« 荒川アンダー ザ ブリッジX2 第10話「10 BRIDGE×2」 | トップページ | 百花繚乱 サムライガールズ 第拾話「魔眼の牢獄」 »

2010年12月 8日 (水)

もっとTo LOVEる -とらぶる- 第10話「花粉伝心/オンナノコノキモチ/ドキドキ☆メール」

<span style="font-weight: bold;">●Aパート「花粉伝心」</span><br />
結城リトはセリーヌを連れてお散歩の途中で古手川唯とばったり出会って、一緒になりました。<br />
唯はネコ相手に何ツンデレやってんだ……<br />
老婆に夫婦と呼ばれて妄想膨らませたり、相変わらず<span style="color: rgb(250, 128, 114); font-weight: bold;">妄想力豊か</span>な娘だなぁ。唯は本質的にエッチなのではないかと思います。<br />
<br />
セリーヌがコーラを飲んで酔っぱらってしまって大変な騒ぎに。<br />
セリーヌの花粉を浴びた天条院沙姫が突然リトに<span style="color: rgb(238, 130, 238);">「愛してる」</span>と抱きついてきて馬乗りで迫ったり、九条凛や藤崎綾も愛していると追い掛けてきたり、挙げ句に街中の老若男女を問わずに迫ってきて、挙げ句に校長までパンツ一丁で……<br />
なんたる地獄。ま、普段美味しい目にあっているのでたまにはいいのではないかと。<br />
時間が経つと元に戻るようですが、その間の記憶が無かった事がリトにとって幸いか。もし覚えていたら沙姫たちからどんな目にあわされていた事か。<br />

酔っぱらうとリトを好きだというセリーヌの気持ちが伝染する特殊な花粉をまき散らしてしまうという特殊能力です。
しかしみんなの様子からすると、セリーヌの好きは異性としての好きという事なのか?
こんな小さな子までも虜にしてしまうとは、恐るべき主人公補正。

●Bパート「オンナノコノキモチ」
ララ・サタリン・デビルークとの買い物の途中、ララはマジカルキョーコがあるからと先に帰っていましたが、そこでチャラ男に絡まられている籾岡里紗と出くわして、彼氏のフリをさせられました。
この時点でもはや買い物できなくなるのは確定です。
お礼にと里紗が連れて行ったのは沢田未央がバイトするメイド喫茶
未央はそっち系の住人だったのか。

ララと何処まで進んでいるのかと言い出した里紗は、リトが身も心もリードしてやれとからかったり。近道だと行ってラブホ街を抜けた後、誰もいない家にあげて迫ったけど、からかっていただけ。
リトにメールで軽い口調のメールを送っていましたが、本当のところは一人きりで寂しいという気持ちがあるのかも。何かしらメールで返信してあげればポイント高いところだったろうに。
同じように親が留守のリトの家は美柑がいるし、今はララ達もいるから賑やかだからな。

●Cパート「ドキドキ☆メール」
ネコが主人公の『真夜中のデート』という本を父親の資料として探していたリトは、ネコ好きの唯から借りる事になりました。

本を読み終えた唯があれこれ30分悩んで送ったメールですが、眠かったリトは猿山からのメールだと思いこんでモモ・ベリア・デビルークに返事するように頼んだものの、すっかり誤解されました。
モモからの「2人きりの秘密だよ」という返信に赤くなる唯。
更にナナ・アスタ・デビルークが自分の名前を書かずに唯のに「ちっちゃいムネってどう思う?」とかメールしてしまうものだから唯を怒らせてしまった。
でも唯がちょっと怒ってしまった事を後悔していたところに、今度はセリーヌが風呂上がりで全裸のララの写メールを送ってしまって更に悪化……

後でリトに謝ろうって、まずは唯にフォローを入れてくれ。

今回は唯・里紗回でした。
里紗メインってのは珍しいな。

次回 第11話

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 荒川アンダー ザ ブリッジX2 第10話「10 BRIDGE×2」 | トップページ | 百花繚乱 サムライガールズ 第拾話「魔眼の牢獄」 »

To LOVEる -とらぶる-」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/50248099

この記事へのトラックバック一覧です: もっとTo LOVEる -とらぶる- 第10話「花粉伝心/オンナノコノキモチ/ドキドキ☆メール」:

« 荒川アンダー ザ ブリッジX2 第10話「10 BRIDGE×2」 | トップページ | 百花繚乱 サムライガールズ 第拾話「魔眼の牢獄」 »