« Dororonえん魔くんメ~ラめら 第六炎「あっと驚くゴロゴロ~」 | トップページ | そふてにっ 第6ゲーム「つーぺあっ」 »

2011年5月14日 (土)

神のみぞ知るセカイⅡ FLAG 5.0「たどりついたらあつも雨ふり」

エリュシア・デ・ルート・イーマが桂木麻里の店の手伝いをしていた頃、駆け魂狩りに取られてゲームを出来ない時間を計算していた桂木桂馬。
残りの駆け魂の数がどれぐらいか聞いた桂馬は半分ぐらいは行っているのかと思いきや、残りは6万匹
他の地区に駆け魂隊がどれぐらいいるのかは不明ながら、2ヶ月で6体封印いたエルシィが勲章物という事を考えると、普通は2、3体が良いところ。
100人の駆け魂隊でも年間2000体に届かないので、10年以上掛かりそうですよ。というか、確実にその間に成長してしまう駆け魂がいるような気がする。
というか、6万も逃がした時点で絶望的じゃなイカ?

桂馬たちのクラスメイトでエルシィの友達でも小坂ちひろ。
桂馬をオタメガと呼んで馬鹿にしているこのちひろが今度の駆け魂の持ち主。
何もかもが平均的な凡人のちひろ。
あだ名は普通ちゃんでいいよね、答えは聞いてない。
これまでの中では高原歩美に近しい感じですが、歩美はまだ陸上部レギュラーという看板があったわけですが。
ゲームでは個性的なキャラクターこと攻略の切っ掛けが掴めるわけで、没個性のようなちひろを攻略するのは桂馬にとって苦手とすること。

まったくやる気の出ない桂馬ですが、ちひろが男子生徒に告白している現場を目撃してしまう。
好きな男がいる相手など攻略できないと更にやる気を失う桂馬でしたが、ちひろは失恋してしまいました。
徒然降り出した雨はただの雨なのかどうか。

翌日、少し落ち込んだ様子のちひろを心配するエルシィ。
関わるまいとしている桂馬に、必死に訴えかけ、本当は少し気になっていた桂馬もようやく慰めようとするも、ちひろはいい男を見ると直ぐに惚れて告白するタイプでした。
そんなわけであっさり復活して、慰めようとした桂馬の気持ちは宙ぶらりん。

部活もせず、人の悪口ばかり言い、口を開けば男の事ばかり、ちひろのようなタイプがリアルをダメにすると憤る桂馬ですが、そっくりそのまま言い換えされて、桂馬はショックのあまりリアルに絶望してすっかりリアルとの交流を拒絶。
ゲーム世界に引き籠もってしまいました。
意外と打たれ弱い桂馬。今までは何を言われても受け流していたのに、変に色々と人との付き合いをし出したから、交流を持とうとして失敗してしまったので衝撃が大きかったのか。

麻里やエルシィとも顔を合わせず、会話せず、食事もまとも取らない桂馬。
心配してちひろに相談している話を聞いたのは高原歩美。
空腹のあまりに廊下で倒れてしまっていた桂馬に声を掛けたのは歩美でした。
そんな訳で一度は攻略の完了した歩美が登場。二人のために動いてくれますが、この頃から今の状態へ続くフラグが徐々に立ち始めるんですよね。
そういや、原作での再攻略はこの二人はまだメインに動いていないな。二個一で攻略される事になりそうな気もするが。

次回 FLAG 6.0「10%の雨予報」

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« Dororonえん魔くんメ~ラめら 第六炎「あっと驚くゴロゴロ~」 | トップページ | そふてにっ 第6ゲーム「つーぺあっ」 »

神のみぞ知るセカイ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神のみぞ知るセカイⅡ FLAG 5.0「たどりついたらあつも雨ふり」:

« Dororonえん魔くんメ~ラめら 第六炎「あっと驚くゴロゴロ~」 | トップページ | そふてにっ 第6ゲーム「つーぺあっ」 »