« エウレカセブンAO episode:13「moonlight ship」 第13話「シーズ・ア・レインボウ」 | トップページ | 聖闘士星矢Ω 第15話「迫る毒牙!陰謀うずまく第二の遺跡!」 »

2012年7月15日 (日)

境界線上のホライゾンⅡ 第2話「舞台上の宣告者」

三征西班牙(トレスエスパニア)の追撃を振り切る“武蔵”に、英国オクスフォード教導院所は入国を拒絶し、「女王の盾符(トランプ)」の4名を送り出してきた。
重力を操るウイリアム・セシル、聖譜武装の手甲「巨きなる正義・旧代」の使い手ロバート・ダッドリー、薬品で肉体を強化して高速で移動するベン・ジョンソン、物語を具現化させる大罪武装『拒絶の強欲』を使うトマス・シェイクスピア

4人の前に苦戦を強いられたノリキ、キヨナリ・ウルキアガ、アデーレ・バルフェット、そしてトゥーサン・ネシンバラ。
トゥーサンが書いた文字をそのまま現実にするのに対して。トマスは物語に相手を巻き込むという戦い方。
実はトゥーサンとトマスの二人は、かつて三征西班牙の第十三無津乞令教導院という施設にいた子供たちで、トゥーサンはトマスの作品に対して批判的な批評を下したことがあったという事。
第十三無津乞令教導院は一部の子供たちによる叛乱で崩壊したとの事で、おそらくその子供の中にトゥーサンも含まれていたのだろう。トマスの方もいたのかは判らないが、英国にいたという事は、その騒ぎで彼も逃げだしたのは間違いないのか。

周回軌道に入った事で、撤退する女王の盾符。
しかしステルス航行で別の艦隊が武蔵を追撃しており、英国側が女王が本土防衛用術式剣『王賜剣(エクスカリバー)』で迎撃。
この時の艦隊が何処の所属なのかは不明のまま。
武蔵は辛うじて耐えたものの、ホライゾン・アリアダストや本田・正純、本田・二代たちの乗る輸送艦だけを切り離して英国本土に上陸させました。
英国からそれらを見ていた傷有りとミルトン。傷有りは船の落下地点に人がいるため、船の機動をずらそうとするも、点蔵・クロスユナイトが阻止。実は二代たちも人がいたのは承知できちんと助けていた。点蔵は傷有りの攻撃で負傷してしまったようだけど。
葵・トーリは切り離されたせいで、武蔵にいるため、英国から上陸許可が出るまで離ればなれ。
点蔵はこの負傷が何か複線になるのかと思ったけど、あまりそうではないようで、むしろ傷有りが点蔵に惚れるためのフラグなのかな。

生徒会および総長連合会議を開いた英国側は、アルマダ海戦のジョーカーとするため武蔵の上陸を許可したものの、切り離された輸送艦との合流はまだ認められていません。
かれこれ2週間もそんな状態だったようで、輸送艦側は二代が魚を捕ったり、点蔵のサバイバル技術で乗り切ったりしていたらしい。
気配り出来るのに年齢=彼女いない歴なのが謎、とか正純やネイト・ミトツダイラに言われてしまう切なさ。
ホライゾンは嫌気の怠惰を喰らって以来、一日の殆どを眠って過ごす日々が続いているようで、何か理由があるのか。原因はホライゾン本人にも不明なのでどうなるのか。

トゥーサンはネットでかなり叩かれていて、原因は勝負に勝てなかった事への不満があるようだ。トゥーサン本人は骨折などした上に、トマスに付けられたマクベスの呪いが残っていて、王であるトーリを殺さないと呪いは解除出来ない。
もう一つはトマスに勝利する事なんでしょうけど。
オープニングでは出てきた他の女王の盾符とも戦っている感じがあったから、もう一度対決があるのかな。
マルガ・ナルゼもマルゴット・ナイトがいなくても一人で戦える、というのを証明してマルゴを安心させたかったみたいだけど、それが上手く行かなかったことで落ち込んでいるようだ。

