシィのために大量の消防車に関する本を集める優秀者。
この巨大な図書館の本を全て頭の中に入っていました。
桂馬の詠み通り、文学少女は無口だけど頭の中では色々と考えていましたが、それを口に出せない。
そんな栞は原作でもただいま再攻略に向かうところ……

続きを読む "神のみぞ知るセカイ FLAG 9.0「大きな壁の中と外」"

| | トラックバック (1)

2010年12月 3日 (金)

アマガミSS 第21話 絢辻詞編 第一章 「ハッケン」

二年前のクリスマスの初デートに振られていらいクリスマスが苦手になった橘純一は、そんな自分を変えるために、毎年行われる創設祭の実行委員に立候補しました。

なんでもこなせてしまう絢辻詞。
一緒に資材倉庫に入った際には純一のドジで閉じこめられてしまったりしましたが、美也のおかげで脱出に成功。
もっともお約束通り、みゃあは自分たちが出て行く時にまた扉を閉めてしまうというオチつき。
そんな詞とちょっと仲良くなった純一ですが、詞は下校途中に姉の絢辻縁と会った途端に不機嫌に……

クラス委員や創設祭実行委員長を務め、更には棚町薫と田中恵子の出席する水泳の補習授業で先生の代理までやる多忙ぶり。
薫が補習を受けているのは単純に髪の毛が濡れるのが嫌、という理由でさぼっていたかららしい……酷い理由だな。てっきり生理が原因とかかと思ったよ。
森島はるかは何故かそんな三人の補習授業を覗いて喜んでます。相変わらずの親父っぷり。

続きを読む "アマガミSS 第21話 絢辻詞編 第一章 「ハッケン」"

| | トラックバック (0)

百花繚乱 サムライガールズ 第玖話「将(ジェネラル)の帰還」

直江兼続は服部半蔵と後藤又兵衛を勝手に『チーム愛☆戦士』の一員と位置づけて、マスターサムライになる事を迷っている2人に発破を掛けようとするも玉砕。

仏蘭西は巴里から飛び立った飛行機は露西亜上空を通過していた。
その飛行機に乗る徳川慶彦は巴里より連れてきたシャルル・ド・ダルタニアンに迫るも、身を固くしたシャルルに冗談だと嘲笑い立ち去っていく。

柳生宗朗を炭焼き小屋に連れ込んだ柳生義仙はただ待つだけでなく、自分から契りをするように奨める。
宗朗は徳川千の時も真田幸村の時も自分が受け身だった事を反省する。
2人の背後にある「本日のチャレンジ」というもの凄い数の正の字が気になって仕方がない……誰が何に挑戦したんだ。
将とサムライの正しいあり方を描いた本と称して「春乱日記」なるエロ漫画を持ち出しました。
躰の繋がりから生まれる絆もあると、裸で宗朗に迫る。
それでも2人の気持ちを大切にしたいと考えた宗朗に、義仙は眼帯を外す。

続きを読む "百花繚乱 サムライガールズ 第玖話「将(ジェネラル)の帰還」"

| | トラックバック (0)

2010年12月 2日 (木)

荒川アンダー ザ ブリッジX2 第9話「9 BRIDGE×2」

第164話「無知との遭遇」
第165話「師匠と弟子」
第166話「白線マスターへの道」
Aパートはシロメインの話。
シロあてに届いた奥さんからの重要書類。
リクはそれを離婚届だと思い、どうするか悩むも、肝心のシロは島崎と2人でライン引きの練習……どこぞのエースを狙うアニメのようになってます。
リクは完全に空気。

島崎はリクの言葉に一瞬自分がニノの持つ「莫大な価値のある何か」を手に入れようと、内偵していた事を思い出すも、結局は恋を優先です。

奥さんからの届け物はホワイトライン オーストラリア杯への参加申込用紙と励ましの手紙でした。
薫さん、理解あり過ぎだ。

続きを読む "荒川アンダー ザ ブリッジX2 第9話「9 BRIDGE×2」"

| | トラックバック (0)

もっとTo LOVEる -とらぶる- 第9話「誰がためにベルは鳴る/迷惑暴走?/恋心アイドル」

●Aパート「誰がためにベルは鳴る」
今日はクリスマスイブ
結城美柑はせっせとクリスマスの準備です。幼いころから結城リトと美柑はお互いにツンデレで仲良かったらしい。
家族がバラバラで、二人きりで過ごす事が多かったけど、今年はララ・サタリン・デビルークやナナ・アスタ・デビルーク、モモ・ベリア・デビルーク、セリーヌも加わって賑やかなので楽しみらしい。
リトは美柑を喜ばせようと、金色の闇を捜し回ってを結城家で行うパーティーに招待した。一方、これまでずっとリトと美柑のふたりだけでイブを過ごしてきたと訊いたララは、両親を連れてきました。海外にいたママンはUFOで運んできて、パパンは仕事をザスティンに任せて連れてきたらしい。
リトの母親をちゃんと見たのは初めてかも?
家族と過ごすからとリトの誘いを一度は断った西連寺春菜も、やっぱりリトと一緒にクリスマスパーティをしたくて、家族から了承を貰って参加になりました。
この娘も随分と妄想豊かだな。

●Bパート「迷惑暴走?」
モモを良く確かめずに使ってしまったアイテムのせいで、リトがペケの中に入り込んでしまった。
やむなくペケとして過ごすことになって、ララの命ずるままにフォームチェンジしてみるが……ララの服になったリトは、当然彼女の身体に密着するわけで……
リトが混ざった事で、ペケ自身も暴走を始めて、ララの服がビキニになったり、周りの人間まで恥ずかしい格好に変身させたりと大騒ぎです。

続きを読む "もっとTo LOVEる -とらぶる- 第9話「誰がためにベルは鳴る/迷惑暴走?/恋心アイドル」"

| | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

薄桜鬼~碧血録~ 第二十話「散ずる桜花」

先に仙台入りした筈の山南敬助率いる羅刹隊は音信不通。更に仙台で辻斬りが横行し、それらの者達が仙台の城に出入りしているとの噂が立っていた事を榎本武揚から知らされる。
土方や千鶴は当然のように羅刹隊を疑う。
案の定、山南は雪村綱道たち新政府軍と繋がっていました。
その事を報せに来た藤堂平助ですが、綱道に後を付けられてしまい、日中であった事もあり綱道の羅刹兵に敵わず、雪村千鶴を攫われてしまいました。
原田左之助は江戸を守ったとは言え、作品的にはやっぱり犬死に……

千鶴に鬼の一族復興を諭そうとした綱道ですが、千鶴は頑なに拒否。鬼であると知りながらも受け入れてくれた人たちがいる事から、人と鬼の共存を信じて疑わない。
そもそも雪村家再興とかを考えていたのなら、綱道は何故千鶴が鬼である事を隠していたのだろうか。幼いころから、彼女が鬼で人間とは違う事を植え込んでおけば人間と共存しようとか思わなかったかもしれないのに。下手に人の娘として育ててしまったのが間違いなんじないのだろうか。
千鶴を助けに藤堂と土方が城へと乗り込んできた。
藤堂一人だとやばかったけど、土方が帰ってきたから助かったというところかな。

続きを読む "薄桜鬼~碧血録~ 第二十話「散ずる桜花」"

| | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »