« 咲-saki-阿知賀編 episode of side-A 第10局「連荘」 | トップページ | 黄昏乙女×アムネジア 十二ノ怪(最終回)「黄昏乙女」 »

2012年6月24日 (日)

聖闘士星矢Ω 第13話「星矢のメッセージ!お前たちに、アテナを託す!」

十二宮が破壊されてバベルの塔が建設されている聖域(サンクチュアリ)を眺めるエデンに話し掛けるマルスは、新たな十二宮と聖域に君臨するのは自分とエデンだと告げる。
エデンもまたソニアと同じくマルスの子だった。
やはりエデンもマルス側の人間だったのか。火星士の襲撃が来た時にやけにあっさりとみんなを見捨てて、敵とも戦わずに姿を消していたのでそうかとは思っていたけど、よりによってマルスの息子か。ソニアにしても母親は誰?
しかしなんでわざわざパライストラに通わせていたんだろう。鍛えるだけなら、火星士(マーシアン)に教育させていても良かったんではないのか。
エデンは明らかに何か迷いのようなものを感じてしまっているし。

オアシスの市場を訪れた光牙一行。
光牙は食べ物に目移りしてユナに強請るも拒否されてしまう。
アリアとすっかり仲良くなったユナは、アリアが林檎に興味を示すとすぐに買ってあげるも、アリアはその林檎を欲しそうに見つめていた少女にあげてしまう。
この少女が遺跡攻略のヒントをくれたりするのかと思いきや、まったくそんな事もなく、ただアリアの優しさを表現したかっただけらしい。
それにしても、彼らはちゃんとお金を持ってたんだね。どの程度の軍資金があるのかは謎ですが、小銭入れだけって……

獅子座の黄金聖闘士(ゴールド・セイント)ミケーネとの特訓で小宇宙(コスモ)を高めるエデンは、アリアを連れ去った光牙たちに怒りを滾らせていた。
どうやらアリアに対して特別な感情を抱いているようだけど。

星空を眺めるユナ。
自分の守護星について気にするのは当然という蒼摩の言葉で、星矢の事が思い浮かんだ光牙は、城戸沙織との思い出を振り返る。
幼い頃から泣き言しか言っていなかった光牙に、沙織はいつかきっと自分の道を切り拓く時が来る。
光の道を歩くように告げていた沙織。
光牙は恐ろしいまでに成長してなかったんだな。昔から修行嫌だと言い続けて、結局シャイナさんの修行が身に付いてなかったわけだから。
しかしやっぱり中川翔子@沙織は声にイマイチ威厳のようなものがないな。

必ず沙織を助け出すと改めて誓う光牙ですが、その沙織はマルスに捕らわれて闇のコスモが満ちた世界で樹に張り付けにされてコスモを奪われていました。
しかし沙織って毎回こんな役回りだな。

地上からコスモを吸い上げる装置の一つ『風のコア』のある竜巻。
いきなり突撃して吹き飛ばされる光牙。相変わらず考えなしというか……
風の属性を使うユナが竜巻に僅かな道をつくり中へと侵入。
光牙も蒼摩の護衛を任せて後を追い掛けたものの、先に侵入したユナは風のコアを破壊出来ずに、コアの番人である蝿座(ムスカ)の白銀聖闘士(シルバー・セイント)フライに捕らえられてました。
フライの必殺技『サンド・ウィルス』に感染すると、たちまち動けなくなる。
これまで倒した相手の聖衣を奪い取ってマルスに捧げた事で、白銀聖闘士になったフライ。
なんてレベルの低い白銀聖闘士だ。つまり中身は青銅聖闘士(ブロンズ・セイント)並の実力しかないという事なんでは。

動けずに一方的にやられていた光牙は、必死に立ち上がったユナに助けられると、コスモを激しく燃やして立ち向かうとペガサス流星拳で撃破。
そこにどうやって知ったのか、風のコアの存在を知った栄斗も外にいた蒼摩たちと共に竜巻の中へやってきた。
所詮は強い聖衣さえ着れれば良いという彼は、中身が伴っていなかったのだから負けるのは当然の結果
そもそも「アテナを守って、アテナが何をしてくれたのか」と言っている事が間違いで、聖闘士は見返りを求めて守っているわけではないだろう。
今のところまともな白銀聖闘士はヨハンだけか。

黄金聖闘士でも止められないという風のコア。
それを止めるにはユナの風のコスモが必要だというアリアは、二人の力で風のコアをあっさりと破壊してしまった。
そんな事が出来るのなら、最初から一緒に中へ入るべきだったんじゃ……この娘が入ってれば蒼摩も留守番しなくて済んだんだし。でもそうすると栄斗と合流出来なかったかもしれないのか。結果論だけど。

