« WORKING'!! 11品目「決意ですが、何か?」 | トップページ | たまゆら ~hitotose~ 第11話「聖夜のものがたり♪ なので」 »

2011年12月14日 (水)

ギルティクラウン phase09「補食 -prey-」

シスターに匿われていた寒川谷尋と弟・寒川潤。しかしそこに嘘界=ヴァルツ・誠が乗り込んできて、谷尋は弟を連れて間一髪逃走する。

恙神涯が交渉のため一週間不在となることで、桜満集は暫くただの学生に戻る事に。
最近のシュウが何か堂々として違うと感じる校条祭。
草間花音と谷尋は昔は良く一緒に遊んだという事で、幼馴染みらしい。
待ち人は水族館にあり。
そして祭の恋のラッキーアイテムは虎縞のヤカン
そんなものないだろうとか思ってたら、魂館颯太が撮影している映像で楪いのりに持たせようと用意していたらしい……虎縞のヤカンを使うってどんな映画ですか?

花音の機転で祭の買い物に付き合うことになったシュウ。
祭は潤に電車で告白しようとするも、そこに谷尋が男達に追われて駆け込んできたため、潤は谷尋と話があると二人でいってしまいました。
しかし嘘界がシュウを監視していたため、谷尋の居場所が嘘界にバレてしまった。
データを破棄する約束はしたけど、嘘界はシュウのヴォイドに興味を持ってるから、監視を続けていたのは当然だろうな。

シュウを売ってまで入院させたにも関わらずGHQが潤を処分すると言ったため、谷尋はあの時のどさくさに紛れて潤を連れて逃走した。
潤のための逃走資金を貸して欲しいと頼んだ谷尋に、シュウはガイ不在のため篠宮綾瀬に頼んで葬儀社で保護して貰う事を決断。
谷尋が男たちに追われていたのは、潤のために薬を通常より高い価格で売ろうとしたのか、或いは他の島に手を出したことで縄張りを守ろうとする男たちに追われたのか、というところか。

アンチボディズはダリル・ヤンにエンドレイヴを出撃させてまで潤を捕まえるつもりでした。たかだか一人の患者のためになぜそこまでする必要があるのか。
ダリルじゃなくても疑問に思うのは当然だな。

谷尋のヴォイドを取り出そうとしたシュウに何をするつもりなのかと疑い、GHQもシュウが呼んだのではないか疑う谷尋。
谷尋を「裏切り者」と呼ぶシュウは、自分は彼とは違い決して裏切らない。ただ自分に使われていれば良いのだと叫び、彼からヴォイドを取り出す。
ガイの事は裏切ろうとしたけどな……
シュウは自信を持ったではなくただ慢心しているだけか。

ダリルのエンドレイヴに装備された武器はヴォイドを認識、追跡する武器でしたが、それはジュンにも反応、彼の体からアポカリプスを吸収してしまった。
ヴォイドとアポカリプスウィルスの結晶は同じもの。つまり、アポカリプスウィルスとは体の中から抑えきれなくなって溢れだしたヴォイドという事か。
エンドレイヴがキャンサー化して暴走してしまう。
ダリルくん、いつものように噛ませ犬。
偉そうな口を叩いて結局は潤を危険な目に遭わせてしまうシュウ。
ちょっと今まで上手くいっていたからと言って、それを全部自分の力のおかげだと過信してしまってたんだろうな。ガイの作戦やいのりや綾瀬たちのバックアップがあってこその成果だったのに。

谷尋を捕らえて殺そうとするエンドレイヴを止めようと、ヴォイドで攻撃したシュウ。
ロストクリスマスの前の六本木の公園を目にする。公園で遊ぶ谷尋と潤。
そして潤が話し掛けてくる。
シュウはヴォイドを通じてその持ち主の心と対話できるのか?
「2029年12月24日……僕が一番幸せだった時間です」
潤は自分の命をヴォイドで奪って欲しいと願う。
谷尋のヴォイドは潤の命を奪うためのヴォイド。
自由を奪われた潤は、自由を失った変わりにヴォイドが見えるようになった。
そして彼は自分に見せる兄とは別の谷尋の顔が見えるようになった。
優しく接する人の別の顔を見てきた彼は、その哀しみに耐えられなくなってきていた。
このままでは兄を嫌いになってしまうから、その前に逝きたいのだと願う。
ダリルのエンドレイヴが谷尋を襲ったのは、潤の中にある谷尋を殺したいと願う気持ちが具現化してしまったもののようだ。
潤が死にたがっているのは、アバンの段階でナイフが落ちていたことからも判ってましたが、病気を苦にしたのではなくヴォイドが見えるせいで谷尋の抱えている負の感情が見えてしまっていたせいだったんだな。
アポカリプスウィルス患者にはヴォイドが見えるという事で、ガイの病気がアポカリプスウィルスであることがほぼ確定しました。いのりは何か抗体のようなものでも持っているのか、彼女の血を輸血することで、一時的に発症を抑え込んでいるという事のようだ。
果たしてシュウはこの潤の一件から、ガイの事に気づくのか……気づかないんだろうな。

このままでは兄を殺してしまうから、潤の願いに応えてジュンを殺して谷尋を救ったシュウ。
どうでもいいけど、中にいたダリルはどうなった?

花音は谷尋と会えることを少しだけ期待して水族館へ行っていたものの、もちろん会う事は出来ず……
目を覚ました谷尋は潤の居場所問い掛けるが、シュウは死んだと告げる。
「僕が……殺したんだ」
その彼らを祭が見ていた。
シュウの顔が死んでる……ますますシュウと谷尋の関係は面倒なことになりそうで。後、祭はいつからここにいたんだ? シュウたちの後をつけてきていたのなら、ずっといた事になるわけだけど。
ま、戦い自体は倉庫の中で行われていたから、ヴォイドを取り出す場面とかは見ていませんでしたが。

次回 phase10「縮退 -retraction-」

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« WORKING'!! 11品目「決意ですが、何か?」 | トップページ | たまゆら ~hitotose~ 第11話「聖夜のものがたり♪ なので」 »

ギルティクラウン」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/53484188

この記事へのトラックバック一覧です: ギルティクラウン phase09「補食 -prey-」:

« WORKING'!! 11品目「決意ですが、何か?」 | トップページ | たまゆら ~hitotose~ 第11話「聖夜のものがたり♪ なので」 »