« アクエリオンEVOL 第4話「壁~conquer onself~」 | トップページ | 夏目友人帳 肆 第四話「代答」 »

2012年1月25日 (水)

ギルティクラウン phase13「学園 -isolation-」

事件から二週間。
アポカリプスウイルス大感染のため、東京都心はGHQにより封鎖され、人々は批難していた。
そして桜満集や学生たちは家に帰る事も出来ず、自然と学校に集まって避難をしていた。
シュウたちも学校に避難しているけど、春夏はどうしたんだろう。
アンチボディズに逆らったてるからGHQにも戻れないだろうし。他の葬儀社のメンバーと一緒にいるのかな。

学生として学校に避難していた篠宮綾瀬は、車椅子から転げ落ちたところを二人組に絡まられる。そこに現れたシュウと楪いのり。
シュウに掴み掛かる男の片破れでしたが、ツグミに跳び蹴りを入れられ、騒ぎに気付いた周囲の目が集まったので男達は逃げ出した。
ま、そういう状況になったら弱い者に手を出すバカがいる、と描きたかったのでしょう。てか、ツグミ強いな。

ツグミと綾瀬は学生のフリをして避難していたが、他の葬儀社の面々とははぐれてしまっていた。
男連中はみんないなくなってしまったのか。まぁ、中心メンバーはみんなクセも強くてこの状況下でも生き抜いていそうな人ばかりだから大丈夫なんだろうけど。

供奉院グループからの物資提供で、学園の物資はなんとかまかなえていた。
封鎖は長く続かないだろうという魂館颯太だが、寒川谷尋は楽観は禁物だと注意を促す。
二週間が経過して、緊張の糸が緩む頃だという谷尋に、草間花音や校条祭は校内で揉め事も目立つようになってきたと語る。
颯太は学園祭をやろうと言い出す。
あまりにも状況にそぐわない提案ながら、供奉院亞里砂は食料には余裕もあるとの見解から開催が決定。
アリサは直ぐに閉鎖が解かれると思っているから、長期的な事を考えて食料を保存しておくとかは考えてないんだな。
仮にも供奉院グループのトップに立つ人間なんだから、状況が悪化した時の事を考慮して行動するべきだと思うんだけどな。

嘘界=ヴァルツ・誠が局長になっていました。
なんでこんな人に局長を任せてしまったかな……どう考えても局長とかやるタイプではないだろうに。

シュウの能力にも変化が生じて、ヴォイドを他人に手渡す事が出来るようになっていました。
これは前の戦いの時にシュウの力がステップアップした事が原因なんだろう。
シュウはもうヴォイドを使う事がないと考えていたものの、谷尋は悪い意味で今の状況が続くはずがないと考え、再びヴォイドが必要になる日も近いと感じ取っていた。
四分儀と合流できるまでは、この調子で谷尋が参謀役としてシュウにアドバイスしてくれるわけだな。

いのりもエゴイストとして学園祭でライブする事が決定。
ダリル・ヤンも学生として学校にいました。そこでツグミと出逢い、強制的にアニマル喫茶の手伝いをさせられてました。
しかしツグミは溶け込みすぎだな。
ダリルは嘘界に命じられてシュウやいのりの監視をするために送り込まれたらしい。
綾瀬は祭に頼まれて手伝い。シュウが良い方向に変わったので、葬儀社に礼が言いたいのだと、綾瀬に礼を述べる。

その綾瀬は自分が恙神涯を守れなかった事を後悔し、エンドレイヴで戦う事が出来なくなった自分の存在価値が見つけ出せなくなってました。
ツグミが必死に元気づけようと学園祭を廻っても、後ろ向きな言動ばかり。
ところで、いのりは綾瀬の事を「お姉ちゃん」と呼んでるんだけど、二人は本当の姉妹なのか、それとも葬儀社で年の近い女の子だったから姉妹のように接していただけなのか。

学園祭で盛り上がる学校でしたが、嘘界にダマされた男達がエンドレイヴを使って学園祭に乱入して学校はたちまち大騒ぎになってしまいました。
ちょっと怪しいけどいい人って、ちょっとどころかめちゃくちゃ怪しいじゃねぇか。

綾瀬を逃がそうしたシュウでしたが、綾瀬は逃げる事を拒絶。
自分の足で立つ事を望んだ綾瀬。
そんな彼女のヴォイドは彼女の足の補助をして、綾瀬を凄い速度で走らせたり高い跳躍をさせたりする事の出来るものでした。
持ち主にヴォイドを貸す事が出来るようになった事で、シュウが取り出したヴォイドをみんなに与えて戦う事が出来るようになったわけか。
これで祭や谷尋たちもシュウやいのりたちと共に戦うとこになるのかな。
でもこのヴォイドを手に入れたので、綾瀬は暫くエンドレイヴで戦う事がなくなるのかな。

暴徒をシュウと綾瀬の二人で撃退し、平穏を取り戻した学校では学園祭の続き。
エゴイストのライブが開催されました。
エゴイストの曲はアイドルソングではないので、流石にサイリウム使って観戦とかいうオタクモード全開という事はなくて一安心。

しかしツグミがテレビの接続に成功したことで状況が一遍。
どういう手段を講じたのか、臨時政府の大統領となった茎道修一郎が、記者会見で封鎖された地域にはキャンサー化した人間しか存在しないため、救助活動の打ち切りなどを宣言してしまっていました。
つまり、これで彼らはこの中で何をしようと自由になったわけか。
ここでたとえシュウたちを殺そうと、それに巻き込まれて他の人が死のうと、彼らは生きていないことになってるから何の気兼ねもいらなくなったわけだな。

次回 phase14「攪乱 -election-」

学園では亞里砂を失脚させるために全校生徒総会を開催するとのことですが、何故亜里砂を失脚させる必要があるのか。
シュウたちから力を削ぐためにダリルが生徒達を先導するのかな。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« アクエリオンEVOL 第4話「壁~conquer onself~」 | トップページ | 夏目友人帳 肆 第四話「代答」 »

ギルティクラウン」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/53824444

この記事へのトラックバック一覧です: ギルティクラウン phase13「学園 -isolation-」:

« アクエリオンEVOL 第4話「壁~conquer onself~」 | トップページ | 夏目友人帳 肆 第四話「代答」 »