« 境界線上のホライゾン 第4話「夜天下の暗躍者」 | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー 第35話「次元ノムコウ」 »

2011年10月23日 (日)

ベン・トー #03「大盛りチーズカツカレー 1080kcal」

携帯電話を破壊しようとした白梅梅に教室で全裸にされた佐藤洋。
洋の服を修繕しながら半額寿司について説明していた槍水仙ですが、洋が話を聞かないものだから服を全部投げ捨ててしまった。
この人もまたえらく極端だな。

そこにやってきた梅。
「変態ですか?」
扉を開けたパンツ一丁の洋へ開口一番この台詞。
でもあの格好では言われても仕方ない。つーか、普通の人ならドン引きで逃げてるわ。
とりあえず白粉花からの説明で、半額弁当争奪戦に加わるのは小説のためという事で納得したらしい。
で、色々と根回しをして生徒会長に当選した梅は、ハーフプライサー同好会に部員が3人揃った事で、正式に部活として認められたことを報告。
同好会から正式な部に格上げになったのか。でも部活動なら顧問がいると思うのだけど、顧問はいるのだろうか? 昔は本にも部員がいたみたいだから、姿を見せないだけでいるのかもしれないな。

梅の説明で生徒会による校内清掃が行われていると知った洋は投げ捨てられた制服が焼却処分されようとしている場面を止めようとして、そのまま全裸で焼却炉へ突入……
なんつーか、洋の場合は治療費がかからなくなれば、半額弁当を取らなくても普通の弁当を食べられるようになるんじゃないのか?
それにしても燃えさかっている焼却炉に飛び込んで軽い火傷や打撲などで済む洋の頑丈さは半端ない。普通の人間なら入院しても不思議じゃないぞ。
弁当争奪戦でもかなりボコボコにされてるけどね普通に登校しているし。

氷結の魔女が犬を飼い始めたと聞いた剣道部の山原知昭は、国語教諭の壇堂健治を中心とする自分たち《ダンドーと猟犬群》に加えようと画策する。

半額弁当を簡単に手に入れられるという《ダンドーと猟犬群》の勧誘にひとまず乗った洋と花。
《ダンドーと猟犬群》の戦い方は、メンバーの半分ほどが他の狼を抑えている間に、半額弁当を手にして、弁当を手にした者には手を出せないというルールを下に、今度は弁当を手にした者が盾となるという方式。
簡単に弁当を手に入れる事が出来た洋ですが、直ぐに仲間入りする事は否定。
それは食べた弁当が以前の勝利で食べた弁当ほどに美味しくなかったから
部員たちは洋たちが仲間入りする可能性は低いと考えてるものの、山原だけはまだ可能性があると考えてました。
これは自分がなかなか弁当を手に入れられない中で、この組織での戦いが弁当を手に入れる事が出来たから、他の人間も同じだと考えているのか。もちろん仙のような人物ならまだしも、洋はどう見ても秀でた力を持ってるわけではない凡人だと感じているのも一因なのだろう。

話を聞いた仙は別に彼らが《ダンドーと猟犬群》に入ること自体は反対ではないようだ。
一応ルールを守って戦っている以上は、彼らのやり方そのものを否定する気はないんだな。
それに彼女たちはたぶん《ダンドーと猟犬群》が相手でも弁当を手に入れる実力者だから、どんな相手でも気にしないのか。
初代部長は半額弁当がその販売方式も含めて最高の料理だと語った事を教えてくれました。
この初代部長が金城優なのかどうかは不明。

その後も何度か《ダンドーと猟犬群》に加わった洋ですが、やっぱり何処かしっくりこない状態が続く。
仙は花に月桂冠に関するエピソードを語ってますが、なんで雪山のスーパーとかに行ってるんだ……
仙にオセロで負けた花に、自分はバーチャ2なら負けないと思い出を語る。強いプレイヤーには二つ名が与えられ、そんな人間にみんなが憧れる。
自分自身の語ったその言葉で、洋はようやく開眼。
そしてオープニングに登場している主要キャラの1人、著莪あやめが思い出の場面で登場。どうやら洋と幼馴染みか何からしい。

洋は《ダンドーと猟犬群》を裏切り、狼を目指す事を決意。
一度戦いの末に弁当を手に入れていた事が彼の中で大きかったようだ。
山原を倒して弁当を手に入れようとしたところ、背後に壇堂が出現。
そのパンチを辛うじて受け止めた洋の手にはしっかりと弁当が握られていた。
壇堂は洋の目が「狼の目」だと感じて、仲間入りをさせるのは不可能だと感じてました。洋を狼になれる逸材と認めたという事か。
ついでに花もちゃっかり弁当をゲット。
基本的に戦闘能力のない花は、他の人間が戦っている合間を抜けて弁当を手に入れる、というのが戦法となりそうだ。

花は自分が変わり者と言われて、イジメを受けていたけど、洋や仙が自分に対して普通に接してくれるのが嬉しくて、だからハーフプライサー同好会の一員である事を選択。
これまでも見られた卑屈な態度は、全てイジメから来ていたのは判ってたけど、まったく気にしない洋たちと仲間でいたいという気持ちを強くしたんだな。

Cパートではいよいよ著莪あやめが登場。
人の布団に潜り込んでくるって……あれは昔の思い出? 今は寮住まいだから洋の部屋に潜り込むなんて無理だよな。

次回 #04「豚肉生姜焼き弁当 852kcal」

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 境界線上のホライゾン 第4話「夜天下の暗躍者」 | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー 第35話「次元ノムコウ」 »

ベン・トー」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/53065375

この記事へのトラックバック一覧です: ベン・トー #03「大盛りチーズカツカレー 1080kcal」:

« 境界線上のホライゾン 第4話「夜天下の暗躍者」 | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー 第35話「次元ノムコウ」 »