« 海賊戦隊ゴーカイジャー 第6話「一番大事なもの」 | トップページ | STAR DRIVER 輝きのタクト 第24話「ひが日死の巫女」 »

2011年3月27日 (日)

仮面ライダーオーズ/OOO 第27話「1000と映画と戦闘員」

火野映司(渡部秀)とアンク/泉信吾(三浦涼介)を鴻上ファウンデーションへ呼び出した鴻上光生(宇梶剛士)は、「仮面ライダー」が通算1000回を迎えるので、二人を主演にして映画の撮影をすると言い出した。
1000回も戦っていないと戸惑う映司と、付き合いきれないと帰ろうとするアンク。
しかし鴻上はアンクのコアメダルの持ち主についての情報をちらつかせて映画出演を承諾させる。

映画のタイトルは『仮面ライダーオーズ対ショッカー』
何故か部屋に掃除係がいると思ったら、ショッカークリーナーという洗剤を使ってました。
「仮面ライダーオーズ、火野映司は改造人間である。
 彼を改造したショッカーは秘密結社である。
 ショッカー科学者の協力を得て正義に目覚めたオーズはショッカーと戦うのだった」
と、いうストーリーで監督は伊達明(岩永洋昭)。

しかし話を聞いていた清掃員の千堂院(村杉蝉之介)は「1000回敗れた俺達の悔しさがわかるのか!」と更衣室で腹を立てる。
実は千堂は元ショッカー戦闘員……いやいや、この世界にはショッカーがいたのか?
1人で「イー!」とポーズを決めていたところに現れたカザリ(声:橋本汰斗)が、千堂にメダルを投げました。
カザリ相変わらず神出鬼没だな。

カメラマンを真木清人(神尾佑)に頼んだ伊達ですが、当然のように却下。しかし白石知世子(甲斐まり恵)も映画のスタッフで乗り気だと聞いて、俄然やる気になりました。
判りやすい人だな。

キャストは
監督:伊達明
主役:火野映司
ショッカー首領:アンク
ショッカー科学者:後藤慎太郎(君嶋麻耶)
映司の恋人:泉比奈(高田里穂)
衣装・メイク・小道具係:里中エリカ(有末麻祐子)
カメラマン:真木清人
証明・音声:白石知世子

久しぶりに比奈の怪力設定出たね。
なんか恐竜グリードの設定がうやむやになってるから、このまま無かった事にされるのかと思った。
自ら戦闘員に名乗りを上げた千堂。もちろんアンクは彼がヤミーの親である事を一発で見抜きましたが、自分のコアメダルを持っているかもしれないと思って泳がす事にしました。

アンク、意外とノリノリ
そして後藤ちゃんは大根役者でした。
伊達に真面目すぎて演技におもしろみがないと批判され、世界を護る筈の自分が映画も護れないなんて、と落ち込む後藤。
知世子が芝居は勝つか負けるかだと励ます。
知世子さんは元々役者になりたかったのかな。

科学者役が後藤から知世子に交代。
元々役者をしたかった知世子はノリノリでむしろ暴走気味

そんな時、町にオウムヤミー(声:坪井智浩)が出現して、アンクは伊達に気付かれないようにこっそり映司を連れ出しました。
アンクは千堂のヤミーではと疑っているものの、千堂はもうじき自分のショッカー軍団が生まれる、と考えていたので彼のヤミーではない。
つか、カザリは鳥のコアメダル持ってないしね。

タカウタで映司を戦わせて、オウムヤミーを生け捕りにしようとしたアンクですが、まんまと逃げられてしまいました。

千堂の欲望から誕生したイカジャガーヤミー(声:銀河万丈)の欲望は仮面ライダーに勝ちたいというもの。
ある意味対仮面ライダーに最も適した欲望です。
しかしスルメイカを見た途端に驚いている。アレか、またアレか。

