« 伝説の勇者の伝説 #023「最後の日」 | トップページ | テガミバチ REVERSE 第11話「カベルネ襲来」 »

2010年12月11日 (土)

装甲騎兵ボトムズ ボトムズファインダー レビュー(ネタバレあり)

 【ストーリー】

At(アルトロ)操縦技術からタンブラー(曲芸師)という呼び名を持つ少年アキ・テスノ(声:石田彰)は、いつも空ばかり見上げていた。
彼らが住むのは遥かに深い崖の底にある世界“ボトムズ”
ボトムズに暮らす多くの者たちは、崖の上にあるという華やかな世界“トプ”へと想いを馳せ、少年もまたそんな一人だった。
ジャンクを回収するボトムズで生活をしているアキはそのAt操縦技術から、崖から現れるシロアリと呼ばれる怪物を追い払う仕事を引き受けていた。

巨大なシロアリとの戦いでAtの足を失ったアキは、メルインガル(声:勝生真沙子)の下でAtの修理を行う。トプに憧れるアキだが、メルインガルやダバルト(声:広瀬正志)もかつてはトプに憧れたという。
ボトムズからトプに上がるには崖にある先人が突き立てた楔を使いよじ登っていくしかない。しかし過去6人の人間が落下して命を落としているという危険な行為でもあった。

そうしたある日、トプからやってきたレッシング(声:田中秀幸)のという男性から、評議員の娘を誘拐したディアハルト(声:森川智之)から誘拐された少女を助けて欲しい、との依頼が舞い込んでくる。
ディアハルトは少女を連れて、アキたちが“島”と呼ぶ廃墟に逃げ込んだのだという。

“島”の内部構造は複雑なため、地元の人間にしか判らない。そこで“島”に詳しいアキが選ばれたのだ。アキは相棒のエイビィと共にトプの人間を引き連れて、誘拐犯と少女の救出へと向かう。
ディアハルトのAtと戦うアキはディアハルトに追いつめられるが、そこへアキに同行したトプのAtが攻撃を仕掛ける。だが彼らの攻撃はディアハルトだけではなく、アキに対しても行われる。エイビィも動きを封じられ、アキは何がなんだか判らないうちに、トプの男たちは少女を連れ去って島から立ち去っていく。
呆然とするアキにAtから降りてきたディアハルトは、彼らこそが真の誘拐犯であり、自分は誘拐犯である彼らの下から彼女を奪回してここに逃げ込んだのだという真実を語る。彼らは少女の父親である評議員の政敵に雇われた男たちだったのだ。

アキはメルインガルの下で自分とディアハルトのAtを修理すると、彼と共に危険を顧みず崖を登りトプへと連れ去られた少女・サンドリヨンを連れ戻す決意を固める。
そしてエンビィも2人が崖を登っていった事を知りAtに乗り込むと2人の後を追い掛けていく。
彼らの様子を見つめるダバルトは、メルインガルにかつて自分もまた崖をトプに夢を抱いて崖を登った事を語るのだった……

■キャスト
アキ・テスノ(声:石田彰)
ディアハルト(声:森川智之)
エイビィ(声:広橋涼)
レッシング(声:田中秀幸)
サンドリヨン(声:折笠富美子)
メルインガル(声:勝生真沙子)
ダバルト(声:広瀬正志)


 【感想】

装甲騎兵ボトムズフェスティバル第2弾
第1弾Case;IRVINEより更にボトムズからかけ離れた印象を受けずにいられないこの作品。
OVAならそこそこのできですが、やはり映画として流すにはどこか物足りない。まぁ、45分程度では仕方ないとも言えるのですが、もう少し意外性も欲しかったかな。
レッシングが悪人だろうというのは序盤からバレバレな訳ですし。折角上ってきたエイビィにももう少し見せ場が欲しかった。
レッシングは最後シロアリにやられるだろうな、と思っていたら案の定というオチ。

石田さんがこんな感じで熱血系の男の子の役をやるって珍しい気がするね。
昔は女の子とか、女っぽい男とか、中性的な役割が多くて、最近はちょっとクール気味な青年役というのが多くなっていたのに。

アキやエイビィはボトムズで生まれ育ったようだけど、両親はどうしているんだろうか。
一緒に暮らしている様子もないし、ボトムズの人間はあの年齢ぐらいだともう親元を離れて独立しているのが普通という事なのかな? それにしても近くに家がある様子もないしな。

ラストが盛り上がりに欠けるのは、やはり敵であるレッシングが凄腕のAt乗りという設定ではないので肝心のバトルシーンで迫力が出ないからかな。

どうしても悪くは無いが良くもないという結論しか出ない。
しかしこのアニメをDVD単体で販売して売れるのだろうか?

個人的評価:60点

にほんブログ村 映画ブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 伝説の勇者の伝説 #023「最後の日」 | トップページ | テガミバチ REVERSE 第11話「カベルネ襲来」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/50272573

この記事へのトラックバック一覧です: 装甲騎兵ボトムズ ボトムズファインダー レビュー(ネタバレあり):

« 伝説の勇者の伝説 #023「最後の日」 | トップページ | テガミバチ REVERSE 第11話「カベルネ襲来」 »