« アマガミ SS+plus 第7話 棚町薫 前編「スケッチ」 | トップページ | 夏目友人帳 肆 第九話「月分祭」 »

2012年2月28日 (火)

アクエリオンEVOL 第9話「男と女のアナグラム」

アクエリオンとの戦いに敗れて行方不明となったジン・ムソウの居場所を部下に捜索させるアルテア界最高司令官イズモ・カムロギは、神官トワノ・ミカゲのいう通り、自分たちの求める最強のレア・イグラーは機械天使の側にいるかもしれないと考えるようになる。
そしてジンを探し求めようとする3人の部下は無断で出撃しようとするも、そこに現れたミカゲが彼ら心を操る。
ジンは最年少ながら、天才児だからか部下がいるんだね。ま、一応幹部的な扱いみたいだしな。それにしてもミカゲ黒い。
そして彼の存在はイズモたち以外は知らないのかな。カグラやイズモが知っているのだから、あの封印されてたのはそれほど昔の話ではないと思うのだけど。
ジンはやっぱり転送して逃げたりは出来ていなかったんだね。捜索しているという事は、死亡していないという事なんでしょうが。

またも穴を埋められてしまったアンディ・W・ホール。
まだ穴掘ってたんだ。てか、穴掘り過ぎだろう。校庭中が大変な事になってるじゃないか。
校庭に掘られた無数の穴は全て埋められてしまっており、アンディは頑なな乙女心に大穴を開けてみせると意気込む。
女だなんて誰も言ってませんが。でも男だったら「お前の穴を掘ってやる」と嫌な感じになりそうだからありえません。そんなの喜ぶのはサザンカだけだから。

ネオ=クーロンにある夜景の見える「穴場」のデートスポットの情報を仕入れたサザンカ・ビアンカはシュレード・エランとカイエン・スズシロがそこで愛し合う姿を妄想。
相変わらず全力で腐ってるな。
サザンカがデートするのかと思っていたミコノ・スズシロに、ミコノのように相手はいないと応える。アマタ・ソラとはそんな関係ではないと否定するミコノに、ゼシカ・ウォンはそれならもらってもいいのか、と呟く。
なんだかアマタに惚れてゼシカは以前のような明るさを失ってしまったな。もっと積極的にアピールしてミコノに危機感を与える感じになるのかと思っていたけど。
そんな彼女たちのやりとりに、穢れている、そんなものは不潔な男が読むものだと抗議する。
サザンカは地雷を踏んだことに気づいていないので、MIXの過去について知らないご様子。

クレア・ドロセラ理事長は前回倒したアブダクターの残骸を学園長に調査させていたが、そこにパイロットの姿を発見出来なかった。
この番組はドーナツ店がスポンサーについてるのか、と思うぐらいにドーナツ出てくるな。
そしてやっぱりジンは生きているのか。

ピアノを演奏するシュレードに、敵の行方について何か感じないかと訊ねるカイエンだが、生憎とシュレードも何も感じ取れていなかった。
相変わらずシュレードとカイエンはサザンカを喜ばせるかの如く、二人だけの空気作ってるし。
シュレードに力を使うのはピアノ演奏だけにして、アクエリオンには乗るなと警告するカイエンは心配しているのではなく、生き急いでいる奴とは乗りたくないだけだと告げる。そんな彼に、不吉なビジョンばかり目にして心がささくれ立っているため、妹の心の音色も聞けていないと語る。
ミコノの心が不思議な音色を奏でているというシュレード。
シュレードはミコノのカグラに対する微妙な感情を感じ取っているという事なのか。
しかしシュレードの次の出撃は当分先だろうな。乗ることはみんなに反対されるだろうし、不動司令が何かしらの理由ど乗せるか、無理やり乗り込むかでないと難しそうだ。
いずれにしても、次の合体はアンディ・シュレード・サザンカ希望で。

ベルリンの壁が無くなっても、“穴を掘る事”は人生そのものだと明言するアンディ。
「穴の向こうには知らない世界がある。
 トンネルが山をくりぬけば、見知らぬ土地や文化が出会って、世界が広がる。
 井戸を掘って水が出れば、そこに人々が集まり、生活が豊かになる。
 そうやって人間は進歩してきたんだ」

