« そふてにっ 第4ゲーム「おでかけっ」 | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー 第11話「真剣大騒動」 »

2011年4月30日 (土)

まりあ†ほりっく あらいぶ 第4章「囚われの乙女」

宮前かなこによる与那国襲撃事件の公判が執り行われる。
裁判長=寮長先生
検察官=祇堂鞠也
弁護人=汐王寺茉莉花
裁判員=石馬隆顕、桃井サチ、稲森弓弦、桐奈々美

鞠也は辛い思いを隠してかなこを責める側に廻っている、という小芝居を演じてます。
もちろん単に面白がってるだけですが。
サチはかなこを助けようと、かなこが無理なダイエットで空腹のあまりに与那国さんが食料に見えたのではないかと問うも、空気を読まない女・奈々美は減量中のボクサーが牛を襲うなんて事はないのであり得ないと否定。

弁護側証人1=殿村先生
殿村はダイエットのせいで保健室にやってきた事を語るも、鞠也はかなこが鼻血を吹いていた事に着目。鞠也はかなこの襲撃は大量の出血を補充するためと主張。

弁護側証人2=志木絢璃
空腹のあまりに彼女の髪をクロワッサンと間違えて食べようとした事を証言。
しかし同室である鞠也に何故食べ物を分けて貰おうとしなかったのか、と隆顕が言い出してしまう始末。

検察側証人1=筒井穂佳
かなこの鞄の中に増えちゃうわかめがあった事で、低カロリーの食物があった事を指摘。

弁護側証人3=かなこの鞄の謎の生物
なぞの生物にかなこが鞄を開けてない事を証言させた茉莉花は、空腹から寮を徘徊するかなこを発見した与那国さんが襲いかかり、かなこが正当防衛を行ったことを主張。
対して鞠也はそれを過剰防衛として指摘。
ああ、この怪物とかワカメとかまだ設定が生きていたんだね。

普段から影の薄いかなこはこのままでは主人公として危機的状況と考えるも、女囚になるのも良いかもとか余計な妄想まで繰り広げ出しました。
変態ここに極めたり。
しかし鞠也に主人公を乗っ取られようとしているのでは、と思い至って、鞠也の秘密を暴露しようとしたところで、ゴッドは日曜6時30分のあの長寿番組を見るために退席……

判決は器物損壊にあっさり決定。
ま、
茉莉花が与えた罰則は鼎藤一郎による朝まで説教……

しかも翌日から期末考査……全教科赤点を取り職員室に『宮前かなこ全科目赤点緊急対策委員会運営本部』が設置される事態を引き起こしました。
そして伝説へ……

Cパートは『茉莉花日誌』
ゴッドといつも日曜6時半のあの番組をゴッドと見ているらしい。
これも接待ですね、判ります。

次回 第5章「第1節『穢された姉妹』 第2節『悪戯な指先』」

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« そふてにっ 第4ゲーム「おでかけっ」 | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー 第11話「真剣大騒動」 »

まりあ†ほりっく」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/51537826

この記事へのトラックバック一覧です: まりあ†ほりっく あらいぶ 第4章「囚われの乙女」:

« そふてにっ 第4ゲーム「おでかけっ」 | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー 第11話「真剣大騒動」 »