« 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's  レビュー(ネタバレあり) | トップページ | エウレカセブンAO episode:14「another truth」 第14話「スターファイアー」 »

2012年7月19日 (木)

DOG DAYS'―ドッグデイズ― EPISODE2「パスティヤージュ参戦!」

異世界フロニャルドに再び戻った勇者 真紅・和泉。
ガレット獅子団領の勇者となった従姉にして師匠の高槻七海との激しい勝負を繰り広げる。
シンクは勇者の先人として、七海はシンクの師匠として、互いに負けられないと互角の勝負。
七海は勇者になったばかりなのに、力を自在に操ってるね。紋章砲をレオ様直伝とか言ってるけど、何時教えられたんだろ。紋章砲とかあまり教えて貰えてる時間は無かっただろうに。
シンクの紋章砲は炎の属性、七海は水の属性。
ベッキーはオープニングでは魔法の箒に乗ってるので風の属性というところか。
二人の戦いが激しすぎて、回りにいた人たちが巻き添えを受けてけものだま化していってる。

レオンミシェリ・ガレット・デ・ロワにはエクレール・マルティノッジとユキカゼ・パネトーネが二人かがりで対応。
それでも優勢なレオ姫は強い。エクレとユッキーではユッキーの方が若干実力は上みたいだな。ま、一応土地神様の子供だしね。

ガウル・ガレット・デ・ロワはシンクに敗れて、ジュノワーズの3人と共に陣営に戻っていましたが、ジュノワーズのノワール・ヴィノカカオ、ジョーヌ・クラフティ、ベール・ファーブルトンはシンクたちに剥かれたのでバスタオル一枚という姿。

シンクと七海の勝負に援護しようとしたリコッタ・エルマールとベール・ファーブルトンの援護射撃同士の激突の余波で、二人とも防具破壊されて、七海はアンダーウェア姿になりました。下着じゃないから恥ずかしくないって、ほとんど下着と変わらないよ。水着とかスポーツウェア気分なのかな。下着じゃない発言は放送コードに引っかからないようにするためか?
装備交換で一時撤退し、前半戦終了。
て、前後半戦になってたのか。

ファルネットテラスで休憩していた勇者たちとレベッカ・アンダーソン、ミルヒオーレ・フィリアンノ・ビスコッティ、レオ。
敵味方入り混じって休憩するのか。前作では戦興業そのものは平和だったけど、レオ姫が思いつめていたこともあって、両軍で仲良く休憩とかは見られなかったんだな。
ベッキーも参戦すれば良かったのに、というシンクと七海ですが、ベッキーは参加の意思がなく、ミルヒとガールズトークで充分だと考えてました。
しかしそこに自分たちも参戦すると駆けつけたパスティヤージュ公国のクーベル・エッシェンバッハ・パスティヤージュがベッキーをもらいにきたと宣言。

後半戦は解説をしていたブリオッシュ・ダルキアン、ロラン・マルティノッジ、ゴドウィン・ドリュール、パナード・サブラージュも参戦。
変わりにレオ姫は本陣待機

しかしパスティヤージュ公国の参戦によりルール変更。
ベッキーを手に入れるため、ベッキーを連れたクーベルの本陣へ、パスティヤージュ昌術騎士団飛空術騎士団と高速陸士隊を潜り抜けてベッキーの奪還を狙う。
三つ巴の戦い&勇者によるベッキー奪還戦となった。実質はビスコッティ、ガレットは共闘だけど。
ま、ベッキーが向こうにいる時点で出来レース的な始まりなんだけど、奪還については両軍本気で行うということなんでしょう。
パスティヤージュは術士の国みたいだけど、通常の兵士も陸にしろ空にしろ基本は騎乗しているんだな。

リーシャ・アンローベらよる飛空術騎士団からの攻撃を受けたロランとバナードの両陣営でしたが、ロランの鉄壁の紋章陣とバナードの長距離紋章砲で迎撃。
前期では騎士団長ながらその凄さが今一つ伝わらなかった両名が面目躍如とばかりに大技を披露してくれました。
ジュノワーズとエクレ、リコは共闘して地上部隊の射撃隊と戦闘。
3馬鹿では弓兵だからリコと対になるからか、ベールだけが頭一つ分目立ってるね。

ベッキー奪還へ向かったシンクと七海の前には空騎士キャラウェイ・リスレが立ちふさがった。空を飛ぶ相手に対して、シンクは気力武装トルネーダーで対抗。七海も見ただけで気力武装をマスターした。
波乗り勇者を自称してるのに、何故かアイススケート。まぁボードだとシンクと被るから仕方ないのか。フィンでは格好付かないしね。
水面での戦い方は出てたけど、地上だとどうなるのか。移動は出来るだろうけど、水面のように波を使ってのジャンプとかが出来なくなるけど。岩とか使ったりするのか?

