« DOG DAYS'―ドッグデイズ― EPISODE12「ファイナルステージ」 | トップページ | 境界線上のホライゾンⅡ 第13話(最終回)「境渡りの欲深き者達」 »

2012年9月28日 (金)

エウレカセブンAO-ASTRAL OCEAN-episode:22「coral carriers」 第22話(最終回)「ギャラクシー・トゥ・ギャラクシー」

エレナ・ピープルズとの和解に成功したフカイ・アオだが、そこに突如カノンと融合したトゥルースが出現して連合軍のIFOエイブラハムを撃墜する。
自分は世界の何処にでも存在するが、この世界は自分のものではない。この世界は間違っており、自分はこことは違う世界からやってきたと語るトゥルース
狂気に狩られたように襲いかかるトゥルースに、マギー・クァンとエレナの機体が損傷を受ける。
トゥルースが日本軍の味方であれば自分たちの味方でもあり、スカブコーラルの敵であれば自分たちの味方となる。
トゥルースが何をしたいのか、と問いかけるアオに、トゥルースはアオの敵だと答える。
もはや目的が完全にアオを倒すことになってしまってる。以前なら味方になっていたかもしれないけど、自分がシークレットだと知って色々と壊れちゃったからな。

通常を超える濃度のトラパーを纏っているトゥルースはトラパーの嵐を引き起こす事が出来る。
トラパーの流れを見る事が出来るアオだが、シークレットはアオの乗るRA272 ニルヴァーシュには心がないため対応出来ないと告げる。
機体を上手く操作出来ずに落下したアオだが、スカブコーラルがニルヴァーシュを飲み込む。
スカブコーラルを破壊するトゥルース。そのトゥルースの姿に喜ぶナカムラは彼を迎えようとする。
ナカムラの秘策ってやっぱりトゥルースの力に頼る事なのか。

その頃、沖縄・磐戸島のプラントコーラルにいたナルはスカブコーラルを通じてアオとニルヴァーシュを引き寄せる。
アオの出現に驚くハンナ・ベスターは、全てのスカブコーラルが繋がっているのか、或いはアオがエウレカの子供だからなのかと考える。

撃墜された米軍はチーム・パイドパイパーに救助され、エレナは社長代理であるフレア・ブランの指示でチームに復帰が認められ、イビチャ・タノヴィッチと共にトリトン号に乗り込み、フレアとレベッカ・ハルストレムに合流する。
ナルをアオのガールフレンドだというエレナに、フレアが全力で否定してるよ。

沖縄へと向かうトゥルースに、フレアは彼がシークレットであるから世界最大のスカブコーラルを目指していると考えるも、RA301 キリエと結合したシークレットはトゥルースは10年前から病んでおり既にシークレットではないと否定する。
スカブコーラルはウィルスのような存在であり、他者と同化する力を持っている。
それがコーラルキャリアであり、トゥルースもまたコーラルキャリアとなっていた。
10年前にスカブコーラルに現れたトゥルースだが、エウレカがクウォーツを持ち去ってしまった事により混乱してしまう。そのままでは破壊だけを続けるシークレットをスカブコーラルと一つになって彼が生き延びられるようになった。スカブコーラルを消滅させるために来た彼はスカブコーラルのない世界が真実だと信じて疑わなくなった。
トゥルースが見たというもう一つの世界は本当に見たわけではなく、ただの思い込みなのか?

ナルはアオを自宅へと招いていて共に食事していた。ナルはアオにトゥルースと戦わないでと告げる。
二人の様子を家の外から眺めるフカイ・トシオら島の大人達。
キンジョウ・カズユキはナルの回りにいる人間がスカブに取り憑かれた危険分子だと語る。
アラタ・ミツオはナルは病気なだけだと反発するが、ハンナたちからナルの病気が広がっており、スカブは広がると告げる。そんな彼にアオを外人扱いした次はナルかと怒る。
スカブの声が聞こえるという彼らを気持ち悪いというカズユキに、トシオは彼が自分とは違う者達とは線引きしている事を憤る。
結局は異分子に対する抵抗が強いのだな。自分たちと少しでも違ったら拒絶する田舎の人間なんだろう。

ナルが変わったというアオ。
ナルの耳飾りは生えたわけじゃなく、ただのファッションだった……ビックリするわ。
ナルが変わったのはトゥルースが好きだからかと考えているアオだったが、ナルはアオがそんな風に考えていたのかと怒り出す。
エウレカと出会ったアオは、ナルが姉のような存在かと考えるようになったと口にし、更にハンナが現れ、ナルはハンナママと呼んだ事に今度はママかと怒る。
チーム・パイドパイパーに合流するというチーム・ハーレクインに、アオも同行しようとするが、ナルはアオがスカブと人間の間に産まれた子供であり、トゥルースも同じではないのかと告げる。
アオは本気でハンナたちが敵に回ったと考えていたのか。イビチャたちはちゃんと理解していたのにあの後も説明してくれなかったんだ。
アオの中ではナルはすっかり姉弟の関係になっちゃってるんだな。ま、ヒロインはナルではなくフレアだったし……ラスト数話は影が薄くなったけど。

