« Rio -RainbowGate!- #11「ナンバーテン」 | トップページ | テガミバチ REVERSE 第25話(最終回)「こころの光」 »

2011年3月25日 (金)

Rio -RainbowGate!- #12「スペキュレーション」

カジノ界のご意見番、リオ・ロリンズ・タチバナとリナ・ゴルトシュミット・タチバナ
の姉妹対決によるゲートバトルがクラークの立ち会いの下、カルティア・ゴルトシュミットとトム・ハワードは大勢のマスコミを前にゲートバトルの調印式を大々的に執り行う。
マスコミはハワードに取材したいと詰め寄るも、リオたちは揃ってバカンスへ。
前回の反省からか、これで全てのゲートが揃うからか、今回は衆人環視の下で勝負させる事にしたんだな。

リオのハート型のお尻の水着はどうなんだろう。
ローザのクルーザーと、リオたちがゴルトシュミット・キングダムで荒稼ぎした資金によるバカンス。
ハワードは殆ど金持ってないのか。リゾートを失ったとはいえ、それまでの蓄えぐらいはあると思うのだが。
何故かエルビス、オーリン・ダンヒル、カルロス・田中も一緒。
カルロスはただの客でしかない筈なのに、すっかり仲間扱いになってますね。

リオはリゾートでやってきた島で旧知男性と再会する。
ジャック・マイティたち男性陣が温泉卓球を楽しんでいる頃、女性陣はお風呂でバスタオル一枚でピンポン
リオはスマッシュ打って全裸になってますが、お風呂の中なので気にしないのか。それなら最初から全裸でも良かったんじゃないのかとも思いますが。
どうやって風呂場に卓球台を持ち込んだのか、という方が気になる。
ローザはすっかりミザリーに憑依されやすくなってます。

お風呂を上がった女性陣だが、リオの姿が見付からないため、ミント・クラークはリオを探して町を練り歩く。
とあるカメラ屋で見かけたのは、幼い頃のリオとリナが母リサ・ロリンズと共に写っている写真だった。
町にやってきた時にリオに声を掛けたのは写真屋の主人だったご様子。 

この町にはリサの別荘があり、幼い頃にほんの僅かな間だけ滞在していたのだ。
仲睦まじい彼女たちと出逢い、老人が思わず写真を撮らせてもらったのだという。
まだリナたちが仲良くやっている頃だから、リナがリオたちの下に預けられて直ぐの頃という事だろうか。

チップと共に別荘へとやってきたリオはそこで幼い頃の思い出を振り返っていたが、同じく別荘にやってきていたリナの物音に気付く。
しかしハワードからミントがリオを追い掛けて別荘のある山に向かったとの連絡を受ける。
電話を終えてリオが扉を開けると、部屋にはもう誰も存在していなかった。
リオたちの思い出に出て来る家は、この別荘だったのかな。部屋の雰囲気もリオたちがゲームしていた部屋に似ているし。

山道を不安になりながら歩いていたミントはクマと遭遇してしまう。
怯えて逃げようとしたミントの前に現れたのはリナだった。
彼女はロールルーラーの力を使いクマを追い払うが、ミントは緊張から意識を失ってしまう。
しかしクマが出没するような場所に別荘が建っているのか。
リナのロールルーラーの力は相手が動物でも有効なんだね。

ハワードに連絡を入れてミントを引き取らせたリナ。
ハワードはリサが彼女の父親を奪ったというのは、リナに憎しみの心を植え付けるためのカルティアのでっち上げだと伝えるが、リナはそんな事はとっくに気付いていた。しかし認めてしまうと自分が自分で無くなってしまうから。
憎しみの力でしか自分を維持する事が出来なかったのだ。
リナはゲートバトルで自分が勝利するとリオに伝えるように告げる。
別荘の近くにいたんだし、リオが別荘に来ていたのは知っていたのだから、本当ならリオに直接渡した方が早かっただろうに、わざわざハワードに預けたのは自分がこの別荘に来ているのを知られたく無かったんだろうね。

そして勝負の日。
ハワードはリオに必ず勝てとはっぱをかけると、リナなら大丈夫だと告げる。
リナがカルティアの呪縛から逃れようとしているのだと語る。

カルティアはリナが思い出の地に向かったことも知っていた。
リナが裏切ったりしないように監視させているのか。

ディーラーはクラークに依頼されたエルビスが行う予定だったが、ジョーカーによって気絶させられてジョーカーが代役として登場。
カルティアは素性の判らないジョーカーの使用に反対するも、その正体に気付いているのかリナは信用できると承諾。
しかしクラークはなんでエルビスを選んだんだろうな。まぁ、今まで出ているディーラーの中ではかなりまともな方の人ではあるけど。ジョーカーが代わる事を知っていたから、誰でも良かったのかな。でもそれなら最初からジョーカーを指名していただろうし。

ポーカー勝負。
二人はロールルーラーを発動。
二人の力がお互いだけでなく、観客をも巻き込んで作用する。
リナのロールルーラーの力がリオを飲み込み、リナは2連勝
勝利に笑うリナだが、リオからも微笑みが零れた。
ここまでは敢えてリオの支配下にいたという事ですか。

次回 #13(最終回)「レインボーゲート」

リオの逆転劇の開始。
そしてカルロス・田中の正体は刑事だったのか。カジノズギルドの調査をしていたという事でしょうか。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« Rio -RainbowGate!- #11「ナンバーテン」 | トップページ | テガミバチ REVERSE 第25話(最終回)「こころの光」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Rio -RainbowGate!- #12「スペキュレーション」:

« Rio -RainbowGate!- #11「ナンバーテン」 | トップページ | テガミバチ REVERSE 第25話(最終回)「こころの光」 »