« 天装戦隊ゴセイジャー epic43「帝国総攻撃」 | トップページ | 仮面ライダーオーズ/OOO 第14話「プライドと手術と秘密」 »

2010年12月12日 (日)

STAR DRIVER 輝きのタクト 第11話「サイバディの私的活用術」

交通事故の夢を見たシモーヌ・アラゴン。
――何か……嫌な夢で目覚めた。

どれほど夜更かししてもシモーヌよりも早起きして仕事をやっているワタナベ・カナコ。
相変わらず授業中に空気も読まずにツナシ・タクトに語りかける。
クラス中のみんなも先生ももう恒例行事なのか、呆れつつも注意すらしません。シナダ・ベニオすら注意しないのだからよほどの事だろう。
そんなミセス・ワタナベに仕えながら嫌っているシモーヌは、同時に世界経済の一端を担っている彼女の才能はただ者ではないと認めている。色々と複雑な事情がありそうです。
浮気した人妻の上位ランキングは浮気した夫への仕返しがあるらしいが、その気持ちが判るとか語り出したあげく、1組の親睦会の開催を宣言しました。
「みんなで弾けましょ☆ミ」
「ワニはいないよね」
とりあえず、そういう話は休み時間かホームルームにして下さい。そしてタクトの気がかりはそこか。

水着着用での親睦会ではダイ・タカシの演奏によるアゲマキ・ワコの歌を披露。
ミセス・ワタナベはドレス姿で水着ではありません。
タカシのあの水着はいけてないな。
ニシノ・ヒトミ先生は酒を飲んでクラスメイトのヒロシ君に絡んでます。
そんな先生はセクシー水着でオッパイもカナコさんに次いで凄いです。ミドリと比べると同じぐらいかな?
酒で絡んでなければ生徒達の注目の的だったかもしれないけどね……


親睦会に参加せず公演にやってきたシンドウ・スガタはヘッドと出会いました。
ヘッドはあまり学校に通っていないからか、スガタとも面識が無かったみたいだ。
絵を描くヘッドは描くまいとしていたものの、自分の中から描いてくれという想いが溢れているようだ。
「出たがっているなら、出してやれば良い」
「そうだね。
 才能は何か意味があって、神様が与えてくれたものだからねぇ。
 使わないのは罪かもしれない」

力を使わないでいるスガタに対する言葉なのでしょう。
そしてヘッド復帰の日は近そうです。でもヘッドが復帰する時には、日死の巫女が犠牲になる日でもありそうなんだけど。

サイバディを管理する者は全人類に対して重い責任を負う事を正しく理解する者でなくてはならない。という持論を展開する頭取。
世界平和を本気で考えているらしい頭取をただ者ではないと感じるシモーヌだが、マンティコールの発言で頭取がサイバディを私的利用しているらしいという噂を知る。
カナコの夫であり世界的財閥のグラトネール財閥の当主である大富豪レオン・ワタナベはシモーヌの父親であった。
しかしその事実はシモーヌ以外の誰も知らなかった。

1年前に交通事故で検査入院していたシモーヌは、病室のテレビで流れていたカナコとレオンの結婚ニュースを見た姉のミレーヌから、レオンが自分たちの本当の父親であると教えられる。
かつてシモーヌの母はレオンの秘書をしていたが、彼の愛人となりミレーヌとパメラという2人の子供を身ごもったのだ。
シモーヌは名前を偽ってカナコの秘書として彼女に接近する事になった。
シモーヌの本名はパメラというらしい。レオンを相手にフランス語で会話できるのはフランス人だったからなのですね。血筋的にはハーフになるようだが。
お姉ちゃんのミレーヌは金髪ツインドリル仕様。

