« コンテイジョン レビュー(ネタバレあり) | トップページ | たまゆら ~hitotose~ 第9話「ももねこさまの憂鬱、なので」「失恋カメラ、なので」 »

2011年11月30日 (水)

ギルティクラウン phase07「輪舞 -temptation-」

取引によってGHQから事件に関する情報を消去されて久しぶりに天王洲第一高校へ登校してきた桜満集と楪いのりだが、シュウがGHQに捕らえられた事は既に学校中に広まっており、一部の生徒はシュウを犯罪者だと陰口を叩く。
だが生徒会長・供奉院亞里砂が現れて、憶測で喋るなと叱責する。
いのりに犯罪者だからシュウに近づかない方が良いとか言ってたけど、そもそもいのりも犯罪者だしな。しかもシュウの方は記録を抹消されてるけど、いのりは記録残ってるはずだし。

教室へとやってきたシュウは緊張した様子で足を踏み入れるが、そこでも亞里砂が気を配って助け船を出す。しかしそこにやってきた魂館颯太がバカな質問をした事で、教室の緊張は一気に解けてシュウはみんなから質問責めに会う。
クラスメイトたちにはシュウを犯罪者呼ばわりする者はいなかったようだ。
ただ校条祭はシュウの様子が変わった気がする、と不安そうにしていた。
凄いヘタレが少しヘタレにランクアップしていますから。
寒川谷尋はあの日以来、学校には登校していなかった。

母・桜満春夏が久しぶりに帰宅しており、焦るシュウは必死に言い訳しようとするも春夏は詳しく何かを問い掛けようとせず、あっさりと受け入れる。
平然と下着姿で家の中を歩き回ってるママンがエロ過ぎる……とても高校生の子持ちには見えないよ。
いのりの可愛い子だと評価する春夏。
春夏はGHQでヴォイドゲノムを培養するセフィラゲノミクスの主任をしている筈で、いのりの事も知っているのではないかと思うのだが、気づかないフリをしているだけなのか。
シュウの事は知っているのかどうか微妙なところなんだけど。いのりを知っているなら、そのいのりとシュウが一緒にいるのだし、そのことで何も反応しないという事はシュウが葬儀社の一員だという事は知ってるという事だよな。

葬儀社は資金は手に入れる事が出来ていたものの、戦闘用物資の不足により、流通経路を確保する協力者の必要に迫られていた。

GHQによる締め付けが強くなり、供奉院グループの経営状態も苦しくなりつつあった。
会長でもある亞里砂の祖父・供奉院翁は、いずれ亞里砂には裏の仕事も引き継いで貰うことになると、亞里砂にパーティに出席するように指示する。
そんな祖父に亞里砂は本心を隠して笑顔で従う。
亞里砂のシャワーシーン……容姿端麗で学業優秀、金持ちで生徒会長でスタイルも抜群……完璧超人か!?

ルーカサイト計画の失敗によりアンチ・ボディズから外れた嘘界=ヴァルツ・誠やダリル・ヤン、ローワンの上司となったダン・イーグルマン大佐は、対地用ミサイルで洋上にある船を襲撃しようとしていた。
その船ではGHQに反抗的な日本人が裏取引を行うパーティが催されようとしている事を通報で知ったダンは、彼らを排除しようとしていた。
なんか無駄に暑苦しいのが来た……

翁はGHQによる日本支配を快く思っておらず、同志となる者たちとの交流を図っていたようだ。
供奉院グループに接触しようと考えて恙神涯と共にパーティへ潜り込んだシュウだが、そのパーティには春夏が出席していた。
供奉院翁は昔から春夏と知り合いで、何やら春夏は過去にあるようで、今の状況の一旦は彼女たちが関わっている様子。
春夏の姿をも目撃して逃げ出したシュウだが、逃げた先で亞里砂と鉢合わせしてまたも逃げ出すと、追い掛けてくるシュウをガイに託す。
ガイは亞里砂の邪魔をすると、亞里砂が自分の飼っていたアルマジロに似ていると告げて彼女が自分を押し殺そうとしている事を見抜いてみせる。

