« 仮面ライダーオーズ/OOO 第24話「思い出と恋と海のコンボ」 | トップページ | 劇場版マクロスF(フロンティア)恋離飛翼~サヨナラノツバサ~ レビュー(ネタバレあり) »

2011年2月27日 (日)

STAR DRIVER 輝きのタクト 第21話「リビドーなお年頃」

ヘーゲントを使いゼロ時間でタウバーンと戦うニードルスターだが、またもタウバーンの前に敗北してしまう。
「その戦い方、よろしくないわね。タウバーン!」
敵の命を救う戦い方をするツナシ・タクトに、怒りを露わにするウインドウスター。
もはや第3フェーズのサイバディではタウバーンにまったく勝てないようだ。しかも相変わらずサイバディ復元はこの二人だけだし。
やっぱりなんだかんだで死のリスクが怖い人たちばかりなんだね。

サイバディの復元における死のリスクを厭わないニードルスターとウインドウスター。
敵の命を救う戦い方の出来る力を持つタウバーンだが、その余裕を無くす『オーバーフェーズ・システム』の開発が進んでいた。

ケイ・マドカとワタナベ・カナコは親しい関係にあったものの、マドカはカナコがその関係を壊したのだと語る。
常に破壊に繋がる衝動を求めているマドカの貪欲な欲望を、世界を破壊する危険を憶えていたカナコ。
彼女たちと共にいるダイ・タカシの身を案じるシモーヌ・アラゴン。
タカシの父親にはまだタカシが彼らの下を離れた事を知らない。
そのタカシはマドカたちに命の危険を伴うサイバディの復元に恐怖を感じないのかと問い掛けるも、自分たちが『命知らずのバニシングエージ』だからと笑う。
命知らずなのは二人だけだけどね。
まぁ、復元に対して恐怖心を抱いているようなリビドーではダメなのだろう。

タクトとニチ・ケイトは最近すっかり親しくなったご様子で、アゲマキ・ワコとしてはちょっとヤキモチが入っている感じ。

オーバーフェーズ・システムはサイバディの力を底上げするが第4フェーズにまで進むわけではなく、3.5フェーズとも言える力を手に入れる事が出来る。
ただし危険を伴う。
命の危険を自ら好んで受け入れるウインドウスターとニードルスターの気持ちを理解できないシブヤ・ヒデキ。

力を手に入れるために色々な物を失ってきたというツナシ・トキオ(ミヤビ・レイジ)。
ソラの裸婦画を描いていたトキオ。
そして火山灰を「雪」だと喜ぶサカナちゃん。
トキオの下を去っていった彼女たち。
本当に強い力を手に入れれば、失った物を取り戻す事が出来ると呟く。
彼は失ったものを取り戻そうと足掻いて、更に新しい物を失っていく負の連鎖に陥っている、という事実に気付いていないのだね。
力さえあればなんでも手に入るという妄執にとらわれているのには何か事情があるのか?

演劇部に入ると語ったマドカ。
カナコとの事も知らなかったアタリ・コウは、時々マドカが遠くなると語る。
演劇部に入ってタクトとキスをするのかというコウだが、マドカはこれから新しいオモチャを使うからそれはないと笑う。

ウインドウスターはオーバーフェーズ・システムを使用して銀河美少年を殺す、とスカーレットキスやイヴローニュに宣言する。
ケイトはタクトに少し惹かれ始めている?
粒子を注射しようとするプロフェッサー・シルバーに、危険がないのかと問い掛けるニードルスターだが、ウインドウスターは構わず続けるように指示する。
巨大な人型のようなものが浮かび上がり、サイバディの素体と融合する。

ゼロ時間に召還されたタクトは棺桶のような装置に驚きつつもタウバーンに乗り込む。
タウバーンの敵として出現したのはヘーゲントと一体化したウンドウスター。外見がかなりドライバーに近づいている。
「絢爛登場!
 オーバーフェーズ……ヘーゲント!!!」

その美しさに見惚れるニードルスター。
この人はマドカならなんでもいいんじゃないのか。

これまでのような相手を傷付けない戦い方の出来ないタウバーン。
タウミサイルを撃てばヘーゲントを殺す事になってしまう。
戦うタウバーンだが、命の奪い合いが何よりも神秘的なプレイだと興奮の隠せないウインドウスター。
タウバーンを追いつめるヘーゲントの姿に、怒りを露わとするワコ。
その感情に反応して、皆水の巫女の力が発動、ヘーゲントのオーバーフェーズ・システムを消し去ってしまう。
タクトは第3フェーズに逆戻りしたヘーゲントをタウミサイルで撃破する事に成功した。
「好きな男が目の前で他の女といちゃつくのが我慢出来なかったのよ」
そう判断を下す頭取。
男女の問題ではやはりカナコが一番鋭いです。男性経験の違いという奴か……

