« セイクリッドセブン 銀月の翼 レビュー(ネタバレあり) | トップページ | 偽物語 第參話「かれんビー 其ノ參」 »

2012年1月21日 (土)

仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX レビュー(ネタバレあり)

 【ストーリー】
・序章
地球に宇宙から無数の隕石が飛来し、財団Xはその隕石を調査・サンプルを採取していた。
世界各地では伝説の7人ライダーが彼らの野望を阻止しようと戦っていた。
だが財団Xは宇宙生命の種・SOLUの入手に成功、オーメダルとアストロスイッチへと狙いを定める。

・仮面ライダーオーズ
隕石群によって時空が歪み、40年後の未来につながるワームホールが発生、そこを通じて未来のコアメダルを用いて変身した仮面ライダーポセイドン(声:浜田賢二)が現代に現れた。
ワームホールの調査中だった鴻上ファウンデーションの研究員たちはポセイドンにより壊滅させられてしまう。
鴻上光生(宇梶剛士)は警視庁に復帰していた後藤慎太郎(君嶋麻耶)を一時的に呼び戻すと、鴻上はグリードの生まれない純粋な力だけのメダルの開発を着手していたが、40年後に現れたポセイドンによりその研究が失敗することを語る。

消滅したアンク(三浦涼介)を復活させるために海外で旅をしながら、鴻上ファウンデーションの研究に協力していた火野映司(渡部秀)も新たなメダルを感じて緊急帰国する。
映司を迎えに向かっていた泉比奈(高田里穂)と里中エリカ(有末麻祐子)はクズヤミーに襲われてしまう。
その二人を助けに現れた映司だが、変身出来ない映司はポセイドンにやられてしまう。
だがさらに伊達明(岩永洋昭)が駆け付けてプロトタイプ仮面ライダーバースへと変身、仮面ライダーバースとしてやってきた慎太郎と共にポセイドンに立ち向かう。
圧倒的な力の差を見せつけて二人のバースを追い詰めたポセイドンだが、背後から映司によって体に腕を突き刺されてしまう。映司の右腕にはアンクの腕が出現していた。
映司と思われたのは、映司の姿をしたアンクだったのだ。
アンクはポセイドンの体内にあったコアメダルを抜き取る事に成功。本物の映司にコアメダルを与えて仮面ライダーオーズへと変身、ポセイドンは一時撤収する。

白石知世子(甲斐まり恵)はアンクの復活を喜ぶも、休息の時も束の間、クスクシエにもポセイドンの襲撃がくる。
オーズとなってポセイドンと戦う映司だったが、映司はポセイドンとなっている人間が本当は相手を気づつけたくないのだと感じとり、説得しようと試みるも失敗に終わってしまう。
映司の必死の呼びかけに、ついにポセイドンに体を乗っ取られていた湊ミハル(荒井敦史)がポセイドンの支配を破ることに成功する。

40年後の未来でミハルは鴻上からポセイドンドライバーとサメ・クジラ・オオカミウオのコアメダルを託されたものの、水が苦手なミハルはその力をうまく使う事が出来なかった。
窮地に立たされたミハルだったが、そこに時空の裂け目が現れ、映司が次元の狭間へと捨てたコアメダルが出現。それらを吸収してしまったことにより、真の力が解放されると同時にコアメダルに自我が芽生えてミハルの意識と体は乗っ取られてしまったのだという。

夜になり眠っていた映司たちに、再び体を乗っ取られたミハルが襲い掛かるも、実はミハルの体内からコアメダルを抜き取るための芝居だった。
ポセイドンからさらにコアメダルを奪い取ることに成功したアンクだが、ポセイドンはミハルの体から独立した存在となる。

海上を自在に戦うポセイドンに苦戦するオーズと、バースたち。
そんな彼らを助けたのは苦手な水に水上バイクに乗って駆け付けたミハルだった。仮面ライダーアクアとなってポセイドンと戦うミハル。
アクアとオーズの力により、ついにポセイドンを打ち倒すことに成功する。
ミハルは過去に変えるも、財団Xのアンノウンエネルギー開発担当幹部のレム・カンナギ(益岡徹)がポセイドンのコアメダルを奪取してしまった。

