« TIGER & BUNNY #07「The wolf knows what the ill beast thinks.-蛇の道は蛇-」 | トップページ | 花咲くいろは 第七話「喜翠戦線異状なし」 »

2011年5月15日 (日)

DOG DAYS -ドッグデイズ- EPISODE 7「宣戦布告」

星詠みにて勇者シンク・イズミとビスコッティ共和国の王女ミルヒオーレ・F・ビスコッティの死を見たレオンミシェリ・ガレット・デ・ロワ。
ビスコッティに訪れた平和を余所に、レオ姫は1人苦悩を続ける。

ミルヒは朝早くから仕事を済ませて、シンクと共に早朝の朝駆け。
ミルヒの チョコボ セルクルは希少種ということ。
秘密の花園に案内してもらったシンクは、指輪から取り出したフリスビーを投げてミルヒ姫様に取ってこさせるという遊びを……
完全に犬扱い!?
パラディオンで高飛びしたり、聖剣を凄い扱いしてるな。
ボードはトルネーダーと命名したらしい。
もうすっかり気力などを使いこなせるようになってる。

パラディオンを分割したりアイテムかさせたり、パラディオンを使いこなせるようになったシンクですが、まだ剣には出来るように思えない。
ミルヒはいつか必要になった時には出来るようになるはずと告げる。
そのミルヒは自分の持つ神剣パラディオンと対になる聖剣エクセリードは未だ呼び起こす事が出来ない。

ガレット獅子団領には魔旋風グランベールと神剣エクスマキナという対の宝剣があり、他の国々にも2対一対の宝剣が受け継がれているとの事。対となっているのには何かしら意味があるのか。

帰る時には返さないといけないが、また呼んでもらった時には使いたいというシンク。
一度呼び出した勇者を再召還してはいけないというルールはないとの事ながら、そもそもビスコッティには戻ったという前例がないので判らないのだろう。
ビスコッティにだけ勇者が元の世界に戻れないとあるのは、レオ姫の星詠みの結果と関係しているのかもしれないな。
ビスコッティの勇者は何かしら必ず命を落とす運命にあるとか。

ミルヒの頭をなでなでしたり、顎をくすぐったり、シンクはやっぱり姫様を犬扱い。

エクレール・マルティノッジはリコッタ・エルマールと共に大浴場でユキカゼ・パネトーネから、旅の話を聞く事に。
無駄にお風呂シーンです。
彼らの旅の目的である「まばたち狩り」というのはブリオッシュ・ダルキアンの秘密の使命であるため、あまり内容を口外できないという事。
実は世界獣に今もなお魔獣が少しだけで湧いていて、ブリオッシュはその魔獣を退治する任務を補っているのだろうか。
何故かイメージ映像は別の作品のようにリアルになってますけど。

勇者との散歩を終えたミルヒ姫は、レオ姫の緊急会見の模様を見る。
レオ姫はビスコッティに対して宣戦布告を発表。
国家間の勝利に国の宝剣を賭けるという。
宝剣を持つ二人が死ぬので、それならばその宝剣そのものを奪えば運命を変えられるかもしれない、と考えたという事だろう。

まるで侵略戦争のようにも思える内容について討議を重ねるビスコッティの元老院。
宝剣の預かり期間は最長60日。
二人の死亡予告が30日以内なので、倍以上確保すれば大丈夫のはずという判断だろうか。

自分に何か出来ないか、と悩んでいたシンクは密偵騒ぎに駆けつけてみると、そこにはシンク宛の密書を運んできた3馬鹿の1人ショーヌ・グラフティがいました。
勿論呼び出したのはガウル・ガレット・デ・ロワ。

今回の戦争に対して乗り気はないガウル。
友好国である両国。レオ姫も今更侵略などする筈もないと確信しているガウルですが、宝剣の取り扱いをどうするのか判らないため、レオ姫に問いただすつもりながら、最終的にはシンクたちに勝ってくれと託す。
ビスコッティという国を気に入っているガウル。
ガウルの動きを把握しているレオ姫とバナード・サブラージュ将軍ですが、今回はガウルと彼に心酔しているゴドウィン・ドリュール将軍の活躍は最初から期待していないとのこと。
あーゆー形で宣戦布告をすれば、反発するだろう事は折り込みずみだったという事だろう。
おそらくはバナードも理由は知らされていないのだろうけど、レオ姫がやる事なら必ず何か理由があると信じているというところだろうか。

アメリタ・トランベからレオ姫とミルヒ姫について教えてもらうシンク。
お互いの両親が生存している時から仲良くしていた二人は、互いが領主となってからも公式非公式問わずに友好的な関係にあったという。
半年前から、ミルヒの事を気遣い、ビスコッティの軍備増強やミルヒを危険な興業を避けろとか、護衛をつけるようにとアドバイスを始めた。
そして三ヶ月前頃からミルヒに対して冷たくなり、交流を断ってしまったという事。
最初のうちこそは直ぐに未来を変えられると思って、あれこれとアドバイスしていたけど、まったく改善されないので焦り始めてしまったわけだ。しかし側近とかには話しても良いようにも思えるのだが。何故誰にも話そうとしないのか。

ミルヒは民衆を前にガレットからの宣戦布告を受け、宝剣を賭ける事も承諾。
いよいよガレット獅子団領と総力戦の開始
しかしレオ姫たちが宝剣を失ったらますます事態は悪化するんじゃないのだろうか。

次回 EPISODE 8「開戦の日」

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« TIGER & BUNNY #07「The wolf knows what the ill beast thinks.-蛇の道は蛇-」 | トップページ | 花咲くいろは 第七話「喜翠戦線異状なし」 »

DOG DAYS -ドッグデイズ-」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/51679516

この記事へのトラックバック一覧です: DOG DAYS -ドッグデイズ- EPISODE 7「宣戦布告」:

« TIGER & BUNNY #07「The wolf knows what the ill beast thinks.-蛇の道は蛇-」 | トップページ | 花咲くいろは 第七話「喜翠戦線異状なし」 »