その間にレオ姫とブリオッシュ、ユキカゼとビオレ・アマレットが共闘してパスティヤージュ公国本陣へ攻め込む。
まさに最強の布陣。これ、勇者たちでも止めるのは無理なんじゃないのか。
後半戦ではレオ姫はブリオッシュと戦うつもりだったようで、やはりシンクの相手が七海に変わったので、自然とその次に強いブリオッシュがレオ姫の相手になるようだ。実力的には互角かブリオッシュが上かな。

ベッキーに出て貰うしかないというクーベルですが、ベッキーは自分はシンクたちのように戦うことが出来ないと否定。
しかしクーベルはベッキーが自分と同じ瞳をしている語る。
本心では勇者たちのようになりたいと憧れていると指摘。
クーベルもミルヒやレオ姫のようになりたいと憧れている。
しかしベッキーには運動神経がなく、クーベルにも戦の才能がない。
パスティヤージュには昌術と、術士に合う『天槍クルマルス』『神剣メリクリウス』があった。それでも自信のない七海に、自分はベッキーを選んだと後押し。

ベッキーは『神剣メリクリウス』で 魔法少女 飛翔系勇者になりました。
決して友達になりたい人に対して全力全開で攻撃したりはしないと思いますが。
七海だけ魔法少女だからか変身シーンまで描写された。
ちょっと微妙な感じの変身シーンだったけど。この作品では無駄にエロさとか入れなくていいと思うんだけどな。
変にポリゴンで違和感出てるし。
救出は失敗して敵になってしまったベッキーですが、別に悪の心に捕らわれたとかでもないし、シンクも七海もむしろ歓迎の展開でしょうか。
シンクと七海が神剣を棒にしているのに対して、ベッキーは箒にしたのか。
問題はどうやって攻撃するのか。紋章術での遠距離攻撃以外に技があるのかな。

とりあえず三つ巴の状況は出来たわけだけど、総合戦力ではまだパスティヤージュが少し劣る。
三つともあくまで興業としての戦なので、この先にどんな展開があるのか、でしょうか。
魔物ネタは前回やってしまったし、別の何か事件が勃発するのか?

次回 EPISODE3「勇者3人!」

■トラックバックが飛ばない場合には別館(http://libra1974.blog86.fc2.com/)
にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さいgood

アニメ 感想 レビュー

|

« 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's  レビュー(ネタバレあり) | トップページ | エウレカセブンAO episode:14「another truth」 第14話「スターファイアー」 »

DOG DAYS -ドッグデイズ-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/55232369

この記事へのトラックバック一覧です: DOG DAYS'―ドッグデイズ― EPISODE2「パスティヤージュ参戦!」:

» DOG DAYS' TokyoMX(7/14)#02 [ぬる~くまったりと]
EPISODE 2 パスティヤージュ参戦! 遂に勇者レベッカとナナミの対戦。エクレ、ユキカゼとレオ閣下も対戦。どちらも良い勝負。勇者の紋章術の応戦、にリコが応援。リコの支援にジェノワーズも応じるが、勇者に 砲撃が降りかかる。直撃は免れるが衣装が破壊される。下着じゃないから大丈夫とナナミはストパン? エクレ、ユキカゼのタッグ攻撃も受け流すレオ閣下。紋章砲に逃げるのが精一杯。 勇者は再装備のために一度陣に戻る。紋章術、ビーム砲だからと心配したレベッカ。食べ歩きやレベッカが楽しめることを考えているよ。ミル... [続きを読む]

受信: 2012年7月19日 (木) 22時48分

» DOG DAYS´ 第02話 パスティヤージュ参戦! [cogito,ergo sum]
再び来ました。フロニャルド。 華麗に参上、勇者シンク。 ガレットも負けずと、勇者ナナミが華麗に見参。 乗りが良すぎます(笑) [続きを読む]

受信: 2012年7月20日 (金) 08時44分

« 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's  レビュー(ネタバレあり) | トップページ | エウレカセブンAO episode:14「another truth」 第14話「スターファイアー」 »