映司や比奈は戦闘員役も兼用か。
後藤は死神大使役に変更になりましたが、相変わらずダメダメで真木と交代になりました。
真木さんも意外とノリノリ。
知世子さんの前だから良いところを見せたかったのでしょうか。それとも根が真面目だから、やる時にはやる人なのか。

ネズミに大慌てした比奈のせいで、小道具の下敷きになりそうになった映司ですが、思わず千堂が助けてしまいました。そんな自分に自己嫌悪。
実はいい人なんだな……
町に現れたイカジャガーヤミーの気配を感知して駆けつけるアンクと映司。二人の様子に気付いた伊達も追い掛けました。

しかし先にイカジャガーヤミーの前に立ちふさがったのは女性ライダー(千秋)(森下千里)。
千秋の戦闘シーンはまるでダメダメ。森下千里の方はまだ動きがキレイか。
どっちもちゃんとした戦闘シーンではなかったけど。
しかも何故かスルメイカに弱い弱点を知ってますよ。
しかもゲスト登場の彼女らは主要メンバーとは一切絡まないのか。無理矢理登場させる必要あったのか?

失敗に落ち込む伊達と比奈を知世子が励ますも、真木は二人は「失敗という結果を出した」から終わりだと冷たく突き放す。
しかし知世子はせっかく貰ったチャンスであり、失敗から学ぶ事が出来れば成長するチャンスだと励ます。
馬鹿っぽいですが、言ってる事は至極まとも。

タトバコンボでイカジャガーヤミーと戦う映司。
一般女性にボコられていたヤミーに負けるって……
ライダーに勝ちたいという欲望から生まれているから一般人相手には弱いけど、仮面ライダーには強いという事なのかな。
バースが参戦してイカジャガーヤミーを追いつめるも、オウムヤミーまで現れて大苦戦。
後藤ちゃんははいつの間にかバースバスターを片手で扱えるまでに成長してる。

シャウタコンボでオウムヤミーを生け捕りにさせようとするアンクですが、バースが倒しかけたので映司は慌てて止めに入って巻き込まれてます。
助けに入った後藤を守るため、伊達はイカジャガーヤミーとオウムヤミーの両方から攻撃を喰らって倒れてしまう。
トドメを刺そうとする2体に対して、映司はシャウタコンボになって攻撃。オウムヤミーの方を倒してしまったため、アンクはショック。
よりによって近いとはいえオウムの方を攻撃するとは、そりゃあ愕然ともするよ。
伊達が負傷したので、次回には後藤ちゃんが伊達に変わってバースに変身とかいう展開があるのかな。

次回 第28話「1000と仮面ライダーと誕生日」

バースに新アイテム登場。
色々なライダーの戦闘員が大量出現してますよ。戦闘員大集合というのは珍しいかも。
次回のゲストは微妙だな。果たして豪華ゲストと言えるのかどうか。この特別ゲストは何を基準に選考されてるの?

ライダー映画の予告CMが流れましたが、すげぇ、1号2号の声はオリジナルの人たちがあててるんだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←良かったらクリックして下さいビックリマーク

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 海賊戦隊ゴーカイジャー 第6話「一番大事なもの」 | トップページ | STAR DRIVER 輝きのタクト 第24話「ひが日死の巫女」 »

スーパーヒーロータイム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/51229936

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダーオーズ/OOO 第27話「1000と映画と戦闘員」:

» 仮面ライダーオーズ第27話「1000と映画と戦闘員」 [OPUS MAGNUM]
今回は第27話「1000と映画と戦闘員」。 ストーリーは仮面ライダーオーズ第27話「1000と映画と戦闘員」で! 今回は仮面ライダー放送1000回記念の第1回。 正確に言うと今回の放送が999回で、次回が1000回となります。 記念なので内容も豪華! というか、砕けた感じ...... [続きを読む]

受信: 2011年3月28日 (月) 07時37分

« 海賊戦隊ゴーカイジャー 第6話「一番大事なもの」 | トップページ | STAR DRIVER 輝きのタクト 第24話「ひが日死の巫女」 »