« 夏目友人帳 肆 第二話「東方の森」 | トップページ | セイクリッドセブン 銀月の翼 レビュー(ネタバレあり) »

2012年1月19日 (木)

夏目友人帳 肆 第三話「小さきもの」

アマナという妖に名前を返した夏目貴志はニャンコ先生と一緒に出かけた途中、烏に襲われている子猫を助ける。しかし実は子猫ではなく、毛玉の妖怪だった。
家に着いてきてしまった毛玉の妖怪が怪我をしている事に気付いた貴志は、自分が怪我するのも厭わずに毛玉に優しく接して手当てを行い、一晩部屋で休ませる事にした。

翌日、毛玉の妖を森へと返した貴志だったが、あの毛玉の妖の仲間が沢山いる事を知ってビックリする。
帰宅した貴志は、名前を返したアマナに襲われてしまう。部屋に来た時に指輪を無くしたアマナは、貴志が指輪を盗んだと決めつけていたのだ。
ニャンコ先生も御札で封じられてしまい、貴志は三日以内に指輪を見つけて返す事を約束する。

実は指輪はあの毛玉の妖の毛に絡みついてしまっていたのだ。
そこで翌日に森へ妖を探しに行った貴志とニャンコ先生だが、森の何処にもその姿が見付からない。
一つ目や牛顔の中級妖怪に訪ねても知らなかったが、ヒノエはカルという妖怪を喰うという噂のある渡り妖怪だと気付く。
ヒノエや中級たちの力を借りて探すも見つからずに帰宅した貴志達。

毛玉の妖に「ケマリ」と命名する貴志。
貴志のお布団の中に妖の毒消しの効果がある赤笹の実を何時の間にかケマリが持ってきていた。
ケマリは夜中に貴志に謝りに来て、貴志はケマリから指輪を返して貰おうとするも、中級達がやってきたせいで驚いて逃げ出してしまう。

実は下級妖怪たちがカルの噂に怯えて、カルたちを森から追い払おうと集まっている事を知らせにきたのだ。
ケマリを追い掛けた貴志が姿を見せたカルに危険だから森から去るように告げると、ケマリが指輪を返し、カルたちは森から去っていく。

そこに現れたアマナに指輪を返そうとするも、興奮したアマナは貴志がやはり指輪を盗んでいたと疑って襲いかかってくる。
捕らえられた貴志を救ったのは巨大な竜の妖。しかしその正体はカルたちの群生だった。
アマナは自力で御札の封印を破ったニャンコ先生が追い払い、貴志を助けたカルたちは森を去っていく。

力の弱い者でも、信じられる仲間がいれば強い相手にも立ち向かう事が出来る。
貴志はその事をケマリたちから学ぶ事が出来た。

次回 第四話「代答」

夏目、後ろ後ろ!!

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 夏目友人帳 肆 第二話「東方の森」 | トップページ | セイクリッドセブン 銀月の翼 レビュー(ネタバレあり) »

夏目友人帳」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/53775065

この記事へのトラックバック一覧です: 夏目友人帳 肆 第三話「小さきもの」:

« 夏目友人帳 肆 第二話「東方の森」 | トップページ | セイクリッドセブン 銀月の翼 レビュー(ネタバレあり) »