コーラルキャリアのパイロットたちは肉体に異常が発生していた。
絶対に安全だと教えられていたタナカはスタンリーに対して怒るが、スタンリーはトゥルースのせいだと応える。
しかしいくら安全だとはいえ、未知のウィルスを体内に入れておいて、安全と言ったじゃないかと言い出すのは無責任というものだ。彼らが安全と言ったところで、100%の保証が無い事ぐらいは理解しておくべきだろう。
トラパー濃度を非常に高くしているトゥルース。トラパー濃度の高まりにより、スカブコーラルが暴走を初めてコーラルキャリアを喰い殺してしまう。
沖縄には多くの潜在的なコーラルキャリアが存在しており、彼らはトゥルースの接近により死亡すると語るハンナに、スカブは自分たちをよりよくしてくれるために融合したと反発する。
ずっと病気だと思っていたナルは、スカブが自分に翼をくれた。
スカブのおかげでアオと対等になれるというナルだが、ハンナは人とスカブは違うのだという。
ナルにとってはスカブは自分を救ってくれたものであって、脅威ではないからな。実際スカブで助けられた人も他にもいるのかもしれないし。
アオの影響も考えるハンナたちは、自分たちがイビチャと合流し、シークレットたちと共にトゥルースを倒すと立ち去っていく。
残されたアオはナルがずっと変わっていなかったのだと感じ、自分も昔と変わっていないと戦いの意思を見せる。
そんな彼に、ナルはアオのニルヴァーシュはアーキタイプが無いのでトゥルースには勝てないと告げる。
RA272はIFOであってLFOではないからね。

沖縄へと現れたトゥルースに沖縄では非常警戒態勢が敷かれる。
彼を迎え撃とうとするチーム・パイドパイパーとチーム・ハーレクイン。
シークレットはどれほど変化してもトゥルースはシークレットに変わりないとシークレットだが、トゥルースは自分はシークレットでもスカブコーラルでもヨハンソンの息子でも何者でもないと否定する。
スカブではなく、世界を破壊するというトゥルースは、シークレットを撃墜。
戦おうとするエレナたちの元に、アオとナルがニルヴァーシュで現れる。
「トゥルース……お前は! お前だけは!!!」
「俺は何者でもない。
 ただ一つのトゥルースだぁ!!!!」

そして二人が激しくぶつかる。
アオがtype ZEROでやってくるのかと思いきや、普通にRA272でやってきた。
決着はつかなかった……

西暦12021年
ニューヨークだった町を歩くレントンは建物の中で死んだ親子を見つけ、ニューヨークの終わりを感じる。
スカブコーラルが世界の防衛機能であるシークレットと出逢い、世界は死滅した。
だが、突然幾つものスカブバーストが発生する。
エウレカが呼んでいると感じたレントンはニルヴァーシュと全てを終わらせるために飛び立つ。
やっとレントンが出てきたけど、昔のレントンとは雰囲気がずいぶんと変わってしまってる。後、なんでここにもニルヴァーシュがいるの? しかもtype ZERO spec3だよ。
ニルヴァーシュのスペックとしては
RA272 < type ZERO spec2 < type ZERO spec3
なんだろうな。

え~……何、この中途半端な終わり方。
もしかして劇場版で完結パターン? と、思ったら完結編とやらを晩秋にやるらしい。
通常放送なのか、それともスポットでの特番なのかは不明。
結局妊娠していたエウレカの最初の子供である女の子は何者で、どうなっているのかは不明のままだし。
エウレカはまだ助かってないまま。
トゥルースとの戦いも決着がつかず、スカブやトラパー、シークレットとどう向き合っていくのかも決まらず仕舞いだよ。

■トラックバックが飛ばない場合には別館(http://libra1974.blog86.fc2.com/)
にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

アニメ 感想 レビュー

|

« DOG DAYS'―ドッグデイズ― EPISODE12「ファイナルステージ」 | トップページ | 境界線上のホライゾンⅡ 第13話(最終回)「境渡りの欲深き者達」 »

エウレカセブン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エウレカセブンAO-ASTRAL OCEAN-episode:22「coral carriers」 第22話(最終回)「ギャラクシー・トゥ・ギャラクシー」:

» エウレカセブンAO 第22話「ギャラクシー・トゥ・ギャラクシー」 [藍麦のああなんだかなぁ]
エウレカセブンAO 第22話「ギャラクシー・トゥ・ギャラクシー」です。 『交響詩 [続きを読む]

受信: 2012年9月29日 (土) 07時12分

» エウレカセブンAO TBS(9/28)#22終 [ぬる~くまったりと]
第二十二話 最終回 ギャラクシー・トゥ・ギャラクシー episode 22 coral carriers 公式サイトからカノンと一体になって現れたトゥルースは、タナカの搭乗するエイブリンカーンを攻撃。続けて、ニルヴァーシュと戦いを始める。中京都でそれを知ったフレア は、シークレットにトゥルースの目的を問う。「彼はもはや病んでいる」。そう答えるシークレット。一方、戦いながらアオもトゥルースに問う。自分たちは今、日本ともシークレットとも仲間になった。にもかかわらず攻撃を仕掛けてくるトゥルースは何がしたい... [続きを読む]

受信: 2012年9月29日 (土) 11時38分

» Bパートは必要!(じょしらくとかココロコネクトとか) [アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)]
【だから僕は、Hができない。 第12話(最終話)】色々あって良介くんを生かそうとみんなが尽力するお話。概ね予想通りで特に感想もないんですが、色々邪魔してくれたメガネっ娘 ... [続きを読む]

受信: 2012年10月 1日 (月) 03時42分

« DOG DAYS'―ドッグデイズ― EPISODE12「ファイナルステージ」 | トップページ | 境界線上のホライゾンⅡ 第13話(最終回)「境渡りの欲深き者達」 »