« 魔法少女まどか☆マギカ 第7話「本当の気持ちと向き合えますか?」 | トップページ | テガミバチ REVERSE 第20話「希望の微笑み」 »

2011年2月19日 (土)

Rio -RainbowGate!- #07「アントライオン」

オープニングが変わった。
正確には2番になったのかな。メインの歌がリオからリナに変わったね。

ジャックとのゲートバトルに勝利したリオ・ロリンズだが、トム・ハワードはカルティア・ゴルトシュミットが2時間後に新たなゲートバトルを申し込んでいる事をリナ・タチバナたちに語る。
部屋で休んでいるリオ。ミント・クラークたちの前では明るく振る舞っているが、本当はゲートバトルで酷く消耗していた。
リオは他人の幸せばかりを願い、辛いところを決して見せようとはしない。
自分が辛い姿を見せていたら客が楽しむ事が出来ない、というのがリオのポリシーというところか。しかしあれはゲートバトルだからどうこうというよりも、ゲーム内容に問題があるんじゃないか、という気がしないでもない。
アーニャ・ヘルシングハワードに、リオがこの程度でくたばるタマか、と問い掛けられて「いいえ」と強く答える。
しかし連戦してリオは一回負けただけで全部のゲートとリゾートを奪われる事になるのだろうか? だとすると随分とリオたちには不利な条件での勝負だよな。勝利してもゲートを1枚手に入れる事が出来るだけなのだし。

幼い頃、二人きりで母リサの帰宅を待っていたリオとリナは、お菓子を欠けたゲームをやっていた。二人の勝負は同点で、お菓子を半分ずつとなったが、帰宅したリサはリオが最後の勝負でわざと負けた事を見抜いていた。
リナと同じ数じゃなきゃいなのだというリオに「大好き」だと抱きついたリナ。
リナがリオとの最初の勝負でわざと負けたのは、この時の意趣返しというところか。自分がわざと負けたと知った時、リオが悔しさを感じるだろうと思っての事なのかな。自分と同じ気持ちを味あわせたいと思ったのか。
それともこの時の借りを返したという事なのか。

リオが目を覚ますと、バトル用のコスチュームを持ってきたリナの姿があった。
リナは「ムチャしないで」とリオを抱きしめる。

リオvsクイーンのゲートバトル
リオはフクロモモンガ、クイーンは蝙蝠の羽。
スカイジャンピング・シューティングという、風力で室内を上昇しながらビームピストルで標的を撃ち、命中した数を競うというゲーム。
なんでコスプレしているのかと思いきや、風力で飛ぶためだったのか。
モモンガにフクロがある事を突っ込んでるクイーンに、リオはフクロモモンガだと答えてますが……そのツッコミはどうでもいいだろう。
ハワードはお腹の具合が悪いという事で、何故か試合を観戦していません。
しかし相変わらず最早ギャンブルではなくゲームだよね。
もう少しギャンブルっぽさを演出して、駆け引きとかもして欲しいところ。

ロールルーラーとは、バトルフィールドと一体化する事により、その声を聞いて味方とする事が出来る力。
スナイパーとして優れた力を持つクイーン。

ハワードはカルティアの狙いがリゾート以外にもある筈と睨んでいました。
そしてリオをサポートするため、アーニャ、エル・アダムス、イル・アダムス、ミント、リンダを暗躍させています。
リンダは操縦がロックされて使えません。

互角の勝負を繰り広げる両者はゴール目前。
クイーンはビームで壁を破壊してリオをぶつけてしまう。
力が途絶えてしまうリオは、更にビームピストルも落として破壊してしまう。
てか、これ一歩間違えたら人間死ぬんじゃないのか……こんなゲームを一般人にさせるつもりなのか、ハワード。
もはやこれまでと思えたその時、アーニャがリンダの部屋にやってきていつものようにドシでリンダに激突。衝撃で頭の飛んだリンダによって一瞬風が止まり、その一瞬でリオが逆転勝利を収めました。
このラッキーはリオが呼び起こしたものか、それともあらかじめハワードが打っておいた手段なのか。

