« 漫才ギャング レビュー(ネタバレあり) | トップページ | 花咲くいろは 第1話「十六歳、春、まだつぼみ」 »

2011年4月 5日 (火)

これはゾンビですか? 第12話(最終回)「はい、まだ続きます」

ハルナが福引きでプールの券を当てたので、今回はみんなでプールです。
最終回にして水着回です。
何故か大先生アリエルも合流してます。
セラフィムのナイスバディにツルペタなハルナは敗北感丸出し。
ハルナは体型にコンプレックス持っていたんだな。

浮き輪でぷかぷか浮かんでるユークリウッド・ヘルサイズを嬉しそうにみていた相川歩はセラに「相川歩史上気持ち悪い」「ザ・気持ち悪い」とか言われてしまっています。
気持ち悪い呼ばわりが進化してるよ。

吉田友紀ことメイル・シュトロームも福引きを当てたという事で、二人の女友達、三原かなみと平松妙子とプールに来ていました。
お友達二人もセクシー水着ですが、トモノリは意外と胸あるよね。

ハルナ、トモノリ、ユーの5人でビーチボール遊び。
歩は鼻の下伸びすぎ。セラだけ遊びに加わってません。
ユーが結構楽しそうにしているけど、この程度の感情の動きでは何も起きないのだろうか。

サラスバティはプールでアイドルコンサートやってますよ。
ファンの1人だった織戸によると『ラブリー☆輝羅々』というネットアイドルをやっていたらしい。
忍者のくせにまったく忍んでないよ。しかしネットアイドルのコンサートとかあるのか? しかも金がかかりすぎだ。

その事を知ったセラは影に生きる吸血忍者として止めようとするも、何故か巻き込まれてネットアイドルとして勝負する事になってます。
ネットアイドルにランキングとかあるんだ。というか、ここにしかいないセラの票があんなに上昇するってリアルタイムでネット中継でもしてるの?

更にそれらを見ていたハルナまで喜び勇んで参戦。
ハルナによるライブジャック
酷い歌詞の電波ソングでオタクどもを虜にしています。
セラとサラスはバックダンサー扱いにまで降格……

それを見ていたユーも歌いたいと思うが、歌う事は出来ない。
が、アリエルが魔力吸引機なるものを持ってきており、これによりセラの魔力を一時的に歩に預ける事で、歌えるようになりました。
が、電池切れのために魔力が戻りかけて歌えなくなってしまうも、ハルナが自分の魔力をユーに渡す事で歌う事が出来たらしい。
そんな便利アイテムが……しかしユーの魔力ってその機械で吸収できる程度なのかな。一時的だからなんとか収める事が出来るということなのか。

そんな良いムードの中、バックダンサーとして踊るセラの水着姿に鼻の下を伸ばしていた歩が、世界中の女の子があんな姿なら良いのに、と呟いてしまう。世界に鑑賞する魔力を持つ歩のせいで、女性達がマイクロビキニ姿にされてしまいました。
もちろんあっさりバレてセラに踵落としの上に踏みつけられてますが……

そんなわけで最終回はお遊び回でした。
タイトルの感じからすると、新たな敵の影があって、2期へ続く! みたいな終わり方するのかと思っていたけど、普通に歩のモノローグで終わったね。

コメディ回は良かったげと、シリアス回になると普通のアニメになってしまったのは残念。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 漫才ギャング レビュー(ネタバレあり) | トップページ | 花咲くいろは 第1話「十六歳、春、まだつぼみ」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これはゾンビですか? 第12話(最終回)「はい、まだ続きます」:

» THE気持ち悪い [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
昨今のアニメ界の主流となっているライトノベル原作モノのこれはゾンビですか?OPもEDも、声優が歌ってたり典型的ハーレム展開で、女性キャラが毎回のようにサービスカットあり... [続きを読む]

受信: 2011年4月 8日 (金) 07時37分

« 漫才ギャング レビュー(ネタバレあり) | トップページ | 花咲くいろは 第1話「十六歳、春、まだつぼみ」 »