« 夏目友人帳 肆 第三話「小さきもの」 | トップページ | 仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX レビュー(ネタバレあり) »

2012年1月20日 (金)

セイクリッドセブン 銀月の翼 レビュー(ネタバレあり)

特別編集版という名の通り、TV版の総集編ですね。
総集編で視点を輝島 ナイトを中心に、劉 翡翠、研美 悠士、SPにも視点を当てて本編では語られていなかったそれぞれのモノローグなどが組み込まれています。

基本は総集編でほとんどはテレビの使い回しとなりますが、一部新作映像も追加
主には劉紅玉に絡んだナイトたちの過去のシーン。後はセイクリッドパーサーのシーンが幾つか。
とはいえ本当に総集編なので物足りなさは否めない。

正直に言えば、最近多いとりあえず儲けるために劇場公開にしました、という程度の内容で、劇場版としての価値はかなり低い。本来ならOVAやテレビで特別編として放映するような内容です。
あえて映画館で見る必要はないと思うし、こーした作品まで劇場でやるべきではないだろう。逆にアニメ映画業界の衰退につながる気がする。
そもそも本編の人気が低迷して、2クール作品が1クールに切り上げられた作品なのに、劇場版にしてどうするのか、と思わないでもない。

ナイトたちをメインに編集しているので、伊藤若菜たち鉱石部は一切出番がなくなりました。

SPの略が「セキュリティポリス」の略称ではなく、「セイクリッドパーサー」の略だった事が判明。ある組織から監査役として送り込まれた人物で、ボディガードとして戦ってたのは、彼女の好意というか親切心のようなものだったようだ。
彼女の装着していたスーツの名前が「アラクネ」だったが、ラストのシーンから察すると彼女自身の名前が「アラクネ」だったようだ。
また最期に「神の座に戻る」と誰かに電話で話している事から、彼女は研美が目指していたセイクリッドの結晶を取り込んで神の力を手に入れた存在、なのかもしれない。
しかも彼女一人ではなく、彼女が属する組織がそういう人間の集まりなのではないだろうか。場合によってはその力で古代文明の時代から生きてきた人たちがたくさんいるのではないのだろうか。
で、彼女たちの存在を知り、同じ存在になろうとしている研美を見定めるために、SPが派遣されてきたと考えることが出来るのではないか。
最期に見切られていたのは研美が彼女たちにも黙って行動を始めたからかな。
2クールアニメだったら、彼女たちの組織が2クール目に敵として出てきたのだろうか。

・声の出演
輝島ナイト:岡本信彦
劉翡翠(ラウ・フェイゾォイ):野水伊織
丹童子アルマ:寺島拓篤
藍羽ルリ:中島愛
鏡誠:入野自由
鬼瓦:大川透
研美悠士:小西克幸
SP(セイクリッドパーサー):高部あい
劉紅玉(ラウ・ホンユー):野島祐史
藍羽 アオイ:矢作紗友里
メイド隊
 マナミ:田中真奈美
 アミ:七瀬亜深
 ミホ:中野美穂
 リエ:戸塚利絵
 シオリ:三上枝織
 リサ:林沙織
 サオリ: 林沙織
 ユミコ:藤田由美子
 アイ:茅野愛衣

公式サイト:http://www.sacred7.jp/eventshowing.html

個人的評価:40点 「劇場公開でなければもう少し高かったかもね」

にほんブログ村 映画ブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 夏目友人帳 肆 第三話「小さきもの」 | トップページ | 仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX レビュー(ネタバレあり) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セイクリッドセブン 銀月の翼 レビュー(ネタバレあり):

« 夏目友人帳 肆 第三話「小さきもの」 | トップページ | 仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX レビュー(ネタバレあり) »