« もっとTo LOVEる -とらぶる- 第11話「「妹」戦線異常アリ/偽りの恋?/恋愛予報」 | トップページ | アマガミSS 第23話 絢辻詞編 第三章 「プライド」 »

2010年12月16日 (木)

百花繚乱 サムライガールズ 第拾壱話「仏蘭西から来たサムライ」

儀式の時が来たが、未だ復活の巫女は欠けたまま。
天草四郎復活のため、柳生義仙は強行に走る。
本来は義仙と十兵衛の二人で天草四郎を蘇らせるはずだったようですが、無理矢理一人で復活させる事にしたのか。
このせいで天草四郎の復活が完全体ではなく、宗朗たちにも勝ち目が生まれるという展開なのだろうか。

とらわれの身であった柳生宗朗は目覚め、同じく目覚めた柳生十兵衛とキスを交わして剣姫(マスターサムライ)へと変化を遂げる。
十兵衛からマスターサムライゲノムを採取した徳川慶彦に宗朗は共闘を訴えるも、マスターサムライの量産化を進める“イザナミ計画”が成功したと、慶彦はこれを拒絶する。
シャルル・ド・ダルタニアンを『失敗作』と呼び、不要で廃棄処分とすると見捨てようとする慶彦。
慶彦はどこまでも小者ぶりを発揮していくな。
しかし量産型という呼び名は凄まじく弱そうです。真の絆で繋がっていないマスターサムライは本来の力を発揮できないというオチがありそう。

自らを「将ではなく将軍」であると語る慶彦は、自分を殺せば大日本の指揮系統が乱れるから手出しできまいと笑うも、十兵衛はそれをおかまいなしに攻撃を仕掛ける。
徳川千や真田幸村の制止にも耳を貸さずに攻撃を仕掛ける十兵衛に立ちはだかったのはニアだった。
モードチェンジによって十兵衛にも対して優勢に戦うニアだが、彼女への肉体の負担は重く、十兵衛は戦い続ければニアが死んでしまうと見抜いた。慶彦は換えは幾らでもいるとお構いなし。
無理矢理力を書き換えている分、負担が激しいのだね。これでは戦い続けても十兵衛を倒せるかどうかは実際のところ怪しそうだ。

涙を流すニアの姿に、彼女が自分たちと同じく慶彦を心から慕っているのだと気付いた十兵衛たちだが、慶彦は千や幸村の訴えに耳を貸そうともしない。
ニアの姿に3年前の事をまだ引き摺っていると気付く慶彦。
3年前、留学生として大日本に来ていたニアに接近した慶彦だが、ニアは慶彦の言葉の裏に気付き、生徒会長としての権威にも靡かない。
なのでニアを他の女性とのように捕らえずに人工マスターサムライとしての資質を確認したらしい。ニアがマスターサムライになれたのは実験が成功したというよりも、慶彦に対する想いがあったからなのだろうか。

慶彦がいる限り止められないという十兵衛は、ニアと戦い続ける。
十兵衛の残影閃とニアの氷牙が交差する。
その戦いを止めようとする宗朗は自らを縛る鎖を引きちぎると、覚醒させた「将」の力によって2人の力を止めてしまう。
「この戦い、ここまで!」
本来の将はただマスターサムライに力を与えるだけの存在ではなく、将自身も力を持っているという事か。元々強力な力を持つマスターサムライに対する将だから、マスターサムライの力を御する事が出来ても不思議ではないよな。

慶彦もまたニアのようなマスターサムライを持つ立派な将の筈だと戦いを止めようとする宗朗だが、慶彦は理想論を翳す宗朗のような者が大日本を危機的状況に陥らせていると聞こうとしない。
だが、その時、義仙の起こした強力な霊圧に施設の崩壊が始まる。
一応この人はこの人なりに、将軍としての責務を抱えて、日本を守ろうと思っての言動ではあったという事なのだろう。

慶彦を庇うニアの懐から折紙による兜が落ちる。
それはかつて慶彦がニアに初めて接触した時に、彼女のために折ったもの。
どんな高価なプレゼントよりも大切にしていた折り紙に、慶彦も改心したようで宗朗と共闘するフラグが立ちました。
ニアを宗朗に寝取られるというラストだけは回避に成功したらしい。

義仙を止めようとする量産型マスターサムライではまるで歯が立たない。
シェルターに避難したサムライたちは怯えて頼りにならない。
そして直江兼続はまたもただの役立たずに降格しました。ぐつぐつさんはどこまで行ってもこんな扱いですね。

衝撃で気絶した宗朗の下に瓦礫が落下するのを見つけた十兵衛は咄嗟に宗朗の身を庇う。
意識を失った十兵衛は、心の中でもう1人の自分、マスター十兵衛と言葉を交わす。宗朗が鎖を断ち切った事により、『真の将』として目覚めた事を自覚する十兵衛は、次の口付けこそが本当の契りとなる事、それによって中途半端な契りによって誕生したもう1人の十兵衛の人格が消滅してしまう事を告げる。
本来の人格はマスター十兵衛の方で、アホの子の方は覚醒が半端だったために作られた人格だったのか。だからアホの子の方は何も知らないし、何の能力もなかったわけだ。

千姫と幸村の波動霊視によって意識を取り戻した宗朗と十兵衛だが、何も知らない宗朗は脱出のために十兵衛にキスをしようと告げるが……
しかし十兵衛はキスをする事になるんだろうね。

十兵衛の一言
「みんな……
 ……ばいばい」

切なっ!

次回 第拾弐話(最終回)「さよならの忠」

学生達の恐怖心が四郎の力の源となっているとの事。
あれか、最後は一般の学生たちも立ちあがってみんなで天草四郎に立ち向かうという展開か?

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« もっとTo LOVEる -とらぶる- 第11話「「妹」戦線異常アリ/偽りの恋?/恋愛予報」 | トップページ | アマガミSS 第23話 絢辻詞編 第三章 「プライド」 »

百花繚乱 サムライガールズ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/50318721

この記事へのトラックバック一覧です: 百花繚乱 サムライガールズ 第拾壱話「仏蘭西から来たサムライ」:

« もっとTo LOVEる -とらぶる- 第11話「「妹」戦線異常アリ/偽りの恋?/恋愛予報」 | トップページ | アマガミSS 第23話 絢辻詞編 第三章 「プライド」 »