« TIGER & BUNNY #11「The die is cast.-賽は投げられた-」 | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー 第17話「凄い銀色の男」 »

2011年6月12日 (日)

DOG DAYS -ドッグデイズ- EPISODE 11「夜空に光が舞うように」

魔獣を救うことに成功した勇者シンク・イズミとミルヒオーレ・F・ビスコッティは魔獣の肉体が崩壊するため足場が崩壊という危機に瀕するも、エクレール・マルティノッジとリコッタ・エルマールが駆けつけて無事救出された。
レオンミシェリ・ガレット・デ・ロワの待つ砦へと帰還。

尚も生け贄を求めている妖刀はブリオッシュ・ダルキアンとユキカゼ・パネトーネがオンミツの動物たちと共に退治。
「浮き世に仇なす外法の刃。
 封じて廻るが、我らの努め……
 大地を渡って幾千里、、浮き世を巡って幾百年。
 天狐の土地神ユキカゼと、討魔の剣聖ダルキアン!
 流れ巡った旅のうち、封じた禍太刀……
 五百と九本!
 天地に外法の華は無し!
 ……
朽ちよ禍太刀!!!
「神牢滅路、天魔封滅!!!」
今回のような妖刀が沢山世界中には散らばっていて、ダルキアンたちはこれを封じていたらしい。術中に出てきた刀は全て封印した刀なのか。
今回の魔獣が世界の魔獣の根源というわけではないのだね。
てか、ユキカゼたちは何歳なんだ?

土地神である子狐を救ったミルヒから、事情を教えられたユキカゼは魔物退治だけではなく、自分の同胞を救ってくれた事を感謝する。
母狐は既に消滅しており、子狐はユキカゼが預かることになりました。
将来はオンミツの仲間入り? それともこの土地の土地神として育つことになるのか。

レオ姫は真実は公開せずに、魔物出現の原因調査をする事を表明、戦の中断を宣言する。
戦の中断に伴い、ミルヒ姫による臨時ライブが開催される事が決定した。
エクレを傷付けた事をロラン・マルティノッジに詫びるも、むしろ名誉の負傷だから気にしないようにと告げ、この世界の戦は魔物の存在を忘れないためにもある事を教えてくれた。

シンクを食事に誘うエクレをストーキングしているリコとユキカゼは、二人が良いムードなのに大興奮するも、3バカとガウル・ガレット・デ・ロワがやってきたので台無し。
シンクは姫様とくっつくのか、エクレとくっつくのか微妙なところですが、シンク自信はエクレはただの友達感覚っぽいよな。

レオ姫は舞台前のミルヒ姫に今までのことを詫びると同時に、今回の一件の事情を説明しようとするも、ミルヒは既に話を聞いてました。
ライブシーンだけが作画が微妙な感じになっていたのは気のせいだろうか。
まぁ個人的にはライブシーンはどうでもいいのですが。

盛り上がるミルヒ姫のライブ。
子狐と死んだ母狐の最期の力で予定外な特殊な演出がされたり。
でもリコだけがライブも見ずに……

次回 EPISODE 12「4つの条件」

シンク帰還には4つの条件がいるという事か。
リコの様子からすると難しい内容?

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« TIGER & BUNNY #11「The die is cast.-賽は投げられた-」 | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー 第17話「凄い銀色の男」 »

DOG DAYS -ドッグデイズ-」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/51924833

この記事へのトラックバック一覧です: DOG DAYS -ドッグデイズ- EPISODE 11「夜空に光が舞うように」:

« TIGER & BUNNY #11「The die is cast.-賽は投げられた-」 | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー 第17話「凄い銀色の男」 »