« 荒川アンダー ザ ブリッジX2 第9話「9 BRIDGE×2」 | トップページ | アマガミSS 第21話 絢辻詞編 第一章 「ハッケン」 »

2010年12月 3日 (金)

百花繚乱 サムライガールズ 第玖話「将(ジェネラル)の帰還」

直江兼続は服部半蔵と後藤又兵衛を勝手に『チーム愛☆戦士』の一員と位置づけて、マスターサムライになる事を迷っている2人に発破を掛けようとするも玉砕。

仏蘭西は巴里から飛び立った飛行機は露西亜上空を通過していた。
その飛行機に乗る徳川慶彦は巴里より連れてきたシャルル・ド・ダルタニアンに迫るも、身を固くしたシャルルに冗談だと嘲笑い立ち去っていく。

柳生宗朗を炭焼き小屋に連れ込んだ柳生義仙はただ待つだけでなく、自分から契りをするように奨める。
宗朗は徳川千の時も真田幸村の時も自分が受け身だった事を反省する。
2人の背後にある「本日のチャレンジ」というもの凄い数の正の字が気になって仕方がない……誰が何に挑戦したんだ。
将とサムライの正しいあり方を描いた本と称して「春乱日記」なるエロ漫画を持ち出しました。
躰の繋がりから生まれる絆もあると、裸で宗朗に迫る。
それでも2人の気持ちを大切にしたいと考えた宗朗に、義仙は眼帯を外す。

宗朗を捜していた千姫と半蔵、十兵衛は炭焼き小屋で宗朗を見つけるも、宗朗は義仙の命令で十兵衛に手を挙げる。
更に同じ頃、屋敷を探索していた幸村と又兵衛ですが、複数の者達が屋敷を制圧しようとしていた。
義仙の眼帯は魔眼隠しか。

色欲溺れさせて将とサムライの絆を穢そうとしていた義仙でしたが、乗ってこない宗朗に、大切な儀式に間に合わないからと強攻策に出たとのこと。
既に儀式を行っていた義仙ですが、その将は慶彦とはまた別の者。
義仙のマスターサムライのシルシは右目にあったようだ。
宗朗と十兵衛の契りをリセットさせて、十兵衛を自分の主と契りを交わさせるためにやってきたらしい。

千姫は義仙の『氷乱刃』を素早く躱すも『絶対隷奴』を受けて倒される。義仙は氷の属性のようです。
同じマスターサムライでありながらも、力の差が歴然。
それは将の力の違いなのか、サムライ本人の力なのか。
宗朗は義仙の束縛から自らの力で脱する。

そこに現れた慶彦とニア。
自分の土地で好き勝手にする義仙を気に入らないと、ニアをマスターサムライにして戦わせました。ニアはパワーでは義仙以上。
通常のマスターサムライとは異なり、属性を変更できる。義仙に「人の創りしサムライ」と呼ばれていた事や、オーバーヒートした事で「改良の余地がある」が言っている事から、強制的に改造させられているという事か。

義仙を追い払う事ができたものの、一同は慶彦たちに捕らえられてしまいました。
十兵衛を天然ものと呼ぶ。
ここで気になるのは十兵衛が天然のマスターサムライで、ニアが人工のマスターサムライだとして、ゆっきーと千姫はどうなんだろうか。
そしてあっさりと気絶させられた上、シリアスなシーンで喋るなとかゆっきーに言われてしまうぐつぐつさん。彼女に見せ場がやって来る事はあるのでしょうか……

慶彦の推し進める「イザナミ計画」
これまで神隠しにあったサムライたちも、地下の研究施設にいました。どうやらマスターサムライを人工的に創り出す計画でした。
それは一般には知られていない数百年に及ぶ戦いのため。
倒しても蘇る怨霊『天草四郎』
彼の反乱は歴史からも消されている。
ああ、あの時の音声は天草四郎のもので、彼が教典を読んでいるところか何かかな。しかしそうなると、十兵衛に宗朗のサムライになるように仕向けたのも四郎という事になってしまうわけだが……
天草四郎って基本的に悪役が多いよね。
歴史的に反乱は起こしたけど、そんな悪人という訳ではないと思うのだけど。

現存する筈の7人のマスターサムライは既に全員が殺されてしまっていました。
彼と差し違えたと思われていた四郎の気配が残っている事で、更に危機感を高めていました。
そんな彼は、宗朗と十兵衛を使って研究を進め、マスターサムライの量産化を行おうと目論む。
大日本を包む闇は彼では無かったようですが、かと言って彼が正義の味方という訳でもない。天草四郎がどのような人物なのかも現在のところは不明だけど、義仙の将である以上は優れた人物という訳ではないだろうね。
宗朗にキスをさせれば量産化可能、という意見もあるかと思うが、それでは将が宗朗になってしまうからダメなんですよね。慶彦は自分こそがこの国の支配者と考える人間だろうし、そんな人間にとっち力の象徴である「将」を他の人間に譲るわけにはいかない。自分こそが将として、力を握る必要があると考えるのは当然の事。そのためにも宗朗の力を解析して、我がものにしようと考えているのだろう。
ま、どう考えても失敗して泣きを見る小者という感じなんでが……

十兵衛の一言
「天然者……
 ……物!?」


現在のところ判っている属性。
 十兵衛=?
 千姫=雷
 幸村=風
 義仙=氷
 シャルル=土・炎
ニアについては他にも変更できる可能性はありそうだよね。

次回 第拾話「魔眼の牢獄」

幸村は秘術“波動霊視”を行って宗朗の心の中へ入り、そこで義仙を。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 荒川アンダー ザ ブリッジX2 第9話「9 BRIDGE×2」 | トップページ | アマガミSS 第21話 絢辻詞編 第一章 「ハッケン」 »

百花繚乱 サムライガールズ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/50195525

この記事へのトラックバック一覧です: 百花繚乱 サムライガールズ 第玖話「将(ジェネラル)の帰還」:

« 荒川アンダー ザ ブリッジX2 第9話「9 BRIDGE×2」 | トップページ | アマガミSS 第21話 絢辻詞編 第一章 「ハッケン」 »