ワコはエンドウ・サリナにタクトのキスシーン相手役として立候補する。
ワコにリビドーの強さで負けたマドカは、島を離れる決意を固める。

タカシからおとな銀行に戻りたい、という連絡を受けたカナコに、シモーヌは勝手だと腹を立て、うやむやのまま受け入れるのは嫌だと反発する。
マドカの強さを認めていたカナコに、シモーヌは自分も強くなりたいと気持ちを伝える。
カナコには本当に強い人間になって欲しいと願うカナコは、自分を裏切った人間を許せる人間になって欲しいと語る。
「それが出来るのは……
 本当に強い人間だけよ」

ミセス・ワタナベがどんどんいい人になっていくな。
最初はただの変な若妻だったのに。
それにしても結局タカシは何がしたかったんだろう……シルシを持つ者としてバニシングエージに勧誘されたけど、自分の肌に合わなかった、という事なのか。

次回 第22話「神話前夜」

南十字祭と芝居。
タクトとワコのキスシーンに、内心穏やかではないスガタがいよいよ王のサイバディ・ザメクを蘇らせてしまう事になるのか……

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 仮面ライダーオーズ/OOO 第24話「思い出と恋と海のコンボ」 | トップページ | 劇場版マクロスF(フロンティア)恋離飛翼~サヨナラノツバサ~ レビュー(ネタバレあり) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: STAR DRIVER 輝きのタクト 第21話「リビドーなお年頃」:

» STAR DRIVER 輝きのタクト 第21話 「リビトーなお年頃」 [アニメって本当に面白いですね。]
STAR DRIVER 輝きのタクト   お勧め度:お勧め   [SF]   MBS・TBS系 日 17:00   監督 : 五十嵐卓哉   脚本 : 榎戸洋司   キャラ原案 : 水屋美沙×水屋洋花   キャラデザ・ ... [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 19時04分

» STAR DRIVER 輝きのタクト 第21話 [Kyan's BLOG IV]
STAR DRIVER 輝きのタクト 第21話 「リビドーなお年頃」 薬剤による階梯の上昇とはまたディープな展開ですね(^^; 古来,兵士には普通に行われていたことではありますが。 このごろでは,福井...... [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 19時46分

» STAR DRIVER 輝きのタクト 第21話「リビドーなお年頃」 [破滅の闇日記]
STAR DRIVER 輝きのタクト(1) (ヤングガンガンコミックス)(2011/02/26)BONES、KEY by Ylab 他商品詳細を見る  おとな銀行からバニシングエージに出向した者達の物語がひとまず決着を迎えまし...... [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 20時07分

» 今週のSTAR DRIVER 輝きのタクト「第21話 リビドーなお年頃」 [さすがブログだ、なんともないぜ!]
コウ&マドカ夫妻、最後の一華。綺羅星十字団驚異のメカニズム [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 20時25分

» STAR DRIVER 輝きのタクト 第21話 『リビドーなお年頃』 [こいさんの放送中アニメの感想]
そういえばキャメルスター倒してもニードルスター居ましたね。珍しく連戦です。しかし策も無く勢いで出てきただけなので、ほぼ一方的にタクトが勝利。負けたことよりも、タクトが自分達を殺害しないことにマドカとコウはご不満な様子。真剣にやっていない、対等の相手と看做されていないと感じている模様です。 オーバーフェーズ装置プロフェッサーシルバーがおとな銀行の資金援助を得て完成させた機械です。巫女の封印を破らなくても擬似的にフェーズを上げた効果が得られるみたいです。当然実験台一号は恐れ知らずのウインドウ... [続きを読む]

受信: 2011年2月28日 (月) 01時59分

» STAR DRIVER 輝きのタクト 第21話 『リビドーなお年頃』 [Plum Wine*]
STAR DRIVER 輝きのタクト(1) (ヤングガンガンコミックス)BONES KEY by Ylab スクウェア・エニックス 2011-02-26売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools 究極に刺激的なプレイ(?д?)ンァ?... [続きを読む]

受信: 2011年2月28日 (月) 17時49分

» STAR DRIVER 輝きのタクト 第二十一話「リビドーなお年頃」 [月の満ち欠け]
「スタードライバーのメンタリティは時として理解できないものがあります」 ワコの嫉妬は、ある決意を導き出す。 [続きを読む]

受信: 2011年3月 1日 (火) 11時02分

« 仮面ライダーオーズ/OOO 第24話「思い出と恋と海のコンボ」 | トップページ | 劇場版マクロスF(フロンティア)恋離飛翼~サヨナラノツバサ~ レビュー(ネタバレあり) »