« BTOOOM! 第12話(最終話)「絆」 | トップページ | ひだまりスケッチ×ハニカム 第12話(最終回)「12月31日~1月1日 ゆく年くる年」 »

2012年12月24日 (月)

聖闘士星矢Ω 第38話「勇敢なる反逆!エデン、決意の闘志!」

乙女座の黄金聖闘士(ゴールドセイント)フドウの前に為す術なく倒れた光牙たちを助けに現れたのはオリオン座の青銅聖闘士(ブロンズセイント)エデン。
父マルスの理想は尊敬するも、その手段が間違っていると考え、反逆者となってマルスを止める決意を固めたエデンは、自らがマルスの元へ向かうため、フドウとの対決に挑む。
エデンって今までどこにいたの? 普通に考えたら最上階にいたはずなんだけど……

フドウの繰り出す明王来臨を破ったエデンの放つ攻撃は、光牙たちでは身じろぎ一つしなかったフドウを僅かながらも動かす。
怒りや憎しみではなく、後悔によって更なる力を手に入れたというエデン。
そんなエデンに対して、フドウもまた一つ高みへと上る。
「自身に逆らおうとする者を力ずくで止めようとする恐ろしい姿」
「宇宙の真理を静かに教え諭す姿」
「悟りそのものを体現する姿」
この三輪身という3つの姿を持つというフドウ。
しかしエデンと光牙たちの実力差は今のところかなりあるという事だな。

悟りそのものとなったフドウの力の前に心が静まり戦意を失うユナや蒼摩たちだが、光牙とエデンだけは闘志を捨てない。
愛する者を失った世界は光も何もない絶望の世界だというエデンは、アリアの望む世界を作ろうと考えていた。
そんなエデンに、光牙はエデンならばマルスを止める事が出来ていたはずなのに、何もせずに見ていただけであり、今更もう遅いと怒りを滾らせる。
それを悟った上で、エデンは彼らと共には戦わないと光牙たちを処女宮から弾き出し、フドウとの一騎打ちに挑む。
はじき出された光牙たちは、フドウとの戦いはエデンに任せて先へと進む。
この時点でエデンの身を案じているのはユナだけで、他のメンバーはまだ彼に対して仲間意識は皆無。

エデンの裏切りを知ったマルスに、エデンは一時の感情に流されているだけだと語る聖なる魔女メディアは、宝瓶宮へと足を運ぶと時計座の白銀聖闘士(シルバーセイント)の時貞に水瓶座(アクエリアス)の黄金聖衣(ゴールドクロス)を授け、邪魔者の青銅聖闘士を時間の檻に閉じこめろと排除を命じる。
あれ、黄金聖闘士ってまだ12人揃って無かったの? 全部揃ったみたいな事を言っていたような気もしていたんだけど、気のせいか。ま、どっちにしても天秤座は不在だろうしね。
時貞はかつて栄斗の兄者を殺した男。
てっきり栄斗が戦ってセブンセンシズに目覚める相手になるのかと思いきやそうでもないのか。

水瓶座の黄金聖衣は強い自我を持っており、自我に認められるまでは聖衣の下僕となり支配される
というか、そもそも黄金聖衣は元々意識を持っていて、纏う相手を選ぶんじゃなかったかな。だから過去に蟹座は聖衣に拒絶されたりしたんだし。
水瓶座に何時の間にやら時間を司るという設定が加わってる。
時と永遠を司るという彼は黒い髑髏に操られた状態で戦う。
時間拳という時間を操る攻撃を繰り出す時貞に一方的な攻撃を受け続ける。
光牙は光速の拳で! とか言ってたけど、セブンセンシズに目覚めていないのに使えるの?
光牙は時貞の攻撃を喰らって吹き飛ばされる。
光牙の落ちた先でエデンと出会って、戦いの中でお互いを認め合うことになるのだろうか。エデンと対決してセブンセンシズに目覚めるのかな。

フドウはエデンを審判の座へと導き彼の真意を聞き出し説得しようとするも、エデンの意思は変わらない。
どれほどの攻撃を受けても立ち上がり続けるエデン。
ひとえにアリアの願った世界への希望を胸に抱くため。
セブンセンシズに目覚めたエデンは争いのない世界を目指すため、マルスの下へと向かうと告げる。
フドウの『五大証悟』に対して、エデンは『オリオンズ・デヴァステーション』を放ちフドウを打ち破る。
エデン、まだセブンセンシズに目覚めて無かったんだ……もうとっくにセブンセンシズに目覚めているんだと思ってた。

次回 第39話「天秤宮の戦い!激突、黄金(ゴールド)対黄金(ゴールド)!」

何の脈略もなく、次回は時貞と玄武の対決。
ウィキには何故かもう次話の展開が記載されてるんだけどなんで?

■トラックバックが飛ばない場合には別館(http://libra1974.blog86.fc2.com/)
にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

アニメ 感想 レビュー

|

« BTOOOM! 第12話(最終話)「絆」 | トップページ | ひだまりスケッチ×ハニカム 第12話(最終回)「12月31日~1月1日 ゆく年くる年」 »

聖闘士星矢Ω」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聖闘士星矢Ω 第38話「勇敢なる反逆!エデン、決意の闘志!」:

» 聖闘士星矢Ω 第38話 勇敢なる反逆!エデン、決意の闘志! [cogito,ergo sum]
処女宮を守る、乙女座、ヴァルゴのフドウ。 黄金聖闘士の中でも、一、二を争う実力者の前に、光牙達は今までにない苦戦を強いられます。 もはや、これまでと思われたときに、光牙達を助けたのは、迷いが晴れ、誓いを胸に刻んだエデンでした。... [続きを読む]

受信: 2013年1月 1日 (火) 23時37分

» 聖闘士星矢Ω 第38話 『勇敢なる反逆!エデン、決意の闘志!』 衝撃の事実、十二宮は戦わなくても突破可能だった! [こいさんの放送中アニメの感想]
エデンにぶっ飛ばされて処女宮クリア。前にもハービンジャーにぶっ飛ばされたことありましたが、あくまで黄金聖闘士によるもの。お前たちとともに戦う気はない!味方じゃないとはいえ敵でも無くなったエデンにも可能とは思わなかった。この手使えば十二宮ポンポン突破できるんじゃないの? エデンの反逆に対しユナは好意的。一方で光牙は「奴は所詮マルスの息子!」と斬って捨てる。まあアリアの件があるだけに、好意的に見られないのは仕方ないですね。 もしかしてカミュ?黄金聖闘士は十二宮で待っているもの。その常識を... [続きを読む]

受信: 2013年1月 6日 (日) 23時57分

« BTOOOM! 第12話(最終話)「絆」 | トップページ | ひだまりスケッチ×ハニカム 第12話(最終回)「12月31日~1月1日 ゆく年くる年」 »