« 薄桜鬼 黎明録 第3話「群狼の掟」 | トップページ | エウレカセブンAO episode:15「humanoid secret」 第15話「ウォー・ヘッド」 »

2012年7月26日 (木)

DOG DAYS'―ドッグデイズ― EPISODE3「勇者3人!」

ビスコッティ共和国とガレット獅子団の戦いの最中に現れたパスティヤージュ公国のクーベル・エッシェンバッハ・パスティヤージュは、ただ観戦するだけだったレベッカ・アンダーソンを『神剣メリクリウス』で飛翔系勇者へと変えました。
箒型に変形させた神剣メリクリウスで空を飛ぶレベッカ。
更にクーベルも天槍クルマルスと気力武装で魔法の絨毯で空を飛べます。
Dogdays231
ベッキーの攻撃はカードを昌術に変えての攻撃。
飛空術騎士団に対空砲撃を行うリコッタ・エルマールの部隊を殲滅し、リコはクーベルに鎧破壊されました。
やっぱり幹部クラスはみんなけものだまにならないんだね。その代わりに剥かれるけど。
これでとりあえず姫様以外で剥かれていない女性陣はダルキアン卿とビオレだけか。どちらも鎧破壊はされること無さそうな感じのキャラだな。
一応リーシャもまだだけど。

そして別れて両国本陣へと向かうベッキーとクーベルを迎え撃つミルヒオーレ・フィリアンノ・ビスコッティとレオンミシェリ・ガレット・デ・ロワの両王女。
しかしその前にベッキーには真紅・和泉と高槻七海の二人の勇者が挑むも、初めての空戦という事もあってか、攻撃を躱されてカウンターの攻撃で逆に一撃で撃破されて、七海も装備完全破壊されて今度は全裸。流石に全裸は恥ずかしいようです。
Dogdays232
この装備破壊は本陣に戻ってからどの程度で戦線復帰出来るんだろう。装備を付け直したら復帰できるのか、一定の待機時間が決まってるのか。
今回は二人の勇者を一蹴して見せたベッキーですが、まぁ今回はベッキー覚醒という事でボーナスステージなんでしょうね。今後対決する事があって、こんな簡単にはいかないだろう。勝てるかどうかも怪しい。

ビスコッティ本陣へと向かったベッキーとミルヒは相打ちで共に下着姿に。ミルヒは聖剣エクセリードを使っての初めての戦シーンだね。
前期では戦興業ではまったく戦わなかったし、エクセリードも覚醒していなかったからな。
ガレット獅子団に向かったクーベルはレオ姫と一騎打ちになるも、流石はレオ姫、魔戦斧グランヴェールでの攻撃で撃破。
やはりレオ姫は格が違った。てか、大将であるクーペルがやられた時点でパスティヤージュは負けじゃないのかな。
現時点でのパワーバランスは
ブリオッシュ≧レオ姫>シンク≧七海>ゴドウィン>ロラン=バナード>ガウル>ユキカゼ>エクレ>ビオレ>ジュノワーズ≧リコ
という感じかな。ロランたちが微妙なんだけど、彼らは仮にも隊長格だしな。ビオレも今ひとつ実力を計りかねるところがあるし。
ベッキーはこの中で

戦は戦力において勇者だけでなく、大将が強いガレットがやはり勝利。
兵卒でもガレットの方が強いからね。
2位はビスコッティで、パスティヤージュは最下位。
やはり絶対的な戦力比は如何ともしがたいという事でしょう。
戦闘シーンこそなかったけど、ビスコッティにはブリオッシュ・ダルキアンもいるし。
幹部クラスは空の敵でも撃ち落としそうだからな。

戦後も、ベッキーと別れたくないというクーベル。
ベッキーもクーベルの勇者でいたいという事で、シンクと七海は申し出を承諾。
ただしレオ姫が三国会談をしたいという事で、二日ほどはみんなで過ごすことになりました。
まぁ特別急ぎの懸念事項があったわけではないけど、姫様同士も忙しい身の上であまり会えないからゆっくり話をしようというのと、来たばかりの勇者たちにゆっくり3人で刊行させてあげたいというレオ姫なりの気遣いなんだろうね。

翌朝、ミルヒのお願いで朝の散歩へ出かけたシンク。七海とベッキーも一緒に。
やっぱりフリスビー犬扱いで、七海とベッキーも呆れ気味ですが、気持ちは判るようだ。
七海も昨晩はジェノワーズを撫で撫でしていたらしい。ベッキーもクーベルの耳とか撫でてたしね。オープニングではレオ姫もベットで七海にゴロゴロされてるし。

散歩の後はエクレール・マルティノッジとリコが城内案内。
いきなり案内するのが厨房って……
勇者を好きだというリコですが、理由が撫でてくれたり、一緒に摘み食いしたり、お昼寝したり、だっこしたり……