上手く抜け出してヤン少将と連絡を取る嘘界。
嘘界たちがアンチボディズから離れたのは形式上、責任を取らされたという事のようですから、暫くしたら復帰出来るのかな。

ツグミから戦術用ミサイル「ドラグーン」が狙っていると知ったシュウは、春夏も乗っているこの船を守るために戦う事を決意する。
「日本の未来を買って貰いたい」と翁との接触中にシュウから船への攻撃を知らされたガイは、シュウを先に甲板へと向かわせると、自身はパーティだダンスの申し込みをされていた亞里砂を強引に連れ出す。
本当の彼女になれる魔法を掛けると語り、目を瞑らせた亞里砂からヴォイドを取り出し、ドラグーンを消滅させたシュウ。

ドラグーン消失の連絡を受けて気合いが足りなかったからだと、全弾発射を命じるダン。
あまりにもバカな発言にヤンも呆れ気味。この先も暫くこの男の下で活動することになるのだろうか……だとしたら気の毒で仕方ない。
続けて発射されてくるドラグーンを次々と消していくシュウ。
「弱い自分の鎧、臆病者の盾。
 それが供奉院亞里砂、君のヴォイドだ」

打ち消されたドラグーンは花火のように光となって空に散る。

ドラグーン撃退を見せつけた事で、葬儀社は供奉院グループとの取引に成功する。
結局ガイが翁に渡したのはなんだったの
GHQに船上パーティの情報を漏らしたのはガイと四分儀だったのだ。
ま、そうだと思ったよ。最初は春夏かとも思ったけど、翁とのやり取りの雰囲気からして違ったし、この状況下では彼女自身も殺されてたからね。
でも亞里砂のヴォイドがあんなヴォイドだったから簡単にミサイル迎撃とか出来たけど、違うヴォイドだったらどうするどうやってミサイルの対処をするつもりだったのだろう。あんなパーティーに出席している子供は少ないし。
それとも事前に亞里砂の事も調べていて、彼女のヴォイドを最初から使うつもりでいたのかな

意識を取り戻した亞里砂は、ガイに甘えるのが下手だと頭を撫でられて頬を染める。
あぁ、完全に惚れちゃったな。色男の上に本当の自分に気づいてくれるのだから仕方あるまい。
てっきりもっとシュウが関わるのかと思いきや、ガイの方でしたか。
亞里砂は公式サイトにも出ているので、今回限りではなく今後も関わってくるのでしょう。
ヴォイドに関する記憶は無くしていても、シュウとガイが知り合いである事は知っているし、ガイに近づこうとシュウに接触してくるのか。
もしくは翁の後継者だから、葬儀社との窓口を任されるようになるのか。

登校するシュウを見送る春夏。
シュウはいのりに始めてヴォイドを使えて良かったと思ってると笑う。
しかしシュウはなぜ春夏があのパーティに出席していたのか、という疑問は持っていないのだろうか。それともパーティが反GHQという事に気づいていなかったのか?
そして春夏は、1枚の写真を見つめていた。
「うん、判ってる……
 シュウの未来は、私たちが守らなくちゃね」

その写真には、幼いシュウと春夏、そして謎の少女の姿が……
前回ちらっと姿を見せた例の少女。
ヴォイドの秘密に関するカギを握っているであろうあの子と、シュウたちは知り合いだったのか。
ガイも幼い頃にシュウと知り合いだったことから、おそらくガイも彼女のことを知っているのだろう。
やはりガイがいのりに「彼女に似てきた」と言ったのは、この写真の少女の事なんだな。
つまりいのりとその娘は血縁者か、或いはもっと特殊な関係にある存在だという事だろうか。それに彼女と関与しているという事は、ガイがシュウにヴォイドゲノムを持たせたのはやはり偶然などではなく、最初から彼に王の右手を与えるつもりだったのだろう。
春夏はシュウの未来を守りたい、と思っている事からすると、前回の嘘界の作戦については知らされていなかったのだろうな。

次回 phase08「夏日 -courtship behavior-」

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« コンテイジョン レビュー(ネタバレあり) | トップページ | たまゆら ~hitotose~ 第9話「ももねこさまの憂鬱、なので」「失恋カメラ、なので」 »

ギルティクラウン」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/53372940

この記事へのトラックバック一覧です: ギルティクラウン phase07「輪舞 -temptation-」:

« コンテイジョン レビュー(ネタバレあり) | トップページ | たまゆら ~hitotose~ 第9話「ももねこさまの憂鬱、なので」「失恋カメラ、なので」 »