タカシにサイバディでもう一度タウバーンと戦うように迫るが、資格(エンブレム)を剥奪されているタカシはシモーヌにサイバディ・ダレトスを起動するように頼む。
戦う力を持たないシモーヌだが、タカシはシモーヌがアプリポワゼしたダレトスに自分が乗り込んで戦うと語る。
シモーヌはサイバディ・ダレトスのスタードライバーではあるもの、これまで出てきたメンバーのように戦闘力はほとんどないのか。サイバディも戦闘には特化していないのかもしれないが。
そんなシモーヌの発案を必死に止めようとするカナコだが、シモーヌはカナコが自分より上に来られるのを焦っていると感じる。
偏った視点で物事を見てしまうと、どうしてもそういう捕らえ方しかできなくなってしまうという典型的な症状ですね。本気でカナコが心配しているとは想いもしていないのでしょう。
自分の顔よりもカナコを見ている事が多かったというシモーヌは、それだけカナコの事を理解できるようになってしまっているようだ。

演劇部『夜間飛行』で頑張るヨウ・ミズノの様子を窓の外から見つめていたヨウ・マリノ。
エンドウ・サリナたちの反応からするとミズノにはあまり演劇の才能はないようです。
その事を報されたミズノは「風が来た」と突然窓から飛び出そうとする。
「ありがとう」
「え!?」
「だって、ずっと見ているのは好きだからでしょう」
マリノがずっと見ていたのはミズノか、それともタクトか……
マリノは色々と複雑な感情の板挟み状態。

中学生の時には1人芝居をやった事があるらしいスガタですが、その時にはファンクラブまでできたらしい。つか、今はないの? ありそうなんだけどね。

電気棺に乗り込んでアプリポワゼしたシモーヌ。
結構セクシーな衣装を着ていたセクレタリーですが、あの衣装でローアングルからの映像とかはヤバい。
タカシがダレトスに入り込み、スカーレットキスがスガタを取り込んだ時のように、タカシをコクピットに取り込む事で2人の力を使って戦うという作戦だったようだ。戦闘はあくまでバンカー主導で、セクレタリーはスターソードに力を注ぐだけ。
スガタの時は一方的に搾取されただけの関係ですが、2人が共闘しているので力は2倍。
バンカーのスターソードが出たので、スターソードはサイバディではなく、スタートライバーに依存しているようだ。第1フェーズの力などと同じか。
セクレタリーの力をスターソードに乗せて戦う敵に、スガタはタウバーンに王の柱の力を注ぎ込んでタウバーンのスターソードをパワーアップしました。
まるでイデオンソード……
一撃でダレトスを破壊してしまいました。
出ようとしている力は出してあげるべきというヘッドの言葉で、スガタは力を使う事を躊躇しなくなったのですね。
これからスガタがドンドン力を使っていくことになるのかな。

危険を賭して戦いを続行しようとしていたタカシの身を案じてタカシを強制排出したシモーヌに、それで良いのだと認めるカナコ。
「あなたに戦いなんて似合わない」
そういうカナコに驚くシモーヌですが、そこにミレーヌが現れた。
実はミレーヌはカナコの一番の親友でした。
カナコが語っていた大切なお客様というのはミレーヌの事だったわけで、だからこそ今回カナコに出撃させる訳にはいかなかったのだろう。親友がやって来る日に、その妹に怪我をさせたのでは申し訳がないからね。

交通事故で目覚めなかったシモーヌに泣き崩れた彼女の母親のために、カナコはシモーヌをサイバディとアプリポワゼさせた。
サイバディの力を使えばシモーヌを目覚めさせる事ができると考えたのは、ダレトスの力がそういう治療面とか活性化などに効果があるからかな?
シモーヌはカナコが私的活用していたのは自分のためだと知ってしまいました。戦闘前のマンティコールの口調からすると、彼女もカナコがサイバディの力をシモーヌのために使用したという事実は掴んでいたのか。
ミレーヌだけでなく、彼女たちの母親もカナコの事を知っていたらしい。
カナコにレオンを紹介したのは彼女の母親で、レオンには自分よりもカナコの才能が必要だと考えたからのようです。

