« アマガミ SS+plus 第6話 七咲逢 後編「トウソウ」 | トップページ | 夏目友人帳 肆 第八話「惑いし頃に」 »

2012年2月21日 (火)

アクエリオンEVOL 第8話「さらけだせ」

まだ見ぬ世界(女子更衣室)を目指して穴を掘り続けるアンディ・W・ホールは、その先に一冊の本を見つける。
穴掘りアンディまた穴を掘ってたのか。
壁は無くなっても更衣室は元女子棟と男子棟に分かれてるのかな。つか、この学校は全寮制の上に私服で体操服とかも無さそうなのに、更衣室なんて必要なのか?

何時の間に撮ったのか、サザンカ・ビアンカは社会科見学の時の写真を販売していました。
シュレードとカイエンに萌えていたし、別行動していた筈なのに。たまたま一緒になった時に撮影したのか、それとも別に撮影している人間がいて、サザンカはただの販売係なのか。
アマタ・ソラは写真よりも生身の女の子の方が良いとゼシカ・ウォンに触れられて、また浮いてしまってミコノ・スズシロに「やっぱり女の子なら誰でもいいんだ」と拗ねられてしまっている。
ユノハ・スルールはちゃっかりアマタの写真を購入。
そして何故かアマタはアンディの写真を購入し、サザンカにアマタ×アンディの発想は無かったとか腐った視点で見られる有様。
アマタが写真を買ったのはカグラ・テムリが写っていたからのようですが。
しかもアンディが穴掘り兄弟とか言って呼びかけたものだから、周りからも変な目で見られてる。

アンディは見つけた本をアクエリオンを自在に操る事が可能と言われる『創世の書』ではないかと考えてました。

ドナール・ダンテスとスオミ・コネピは理事長クレア・ドロセラに「アレ」を見つけたから帰還したのではないか、と詰め寄るもクレアは何故かおとぼけ。
元々はアクエリオンについて調べるために旅をしていたというのだから、創世の書を探していたのか。
不動・ZEN総司令は会話に加わらず。
「見える目には見えぬ。
 見えない目の前にこそ、その書は開かれる」

と、意味深な言葉をつぶやいている。
つまり創世の書とは普通の書物の形をしていないのかもしれないな。
何かの障害にぶつかって迷った時にエレメントたちの前に現れるという事だろうか。
この書物を見つけた時、ようやく「創世合体」となるわけだ。

徹夜で本の古文を解析したアンディ。
『第23章一節 靴下の色は白か紺に限るべし』
足は大切なところだから、と考えていたアンディ。
ちなみにミコノの大事なところを包む布は白に水色のボーダー。
縞パンかッ! 見せないのに!! オタクは好きだよね、縞パン。個人的にはレースとか好きです(どうでも良い)。
古文が得意なMIXがやってきて、他の文章も読んでみたところ、ただの昔の生徒手帳か何かで学校の校則だろうという結論でした。
そうだろうとは思ったけど、なんでそんなものが地中に埋まってたんだろうな。

新たに強力なレア・イグラーの存在を感知したアルテア界。これまで攫ったレア・イグラーは全て次元転移の時に消失してしまっていた。
イズモ・カムロギはレア・イグラーを求めるも、ジン・ムソウはアリシアさえいれば満足。しかしそのアリシアの存続のためにもレア・イグラーが必要だという。
アルテア界がレア・イグラーを求める理由。
彼らの住む星に女性の新生児が生まれなくなり、原因不明の病により全ての女性が死に絶えてしまった。
彼らの目的はヴェーガと呼ぶもう一つの世界の侵略ではなく、ただ真実のイヴとして女性を自分たちの世界へ連れてきて種の存続を図ることにあった。でも女性一人では存続は難しいから、ある程度の数はいるんじゃないのかな。
しかしアリシアとどう関係しているんだ? アリシアがいれば子孫繁栄も出来そうだけど、アリシアが死んでしまう可能性があるからかな。
そもそも何故女性だけが死ぬという現象が発生したのか、秘密が隠されているのだろうか。ミカゲが女嫌いだったとかじゃないよね。
そのためにジンは遠隔操作ではなく、搭乗して出撃することにする。
これまでのデータを下に完全無敵のアンアンシールドを装備しての出撃。

