« ドラゴンクライシス! 第九話「真実の鏡」 | トップページ | フリージング episode9「Godspeed of the East」 »

2011年3月 9日 (水)

GOSICK -ゴシック- 第9話「人食いデパートに青薔薇は咲く」

脚本:猪爪慎一/絵コンテ:佐原亜湖/演出:松林唯人/作画監督:斉藤英子

久城一弥にデパートの怪談について語って聞かせるアブリル・ブラッドリー。
一弥は故郷の姉に頼まれた買い物のため、デパートに行く事になったご様子。
その姉からヴィクトリカ・ド・ブロワに着物を預かっていた一弥はヴィクトリカのところへ向かいました。
アブリルはまだヴィクトリカの事を知らなかったんだ。

一弥には連れない態度で応じたものの、キレイな着物をもらってご機嫌のヴィクトリカは自宅へ。
学校内に小さな家があったのか。
帯の結び方ぐらい判ると強がってみたものの、結局まったく判らなかったご様子。
しかし帯を蝶結びとか、どれだけ器用なんだ……
着方が判らなかったのなら、図書館の本で調べたりすれば良いのに。
夜だから捜しに行く気にならなかったのかな。
ちゃんと着ずに寝てしまったので、寝間着がはだけてヴィクトリカは風邪を引きました。
たった一晩で熱まで出すとは、身体弱いな。

首都にやってきた一弥は道中で盗難品が闇市場に流れているので、調査にやってきたグレヴィール・ブロワ警部と一緒になりました。
出会い頭にドリルが刺さってるよ!!

青い薔薇のペーパーウェイトを探していた一弥を目撃したデパート『ジャンタン』のボーイに教えられて向かった最上階の部屋で青い薔薇を見つけるも、ペーパーウェイトは2階の文具売り場だと部屋の主らしき男ガルニエに咎められてしまいました。
どう考えても販売フロアではないわけで、一弥が見かけた青い薔薇は紛失した本物の青い薔薇なので、彼らが盗賊とその流通を扱ってる者たちか。
東洋人に売る予定になっていたから、一弥が取引先の使いだと勘違いされたのだね。

何故か業務用エレベーターを使用するという間違いをして、地下倉庫降りてしまった一弥は、そこで箱に閉じこめられた少女・アナスタシアを発見してしまいました。
彼らは窃盗だけでなく、人身売買もやっているという展開なんだろうか。
それにしても業務用エレベーターと普通は間違えないだろう。というか、普通に考えたら乗ってきたエレベーターで帰るんじゃないのか?
悪魔が沢山いる、という少女が警察を呼んで欲しいと頼み姿を消したため、クレヴィールの下に向かった一弥ですが、まったく相手にされない。
というよりも、なんでわざわざクレヴィールの下に行ってるんだろう、こいつ。
別に警察は彼だけではないのだし、首都なんだから現地の警察にまずは話すべきだろう。その上で門前払いされて止むを得ず知人を頼ったというのならまだしも……
それ以前に警察上層部の会議と思われるこの場にどうやってやってくる事が出来たんだ?

そこに警視総監シニョレーがやってきました。
ジャクリーンが寂しがっているという警視総監は、クレヴィールの活躍を聞いて彼の働きに期待しているといった途端に、一弥について行く事に。彼らの期待に応えなくてはいけない、という強迫観念を抱えているようだ。
ブロワ家の家名を守らなければならない、というプレッシャーのようなものを抱えているのかもしれないが。ブロア家存続のためにシニョレーの娘との関係を良好しておかなければならないとか?

いざデパート『ジャンタン』を訪れてみるも、デパートの従業員もオーナーも一弥の事を知らぬ存ぜぬ。
オーナーの部屋の様子も一変。
地下倉庫に例の少女もいない。
隠れていたアナスタシアは一弥の前に姿を現そうとするも、オーナーの笑い声に怯えて更に隠れてしまった。
ま、当然ですね。デパートの地下倉庫の木箱に少女が隠されていて、少女はデパートの人間ではなく、警察に言ってくれと言ったのだからデパートの人間たちがグルだと考えに至らないのはどうかしている。

クレヴィールが去った後、娘がデパートに喰われたという老婆と、1人の少年ルイジと出会った。
ルイジにデパートへ内装業者が入っていった事を教えられた一弥は、ヴィクトリカに電話。
注射に怯えていたヴィクトリカですが、一弥は電話の途中で何者かに攫われて電話は途切れてしまいました。
相変わらず貧弱で役に立たない帝国軍人の三男……
ルイジたちの目前で誘拐されてしまったようなので、ルイジがヴィクトリカに繋がっている電話に出て、一弥救出に活躍するという事でしょうか。

一弥の印象はどうしても、TV版ドラえもんののび太……何かあれば直ぐにドラえもん(ヴィクトリカ)に泣きついて、まずは自分で解決しようという気概がまるで見られない。

次回 第10話「風邪ひきは頑固な友人の夢をみる」
脚本:猪爪慎一/絵コンテ:来留須譲二/演出:清水久敏/作画監督:松田剛吏
ジャンタンの地下で、マネキンにまぎれて本物の少女がいるのを見つけた一弥は、何か事件が起こっていると考えて、ブロワたち警察に相談を持ちかける。しかし、証拠が見つからない。そこで、一弥は電話でヴィクトリカに助けを求め、街で出会ったルイジという少年とともに手がかりを追う…!?

ブライアン・ロスコーが再び現れるご様子。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« ドラゴンクライシス! 第九話「真実の鏡」 | トップページ | フリージング episode9「Godspeed of the East」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GOSICK -ゴシック- 第9話「人食いデパートに青薔薇は咲く」:

« ドラゴンクライシス! 第九話「真実の鏡」 | トップページ | フリージング episode9「Godspeed of the East」 »