« Dororonえん魔くんメ~ラめら 第十一炎「あたしには関わりのないことでござんす」 | トップページ | そふてにっ 第11ゲーム「とりっぷっ」 »

2011年6月19日 (日)

神のみぞ知るセカイⅡ FLAG 10.0「スクール★ウォーズ」

桂木桂馬をなんとかしようとする長瀬純ですが、空回り気味。
桂馬は桂馬で純を怒らせようとするも失敗続き。
しかし桂馬は机にゲーム積み過ぎ……むしろそれだけのゲームを学校に持ってきている事自体に感心するわ。

自分もゲームを好きだと言って、PFPでゲームしようとするも、PFPは買ったばかりでやったことすらない純。
桂馬がゲームの中に逃げ込んでいると思い、現実に生きないとダメだと聡そうとするも、桂馬はゲーム世界に逃げているわけではないと否定。
「オマエの勝手な基準で、人を見るんじゃない!」
純を怒らせようとしていた筈が、思わず怒ってしまった桂馬。エリュシア・デ・ルート・イーマに強制退去させられてますが。
純は自分が正しい筈と必死に言い聞かせながらも、高校の時に1人の超されたバスケットの時の事を思い出して……
「どうして判らないの……
 どうして、通じないの……」

これが過去の失敗ようだ。
同じように熱くなりすぎて、楽しくやりたいという他の部員達との間に溝が出来てしまったという過去があるというところか。

他の生徒たちからも次第にその熱血過ぎるところが敬遠されるようになっていました。

二階堂を通じて攻略をしようとした桂馬ですが、見事に失敗するも、純の事を教えてもらえないのは教えたくない事が服飲まれているからと気付く。
しかし他の先生を通じて、純が二階堂のバスケ部の時代の後輩だった事、当時は強かったバスケ部が今は休部になっている事を知る。
そのバスケ部のロッカーには今も純の名前が。
未だに彼女の名前が残っているという事は、彼女の時代に強かった筈のバスケ部はそのまま活動休止になってしまったという事。
おそらくは二階堂達が部活を引退して、その後でも強いバスケ部を維持し続けようとしたけど、空回りしてしまったのだろうな。

次回 FLAG 11.0「いつも心に太陽を」

ラブ、アンド、ピース。
ギャル、アンド、ゲーム。
アンド!しょーぼーしゃ!!
エルシィ最凶すきる……

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« Dororonえん魔くんメ~ラめら 第十一炎「あたしには関わりのないことでござんす」 | トップページ | そふてにっ 第11ゲーム「とりっぷっ」 »

神のみぞ知るセカイ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神のみぞ知るセカイⅡ FLAG 10.0「スクール★ウォーズ」:

« Dororonえん魔くんメ~ラめら 第十一炎「あたしには関わりのないことでござんす」 | トップページ | そふてにっ 第11ゲーム「とりっぷっ」 »