創世の書ではなかったことにガッカリするアンディ。
ゼシカは古い校則の細かさに呆れるも、MIXは古きに学んで聖天使学園ももっと校則を強化すべきだと主張を始めた。
ゼシカの服の露出が多すぎるというのは確かに同意ですが。
MIXはゼシカの服装が下着同然であり、過剰な露出を禁止だと言いだした。
ゼシカにおへそを出すのが悪いか、と詰め寄られてまたも浮いてしまうアマタに、ミコノはご機嫌斜め。
ホントに判りやすいな。そんな浮気性だから寝取られるんだよ(まだ完全に寝取られてません)。

シュシュに男の子は大胆な服の方が好きなのか、とちょっとセクシーな服を手にしていたミコノは、ゼシカに見付かってもっと見せてみればと言われるも恥ずかしくなってしまったご様子。
頑張ってあの服でアマタと会ういう展開はあるのか。でもそーゆー時が発生すると、必ずカグラもやってきそうだな。

ラディウス・グニス重装甲型でネオ・クーロンにやってきたジン。
先生たちの雰囲気からすると、以前はネオ・クーロン以外にも現れていたんだな。シュレードがスカウトされた時にいたのもネオ・クーロンでは無さそうだったしね。
今回は人攫い目的ではない様子に、クレアは彼らの目的がエレメント候補生たちと気付いたようですが。
不動は何故かアブダクターのロボの名前まで知ってます。
あれ、そういやついに学園長がいなくなった?
アマタ・ゼシカ・ミコノでの出撃が下る。
「防衛合体! GO! アクエリオォォォォォン!」
出撃早々にアクエリオンEVOLへと合体。
防衛合体って。
ミコノはどうしたら良いのか戸惑う。
ミコノだけは相変わらずエレメントを持ってない状態なのにパイロットは可能なのか。実は彼女が創世の書と関係している?

アマタは無限パンチを繰り出すも、重装甲である敵には通じない。
女性の姿を確認したジンは「シルフィの足下にも及ばない」とガッカリする。
シルフィの事も知ってるのか。ジンのいうシルフィはアリシアの演じた『アクエリアの空』のシルフィなので、シルフィ=アリシアのことなんだろうけど、それはつまりアクエリアの空を知ってるという事だよな。
カグラは自分のクソ女に手を出すなと嫉妬して、トワノ・ミカゲの檻の中で棘に締め上げられて悲鳴を上げてる。
愛する者を奪われる悲しみを味合わせようという企みのようですが。
嫉妬を力に変えさせようということなのかな。

ジンの攻撃にアクエリオンそのものはダメージは受けないのに、パイロットたちには直接ダメージが及び、ゼシカやミコノのスーツが破れた。
肉体にダメージじゃなくて、服を破くとかどんなエロ仕様だよ!
衝撃をアクエリオンと固有振動波数に共鳴させて直接内部を攻撃するインフィルト弾と呼ばれるもの。
合体指数が急速低下、合体が分離してベクターマシンとなった彼らを、ジンは弱い彼女たちが真実のイヴであるはずがないと攻撃を続ける。
エレメントスーツがボロボロとなってしまうミコノたち。
カイエン・スズシロたちはエレメントチェンジを要請するも、不動はエレメントチェンジを行わない。
と、その時、ゼシカは弾丸の気配を肌で直接感知して攻撃を回避する。
「不動、これはどういう事ですか?」
「人は素肌を晒す事で、感覚が研ぎ澄まされる。
 服が破れ、無防備になるのと引換えに、敵の攻撃に対して鋭敏に反応出来るようになるのだ」

問い掛けるクレアに答える不動。
そんなバカな! さすがはアクエリオン、常識の範疇を超えた理論だ。
「肌を晒せば晒すほど、敵の攻撃を避けられるってこと!?」
「そ、そんな事言われても」
「格好つけてる場合じゃないでしょう!」
戸惑うミコノに、ゼシカは自ら服を引き裂いて更に強く検知し、ミコノも自分もスーツを破いて合体指数が急上昇。
ゼシカをヘッドに再度合体。
「無防備合体! GO! アクエリオン!!」
無防備合体って!?
「やだ! 素肌がビンカンになって!」
「身体中の全部が」
「刺激的ぃぃぃぃぃ!!!」
アクエリオンスパーダへと合体。
アマタの視線を意識したミコノのマインドレベルが更に上昇。
「異性に見られる事によって、体が火照っているのね、判るわ」
「え!?」
スオミの意外な発言にドナールもビックリ。
実はスオミは露出願望があったりして、潔癖症のように振る舞っているのはその性癖を隠すためだったりする?!ここに来てシスターの本性はエロエロなムッツリさんの可能性が出てきた。
「大丈夫、恥ずかしくなんかない」
ユノハ……キミが言うか。

