« TIGER & BUNNY #20「Full of courtesy, full of craft.-口に蜜あり、腹に剣あり-」 | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー 第25話「海賊とニンジャ」 »

2011年8月14日 (日)

セイクリッドセブン #07「真実のヨシアシ」

輝島ナイトと劉翡翠(ラウ・フェイゾォイ)によって誘拐されてしまった藍羽ルリ。
丹童子アルマを狙ってやってきたものの、研美悠士のSPの妨害を受けて撤退したナイトに付けた発信器を下に鏡誠たちは追跡するも、旧日本軍の地下基地がある場所でナイトの信号をロストする。
だが、再び現れた信号がはその森から離れていた。

誠に悪石化の危険性を考えてついてこないように言われたものの、鏡を尾行したアルマだが、その尾行に気付いていた誠はアルマを現地の調査に当てると、自分は信号の追跡へ。
もちろん信号は発信器の存在にとっくに気付いていたナイトによるダミー
まぁ当然と言えば当然ですね。

嘘を吐いてフェイゾォイに拘束を解かせたルリは、フェイゾォイに体当たりをして出口を教えるように告げるも、この彼女らのいる場所はナイトでなければ出入り不可能な場所だった。
セイグリッドの「物を通り抜ける力」でなければ出入り不可能な、絶好の隠れ処です。
ルリはフェイが自分と同じ良石(ヨシ)である事に気付く。
フェイは人間は自分たちに酷いことをするので、この閉鎖された場所よりも外の方が怖いと語る。人間のように嘘を吐かないという彼女は、自分の兄が研美悠士によって殺されたという真実を語る。
兄妹で同じ場所でセイクリッドセブンと接触してしまったのか。

そして同じ頃、旧日本軍の基地へと足を踏み入れていたアルマは彼を待ち受けていたナイトに真実を伝えるとルリたちのいる場所へと案内される。
倒れていたフェイに駆け寄って心配するナイトに、ルリは早く病院へと連れて行くように提案するも、彼らは社会的に存在しない筈の人間であるため、見てくれる医者などいなかった。
ルリとアルマが研美にダマされているというナイト。
「少しは人を疑ったらどうだ。
 目にした事実が全てを語っているとは限らないぞ」

確かに、彼らはもう少し疑うという事を覚えた方が良いよな。特にルリは大富豪なんだから、もう少し人を疑って掛からないと利用されるだけ利用されて終わるぞ。

フェイの語った兄が殺されたという事実を肯定したナイトは、研美研究所がセイクリッドの人間に対して人体実験を行っているという真実を語る。
研美はセイグリッドを人間だと思っていないと怒りを露わにするナイト。
フェイを連れて研究所から逃げ出したナイトは、研美を生かしておけば自分たちが殺される。
研美だけでなく、セイクリッドの力を知った全ての人間が敵となるというナイトは、研美を殺す邪魔をするなと告げる。
「丹童子アルマ……お前は、何のために戦っているんだ」
ナイトの問い掛けに応えられないアルマ。
「俺は、自分の自由を勝ち取るために、戦う!」
自らの決意を見せるナイト。
アルマの戦う理由。それが今後の戦いにおける鍵となるのだろうか。

そこに突然の衝撃が走って彼らのいた基地が崩壊する。
フェイを助けようとしたルリを身を張って瓦礫から助けたアルマ。
そんな彼らの前に現れたのは悪石化した人間0号だった。
悪石とアーティジェムスーツ『サイクロプス』を纏った研美の二人を相手に追いつめられるナイトに、血清を持って駆け寄るフェイに悪石が手を伸ばすも、その動きが止まる。
彼の正体が兄だと気付いたフェイ。
ナイトが「生きていたのか」と口にしたので、0号が兄だろうという事は察する事が出来ましたが。

ナイトは研美の攻撃を防ぐと、フェイを連れて逃走する。
アルマはルリによってセイクリッドアルマ・リベレイターに変身。
研美は悪石が悪石化の成れの果てだと語り、研究所で保管作戦中だったと語るも、助ける事は不可能で倒すしかないと語る。
研美に協力して0号と戦うアルマだが、迷う彼は攻撃の寸前に力を消して0号を殴り飛ばすだけとなり、0号は何処かへと逃走していた。
アルマも0号がフェイの兄だと知っていたから、殺すことにはどうしても躊躇いが生まれてしまったのだな。

ナイトの語った人体実験について語ったアルマたちだが、研美は当然これを否定。
ナイトは逃走の際に何人もの人間を殺した凶悪犯であり、彼の言葉を信じればアルマたちも同じ道を歩むと告げる。
研美はルリをどうしたいのだろう。単純に大富豪としての彼女の経済力を利用したいだけなのか、他に目的があるのか。

「君はどっちを信じる。
 研美さんか、ナイトか」

「今は迂闊な言えません。
 この件に関しては、徹底的に調査します」

研美の言葉を素直に信じる事など出来ないアルマ。
少なくともナイトの見せた怒りが演技とは到底思えないし当然だろう。
それに何より良石ならば暴走の危険性がないのだから、施設に隔離する必要なんて無いはずだし。

0号は逃走中ではなく、捕獲していた彼らがナイトたちを見つめるためにわざとはなったものだった。
アルマやルリを信じさせるために一芝居を売った彼だが、これで完全にルリたちを騙せたとは思っておらず、潮時かもしれないと考えて暫くは様子見を決める。
当然、あの程度であっさり自分を信じると思うほど、研美はお気楽ではありませんね。
0号は逃げられないように何か細工がされているのかな。それともSPが0号を捕獲したのか。
おそらくはセイクリッドの力を利用してアーティジェムスーツを兵器として完成させ、各国に売りつけるつもりなんだろうな。

死んだと思った兄が生きていた。
その事実に号泣するフェイ。そして研美は彼らがフェイの兄である0号には手出し出来ない事を知った上で送り込んできていた。
今後彼がどうなってしまうのか。ナイトたちには殺せず、かといってフェイの兄だと知ったのでアルマたちも殺せない。フェイを守ろうとして研美に殺されたりするのかな。

あれ、エンディングの映像が変わった……静止画にどんどん色がついていく感じですが、ナイトが一緒にいるので、この先仲間になるという雰囲気だね。
イラストはいのまたむつみだ。

ナイトはこの先味方になったらアルマと同じように、フェイからイシを貰ってセイクリッドナイト・リベレイターとなるのだろうか。

次回 #08「マゴコロを込めて」

アルマの母親との想い出。アルマが毎日のように探している河原に捨てられた石は母親から贈られたものなんだろうな。
そして鬼瓦が大変な事に……修復作業中?

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« TIGER & BUNNY #20「Full of courtesy, full of craft.-口に蜜あり、腹に剣あり-」 | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー 第25話「海賊とニンジャ」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セイクリッドセブン #07「真実のヨシアシ」:

« TIGER & BUNNY #20「Full of courtesy, full of craft.-口に蜜あり、腹に剣あり-」 | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー 第25話「海賊とニンジャ」 »