« DOG DAYS'―ドッグデイズ― EPISODE9「ユニオン・フェスタ」 | トップページ | 境界線上のホライゾンⅡ 第10話「劇場の咆哮者」 »

2012年9月 7日 (金)

エウレカセブンAO-ASTRAL OCEAN- episode:19「the day」 第19話「メイビー・トゥモロー」

2025年9月21日、連合軍は大形IFOエイブラハム・リンカーンを投入。
ゲネラシオン・ブルは本社の発電施設が親会社ビッグ・ブルー・ワールドの指示により、緊急点検という名目で停止状態となり、バックアップ用の電気会社からの送電も止められてしまう。
自家発電を点検の名目で止められていたのか。
一度止めてしまうと、発電機というのはすぐに電気を供給できるものでもないしな。
しかし明らかに最初からこうなる展開が読める指示なのに、レベッカが従ったという事は親会社との衝突はまだ避けたいという思いがあるんだな。

クリストフ・ブランは密かにゲオルグにとある契約条件の確認などを行った後に、ゲネラシオン・プルの方針をシークレット撃退から、スカブコーラル増殖抑止へと変更すると言い出す。
このゲオルグはシークレットのゲオルグで、ブランが取引をしたのはシークレットに対してなのか、ゲオルグに対してなのか。そもそもただのコンピュータであるゲオルグと契約云々と言っているのが気になるところだが。
死を覚悟していて、ゲネラシオン・ブルの資産などを全て娘に譲渡しようと考えているというところかな。

日本軍に捕らえられたシークレットのところへとやってきたトゥルース。
スカブコーラルを再活性化させたにもかかわらず、シークレットが現れない事に苛立っていた。クウォーツガンで世界に更なる混乱をもたらす事を望むトゥルース。
そんな彼にシークレットは自分たちが新たなる攻撃を一時控えていると告げる。彼らは秩序を求めているのだという彼は、トゥルースもシークレットであるという現実を突き付ける。
トゥルースは明らかにシークレットの姿になるのに、自分がシークレットだという認識無かったのか。正直そのことの方が驚いた。

自らがシークレットだという現実を忘れていたトゥルースに、アラタ・ナルは彼が10年前の沖縄に現れた巨大なシークレットだという事をスカブコーラルの中で見たと語る。
エウレカによってクウォーツを持ち去られた事で目的を見失った彼は、世界に受け入れられるため人の形を取った。
トゥルースが自分を変えてくれた。スカブコーラルと一つになる事で、人は無限の可能性を得るようになれるという。
トゥルースもまた新たなシークレットの形。そんな彼をナルが誘導していたのだと知ったトゥルース。
トゥルースもナルのように、トラパーを体内に取り込んで異変が生じているんだね。
本来は排除すべき存在と一つとなったトゥルースは、この先のシークレットや地球と、スカブの共存に大きく関わることになるのか?

電子に介在する力を持つ彼は成層圏まで上ると、衛星同士を衝突させてデブリの嵐を発生させる。
連合軍はこの破壊をゲネラシオン・ブルの仕業だとして攻撃を開始するが、その中にはマギー・クァンも含まれていた。
本当にゲネラシオン・ブルの仕業かどうかを検証しないところが、連合軍にとってはただ口実が欲しいだけというのがありありと伝わる。
マギーはゲネラシオン・ブルではなく、連合軍に加わる運命に変わっていたのか。もしアオがこのことを知ったらどう思うのか。つか、わざわざこの娘を出したという事は、二人が接触することがあるのかな? それとも、変化した後のこの娘の行方を描いていなかったから出てきただけなのか。

レベッカ・ハルストレムはシークレットとの接触により、彼らの意識と融合したゲオルグをダウングレードさせようとしていた。
レベッカはまだ対話で平和的解決が出来ると考えていたのか。
ポセイドン号が撃沈され、本社に迫る連合軍はゲネラシオン・ブルの所有するIFOとクウォーツガンを押収しようとしていた。
だが、ゲオルグがダウングレードのために削除された事により、IFOは一時出撃が出来なくなってしまう。
レベッカは停電が起きたことで、このタイミングで連合軍が攻撃してくることぐらい予想できないのだろうか? それとも判っていながらやっているのか?
それにしてもこの時点でまだ和解できると考えているのはちょっとおめでたい。
連合軍の狙いはアオとニルヴァーシュ、それにクウォーツガンを手に入れることなんだから、平和的解決なんてありえないだろう。ましてやアメリカはゲネラシオン・ブルをテロリスト呼ばわりしているんだから、今更それを訂正なんて出来るわけがない。

エレナ・ピープルズはフレア・ブランとフカイ・アオに自分がエウレカに連れられて異世界からやってきたため、元の世界へ戻りたいのだと語る。
エレナは違う運命の世界から来たと思ってるんたけど、実際にはエウレカたちの生きていたた未来からやってきてるんだよね。だからクウォーツガンでどれだけ未来を変えても、彼女のいた世界には戻れないのではないのか。もしくは、大きく変化させれば、そもそもエウレカがやって来なかった世界を作れると考えているのか。
何にしても、やはりエレナはエウレカの最初の子供なんだろう。で、二人目がアオという事か。
レントンがクウォーツガンを捜しているのは、二人の子供を自分たちの時代に連れ戻して生きられるようにするためなのか?

