« 海賊戦隊ゴーカイジャー 第27話「いつもより豪快なチェンジ」 | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船 レビュー(ネタばれあり) »

2011年8月28日 (日)

仮面ライダーオーズ/OOO 第48話(最終回)「明日のメダルとパンツと掴む腕」

完全復活を遂げたウヴァ(声:山田悠介)に手も足も出ない伊達明(岩永洋昭)と後藤慎太郎(君嶋麻耶)のダブルバース。
と、そこに大量のセルメダルを取り込んだ火野映司(渡部秀)が現れた。
元々バースは対ヤミー用として作られていて、グリードとの戦いは苦手だったから、相手が完全体になると手も足も出なくなるんだな。

戦いを眺める真木清人(神尾佑)の前には鴻上光生(宇梶剛士)が現れ、映司が本当のオーズだと語る。
殆どのメダルは真木の手元にあるが、かつて王は錬金術師たちに10枚のコアメダルを作製させた。そしてそこから1枚ずつ抜き取ったコアメダル。
そのうち3枚を使って変身したのがコンボ
どうせなら他の2つも持ってるのかと思いきや持ってなかったのか。

欲望こそが世界を再生させるという主張の鴻上と、何も存在しない究極の無こそが人の到達する最高の高みだと語る。
オーズの攻撃にやられたウヴァですが、グリードとなった真木がコアメダルを彼に入れて助ける。が、それだけに留まらず次々とコアメダルを投入されてしまうウヴァ。
嫌なら身体に入れられたコアをさっさと吐き出せば良かったんじゃないか、という気もするけどな。
映司を危険分子と見なした真木は映司を始末しようとするも、駆けつけたアンク/泉信吾(三浦涼介)が助けてくれました。

所詮噛ませ犬なウヴァは暴走したくないと見苦しく逃げ出す始末。
真木がウヴァを追い掛けて行った後、映司はセルメダルの力が強すぎてタトバのコアが破壊されて一瞬プトティラに変身、そして変身解除。
コアメダルがあっさりと消滅しちゃったよ。

アンクは泉比奈(高田里穂)に自分のメダルがもうすぐ壊れる事を黙っているように告げる。
映司はアンクが比奈に信吾の身体を返すと伝えた事を知って大喜びするも、比奈は映司の「それだけが気がかりだった」という不穏な発言に映司が何処かへ行ってしまうような不安を抱く。
映司もアンクも大切にしたいのに、二人に対して何も出来ない比奈は二人と手を繋ぐ。

「欲望がある限り、何かが変わり、産まれる。
 今日という日を明日にすることさえ、欲望だ。
 ハッビバースデー!!!」

多国籍料理店『クスクシエ』では白石知世子(甲斐まり恵)が真木の人形が真木の姿に変えられて置いてあるのを発見しました。
真木なりの姉への思いとの決別の形を現したのか。

コアメダルに耐えられなくなったウヴァは遂に暴走を開始。
あらゆるものをセルメダルに変えて飲み込みつつ、大量の白ヤミーを吐き出し始める。
「良き終末を……」
それらを見届ける真木。
白ヤミーは人々に取り憑いてどんどんヤミー化するのかと思いきや、単純に無差別に襲いかかってるだけか。

白ヤミーが人々を襲い、町は次々とセルメダルへと変えられていく。
そんな中で全く気にしていない鴻上は凄い。
映司とアンクは白ヤミーと戦い続けるも当然キリがなく、駆けつけた後藤と伊達に任せて暴走した器へ。
なんか、前回あたりから静止画を使う奇妙な演出が入るようになったよな。
なんで最終回直前でこんな演出に変えてきたんだろう。今まで無かったから違和感がありすぎる。
里中エリカ(有末麻祐子)もダブルバースの援護に駆けつけたけど、あの格好はどうかと思うよ……

映司たちの妨害をする真木との戦いの中で、紫のコアメダルを奪い取ろうと手を突き刺した真木を逆に抑え込むと、映司は大量のセルメダルを吐き出してメガダブリューに投入、真木を粉砕。
しかし器からのエネルギーで護られて真木は無事だった。
なんで暴走している器が真木を護ったんだろう?