騎士団の訓練場へ案内されたところでは、エクレとシンクが勝負。
エクレはシンクの影響で覚えたエクストリームキャッチを披露。
ユキカゼ・パネトーネとブリオッシュの家『風月庵』も訪ねました。
Dogdays233

風呂上がりにはベッキーの髪の毛をおさげに編むシンク。器用だな……
七海はリコのところで電話を掛けていました。リコの発明のおかげで、召還場所以外でも電話が可能になったみたいで、更にタツマキとチェイニーは手紙を運んで両方の世界を自由に往復できるようになったらしい。
いつまで今のような感じでいられるのか、と考えているというベッキーに、シンクは大人になっても今のままでいられると考えているものの、やはりベッキーはシンクに恋人とか出来たらそうはいかないと思ってました。
シンクの方は恋愛感情がまだお子ちゃまなんだな。

こちらの世界で色々な人から好かれている様子のシンクに、誰が本命なのかと迫るベッキーですが、あくまで自分は勇者だからと一線引いている様子のシンク。
Dogdays234
ベッキーはもっとヤキモチを焼くかと思いきや、そうでもなかったね。あくまで七海にとってシンクは幼馴染みなのか。
それとも、今後ベッキーや七海が自分の中のシンクへの思いに気付くという展開があったりするのか?

翌日には各国へと戻る王女達と一緒に各国へと行く七海とベッキー。
シンクはエクレ、ユッキー、ロラン・マルティノッジと一緒に風月庵の近くで合宿の予定という事で、武器の手入れをするエクレの尻尾がフリフリ揺れてる。
判りやすいな。ツンデレだけど全く隠し事が出来ない娘です。

次回 EPISODE4「ビスコッティ夏合宿!」

きっと水着もあるよ。

■トラックバックが飛ばない場合には別館(http://libra1974.blog86.fc2.com/)
にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さいgood

アニメ 感想 レビュー

|

« 薄桜鬼 黎明録 第3話「群狼の掟」 | トップページ | エウレカセブンAO episode:15「humanoid secret」 第15話「ウォー・ヘッド」 »

DOG DAYS -ドッグデイズ-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/55286062

この記事へのトラックバック一覧です: DOG DAYS'―ドッグデイズ― EPISODE3「勇者3人!」:

» DOG DAYS' TokyoMX(7/21)#03 [ぬる~くまったりと]
EPISODE 3 勇者3人 パスティヤージュの術式勇者レベッカ出撃。クーベル公女も天槍クルマルスを持って輝力武装で参戦。レベッカはカードの晶術弾で攻撃。 リコ率いる対空砲撃隊が最初のターゲット。対空砲火を華麗に躱すレベッカ。クルマルスの砲撃ガーネット・スパークで殲滅。おまけにリコを裸にするサービスも。 別れて各々ビスコッティ、ガレットに対戦。ミルヒと戦う前に勇者シンクとナナミがレベッカの 前に立ち塞がる。二人の紋章術を躱して晶術弾で迎撃。ナナミは下着も破れて、流石に今度は恥ずかしい。 ミルヒに向か... [続きを読む]

受信: 2012年7月26日 (木) 21時59分

» DOG DAYS’ 第3話「勇者3人!」 [のらりんすけっち]
勇者と言うよりは魔法使いといったイメージでしたが、ベッキー無双! 予想以上にノリノリで、大うんどうかいを満喫。 シンクと七海にも一泡吹かせちゃいました~ フロニャルドの戦って、負けた時一般参加...... [続きを読む]

受信: 2012年7月27日 (金) 06時55分

» DOG DAYS’ 第3話 感想 [かめラスカルのアニメ&趣味の戯言]
ノドもなでて、のど~のど~!ゴロニャ~~ン~ すごいご近所感覚の異世界ね~~。 [続きを読む]

受信: 2012年7月28日 (土) 07時00分

» DOG DAYS´ 第3話 「勇者3人!」 感想 [wendyの旅路]
仲良く、楽しく― [続きを読む]

受信: 2012年7月28日 (土) 16時19分

» DOG DAYS′ EPISODE 3「勇者3人!」 [ボヘミアンな京都住まい]
魔法少女?レベッカと、彼女を説得して戦に本格的に殴りこんできたパスティヤージュ第一公女のクーベル。残念ながらガレットとビスコッティを上回るまでには至らなかったけど、初お披露目としては充分アピールできたのではないでしょうか。自分の能力を活かしてシンクとイズミに対抗できたベッキーが大喜びしてるのは、見てるこちらも嬉しくなってくるほどでした。戦の状況に一喜一憂したりベッキーを手放したくないと駄々をこねたりするクーベルもいちいち可愛らしかったですし。 ・・・というか、ベッキー、投げてるのが硬貨かカードかとあ... [続きを読む]

受信: 2012年7月28日 (土) 17時36分

« 薄桜鬼 黎明録 第3話「群狼の掟」 | トップページ | エウレカセブンAO episode:15「humanoid secret」 第15話「ウォー・ヘッド」 »