ゼシカは全ての攻撃を回避してジンのマシンへと迫りながら、更にスーツを破り捨てていく。男子生徒大興奮。でも、恰好的には普段のゼシカと変わらない気もする。
アマタも服を破いて女子生徒も大興奮。
抵抗のあったミコノも恥ずかしがりながら服を破りました。
カイエンが何か反応するかと思ったけど無反応だった。
「とんだ狂想曲だ。俺にはとても、奏でられない」
何故か司令室にいないのに戦いの様子を把握出来ているシュレード・エランは言いながら、服のボタンを外してる。
むしろシュレードなら嬉々として上半身裸とかになってくれそうだよ。

「これぞ羞恥心と開放感の猛烈なせめぎ合い!!
 肌を火照らせ、肉を断て!」

3人は必殺技『邪糾拳-NO GUARD ATTACK-』を繰り出して重装甲のジンの機体を破壊する。
ドーン!と、派手に爆発しましたが、ジンは脱出してた?このまま死亡なんだろうか。
勝利を喜ぶゼシカとアマタですが、ミコノは裸同然のアマタの姿に恥ずかしがり、ゼシカも何故か胸がどきどき。
突然ゼシカのフラグが立った。前回でなくここでですか。
セクシーな服を着てるけど、意外と純情で男の裸とか見たことなかったというタイプか。

「攻撃は最大の防御。
 そして無防備こそが究極の武装」

「そんなハレンチな戦法、許せません!」
「人間誰しも、生まれくる時は、裸だ!!」
不動司令のセリフにMIXも絶句。
「されどこの技は、諸刃の剣。
 鋭敏な感覚と引換えに、エレメント自身の防衛力はゼロになります。
 ゥ、ゥンっ!
 当面の間、使用を差し控えた方がよいでしょう」

理事長命令で露出バトルは使えなくなりました。てか、エレメントスーツってパイロットたちの体を守る力があったの?! エレメント候補生たちはベクターマシンに乗った途端、私服からエレメントスーツに変わるんだよね(例外は直接ベクターマシンのコクピットに乗り込んだアマタ・ユノハとシュレードだけ)。何かしらの効力はあるのか。
そういや、前回はエレメント交代したら、エレメントは全裸で戻ってきてたけど、今回はどうだったかな。なんか私服に戻ってたような気もするけど。

サザンカはいつの間にか戦いでスーツの破れているミコノたちの写真まで撮影していました。ホントにいつの間に、だよ。よくそんな余裕があったな。やっぱり別の人が撮影をしてるのかな。
そしてユノハはまたもちゃっかりとアマタの写真を買ってる。何気にユノハは行動が早い。
男子生徒たちも写真を買おうとしてミコノが必死に阻止。
ゼシカもこっそりアマタの写真を買っていますが、ユノハの買った写真よりは露出が控え目の写真だ。
やっぱり遊んでると思わせて、中身は純情少女なんだね。

相変わらず不動司令の名言が激しいです。
でも前作のような日常パートで変な特訓とかが全然ないのが残念だな。

次回 第9話「男と女のアナグラム」

遂にMIXとアンディが初体験!!!

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« アマガミ SS+plus 第6話 七咲逢 後編「トウソウ」 | トップページ | 夏目友人帳 肆 第八話「惑いし頃に」 »

アクエリオン」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/54041429

この記事へのトラックバック一覧です: アクエリオンEVOL 第8話「さらけだせ」:

» アクエリオンEVOL #08 [RAY=OUT]
アクエリオンEVOL 第8話 さらけだせ! [続きを読む]

受信: 2012年2月22日 (水) 08時49分

« アマガミ SS+plus 第6話 七咲逢 後編「トウソウ」 | トップページ | 夏目友人帳 肆 第八話「惑いし頃に」 »