そんな深い考えで穴を掘っていたのかと感心するアマタ。
ただしアンディが今掘っている穴は女子寮の大浴場へと続く穴と聞いて呆れる。
結局エロかよ!つか、アマタがアンディの穴掘りの手伝いをするのはデフォルトになってきてるのか。
穴を掘っていたカイエンたちは突然土が押し寄せて穴を埋めてしまい、二人は穴から押し出される。
そこにいたのはエレメント能力で穴を埋めていたMIXだった。
MIXのエレメント能力はアンディと真逆の穴を埋める能力とは。
これも運命だと口にするアンディは、MIXのために、MIXと繋がるために穴を掘っていると言い出して上段回し蹴りを叩き込まれてしまう。
上段回し蹴りとか予想外の攻撃が出てきた。

穴を掘る男なんて最低だというMIXは、穴に落ちて死んでしまえと罵り、アンディは自分の穴を侮辱されたと怒りを露わにする。
そしてアマタは穴に埋められたまま……
二人の様子を眺めていた不動・ZEN総司令は二人とミコノの組み合わせによる合体を考え、話を聞かされたドナール・ダンテスとスオミ・コネピは大穴の組み合わせに驚く。
「どういう意図があるのです?」
「穴だ」
「穴?」
「穴に纏わる諺は多い。
“虎穴に入らずんば虎児を得ず”」
「“人を呪わば穴二つ”」
「“同じ穴の狢”」
「“穴より団子”」
「おいおい」
なんでオチをつけたんだ、クレア。ドーナツと良い、実は結構食い意地が張ってる? 食欲の関係している生物なのかな。
穴には様々な状況により様々な意味が与えられる。
だが何故最後の1人がミコノなのか想像もつかないスオミたち。
クレアはミコノは「虚空をドーナツたらしめるリング」だと語った不動の言葉を思い出す。
「虚空は空虚にはあらず。
 一切事物を包含し、尚万物を妨げず、果たして彼らは穴にどんな意味をもたらせる事が出来るのか」

つまりはミコノが穴コンビを繋ぐ鍵となるという事。
そして穴に特別な意味が……

何故自分なのかと悩むミコノを「司令に深い考えがある」と励ますアマタ。
ミコノでなくとも、あの二人のパイプ役とか胃がキリキリするよ。
アンディとの合体を極端なまでに毛嫌いするMIXを必死に取り押さえるゼシカとスオミ。
ユノハ・スルールも「恥ずかしがってちゃダメです」と言いながら姿を消す。
だから君が言っても説得力ないから。後、恥ずかしがってるわけじゃないからね。
てか、アンディと合体するぐらいなら緑色のネコと合体する方がマシって……それはユノハと合体したくないって事なのか?
そしてアンディもMIXとの合体を嫌って暴れ、ドナールとカイエンが必死に取り押さえ、モロイ・ドレッツァも呆れる。
異様なまでに「穴」嫌うMIXと、MIXに反発するアンディのエレメントゲージは全く同調せずに合体は失敗してシミュレーションは失敗に終わる。
間に挟まれたミコノだけが良い被害者。

合体に失敗したアンディとMIXは罰として、MIXはパンチによる穴開け作業、アンディはボトルのコルク詰めをさせられていた。
「穴」も「男」も嫌いだというMIXに、男がいなければMIXも産まれておらず、父親も否定するのかと問い掛けるアンディに、これまで激しく声を上げていたMIXは黙り込む。
むしろその父親を否定したいから、男嫌いなんだろう。男嫌いにはそうした父親に対する嫌悪感が元になってる人も少なくないからね。だいたいの場合は父親の浮気が原因だったりするわけですが。