ブランはフレアに二人で逃げようと声を掛けるが、フレアは父親がそんな事を口にする筈がなく、彼が偽物である事を見抜いており、クウォーツガンを格納した地下にいた彼にいきなり発砲する。
正体を現したトゥルースに対して、クウォーツガンを武器として使わせまいと抵抗するアオ。
そこに兵士と駆けつけたブランは、ゲネラシオン・ブルは今日で終わるがアオたちには自分たちの過ちを正す必要がある、とアオにフレアを託す。
シークレットは敵ではなく、スカブコーラルこそが世界の侵略者という可能性に気付いたブラン。だが大人は簡単に一度決めつけた事を覆す事は容易には出来ないため、子供であるアオたちに真相を見出して欲しいと願った。
ブランはシークレットが敵ではないと感じ始めていたのか。
ただ、エウレカはスカブコーラルは敵ではない、と語っていたよな。
つまりはアオたちは両方が共存する道を見つける必要が出てくるのか。それがナルやトゥルースのような存在に関係してくるのか?

ブランへと挑むブラン。彼もヨハンソン・ブックを読んだ事があり、そこからトゥルースが記憶を無くしたシークレットであるという可能性を見出していた。
そしてシークレットとクウォーツの爆発的な反応を利用し、彼に対して新たに回収していたクウォーツをぶつけて爆発を発生させる。
トゥルースはあれぐらいでは死なないんだろうけど、暫く動けないか、もしくは意識に変化が生じるのか。
親父さんは流石に死んだな。

次回 episode:20「last message」 第20話「ベター・デイズ・アヘッド」

もしかしてトゥルース女になってない? 元々男にも女にもなれる存在だけど、もしベースが女になってるのなら、クウォーツ攻撃を受けて大きく変質している可能性がありそうだな。

■トラックバックが飛ばない場合には別館(http://libra1974.blog86.fc2.com/)
にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

アニメ 感想 レビュー

|

« DOG DAYS'―ドッグデイズ― EPISODE9「ユニオン・フェスタ」 | トップページ | 境界線上のホライゾンⅡ 第10話「劇場の咆哮者」 »

エウレカセブン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エウレカセブンAO-ASTRAL OCEAN- episode:19「the day」 第19話「メイビー・トゥモロー」:

» エウレカセブン AO 第19話「メイビー・トゥモロー」 [藍麦のああなんだかなぁ]
エウレカセブンAO 第19話「メイビー・トゥモロー」です。 『交響詩篇エウレカセ [続きを読む]

受信: 2012年9月 8日 (土) 00時02分

» エウレカセブンAO 第19話 「メイビー・トゥモロー」 [つれづれ]
 お父さんなクリストフが格好良かったです。 [続きを読む]

受信: 2012年9月 8日 (土) 00時17分

» エウレカセブンAO 第19話 感想 [荒野の出来事]
 エウレカセブンAO  第19話 『メイビー・トゥモロー』 感想  次のページへ [続きを読む]

受信: 2012年9月 8日 (土) 07時24分

» エウレカセブンAO TBS(9/07)#19 [ぬる~くまったりと]
第19話 メイビー・トゥモロー episode 19 The day 公式サイトからゲネラシオン・ブルへの送電が停止する。それは、ゲネラシオン・ブルに対して、親会社ビッグ・ブルー・ワールドが講じた措置だった。だがそうした逆風にも うろたえず、ブランはシークレットの排除業務からスカブコーラルの排除へと業務の転換を決意する。それはビッグ・ブルー・ワールドとの本格的決裂を意味する。ビッグ・ブルー・ワールドと板挟みのレベッカは、ゲネラシオン・ブルがまだ有用であることを認めさせるため、危険要素であるシークレッ... [続きを読む]

受信: 2012年9月 8日 (土) 12時52分

» ハッキリしてもらいたい!!(ソードアート・オンラインとかココロコネクトとか) [アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)]
【だから僕は、Hができない。 第9話】敵の大ボスとの対決の巻。え?まだ9話だけど(大ボスを)倒しちゃっていいの? もしかしてこの作品全10話ぐらい?…とか思ってしまいました ... [続きを読む]

受信: 2012年9月 9日 (日) 19時12分

» (アニメ感想) エウレカセブンAO 第19話 「メイビー・トゥモロー」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
投稿者・ピッコロ エウレカセブンAO 1 (初回限定版) [Blu-ray](2012/06/22)本城雄太郎、宮本佳那子 他商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日夜11時からアニメ...... [続きを読む]

受信: 2012年9月12日 (水) 07時02分

» エウレカセブンAO 第19話 『メイビー・トゥモロー』 トゥルース(真実)なのに自分の正体は知らなかったの。 [こいさんの放送中アニメの感想]
結局和解できぬままだったフレアとブラン社長。事故にあった妻と娘のどちらか一人しか助けられない時どうするか。親なら妻より娘の命を優先するのはやむを得ない。そして妻を死なせた事を一生後悔する羽目になる。よりよい方法など無く、最悪と超最悪な選択肢でしか無い訳です。 せめて子供が分かってくれれば気も安らぐのでしょうが、フレアは決して許さなかった。理屈では分かっているのかもしれない。でも感情の面でどうしても納得できなかったのか。そして今度は父が娘を守って死んでしまったと。今度は逆にフレアの精神が危険です。ア... [続きを読む]

受信: 2012年9月13日 (木) 14時59分

« DOG DAYS'―ドッグデイズ― EPISODE9「ユニオン・フェスタ」 | トップページ | 境界線上のホライゾンⅡ 第10話「劇場の咆哮者」 »