風のコアが収まった上空に浮かんだペガサスの星座。
そこからアテナを託すとの星矢のメッセージが告げられる。
「お前達の力でアテナを救い、マルスを倒すのだ!」
て、途中で一度光牙の台詞に反応してなかったか……ただの記録されたメッセージではないのか。
「光の道を行け!」
そう告げて消えた星矢。
もう少し何か重要なメッセージを与えてくれるのかと思ったらそうでも無かった。別に必要性すら感じられない。

星矢のコスモの消失を感じ取ったマルスは、聖なる魔女メディアの下へやってくると、これより自分の支配する新たな地球が生まれると告げる。
謎の女性は聖なる魔女という謎の存在。彼女はどんな役割を持っているのか。作戦の要となるのだろうけど、もしかするとエデンとソニアの母親とか?

風のコアが破壊された跡には『風のコスモクリスタル』が落ちており、風のクリスタルは風の聖闘士のものであり、いずれ力になるとこのコスモクリスタルはユナに託された。
こうして5人にパワーアップアイテムが順次渡されるのか。
でも属性で考えると、最後の一つは光じゃないよな。と言う事は、やはり最後の一つの前にエデンと対決、仲間入りというパターンが待ってるのかな。

次回 第14話「故郷での再会!雪原の師弟対決!」

ユナの故郷に行き、ユナとの師匠との再会。
ユナの師匠はマリンさんかと思っていたんだけど、違うのかな。
しかしようやくユナが仮面を外したことをツッコンでくれる人がやってきた。
それにしてもユナエピソードが続くな。

■トラックバックが飛ばない場合には別館(http://libra1974.blog86.fc2.com/)
にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

アニメ 感想 レビュー

|

« 咲-saki-阿知賀編 episode of side-A 第10局「連荘」 | トップページ | 黄昏乙女×アムネジア 十二ノ怪(最終回)「黄昏乙女」 »

聖闘士星矢Ω」カテゴリの記事

コメント

しかしエデンがマルスの息子なら
ブロンズでありながら圧倒的な力を持っているのも納得がいきますね。
あれはブロンズのオリオンクロスの他に
エデンの中にあるマルスの血が成せる圧倒的力だったんでしょうね。
現に修行とは言え黄金聖闘士相手に訓練でやりあえてたわけですし。
しかし気になるのはエデンがアリアの事をちゃんとアリアと呼んでいた事ですね。
クズのイオニアや何考えてるかわからないミケーネでさえ
アテナと呼んでいるのにエデンだけ普通にアリアと呼ぶのはなんか引っかかります。
それとあれだけの強さなのに何故ブロンズなのかも気になります。
あれだけの強さならゴールドクロスでも
シルバークロスでも問題なかった気がしますし。

投稿: 花月(かづき) | 2012年6月24日 (日) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聖闘士星矢Ω 第13話「星矢のメッセージ!お前たちに、アテナを託す!」:

» 聖闘士星矢Ω第13話(6.24) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
「若き聖闘士よ、おまえたちにアテナを託すときがきた。 星座の導きのもと、己を信じろ。 おまえたちの力でアテナを救い、マルスを倒すのだ。光の道を行け!」 光牙はユナから聖衣を奪おうとした白銀聖闘士蠅座のフライを撃破、 そんな光牙やユナに消滅寸前の星矢が最後のメッセージを送ったと 蠅座のフライ、ガマガエルのように醜かったなあ。 なぜ白銀はこんなのばかりなんだ? でも、 「アテナを守ったからといって、アテナが私に何をしてくれるというのです?」 という台詞はよくぞ言ってくれたという感じだった(笑) すっか... [続きを読む]

受信: 2012年6月25日 (月) 01時35分

» 聖闘士星矢Ω 第13話 『星矢のメッセージ!お前たちに、アテナを託す!』 星矢はどんな仕掛けをしたのか。 [こいさんの放送中アニメの感想]
新たなる白銀聖闘士蝿座ムスカのフライって。仮にあなたが聖闘士を目指し、厳しい修行に明け暮れたとします。ある日師匠から「お前は蝿座の聖闘士になるのだ!」なんて言われた。滅茶苦茶テンション下がりそう。星座って結構酷いの混じってるので変なのに当たったら凹むとか無いんだろうか。 でもこのフライはそんな事全く気にしていない模様。しかも聖衣狩りをしてこれをマルスに献上、その成果で白銀聖闘士に出世したんだそうです。マルスには賄賂が有効なんですね。因みに以前もここへ来た青銅聖闘士を狩ったんだとか。光... [続きを読む]

受信: 2012年6月25日 (月) 02時14分

« 咲-saki-阿知賀編 episode of side-A 第10局「連荘」 | トップページ | 黄昏乙女×アムネジア 十二ノ怪(最終回)「黄昏乙女」 »