« 夏目友人帳 肆 第十二話「記憶の扉」 | トップページ | シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム レビュー(ネタバレあり) »

2012年3月21日 (水)

ギルティクラウン phase21「羽化 -emergence-」

恙神涯は桜満真名に新たに選ばれた王となる。それはガイにも他の誰にも止められないと告げるユウ。
国連軍による24区への進撃の連絡を受けるガイ。
ガイの心に僅かに触れたように感じた楪いのりは残った意識でガイに「哀しいの?」と問い掛けるも、ガイは自分の願いが叶うのだからとそれを否定する。
どこかで無理をしている感じのあるガイ。確かにマナに対して愛情を持っていたようだけど、本音は別のところにあるのか?

256機のルーカサイトはあくまでも虚言だった。
以前撃墜しそこねた一機とデコイによるまやかしであり、国連軍も葬儀社もその言葉に動きが鈍ってしまった。
それでも桜満集はまだいのりを助け出して世界を救う事が出来ると考える。
そうだよな。幾らなんでも256機も衛星兵器を打ち上げる時間も余力も無かったはずなんだろうからね。

篠宮綾瀬はシュウにガイが目の前に現れたら撃てるかと問い掛ける。
「撃てる」と即答するシュウは、綾瀬が「綺麗」だと告げる。汚れるのは自分の役割であり、綺麗なままでいて欲しいと告げるシュウ。
シュウが死んだら彼にヴォイドを貸している人が全員死んでしまうから死ねないんだね。でもどう考えても生き残れそうにないんだけど、更に進化してヴォイドを一瞬でみんなの下へ返す力を身に着けたりするのかな。
もうシュウはたとえガイを殺してでも、決着をつける必要があることを心に決めてるんだろう。問題はマナに乗っ取られたいのりに対してどうするのか。果たして殺す事が出来るのか。

国連軍の大量のエンドレイヴによる襲撃に対して、ガイは3人のヴォイドを一つに組み合わせたしヴォイドの一撃で国連軍の九割近くを撃破。
ガイの破壊力が高すぎる。
ダリル・ヤンはゴースト部隊のコントロールを行ってました。
ダリルは生体ユニットみたいになってるね。ツグミを発見した時に、普通に殺せるのだろうか。

参謀として指揮する四分儀。
つぐみのヴォイドで作り出したダミーで攻撃させ、その間に敵のシステムを解析、ツグミにハッキングさせて、桜満春夏の残したシステムを使ってダァトのシステムを一時的にシャットダウン。
ツグミと四分儀はトレーラーにて待機。
綾瀬の体もこの中というのは葬儀社でのパターンだな。
しかし春夏はシュウたちと一緒に行って何をするんだろう。

いのりの心と記憶を消し去り、マナへと産まれ返させるガイ。
自分がいのりを目覚めさせなければ、何も始まらずに終わる事が無かったと、自分を恨めと告げる。
それでもいのりはガイが自分に人生をくれて、シュウと出会わせてくれたのだと笑う。
シュウは世界の哀しさと美しさを見せてくれた。
シュウは迷い、間違い、自分の観にくさを恥じて……しかしいのりが好きなのはシュウが人だから、恋が出来たのだと告げる。
いのりはシュウがダメダメなところを判っていて、それでも受け入れてきたいのり。いのりは人間ではないから、人の弱さを見せるシュウに惹かれていたという事だろうか。
助けた国連軍のアポカリプスを受け入れるシュウ。
ますます浸食されて死亡ルートへ一直線。

システムを奪い返され、ツグミのバックアップを失う葬儀社メンバー。
シュウに関する記憶を失ういのりが、最後に口にした歌を頼りにいのりの下へ向かうシュウ。

そんな彼らの前に現れたユウは自分が人類の意思を決定する機関、その総意を象徴する存在だと語る。
王の力を復活したシュウに、ガイとどちらをアダムとするか決めるというユウは問い掛ける。
ユウは人間ですらないのか……

人類を滅ぼして、マナと二人の世界を作るか、というユウの問いかけに、「NO」だと答えるシュウ。
ユウはガイは眉一つ動かさずに「YES」と答え、それが二人の違いだという。
彼らダァトに必要なのは、アダムとなる王だから、当然ガイを選ぶわけだ。

シュウから力を奪おうとするユウ。
マナを拒んでいのりという偽物に入れ込んだとバカにするユウ。
シュウはしかし誰も本当の彼女を知らないのだと否定する。
自分の醜さと戦い、苦しみながらも、間違えて傷ついてる自分を支えてくれた。彼女だけが信じてくれた。
お互いに弱い部分を曝け出して、それでもお互いを支えあったという事なんだろう。
シュウは自分の持つ全ての力を駆使してユウを退ける事に成功。
それにしてもユウに道具として使われて死ぬ事すら受け入れてるダァトはただの秘密結社というだけでなく、狂信的な組織になってるんだな。

茎道修一郎を追いかけるアルゴたちの前にはダリルのゴースト部隊が立ちはだかる。

シュウがいのりとガイの下へと辿り着いた時、いのりがマナとして再生を果たしてしまった。
完全にいのりが乗っ取られたのか、それとも実は僅かにだけいのりの心が残っているのか。
マナが実はガイではなくシュウを選ぶつもりという可能性もありそうだけど。

次回 phase22「祈り -convergence-」

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 夏目友人帳 肆 第十二話「記憶の扉」 | トップページ | シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム レビュー(ネタバレあり) »

ギルティクラウン」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/54277200

この記事へのトラックバック一覧です: ギルティクラウン phase21「羽化 -emergence-」:

« 夏目友人帳 肆 第十二話「記憶の扉」 | トップページ | シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム レビュー(ネタバレあり) »