« 天装戦隊ゴセイジャー epic50(最終回)「地球を護るは天使の使命」 | トップページ | STAR DRIVER 輝きのタクト 第18話「ケイトの朝と夜」 »

2011年2月 6日 (日)

仮面ライダーオーズ/OOO 第21話「バッタと親子と正義の味方」

多国籍料理店『クスクシエ』恒例のバレンタインデーイベントのために、大量のチョコレート買い出しをする白石知世子(甲斐まり恵)と、買い出しの荷物持ちに付き合う泉比奈(高田里穂)、火野映司(渡部秀)、後藤慎太郎(君嶋麻耶)。
正直、荷物持ちなら怪力比奈だけで十分だよね……

空き缶をポイ捨てするサラリーマンに注意する少年・神林隆(中西龍雅)を目撃。
腹を立てて隆を突き飛ばしたサラリーマンの姿に正義の使者後藤くんは一目散に駆け出しました。
父親から悪い事をする人間は許してはダメだと教えられていた隆ですが、その父親の神林進(伊嵜充則)は知世子の学生時代の知り合いでした。
知世子の誘いを断って逃げるように去っていった進は、隆に危ないから二度としてはダメだと注意。
司法試験を受け続けている進ですが、なかなか合格できずにいて、励ます妻の神林恵美(建みさと)や息子を置いて、合格するまでは帰らないと家を出て行っていました。
まだ帰れないという父親に、もう帰ってくるなと怒って走り去ってしまう隆。
嫁さんは合格した時のために、お祝いのケーキを買ってきてくれていたんですね。
でも子供がいるのに、司法試験に合格するという夢のためにバイト生活している旦那に、嫌な顔もせず応援してくれている嫁さんは凄いいい人だと思う。普通ならいい加減諦めて普通に働いてくれ、とかいう人も沢山いるだろう。

落書きやゴミに溢れた景色に、世の中悪い奴ばかりだと嘆いていた進の下にウヴァ(山田悠介)が、珍しいタイプの欲望に溢れているとやってきた。
てゆーか、いくらなんでもゴミが酷すぎるだろう。スタッフばらまきすぎ。

バイトへ向かう途中にひったくり犯を発見した進は止めようとするも弾き飛ばされて気絶。そこに進から生まれた白ヤミーが現れると、ひったくり犯を捕らえてバッタヤミー(声:遠藤大輔)となりました。

材料不足の買い出しに出た映司はアンク(三浦涼介)がコアメダルを手に入れても、姿が変わらない事に関する疑問をぶつけました。
アンクだけが特別なのか、疑問を投げかける映司を見つめていたアンクですが、ヤミーを感知したので据え置き。

駆けつけた映司は倒れている進を発見。
更に女性に迫るバッタヤミーを目撃するも、バッタヤミーはただひったくり犯から取り返したバッグを女性に返しただけで、「悪い奴は許さない」と呟いて去っていきました。
流石のアンクも何がなんだか判らない。
映司は人を助けたいという、正義感という欲望ではないかと考えた。一瞬否定したものの、目の前のサンプルがいるのでアンクも納得。
正義感から生まれたヤミーがバッタというのは意図的だよね。

しつこいナンパに、老人とぶつかっても平然と立ち去る男、禁止場所でスケボーをする少年達。進が悪い奴と思った人間を次々と倒していくバッタヤミー。

鴻上光生(宇梶剛士)の下にこれまで集めたセルメダルを運んだ伊達明(岩永洋昭)。
里中エリカ(有末麻祐子)が327枚である事を数え終えました。満足そうな鴻上。
意外と少ない……今までの感じだともっとあるのかと思ったけど。
具体的にこの枚数でどれぐらいのギャラが貰えるんだろう
1枚1万円としても1万枚集めないといけないから、まだまだ先になるだし。セルメダル数万円ぐらいないと無理なんじゃない? でもいくらセルメダルでも1枚数万も出すとは思えないしな。

後藤はバースになるための鍛練に励んでいましたが、隆を見かけました。
父親に怒られた事を語る隆ですが、危険な事はしてはいけないという後藤に、隆はやっぱり腹を立ててしまいました。
同じように悪は許せないけど、力がないので我慢する事しか出来ないでいる後藤くんとしては痛いところを突かれた形ですね。

