« 真剣(マジ)で私に恋しなさい!!-まじこい- 第7話「真剣で私につきあいなさい!!」 | トップページ | ベン・トー #07「オムっぱい弁当 752kcal と ロコもっこり弁当 1100kcal」 »

2011年11月20日 (日)

境界線上のホライゾン 第8話「全域の支持者」

聖連との全面戦争覚悟度でホライゾン・アリアダスト救出の有無を賭けて、3番勝負を一勝一敗で引き分けた3年梅組。
最終戦は葵・トーリと本田・正純による演説・討論。
先行を取得したトーリはいきなり「ホライゾン救出反対」を口にして正純たちの度肝を抜く。

オリオトライ・真喜子が両者で救出の産むの意見を戦わせる事を告げたものの、どちらがどちらに付くかまでは指摘しなかった事を逆手に取り、トーリは自分が反対側に付くという策を巡らせた。
ルールを破ったら真喜子による罰則が待ってる……激しく素振りしてますが……
聖連との全面戦争をしてまでホライゾンを救出することに何の得があるのか、その答えをトーリは導き出せないから、正純に答えを教えてくれと告げる。
他のみんなが驚いているのに対して普通にしている真喜子の様子からすると、実は真喜子はこの展開を最初から知っていたという事でしょうか。

ホライゾンを救出に関する最大の利点とは「武蔵の主権の確保」
ただ主権を確保して他国と対等に渡り合おうとすれば、諸外国はそれを認めようとせず戦争となってしまう。
独立しても戦争をすれば死者が出るかもしれない。しかし戦争を回避しても金融を抑えられれば貧困から死者が産まれる、つまり戦死者が出る。
トーリは何故か事前に商人である小西や本田・正信からの質問状を受け取っていました。彼らがトーリに回答を期待して、質問状を渡していたとは思えないので、彼らは最初からこの展開を睨んでいたということか。
全部知ってながら、開始前にはあんな台詞を正信に告げていたとはとんだタヌキ親父だ。

聖連に対する大義名分。聖連が「悪」であるというを示せという正信。
それこそが聖連側にとって最も嫌な事でもある。
実は正純は事前にその答えを自分なりに出していたものの、それは未熟な考えでしかないと否定しようとしていた。
しかしトーリに自分の考えを示せと告げられ、そしてアデーレ・バルフェットが運んできた黒藻の獣が「ホライゾンを助けて」と訴えた事で、決意を固める。
ホライゾンを助ける大義名分とは「ホライゾンは三河君主として責任を取る必要はないという事」。
松平・元信が死亡したことで、彼は自害とみなされて責任はホライゾンへと移った。しかしその時点でホライゾンはまだ嫡子として認められておらず、ホライゾンが嫡子として認められたのはその後の事。当時のホライゾンは記憶を喪失しているため、今回の三河消失の事件には一切関わりを持たず、これは歴史再編システムを利用した悪であると主張。
三河の住人は武蔵に移住しており、三河と武蔵が一つになる事で三河消失そのものを無かったことにするという主張。

正純の主張に、教皇総長インノケンティウスが異議申し立てを行う。
歴史再現には解釈がつきものとなり、ホライゾンの死も殉教だと主張する。
意図的に論点をずらし、自分の有利な体論の並べあいへと持ち込む。
この話し合いが続けば不利である事を承知していた正純は、インノケンティウスからいずれ双方が分かり合えるという言葉を引き出すことで、自分たちの行為のを容認するものという解釈で、全ての行為に対する平行線となる行いを実施。
インノケンティウスはこれを受けて、自分たちは武蔵との争いを望んでいないと主張し、その平行線を逆利用してくる。
武蔵が降伏を示すのならば、三河と武蔵の融合も承認し、金融凍結も解除するというインノケンティウス。
ホライゾンに与えられた新たな「嫉妬」の大罪武装は全ての大罪武装を一つに纏めるOS『焦がれの全域』
つまりホライゾンを所有するという事は、全ての大罪武装を手に入れて神州統括を図るという野望を抱くこと。

正純が性別転換手術の直前に役割を失い、胸を失いながらも女性の体のまま、男として生きていた事を暴露してみせて彼女の信頼を失墜させようとしたインノケンティウスだが、ここで動いたのはトーリ。
わざとセクハラをして正純や周囲の緊張を解しつつも、自分は何があっても正純を支持する事を宣言。

これを受けて正純は各地の独立自治と同時に、武蔵は大罪武装を回収して末世の回避を行い、この行いによる報酬を一切望まない。
大罪武装はホライゾンの感情より作られたものであり、大罪武装の所有権はホライゾンにあるという主張との下に、各国に大罪武装の引き渡しの要求と、ホライゾンの処刑中止を訴える。

これによって交渉決裂とみなしたインノケンティウスは、自身の所有する大罪武装「淫蕩の御身」を持たせたガリレオを送り込んで正純を襲撃。
キヨナリ・ウルキアガやノリキの攻撃もあっさりとはね除ける実力
これを救ったのは蜻蛉切りを手にした本田・二与でした。
三河が武蔵に併合される事で、三河の住人である彼女は武蔵の仲間となったわけだ。

そんなわけで今回はほとんどみゆきち回。
どんなけ喋るんだよ、というぐらいに喋りっぱなしだった気がするよ。
小説なんかだと、盛り上がるシーンなんだろうけど、やっぱりアニメにするとちょっと動きがないので後一歩盛り上がりに欠ける感じがあるね。

次回 第9話「高嶺の花」

ついにお姉ちゃんが動くご様子だけど、ガリレオを退けるだけの実力を内包しているという事でしょうか。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 真剣(マジ)で私に恋しなさい!!-まじこい- 第7話「真剣で私につきあいなさい!!」 | トップページ | ベン・トー #07「オムっぱい弁当 752kcal と ロコもっこり弁当 1100kcal」 »

境界線上のホライゾン」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 境界線上のホライゾン 第8話「全域の支持者」:

» 境界線上のホライゾン 【第08話】 レビュー [Loving You]
平行線 [続きを読む]

受信: 2011年11月21日 (月) 21時23分

« 真剣(マジ)で私に恋しなさい!!-まじこい- 第7話「真剣で私につきあいなさい!!」 | トップページ | ベン・トー #07「オムっぱい弁当 752kcal と ロコもっこり弁当 1100kcal」 »