全てを知っていながら知らないフリをしていたカナコ。
「このシチュエーションは気に入ってたんだけどな」
カナコがサイバディで戦う事に反対したのも彼女を危険に曝したく無かったからだけのようです。
何も知らずに母親から男を奪った女に復讐しようと偽名で使えているというシチュエーションが気に入っていたと笑うカナコですが、どこまでが本心なのかどうか掴みきれない。
――やはり私はこの女が大嫌いだ……
その嫌いという意味合いが今までと同じなのか、それとも違う意味を持つようになったのか。

そんな訳でカナコとシモーヌの微妙な関係を描いたお話。
シモーヌはカナコが復讐相手ではないと判った後も、結局彼女に仕え続けるのですね。
カナコはシモーヌが嫌いだと言っているのは、彼女の才能を認めた上での事なのでしょう。一番近くにいたからこそ、カナコという人物の凄さを認めざる得なくなっているのでしょうし。

次回 第12話「ガラス越しのキス」

ミセス・ワタナベとのデート。
そして頭取のサイバディ、ベトレーダとの対決です。かなり強そうだ。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 天装戦隊ゴセイジャー epic43「帝国総攻撃」 | トップページ | 仮面ライダーオーズ/OOO 第14話「プライドと手術と秘密」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: STAR DRIVER 輝きのタクト 第11話「サイバディの私的活用術」:

» STAR DRIVER 輝きのタクト 第11話 「サイバディの私的活用術」 [アニメって本当に面白いですね。]
STAR DRIVER 輝きのタクト   お勧め度:お勧め   [SF]   MBS・TBS系 日 17:00   監督 : 五十嵐卓哉   脚本 : 榎戸洋司   キャラ原案 : 水屋美沙×水屋洋花   キャラデザ・ ... [続きを読む]

受信: 2010年12月12日 (日) 19時02分

» Star Driver 輝きのタクト TBS(12/12) [ぬる~くまったりと]
第11話 サイバディの私的活用術 救急車のサイレン。何か嫌な夢で目覚めたとシモー [続きを読む]

受信: 2010年12月12日 (日) 20時13分

» STAR DRIVER第11話感想〜。 [戯言日記2nd]
今週のメインはシモー「ヌ」です。 散々気付かずにシモー「ネ」って書いてるけど、最後に気付くんでスルーしてね(笑) 以下、ネタバレします。ご注意を。 [続きを読む]

受信: 2010年12月13日 (月) 16時06分

» STAR DRIVER 輝きのタクト 第11話 『サイバディの私的活用術』 [Plum Wine*]
この女は只者ではない。 [続きを読む]

受信: 2010年12月13日 (月) 19時21分

» (アニメ感想) STAR DRIVER 輝きのタクト 第11話 「サイバディの私的活用術」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
STAR DRIVERlt;スタードライバーgt;輝きのタクト 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る ある夜行われた綺羅星十字団の総会で、シモーヌは思わぬ噂を耳にする。なんとカナコ ... [続きを読む]

受信: 2010年12月15日 (水) 04時48分

» STAR DRIVER 輝きのタクト 第11話『サイバディの私的活用術』 [こいさんの放送中アニメの感想]
今回はおとな銀行回。 おとな銀行リーダー、トードリー事ワタナベ・カナコに仕えるシモーヌ。今までもカナコに対し一物あるかの様な振る舞いが見え隠れしてました。 カナコがまたもタクトにアプローチ、クラス全員が凍り付いている。テストも終わったし、皆で弾けましょ!授業中にハジけすぎです。 たぶんそうだと思ってましたが、シモーヌはそんなカナコが嫌いな模様。 そんな訳でカナコ主催の船上パーティーに赴いたタクト。タカシのピアノ演奏に合わせ歌を披露するワコ。この歌もいずれ戦闘で使われるようになるのでしょうか。それに... [続きを読む]

受信: 2010年12月15日 (水) 13時35分

« 天装戦隊ゴセイジャー epic43「帝国総攻撃」 | トップページ | 仮面ライダーオーズ/OOO 第14話「プライドと手術と秘密」 »