« DOG DAYS -ドッグデイズ- EPISODE 12「4つの条件」 | トップページ | GOSICK -ゴシック- 第22話「クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る」 »

2011年6月21日 (火)

花咲くいろは 第十二話「じゃあな。」

湯乃鷺温泉を偽りの酷評した母・松前皐月や、種村孝一との事ですっかり落ち込んでいた松前緒花は、鶴来民子と宮岸徹に発見される。
二人の泊まるホテルに案内された緒花。
寝付けなかった緒花に語りかけた徹に、緒花は彼女がいるのかと問い掛けて、いないと言われると、女性の扱いを判って無さそうだけど、いい人だから頑張ってぼんぼってくれと声を掛ける。
その事で彼氏の事が落ち込んでいる原因と指摘されてしまってますが、彼氏ではないので問題になってるわけですよね。
このホテルは元々取っていたのか、それとも緒花を拾ってからとったのか。なんで徹も同じ部屋にしたんだろう。
翌日に食べ歩きしている事を考えると、お金がないというわけではないと思うのだが。

翌日、皐月を誘拐して温泉旅館『喜翠荘』へ連れて行くと言い出した緒花。
相変わらず思考回路が吹っ飛んでるな、この娘。
徹は誘拐を引き受ける条件に孝一も連れて行く事として、徹はみんちと食べ歩き。
緒花が孝一との事で悩んでいると知って、その事をすっきりさせないといけないと思っての配慮なんでしょう。
みんち最初こそデートみたいだと浮かれるも、大量に食べさせられて気分が悪くなる始末。東京に来たからには名店の味を少しでも覚えないといけないという徹は、緒花の事はそのついでだと言い訳。
しかしみんちは徹が緒花が他の男に会いに行っている事で落ち着かないでいる事に気付いていた。
みんち切ねぇ。
てか、徹は巨大な寿司ヌイグルミをどれだけ取ってるんだよ。そしてあれを誰に渡そうというのか。
一体いくら費やしたのだろう。食費と合わせると、軽く万は言ってるよね。

孝一に電話が繋がらない緒花はアルバイト先の本屋に行くも、バイトも休みで引き返そうとしたところで五十嵐波子とばったり遭遇。
波子は緒花にその気がないのなら孝一を解放して欲しいと告げると、緒花が孝一の気持ちの上にあぐらをかいていると批判。
孝一が待ちたくて待っているのだから、波子にとやかく言われる筋合いではないのですが。同じように保留されている身としては言わずにはおれなかったのだろうな。孝一からしたら余計なお世話なんだが、孝一は人が好いのでそんな事は口にしないだろうな。
緒花にとって孝一は「友達以上、恋人未満」という状態だろう。
そもそも誰かと付き合う、という事がイメージとして沸いていないのではないのか。

悩む緒花は孝一から掛かってきた電話で、孝一が『喜翠荘』を訊ねてきていた事を知り、自分が孝一を利用していると、自分が悪役に感じて孝一を連れて行くのを諦める。
ここであっさりと納得してしまうところが、孝一の良い人ではあるけど、恋人になれない原因でもあるんだろうね。もう少し強引さがあっても良いのだと思う。
電話を切る時に「またね」という緒花に対して「じゃあな」と答える孝一に、緒花は苦悩する。
孝一にはそんなつもりはないのだろうけど、弱っていると些細な事まで気になってしまうという事だろう。
果たして孝一がこの先どう巻き返すのか。

町の提灯を目撃した緒花は、みんなの中にもぼんぼりがあって、孝一も皐月もそれぞれに頑張ってのだと気付き、皐月の誘拐を諦める。
徹は皐月に会って話を聞くことにするが、皐月の仕事場に行くと、休みが取れたという皐月は荷物を纏めて『喜翠荘』へ行く気満々だった。

「がつん」と言ってやると言っていた徹だが、軽い調子で話し続ける皐月に何も言えない。
徹のヘタレっぷり全開。
みんちは実は年上好みなのか、血筋が好みなのかとため息。
緒花が徹の気持ちに一切気付いてなくて、純粋にみんちの事を応援しているから緒花にどうこう言う事も出来ないしな。

ドライブインで徹は皐月に来る気になった理由を尋ねる。
皐月は緒花が若い頃の自分と同じ台詞を言ったのだと語る。
スイに対して、仕事ばかりで自分がずっと我慢していたのだと。
スイは正しいと判っている皐月は、母親が間違っている緒花はまだ幸せだと語る。
皐月はスイが正しいと判っていて、それでも納得できなかったのだろうね。

緒花は皐月と出逢うなり喜翠荘の事で文句を言うが、何故東京に戻っていたのに自分の事を呼び戻さなかったのか、という事は問わなかった。
普通ならまず東京に戻っていた事、その事を連絡しなかった事を先に責め立てても良さそうなのに、その事には触れなかった緒花を変わっている称する皐月。
眠ったふりをしていた緒花は、自分が東京に戻りたいと思う事が無かったと感じる。
そういや、緒花は今まで一度として嫌になって東京に帰りたいとか泣きごとを口にした事が無かったな。
東京ではドラマが無くて退屈な日々だったけど、喜翠荘での日々は毎日が大忙しだったり充実しているからかもしれないが。基本的に問題が起きても何度も特攻していくタイプだから余計なのかもしれないが。

次回 第十三話「四十万の女-傷心MIX-」

なんか四十万&松前の家族4人が大騒ぎです。縁は一人振り回されているだけっぽいですが。
スイがあれだけ感情を露わにしているのは珍しいな。やはり実の娘が絡むとちょっと違うのか。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« DOG DAYS -ドッグデイズ- EPISODE 12「4つの条件」 | トップページ | GOSICK -ゴシック- 第22話「クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る」 »

花咲くいろは」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/52006330

この記事へのトラックバック一覧です: 花咲くいろは 第十二話「じゃあな。」:

« DOG DAYS -ドッグデイズ- EPISODE 12「4つの条件」 | トップページ | GOSICK -ゴシック- 第22話「クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る」 »