自分がもっと上手くやられていればと落ち込むミコノに、ミコノのせいではないと励ますアマタ。
流石に失敗の原因がアンディとMIXにあるのは明白だから、ミコノは罰を受けてないんだね。
ゼシカから聞いたMIXの男嫌いの理由を語る。
MIXの父親は雑誌のライターであり、観光地を紹介する情報誌の紹介をしていたが、穴場で出会った女性と恋に落ちてそのまま……。
失踪したのか、離婚したのかは不明。
やはり父親の浮気が理由だったようだ。サザンカにキレたのも「穴場情報」を紹介する記事について盛り上がっていたからで、父親を連想させてしまっていたのだね。
誰にでも心の傷はあり、心に開いた穴は自分で埋めるしかないのではないか、というアマタにそうかもしれないがと割り切ることの出来ないミコノ。
アマタのセリフはそのまま自分自身のことを言ってるのだろうな。アリシアを失った身の上で、そのことを未だに引きずり続けているから。

話を穴の中で穴聞きしたアンディは彼女の心には最初から大穴が開いていたため、それを埋めたかったのだと気付くが、考え事をして自分の開けた穴に落ちてしまう。
穴の中から立ち聞きとか、忍者か。

ジンの部下の心を操り憎しみを増大させたミカゲの狙いが掴めないカグラ。
ミカゲは皆が同じ花を愛でるのでは様々な花が咲く意味はないと惚ける。
真実のイヴを独り占めするつもりか、とも疑っているが、当然そうではないのだろう。むしろ彼こそがアルテア界から女性を消失させた真犯人なのかもしれないし。
言葉の意味からすると、一人の女性だけを連れてきても仕方がないという感じにもとれるな。

明らかに変化してきた敵の目的を感じ取るクレア達。
不動はアンディをヘッドに、MIXとミコノを出撃させる。
MIXは男との合体を拒絶しようとするも、アンディはこれは実戦であり我が儘を言っている場合ではないと叱咤する。
意外にもアンディが優等生発言。
ベクターイクスにアンディ、ベクターシロンにミコノ、ベクターゼドにMIXが搭乗して出撃。
しかしMIXはやはり男との合体を拒絶し、ベクターマシンだけで倒そうとして窮地に陥る。
流石にベクターマシンで倒せるほど雑魚ではありません。ましてや相手は3機もいるわけだから。
そんなMIXを救うアンディは「いい加減にしろ!」と叱責する。
「お前が心の穴を埋めたい気持ちは否定しねぇ。
 だけどよ、お前は男に関係するものを、はなっからはねつけているだけじゃねぇか。
 そんなのはまるで、まるで……
 そうだ、
お前はまるで落とし穴だ!
穴を埋めもせずに上っ面を塞いでいるだけだと指摘するアンディは、本当に心の穴を埋めたいのならばまずは開けと諭す。
アンディ、カッコいい! 何でも穴に譬えるのはどうかと思うけどな。

自分の初めての男女合体はMIX以外にはあり得ないのだというアンディに、心揺れるMIX。
3人のオーラレベルが上昇し、合体可能となる。
「ビックバン合体! GO! アクエリオォォォン!!!」
合体するベクターマシン。
ビックバン合体……毎度色々と考えるな。
「うそ! 何コレ違う!!
 女の子の時と全然」

「やだ、私までこんなにときめいて」
「繋がる、貫通する。
 知らない世界が広がってきたぁぁぁぁぁぁ!」

合体を阻止しようとする敵の攻撃からMIXを守り、アンディの乗るベクターイクスは被弾、アンディは気絶してしまう。
直ちにアンディとアマタがエレメントチェンジする。
なんですと! まさかのアンディ合体ならず。MIXの初めての相手はアンディではなくアマタになっちゃったよ。ここまできてアマタに寝取られた!
今まで攻撃されなかったけど、合体中は敵の攻撃が通じない設定とかはないんだ。

アマタとの合体であからさまにガッカリした様子を見せるMIXに、ミコノはアンディの気持ちを無駄にしないように告げる。
「感じて、アンディが残していった心を。
 きっとMIXの心の穴を埋めてくれる筈だから」
「ミコノ……判った!
 ビックバン合体再び、GO! アクエリオォォォン!」