三征西班牙では総長のフェリペ・セグンドが寝ていたフアナから手紙を回収しようとして、立花・誾から色々と誤解を受けてました。
これで誾の中では完全にただのエロ親父扱いだな。
セグンドは過去に大切なモノを守れなかった過去があるようで、その事で生きる意味を見失ってしまっているとの事。
長寿族の子供を助けた事があって、その子供からは慕われているようですが。
てか、普通に長寿族や半寿族とか単語が出てくるけど、本編では一切の解説がないから、公式サイトのあらすじで確認するしかないんだな。

ラストになってやっとトーリが服を着た……ま、流石に英国の女王と国交会議をするのに全裸ではいられないからな。
展開的には英国と三征西班牙の戦いで、武蔵は英国側につく事になるしかなさそうなんだけど。ただ史実ではスペインの無敵艦隊が敗れているので、どうなるのか。

次回 第3話「土上の下り者」

■トラックバックが飛ばない場合には別館(http://libra1974.blog86.fc2.com/)
にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

アニメ 感想 レビュー

|

« エウレカセブンAO episode:13「moonlight ship」 第13話「シーズ・ア・レインボウ」 | トップページ | 聖闘士星矢Ω 第15話「迫る毒牙!陰謀うずまく第二の遺跡!」 »

境界線上のホライゾン」カテゴリの記事

コメント

どうも、いつもホライゾンの感想を拝見させてもらっています。
今回は一つ指摘させていただきたいことがありましてコメントさせて貰います

>ただ史実ではスペインの無敵艦隊に敗れているので、どうなるのか。

逆!逆です!アルマダの海戦ではスペインの無敵艦隊が敗れるんです。スペインが勝ってしまったら歴史再現失敗してしまいますよw

投稿: ソウ | 2012年7月15日 (日) 14時28分

トマスは女だよ~^^;

>ラストになってやっとトーリが服を着た……ま、流石に英国の女王と国交会議をするのに全裸ではいられないからな
前フリです><;会談時は………。

投稿: m | 2012年7月15日 (日) 14時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 境界線上のホライゾンⅡ 第2話「舞台上の宣告者」:

» 境界線上のホライゾン?第2話『舞台上の宣告者』の感想レビュー [gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)]
謎のフード人物“傷有り”、遂に来ちゃったでござるぅ!回でした。 声もしっかり性別不明にして原作での叙述トリックっぽさを再現していましたし、点蔵とのファーストコンタクトをばっちりと演出していたのが好印象でしたね。 SAOではフードの下から現れたのは美少女だった...... [続きを読む]

受信: 2012年7月15日 (日) 14時23分

» 境界線上のホライゾンII 第2話 「舞台上の宣告者」 感想 [犬哭啾啾]
文章を力とする者同士のネシンバラVSシェイクスピア シェイクスピアが今回の戦闘のために用意したものはマクベス とある武将が魔女の予言から国を治める王を殺害下克上する物 [続きを読む]

受信: 2012年7月15日 (日) 18時05分

» 境界線上のホライゾンII 第2話 「舞台上の宣告者」 感想 [ひえんきゃく]
今回も面白かったですね。 また新キャラが増えて、名前を覚えるのが大変ですが(笑) ってこんなに面白いキャラだったんですね。 OPでも好敵手っぽい扱いの二代とは、ボケ方面でも渡り合えそうですね。 ...... [続きを読む]

受信: 2012年7月15日 (日) 20時13分

» 境界線上のホライゾンII #02 [ぐ~たらにっき]
『舞台上の宣告者』 [続きを読む]

受信: 2012年7月15日 (日) 21時00分

» 境界線上のホライゾンII 第2話「舞台上の宣告者」 感想 [書き手の部屋]
傷有り……一体何者なんだ……? アルマダ海戦の歴史再現を控え緊張状態の三征西班牙と英国。 その渦中に飛び込み、何とか英国の襲撃を凌ぎ切った武蔵だったが、正純達を乗せた輸送艦が英国領土に墜落してしま...... [続きを読む]

