« TIGER & BUNNY #10「The calm before the storm.-嵐の前の静けさ-」 | トップページ | プリンセス・トヨトミ レビュー(ネタばれあり) »

2011年6月 5日 (日)

DOG DAYS -ドッグデイズ- EPISODE 10「勇者と姫と希望の光」

指を怪我してキーボードを打ちづらいので、治るまで一ヶ月程度は簡易レビューとなります。

ミルヒオーレ・F・ビスコッティが死ぬという星詠みの結果を変えるため、1人苦悩してきたレオンミシェリ・ガレット・デ・ロワ。
にも関わらず、星詠み通りに天空武闘台にミルヒが現れてしまい、かつて地の底に封印されたという魔物が出現してしまった。
その魔物には未だ剣が刺さっていて、ミルヒはこの魔物が泣いていると感じる。
魔物の外見は九尾の狐っぽいね。元は土地神だったのが、何らかの理由で魔物となってしまったというところか。

ミルヒが『聖剣エクセリード』を手にした途端に攻撃を仕掛けてきた魔物。
自分が攻撃されると思って自己防衛に走った感じが強いな。
レオ姫はこれを守ろうとするも、レオの背後からの攻撃を受け止めようとしたミルヒは攻撃を受けた上に連れ去られてしまい、レオ姫大激怒。

レオ姫がやられて連れ去られたミルヒはエクセリードの守護の力で辛うじて吸収されずに済んでいたけど、その姫様の意識に魔物の母だという土地神が語りかけてきました。
まだ世界の殆どが人が足を踏み入れなかった当時、土地神だった母子。しかし落雷と共に降ってきた剣が子供の身体を貫き通して、魔物へと変貌してしまい、母を殺して取り込み、山の生き物を喰らっていった。
そして200年後に人里に降りようとして聖剣の主に封印された。

シンク・はトルネーダーでエクレール・マルティノッジと一緒に魔物を追跡。
自分を信じて待っててくれる人を哀しませたくない。
シンクの思いに、エクレールも協力してシンクは辛うじて到着。

ミルヒは真実を知り、魔物がずっと自分を殺して欲しいと願っている事、そして聖剣の持ち主であるミルヒならば殺せる事を教えられる。
子供のクビを落とせば魔物を消す事が出来る、でもミルヒはそれを拒絶。
彼らの積み重ねてきた哀しみが消えない。
彼らもフロニャルドに生きる物として救いたいと強く願ったミルヒに聖剣が反応し、ミルヒは解放された。
しかし何故か全裸……今まで着ていた服と鎧は何処消えた?
聖剣エクセリードと神剣パラディオンの力でシンクとミルヒの服も元通りで、二つの聖剣が遂に本来の形を現した。

妖刀を抜けば元に戻るはず。
最期は二人の合体技『ホーリー・セイバー』で立ちはだかる障害を打ち砕き、妖刀に辿り着くと二人は鎖で縛られてた妖刀を抜くことに成功。
魔物は土地神の子供に戻り、土に帰りました。

シンクを取り込もうとした妖刀はレオ姫の『魔神・閃光破』にて撃破。
てっきりブリオッシュ・ダルキアンとユキカゼ・パネトーネが駆けつけくるのかと思ってた。
魔物関係の話だったのに、急いで向かっていた二人は間に合わず仕舞いか。

まだ半月以上残ってるのに、魔物に関するお話は一段落……
シリアスターンは普通のアニメよりも早く終わって、ラストの方はやっぱりまたほのぼの話になりそうだな。まぁ、その方がこのアニメらしいと思う。

次回 EPISODE 11「夜空に光が舞うように」

シンクが現代へ戻るよ、というお話なのか。
それとも魔物となった子狐が天に召されるという話なのか。
前者なら、12話で大会に参加して優勝。13話で日常を過ごしていたものの再び召還されて終了となりそうな感じだな。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« TIGER & BUNNY #10「The calm before the storm.-嵐の前の静けさ-」 | トップページ | プリンセス・トヨトミ レビュー(ネタばれあり) »

DOG DAYS -ドッグデイズ-」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/51864460

この記事へのトラックバック一覧です: DOG DAYS -ドッグデイズ- EPISODE 10「勇者と姫と希望の光」:

« TIGER & BUNNY #10「The calm before the storm.-嵐の前の静けさ-」 | トップページ | プリンセス・トヨトミ レビュー(ネタばれあり) »