« 魔法少女まどか☆マギカ 第6話「こんなの絶対おかしいよ」 | トップページ | テガミバチ REVERSE 第19話「悪意でなく、憎悪でなく」 »

2011年2月11日 (金)

Rio -RainbowGate!- #06「ロールルーラー」

物質化ホログラムによるポッドで得点を手にするゲーム、スペースピンボールの初級コースを体験したミント・クラークですが、ブラックホールに飲み込まれてゲームオーバー。
上級コースはもちろん、リンダ(LINDA・R・2007)を端末にしたエクストラコースもあるとの事。

リンダを操った犯人はカルティア・ゴルトシュミットの手下ジャック・マイティ。
カジノのオーナーであまり良い噂のないカルティアはトム・ハワードにリオ・ロリンズとのゲートバトルを要請してきた。
ハワードはリゾートを賭けたゲートバトルを受けてしまう。
基本的にゲートバトルは申し込まれると拒否権が存在しないが、ティファニー・アボットは今回の敵はリンダを操るような卑怯者だからと、勝負に反対するもハワードはリオが負ける筈はないと気にした様子もない。
ハワードのこの絶対的な信頼はどこから来ているんだろうな。
しかしこの勝負はリオが勝利した時にゲートを手に入れられること以外に何かメリットはあるのだろうか? リオの方は負けたらハワードリゾートを奪われるわけだから、ゲート以外の何かも手に入らないと不公平だと思うのだけど。

ミントはジャックの情報を手に入れようとリンダに話を聞き、スカイリゾートで目撃したアフロの人物に似ている似顔絵を描いて貰う。
アフロの男を追跡調査するミントですが、男性はまったくカジノの才能無し。
アーニャ・ヘルシングが前回リオの来ていた海老キグルミ着てる。

リオの下にはここのところ無言電話が掛かっており、部屋にはミザリィの肖像画が運び込まれていた。
気弱になるリオに、きっとカルティアの仕業だと憤るリナは、自分がついていると励ます。
幼い頃、孤独で冷え切っていたリナに対して、暖めてくれたというリオ。
「今度は私がリオを守る番よ!」
「リナ……」
ま、犯人はおそらくリナでしょうけどね。

アフロ男を尾行するリオは、1人の男の子と出会いました。
不思議な力を持っていて、飛ばされてしまったぬいぐるみのチョコを取り戻してくれた少年。彼こそがカルティアの部下ジャック。仲間は後2人。白髪の男と青い髪の女。男がキングで女がクイーンですね。
中の人はそれぞれ竹本英史と浅川悠。
ジャックとのゲートバトルはスペースピンボール。
エクストラコースによるスペースピンボールで、1点でも多く獲得した方を勝利とする。

準備をするジャックの下を訪れたミントは、ぬいぐるみを拾ってくれた事のお礼を言うも、あの力を使うのは卑怯だと非難する。
魔法ではなくマイティパワーだというジャック。
何、その痛々しいネーミングは。
リンダがカルロス・田中を記憶していたのは自分の正体がばれないように、リンダに別の顔を覚えさせていたからでした。
マイティ一族は爆弾処理を行う一族で、機械操作はお手の物だという。
えっと……マイティボンジャックの一族か何かですか?

マイティボンジャック/テクモ
¥5,229 Amazon.co.jp

それが嫌で家を飛び出したものの、子供であるジャックは結局行き倒れになってカルティアに拾われたのだという。
カルティアは自分の能力を利用しているだけの悪党だと言い切るジャックだが、この勝負に勝てば自由にするというカルティアとの約束を信じてリオとの勝負に挑む。
本当の悪人ならそんな約束を守ってくれるかどうかも怪しいものだと思うのだけど、カルティアから受ける印象だとそこまでの悪人ではないので、約束は守ってくれるかもしれないね。

巧みな操作で得点を重ねていくリオと、マイティパワーを駆使するジャック。
一歩もひけを取らないまま、両者の勝負はフェーズ3へと突入。
宇宙にハンマーシャークか出現しました。
リオは圧倒的なチャンスにもかかわらず、サメに襲われているジャックを助けてしまう。
サメの追跡から逃れるリオを狙い打つジャック。
敵に塩を送ってピンチに陥るお人好しなリオ。
ジャックもせめて一度は恩を返してからやろうよ。
エンジンをやられたリオのポッドはブラックホールへと吸い込まれていく。
しかしリオは自ら飛び出すと、セクシーな宇宙服にコスチュームチェンジしてジャックの視界を防ぐと、ジャックのポッドはデブリに激突。
リオはその間にサメを操って得点を重ねていきました。
こんなのありなんだ。
つーか、リオのコスチュームチェンジ能力はなんなのでしょう。そして今回の衣装はパンツの回りが丸出しでお尻とか丸見え状態ですよ……

リオの勝利で勝負に決着が付くも、駆けてきたカルロスにリンダが激突してしまい、リンダが暴走してフェーズ4へと以降。
フェーズ4には炎に包まれた隕石が降り注ぎます。
観客席にまでダメージが及んで、ミントが巻き込まれたものの、ジャックがマイティパワーで助けてくれた。
リオは何をどうやったのか、リンダのプログラムに割り込んで暴走を止めてしまいました。

観戦していたカルティアは、リオが大したロールルーラーの使い手だと感心するが、ハワードは惚けて答えようとはしない。
ロールルーラーとは何なのか。名称から考えるとロールはたぶんダイスロールの事だろうし、運や確率を操作する者、と言ったところでしょうか。
リナの方も同じくロールルーラーなんだろうね。

このままカルティアとのエピソードが終わるまではスカイリゾートで話が進みそうなので、ローザ・キャニオンは当分出番が無さそうだな。

次回 #07「アントライオン」

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 魔法少女まどか☆マギカ 第6話「こんなの絶対おかしいよ」 | トップページ | テガミバチ REVERSE 第19話「悪意でなく、憎悪でなく」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Rio -RainbowGate!- #06「ロールルーラー」:

« 魔法少女まどか☆マギカ 第6話「こんなの絶対おかしいよ」 | トップページ | テガミバチ REVERSE 第19話「悪意でなく、憎悪でなく」 »