・風都 暗躍する陰謀
財団Xの動きに気づいた左翔太郎(桐山漣)は相棒のフィリップ(菅田将暉)が些細なことに夢中になっていたため、仮面ライダージョーカーに変身して彼らの妨害を行う。
抵抗の末に逃亡した財団Xは輸送中だったSOLUを落としていくも、翔太郎がそれを回収した時には、既に中は空になってしまっていた。
7人ライダーは財団Xの保有する秘密空港・空港Xに辿り着き野望を阻止せんとするも、レム・カンナギの罠に嵌ってしまう。

・仮面ライダーフォーゼ
天ノ川学園高校は学園祭の時期を迎えて賑わっていた。
城島ユウキ(清水富美加)や風城美羽(坂田梨香子)・大文字隼(冨森ジャスティン)たち仮面ライダー部の面々も仮面ライダーが活躍しやすいようにと伝説の7人ライダーに関する調査結果を発表していた。
突如、上空から昴星高校の制服を来た謎の美少女が降ってきて、如月弦太朗(福士蒼汰)が咄嗟に抱き止めて保健室へと運ぶ。
生徒手帳から美咲撫子(真野恵里菜)という名前が判明するも、撫子は記憶喪失になっていた。しかもなんと弦太朗が撫子に一目惚れしてしまう。

仮面ライダー部が撫子に事情を聞く中、撫子を狙ってホロスコープス配下のダスタードが多数襲来、撫子を守るため弦太朗はフォーゼに変身して交戦。すると撫子も唐突に仮面ライダーなでしこへと変身、フォーゼと共闘を開始する。
歌星賢吾(高橋龍輝)は新たなドライバーとアストロスイッチの存在に驚く。

撫子に惚れた弦太朗は撫子と共に学園祭を楽しむが、なんと撫子の正体はSOLUだった。
擬態能力を持ち、見たものを模倣するSOLUは本物の撫子の姿を模倣していたのだ。

SOLUが大学の研究室から逃げたと教えられた賢吾はSOLUを財団Xのソラリス(人見早苗)、カタル(ダンテ・カーヴァー)らに引き渡してしまう。
だが撫子には心があると信じる弦太朗はそれを良しとせず、抵抗すると、SOLUを乗せた財団Xを追跡する。
フォーゼとなってカタルの変身したミュータミットのサドンダスと戦う弦太朗。撫子もなでしこに変身してフォーゼを助ける。

だが、あと一歩のところでレムによって撫子は奪われ、ただのコズミックエナジーを集約したSOULスイッチに変えられてしまった。

・MOVIE大戦MEGA MAX
自らが世界の唯一の支配者となることを目論むレム・カンナギは財団Xを裏切るとキイマ統制官(渡辺梓)を殺害して、未来のコアメダルとSOLUをアストロスイッチに変換したSOLUスイッチの2つを独占する。

失意の底にあった仮面ライダー部の下にやってきたのは財団Xを追っていた映司とアンクだった。彼らは財団Xについての情報を持つ左翔太郎とフィリップの下へと案内する。
フィリップたちによりドーパントやゾディアーツ開発の裏に財団Xがいたこと、レムが財団Xを裏切ったことを知らされる。
レムの野望を食い止めるために向かう仮面ライダーダブル、オーズ、フォーゼ。
彼らの行く手をミュータミットたちが阻むも、ダブルが一人残ってこれと戦い、オーズとフォーゼを先へと向かわせる。

空港Xにて大気圏へと向かおうとしているレムたちを食い止めに駆け付けたオーズとフォーゼは、レムたちが落として行ったアタッシュケースから偶然にもアストロスイッチとコアメダルに変えられた7人ライダーを発見。ドライバーにセットすることで、7人ライダーが復活。
更に40年後の未来から再びやってきたミハルが映司に未来で開発されたスーパータカ・スーパートラ・スーパーバッタのコアメダルを差し出す。
オーズとフォーゼは共に戦いを終局させるため、カンナギが未来のコアメダルとSOLUスイッチの力で変身した超銀河王との大気圏へと向かう飛行要塞での最終決戦へ赴く。