映司にアンクは自分の持つ自分の意思の入ったコアも含めた3つのコアメダルを差し出してタジャドルコンボで戦わせる。
映司はアンクのコアメダルにヒビが入っている事に気付くも、アンクの意思を尊重してタジャドルコンボで戦う。

幻のように出現するアンクと映司の前に器へと逃げ込んだ真木に、映司はタジャスピナーに紫のコアを投入し、アンクと共に真木グリードを撃破する。
消滅した真木は小型ブラックホールのようになって全てのコアメダルを吸収し、映司の紫のコアメダルやアンクのコアメダルも飲み込まれた。
変身が解除されて上空から落下する映司は意識を失うも、アンクの幻が現れて映司を呼び覚ます。

アンクは映司たちと出会って自分の欲望を叶える事が出来た。死んだら終わりだと感じる映司だが、アンクはただのメダルに過ぎなかった自分が「死」という命の形を迎える事が出来たと語る。
「お前を選んだのは、俺にとって得だった……
 間違いなくな」

「おい! どこ行くんだよ」
「お前が掴む腕は、もう俺じゃないって事だ」
映司の前から霧散するアンク。
伸ばした映司の手にはアンクのコアの欠片だけが残されていた。
アンクもこれで消滅。

映司を感じて駆けだした比奈は、そこにアンクの幻を目にし、アンクの幻はコアの欠片となって落ちる。
「アンク……ありがとう……」
アンクは映司だけでなく、比奈にもお別れを言いに来た、という事でしょう。

落下する映司はバースとなって助けにきた後藤を見つける。
何でも1人で背負い込まずに、自分たちを頼りにしろと訴えかける映司は、地上で比奈、伊達、知世子、エリカの4人が受け止めようと手を伸ばしているのを目にする。
自分が欲しかった何処までも届く手、それは他の人と手を繋ぐ事で手に入ったのだと知った映司。
それでもアンクの手を掴んだのは間違いでは無かった、そう確信する映司。
「アンク……」
しかしあんな高々度から落下している人を受け止めたら、地上にいる人は確実に死にますよ。後藤ちゃんが身体を掴んでくれたので、かなり速度は軽減されたのでしょうけど。

地味にエンディングには次の仮面ライダーフォーゼの前フリが出てるね。
歌星賢吾(高橋龍輝)と城島ユウキ(清水富美加)の二人が登場してる。
何故かバースとオーズだけはスーツアクターの名前が明確に表示されてる。
そしてそれぞれのエピローグ。
結局、鴻上は何がしたかったのか全く判らない。あれだけの資金を投入して真のオーズを作り出して、何をしようとしたのだろうか。結局オーズがやったのはコアメダルを全部消滅させただけで、コアメダルの破壊に反対だった鴻上としては目的が潰えてるとしか思えないのだけど。
映司はまた旅に出たようですが、伊達は何故か目が治ってグリードの事件も解決したのに医師として国境なき医師団には戻らずに日本に居残り続けてます。
信吾はちゃんと警察に復帰しているのか気になるところ。
グリード化していた映司は紫のコアが無くなった事で元通りに戻ったという事でいいのかなぁ。真木ほど完全にグリード化していないから、コアメダルが無くなっても死ぬことは無かった、という事だろうか。
しかしこの人、相変わらずの風来坊ですが、どうやって人々を助けるんだろう。少なくともお金ではないのは確かのようだけど。
あと、映司の電話の料金はどうやって支払っているんだろうな。

アンクの割れたコアメダルを見つめる映司。
「いつか……もう一度……」

そんな訳でオーズも終了。
最後は結構駆け足で終わった感じもあるけど。
比較的綺麗に終わったのではないだろうか。
一つ最初からずっと気になり続けて不明だったのは、オーズの鴻上ファウンデーション=ダブルの財団Xだったのかどうなのか、という所。
尚、次回作のフォーゼについては第1話はレビューすると思うけど、それ以降はしない予定。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←良かったらクリックして下さいビックリマーク

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 海賊戦隊ゴーカイジャー 第27話「いつもより豪快なチェンジ」 | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船 レビュー(ネタばれあり) »

スーパーヒーロータイム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/52590036

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダーオーズ/OOO 第48話(最終回)「明日のメダルとパンツと掴む腕」:

» 仮面ライダーオーズ第48話「明日のメダルとパンツと掴む腕」 [OPUS MAGNUM]
今回は第48話「明日のメダルとパンツと掴む腕」。 ストーリーは仮面ライダーオーズ第48話「明日のメダルとパンツと掴む腕」で! とうとう終わってしまった仮面ライダーオーズ。 最後はちょっと寂しい雰囲気でしたね…。 今回の最終回は最近の仮面ライダーシリーズの...... [続きを読む]

受信: 2011年8月29日 (月) 15時41分

» OOO(オーズ)048話(最終話) 明日のメダルとパンツと掴む腕 [ぎあ魂なblog]
仮面ライダーオーズ、前回の3つの出来事・・・ 力を求める映司/メダルを失うアンク/ウヴァが完全復活し、世界の終末が始まる! 現在、オーズの使えるメダルは・・・ タカ:1 トラ:1 バッタ:1 プ...... [続きを読む]

受信: 2011年8月30日 (火) 02時00分

« 海賊戦隊ゴーカイジャー 第27話「いつもより豪快なチェンジ」 | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船 レビュー(ネタばれあり) »