無事勝利したリオですが、ゲートバトルによる疲労でリナと会うなり意識を失ってしまう。
疲労するリオに、リナはクイーンのやり方に実力の無い奴に限って、と腹を立てる。彼女との勝負はもうリオの目指す「明るく楽しいカジノゲーム」ではないというリナに、リオは賛同しつつも「お客様だから」とかすかに笑う。
リオにとってはクイーンたちやカルティアも「お客様」に分類されているのか? それともお客様が見ているから、という事なのか。
しかしリオとの勝負で勝利のためには非情な手段をとっていたリナのセリフとは思えないですね。

何枚ものゲートを所有するカルティア。
そのゲートを集めた人物のことを聞き出そうとするハワードに、カルティアはじきに会えると笑う。

ジャックからカルティアの情報を聞き出す事にしたミント。
ジャックは自分もクイーンもリンダもカルティアからゲートを渡されただけでどうやって集めたのか知らず、カルティアはリオを手に入れるまでスカイリゾートを下ろすつもりがないのと教える。
カルティア曰く、全てのゲートを集めると「虹」が見えるらしい。

リナとお風呂に入って疲れを癒すリオ。
リナはゲートはリオとリサを繋ぐ大切なものであり、自分がリオを守ると改めて口にする。
リオは何者かの視線を感じるが……
ロールルーラーを使用すると精神的疲労が激しいというところでしょうか。超能力じみた力だし。

ダーナの占いでは「混乱」と「裏切り」という結果が表示されていた。
ダーナの久しぶりの出番ですが、ローザの出番はもう無いのだろうか……
実はローザはリナやリサの事を調査していた、という展開とかあっても良さそうだけど。

綺麗な景色を見れば落ち着くのではないか、とリオをホログラムシアターへと案内したリナだが、以前リナに敗北したブルに捕らえられてしまい、リオは次々とホログラム映像によって追いつめられ、最後は触手に捕らえられて意識を失う。
まさかの触手プレイ!? 同人屋にネタを提供したいのか?
しかしこのタイミングであっさりと捕えられているリナは胡散臭いことこの上ない。
てか、お風呂を覗いていたのもブルなのだろうか……
意識を取り戻したリオは幼いリオが走り去る姿、そして「どうしてわざと外したのか」と問い掛けてくるリサが現れる。
わざと外したのは優しさではなく、ただの自己満足、でしかない告げるリサは、リオは回りの者を不幸にすると告げる。
あの時も本当はリナは悔しかったのだ、と。
リオがいると自分は幸せになれない、というリナ。リサはリオが悪いから、愛する者すべてが彼女を見限って消えていくのだと告げて去っていく。
それらはリオの夢なのか、それともリオが見せられたホログラムなのか。

精神的に疲労するリオに新たなゲートバトルが申し込まれる。
全てはカルティアがリオを疲労させて集中力を失わせるための罠。
捕らえられたリナを助け出すため、リオはキングとのゲートバトルに挑む。
目を覚ましたリナは、自分の母がベッドの上で眠っている姿を思い出す……
リナは本当はカルティアの部下で、カルティアのゲートを集めたのは全てリナというところだね。

次回 #08「エース」

キングとの勝負はあっさり片付いてしまうのか、キングの次のエースが登場するご様子ですが、このエースがリナっぽいね。人質と思わせて実は敵。
次回はもうリナと対決? 早いな。
信じていたリナに裏切られたリオは、ただでさえ疲弊している精神状態で戦う事が出来るのか、というところですか。リナとしては万全のリオに勝たないと意味がないんじゃないか、という気もするけど、勝利のためなら冷酷になれて手段は選ばないタイプっぽいしな。
もちろんこれまでの様子からして、リナもロールルーラーなのでしょう。ただリオと違うのは強制的にゲームを支配するという感じですが。
最後の敵はリナではないという事はリサなのかな。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 魔法少女まどか☆マギカ 第7話「本当の気持ちと向き合えますか?」 | トップページ | テガミバチ REVERSE 第20話「希望の微笑み」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Rio -RainbowGate!- #07「アントライオン」:

« 魔法少女まどか☆マギカ 第7話「本当の気持ちと向き合えますか?」 | トップページ | テガミバチ REVERSE 第20話「希望の微笑み」 »