・キャスト
火野映司/仮面ライダーオーズ:渡部秀
アンク:三浦涼介
泉比奈:高田里穂
後藤慎太郎/仮面ライダーバース:君嶋麻耶
伊達明/仮面ライダーバース プロトタイプ: 岩永洋昭
里中エリカ:有末麻祐子
湊ミハル/仮面ライダーアクア:荒井敦史
白石知世子:甲斐まり恵
鴻上光生:宇梶剛士

如月弦太朗/仮面ライダーフォーゼ:福士蒼汰
歌星賢吾:高橋龍輝
城島ユウキ:清水富美加
風城美羽:坂田梨香子
大文字隼:冨森ジャスティン
野座間友子:志保
JK(ジェイク):土屋シオン
美咲撫子/仮面ライダーなでしこ:真野恵里菜
謎の高校生/仮面ライダーメテオ:吉沢亮
園田紗理奈:虎南有香(写真のみ)
大杉忠太: 田中卓志(アンガールズ)
我望光明:鶴見辰吾

左翔太郎/仮面ライダーW/仮面ライダージョーカー:桐山漣(友情出演)
フィリップ/仮面ライダーW:菅田将暉(友情出演)

カタル/サドンダス:ダンテ・カーヴァー
ソラリス:人見早苗
キイマ統制官:渡辺梓
レム・カンナギ/超銀河王:益岡徹

・声の出演
仮面ライダーポセイドン:浜田賢二
オースキャナー音声:串田アキラ
ヴァルゴ・ゾディアーツ:田中理恵
仮面ライダー1号:稲田徹
仮面ライダー2号:藤本たかひろ
仮面ライダーV3:田中大文
ライダーマン:増田隆之
仮面ライダーX:千葉一伸
仮面ライダーアマゾン:戸部公爾
仮面ライダーストロンガー:石川英郎
ガイアメモリ音声:立木文彦


 【感想】
すっかりシリーズになったMOVIE大戦。
敵は仮面ライダーWで謎の組織のままとなった財団X。
と、いう事でダブルの主人公であった二人もゲスト出演しました。ダブルからはこの二人だけの登場。

横の席に家族連れが座っていたのだが、序章で7人ライダーが出てくるとやたらとテンションあがっていた。特にテンションMAXだったのがライダーマン。
なぜよりにもよってライダーマンだったんだろう……

オーズの話はアクアドライバーが暴走してポセイドンになったのかと思ったら、違ったんだね。と、なるとアクアってなんなんだろうか。ポセイドンの抜け殻みたいなものか?
てか、あんなに必死な思いをしてコアメダルを消去したのに、ただ未来に行ってただけというオチはどうなんだ。
なんか、全部無駄な努力だったのでは……あれならただ核となるコアメダルを壊しただけでも良かったんじゃないのか、と思わないでもない。

フォーゼではまだテレビに出ていないホロスコープスのヴァルゴ・ゾディアーツとレオ・ゾディアーツが先行して登場。
なでしこは思ったより戦い方が可愛かった。ライダーとしてはほとんどおまけキャラみたいなもので、戦闘力はかなり低いのですが。
今度の全戦隊VSオールライダーでもなでしこはカウントされてないんだろうな。

桐山くんの印象がちょっと違っていたのだけど、少し丸くなったのだろうか。
特別出演なのは、仮面ライダー好きだから喜んで承諾したんだろうな。

にほんブログ村 映画ブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« セイクリッドセブン 銀月の翼 レビュー(ネタバレあり) | トップページ | 偽物語 第參話「かれんビー 其ノ參」 »

スーパーヒーロータイム」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/53784512

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX レビュー(ネタバレあり):

« セイクリッドセブン 銀月の翼 レビュー(ネタバレあり) | トップページ | 偽物語 第參話「かれんビー 其ノ參」 »