« めだかボックス アブノーマル 第7箱「黒神くじらという素敵な名前」 | トップページ | 聖闘士星矢Ω 第34話「生死の狭間!冥界の闘い!」 »

2012年11月26日 (月)

BTOOOM! 第8話「白い亡霊」

柿本人志は木下秀美と行動を共にしており、彼女を守ろうとしていたが、秀美に裏切られてトカゲの群れの中へ突き落とされてトカゲ諸共殺されてしまいました。

宮本雅志を倒してヒミコを救出した坂本竜太は夜が更けたため、島にある建物で一夜を過ごすことにしました。
ヒミコは坂本が自分がBTOOOM!の中で出会って結婚したSAKAMOTOだと知って少し心を許すようになっています。ただし表面上はあくまで知らないフリなので、完全に心を許しているわけでもない様子。
坂本はゲーム内のHIMIKOとヒミコは別人だと信じ込み、彼女に自分がニートでネットの世界が全てであり、そんな世界で自分を受け入れてくれたHIMIKOを特別な存在だと感じている事を告白。
ヒミコはレイプされた親友だけでなく、学校の奴らからも何故か責められて不登校になっていたのか。別に彼女が悪いわけではないのに。

二人が眠った頃、HIMIKOは夢で目を覚ますと懐中電灯を持った不気味な人影を発見。
二人は建物の中を散策する事になり、坂本はそこで左手首から先を失った女性の村崎志紀と出会いました。
極端に男を嫌う村崎は、今回のゲームではなく前回のゲームの参加者
そういや、チップが集められずに人数が足りなくなった場合、残ってるプレイヤーはどうなるんだろうか。見捨てられるのか?

看護師だった志紀は自分の尊敬する医師・伊達政人の医療ミスを庇ってカルテの改竄などを行った志紀でしたが、その伊達から裏切られてしまい彼をBTOOOM!に差し出した。しかし彼女自身も誰かに売られてゲームに参加する事になり、二人はこの島で再会。
伊達は志紀に過去のしがらみを忘れて力を合わせる事を申し出て、二人は協力してこのゲームを続けていたものの、6つのチップを集めた時に伊達に裏切られしまった。
運良く命は助かったものの、左手を失い島に取り残されてしまいました。
ただ左手と共にチップを失ったため、レーダーに引っかかる事が無くなったので島で他のプレイヤーに発見される事もなく生き延び続ける事が出来たという事。
坂本はこの話をヒミコから聞く事で、チップを集めたプレイヤーの救出にやってくるヘリを強奪すれば自分たちが助かるのではないかと考えるようになりました。
ただ、一部始終はティラノスジャパンが監視しているのだから、この会話も聞かれてるんじゃないのか。
ま、全プレイヤーを常時監視し続けるだけの人数が裂かれていないみたいだから、戦闘時以外の会話などはほとんど注目されていないのかもしれないけど。
志紀は雰囲気からするともうこの島から脱出するつもりがないのか……食料はかなり落とされる物資に頼っているみたいだけど、ゲームが開催されていない期間はどうしているんだろう。

坂本とヒミコが志紀の下を去り、平のいる建物へ向かっている頃、平は再びゲームに参加させられていた伊達によって手当てされていました。
つまり、今度は平たちを利用しようと考えているという事だろう。
しかしゲームをクリアしたプレイヤーたちは何事も無かったかのように日常生活を送っているという事なんだろうか? 誰かに恨まれてゲームに参加させられたという事は、伊達のようにまた送り込まれるかもしれないと考えないのか?

次回 第9話「最強プレイヤー」

かつて坂本が他のプレイヤーを罠に掛けているのを目撃した織田信隆が登場。

■トラックバックが飛ばない場合には別館(http://libra1974.blog86.fc2.com/)
にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さいgood

アニメ 感想 レビュー

|

« めだかボックス アブノーマル 第7箱「黒神くじらという素敵な名前」 | トップページ | 聖闘士星矢Ω 第34話「生死の狭間!冥界の闘い!」 »

BTOOOM!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/56198325

この記事へのトラックバック一覧です: BTOOOM! 第8話「白い亡霊」:

« めだかボックス アブノーマル 第7箱「黒神くじらという素敵な名前」 | トップページ | 聖闘士星矢Ω 第34話「生死の狭間!冥界の闘い!」 »