MIXをヘッドに合体を試みる。
ビックバン再びか! 珍しく変更しないんだ。そしてMIXの胸が良く揺れる。
「ああ、繋がる」
「繋がって、私の世界が広がっていく」
「これが……本当の合体」
男女合体を体験するMIXは、アンディの気配を感じ取る。
アンディの残留思念!?
あれほどまでに反発しあっていたMIXたちの合体。クレアはミコノの力は「繋ぐ力」だと気付く。
なんで不動はミコノのエレメント能力が「つなぐ力」だと気付いていたんだろう。ミコノの能力は他の人間に比べて判りにくいんだな。しかし、この力があると、最終的にアマタ・ミコノ・カグラのトライアングラー合体もありえそう。
「アンディの残していった心で、私が埋められていく」
アクエリオンEVOLへと合体。
そして合体できなかったのになぜか満足そうな表情で気絶しているアンディ。思念だけでも合体を経験できたから?
「合体とは、人の関係性が産み出す魔法」
「そうか、エレメント同士の関係性が」
「また新たな力を紡ぎ出していく」

「アンディの穴は……私が埋める!
凄くちゃんとしたセリフなんだけど、ここまでの成り行きとかこの作品の特性を考えると、どうしても変な方向に頭が言ってしまうセリフだ。
攻撃を仕掛けようとするアブダクターに対して、MIXは必殺技『絶対封印-ABSOLUTE CALM-』を放ち、敵の機体全ての穴を埋めて撃破させる。
すげぇ能力だな。こんな攻撃されたら、どんな敵でもいちころなんじゃないのか。ミサイルなどの攻撃に留まらず、あらゆるセンサーなんかも全部無効化されてしまうし。
「人は穴より出でて、穴へと帰る。
 ああ、これぞ人生墓穴力!!!
墓穴力(爆)!! 流石は不動司令、言う事が違うぜ。

学園長に頼まれてゴミ捨て用にの穴を掘っていたアンディだったが、習慣により反射的にMIXに埋められてしまった。
アンディはまたも合体できなかったことに落ち込んでるのかと思ったけど、そんなことは無かったな。
ケンカする二人を見ていたミコノは、喧嘩するほど仲が良いのだと感じる。
そんなミコノの「繋ぐ力」がスゴイと褒めるアマタだが、元々二人の仲に惹かれ合うものがあったからであり、自分の力なんて一人では役に立たないと語る。
「一人のためじゃなく、みんなで分かち合える力。
 それって、何よりミコノさんらしい」

良い雰囲気になる二人を見つめるゼシカは立ち去る。
アマタとミコノが良い雰囲気になるほどにダークサイドに落ちていくゼシカ。
これまで無邪気に明るかったゼシカが一気に暗いキャラになってきた。明るかったのはMIXを止めてた時だけか。外見と違って恋愛経験がないので、好きな男に対してもガンガンいけないタイプなんだな。
ゼシカ浮上のカギはやはりカグラによるミコノ強奪成功か(肉体的な意味に留まらず、精神的な意味も含めて)。
ミコノが転んだのを抱き留めたアマタだが、シュシュに噛み付かれた上に、アンディの作った穴に落ちてしまう。
やっぱりアマタはシュシュに嫌われてるのか。最近は噛み付かれてないと思ったけど。これも何か意味があるのだろうか。
「恋愛禁止」
穴に落ちたアマタを心配して覗き込んだミコノの背後に不動司令の姿が。
不動司令、何時の間に……相変わらず神出鬼没だな。
そういや、恋愛禁止令あったね。忘れかけてたけど。

そして彼らのいる島をジンが観察していた。
やっぱり生きていたようですが、今まで食料とかどうしていたんだろう。どっかからかっぱらっていたのかな。

次回 第10話「隻眼の転校生」

転校生=ジンなのか、それとも別の転校生が本当にやってくるのか。
その転校生とジンが間違えられるという可能性はありそうだな。
ユノハが泣いているワケは?
ジンはユノハに目をつけるのかな。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« アマガミ SS+plus 第7話 棚町薫 前編「スケッチ」 | トップページ | 夏目友人帳 肆 第九話「月分祭」 »

アクエリオン」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/54100047

この記事へのトラックバック一覧です: アクエリオンEVOL 第9話「男と女のアナグラム」:

« アマガミ SS+plus 第7話 棚町薫 前編「スケッチ」 | トップページ | 夏目友人帳 肆 第九話「月分祭」 »