受信: 2012年7月15日 (日) 23時37分

» 境界線上のホライゾンⅡ第2話感想 [うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳]
#2「舞台上の宣告者」 エリザベス女王マジ金髪巨乳wしかも、歴史上は「処女王」な [続きを読む]

受信: 2012年7月16日 (月) 00時07分

» ギリギリの英国上陸 アニメ感想 境界線上のホライゾンⅡ 第2話「舞台上の宣告者」 [往く先は風に訊け]
全裸主人公遂に服を着る! [続きを読む]

受信: 2012年7月16日 (月) 01時04分

» 境界線上のホライゾンII 第2話 『舞台上の宣告者』 トーリが...服を着ただと!? [こいさんの放送中アニメの感想]
二人は旧知だったのね。ネシンバラとシェイクスピアの作家対決はシェイクスピア有利。やっぱ名前の知名度がと思ったら彼女は英国の大罪武装「拒絶の強欲」持ち。こちら所有者の痛みを流体(多分エネルギー)に変換するものだそうで、シェイクスピアの痛みとは作品への批判。つまりアンチにボロクソ言われれば言われるほどエネルギーになるという叩かれると伸びるタイプ。この時代にも2CHみたいな掲示板があったんですね。こりゃいよいよ持ってネシンバラ不利です。 さらに彼女はネシンバラを以前から知っていた。実はこ... [続きを読む]

受信: 2012年7月16日 (月) 11時54分

» 境界線上のホライゾンII 第2話「舞台上の宣告者」 レビュー・感想 [ヲタブロ]
そういうことにしておきましょう!今度はフアナ様に寝たフリさせて乳バサミキャバレーごっことは、これまさにダブル快男子、やはり宗茂様にもそこらへんの趣向が欲しかったところ ... [続きを読む]

受信: 2012年7月16日 (月) 15時57分

» 境界線上のホライゾン2 TokyoMX(7/15)#02 [ぬる~くまったりと]
第2話 舞台上の宣告者 ・アルマダ海戦(アルマダかいせん)  歴史上では1588年に起こった、スペインによるイングランドへの 侵略戦争の節目となった海戦。新規艦隊を建造したスペインが イングランドへの上陸を企てるものの、イングランド周辺を逆時計回りに 一周して撤退することとなり、スペインは大損害を被った。・英国(えいこく)  極東の西の海上にある浮上島国家。極東の土地や大名を支配していない。 浮上島は南北31km、東西30km、上下4kmという大きさで、上下四階層の 構造を持ち、数多くの異族が住む。... [続きを読む]

受信: 2012年7月16日 (月) 23時14分

» 境界線上のホライゾンII 第2話「舞台上の宣告者」 [ボヘミアンな京都住まい]
原作2巻の第8章から14章まで190頁、今回も凄い圧縮率でしたね。目まぐるしく動く展開に付いて行くのがやっとという濃い内容でしたけど、それでも(ギャグ含めて)きちんとポイントを押さえてるあたりはさすが冨田さん、いい仕事していらっしゃいます。作画も良好。エリザベスによる王賜剣二型(EX.カリバーン)の発動と武蔵の回避行動などは「おぉーっ!」という感じでしたね。 今話で初めて台詞のあった傷有りとエリザベスですが、傷有りの声は機械変換かけられてたみたいですね。徹底してシークレットなんだなぁ(笑)。田村さん... [続きを読む]

受信: 2012年7月17日 (火) 15時43分

» 境界線上のホライゾンII 第2話「舞台上の宣告者」 [空 と 夏 の 間 ...]
ネシンバラVS.シェイクスピア!  脚本対決のゆくえは?  英国が目論むアルマダ海戦の再現とは? 燃える対英国戦~♪ EDはまたSDキャラが可愛いですねw トーリは服を着たバージョンで本当に良かった。 マッパのSDとか見たくない (ノ∀`)... [続きを読む]

受信: 2012年7月17日 (火) 22時56分

« エウレカセブンAO episode:13「moonlight ship」 第13話「シーズ・ア・レインボウ」 | トップページ | 聖闘士星矢Ω 第15話「迫る毒牙!陰謀うずまく第二の遺跡!」 »