人々に迷惑をかける人に襲いかかるバッタヤミーに、力を手に入れたと満足げな進。
駆けつけた映司がオーズに変身して挑むも、バッタヤミーの素早い動きに翻弄され、タカクバにて対抗。タジャスピナーは攻撃を受け止める事が出来、通常は円形制御盤「オークラウン」にセルメダルがセットされていますが、これをコアメダルに差し替えることでより強い力が発揮される。
相手がバッタなんだから、バッタの足でなんとかなるんじゃないのか? タカキリバとかなら良い感じで戦えそうな気もするんだけど、まぁ、タジャスピナーを使うためのお話だから仕方ないか。

バッタヤミーは逃げた男たちを追跡。
男たちの乗るバイクは後藤から逃げる隆にぶつかりそうになるも、バッタヤミーが助けてくれました。
そんなバッタヤミーを狙って伊達も参戦。ウヴァも戦いに加わり、2対2の対決。
オーズはオークラウンにバッタ、クジャク、タカのコアメダルをセット。ギガスキャンを発動させてバッタヤミーに止めをさそうとしたものの、進がバッタヤミーを庇おうと立ちはだかりました。
バッタヤミーの力を使って腐った世の中を少しでも良くしたいと望む進むと、そんな父親を応援する隆。
確かに今のところ、バッタヤミーは何も悪い事はしていないんですよね。
やりすぎで悪い事をした奴らに大怪我させたとか、殺したという事もないわけですし。隆としても自分を守ってくれた正義の味方の印象があるのだろう。
ただ放置すれば暴走は激しくなる可能性があるわけですが。

次回 第22話「チョコと信念と正義の力」


ブログランキング・にほんブログ村へ ←良かったらクリックして下さいビックリマーク

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 天装戦隊ゴセイジャー epic50(最終回)「地球を護るは天使の使命」 | トップページ | STAR DRIVER 輝きのタクト 第18話「ケイトの朝と夜」 »

スーパーヒーロータイム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/50790825

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダーオーズ/OOO 第21話「バッタと親子と正義の味方」:

» 仮面ライダーオーズ/000 第21話 [Kyan's BLOG IV]
仮面ライダーオーズ/000 第21話 「バッタと親子と正義の味方」。正義の執行者とは何かを問う興味深い一本。 以下読みたい方だけどうぞ。 [続きを読む]

受信: 2011年2月 6日 (日) 13時09分

» 正義のバッタヤミー [ガヴァドンなボログ]
仮面ライダーオーズエンディングテーマ2「Got to keep it real」 クリエーター情報なし エイベックス・エンタテインメント  『仮面ライダーオーズ』第21話『バッタと親子と正義の味方』のあらすじは公式サイトでご確認ください。 「正義感」も欲望の一種・・・ 考えてきましたね・・・    今回ターゲットになった若者たちも、明確な犯罪行為を行ったのはひったくりをした男だけで、残りの連中は「迷惑行為」止まり。公衆の面前で「大音量で音楽を楽しんでいた... [続きを読む]

受信: 2011年2月 6日 (日) 15時38分

» 仮面ライダーオーズ/OOO 第21話 バッタと親子と正義の味方 感想 [書き手の部屋]
脚本:毛利亘宏 監督:田崎竜太 アクション監督:宮崎剛 (ジャパンアクションエンタープライズ)  バレンタインデーのイベントに備えて、知世子(甲斐まり恵)と買い出しに出かけた映司(渡部秀)、比...... [続きを読む]

受信: 2011年2月 6日 (日) 17時40分

» 仮面ライダーオーズ第21話「バッタと親子と正義の味方」 [OPUS MAGNUM]
今回は第21話「バッタと親子と正義の味方」。 ストーリーは仮面ライダーオーズ第21話「バッタと親子と正義の味方」で! あれ? 今回は「真・仮面ライダー」が出るんでしたっけ? というくらい似ている気がしますね。 まぁ、よく見れば似ていませんけどね。 似てい...... [続きを読む]

受信: 2011年2月 7日 (月) 14時07分

« 天装戦隊ゴセイジャー epic50(最終回)「地球を護るは天使の使命」 | トップページ | STAR DRIVER 輝きのタクト 第18話「ケイトの朝と夜」 »