« ささみさん@がんばらない 第8話「戦略的孤独」 | トップページ | 閃乱カグラ 第9話「秘立蛇女子学園」 »

2013年3月 5日 (火)

ダイ・ハード ラスト・デイ 感想(ネタバレあり)

 【ストーリー】

ロシアで大富豪ユーリ・コマロフ(セバスチャン・コッホ)が収監された。
世間では大物政治家のチャガーリン(セルゲイ・コルスニコフ)が裏で糸を引いていると話題になり、コマロフの逮捕に対するデモ抗議が発生していた。
ジョンは政治取引として、自分の殺害がコマロフの仕業である裁判で証言すると持ちかける。

そんな中、ジャック・マクレーン(ジェイ・コートニー)がクラブで一人の男を殺害して逮捕される。
相棒のコリンズ(コール・ハウザー)から音信不通だった息子がロシアで逮捕されたと知らされたジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)は、娘のルーシー・マクレーン(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)に見送られてロシアへと渡る。

ガイドブック片手に辿々しいロシア語で裁判所へ向かうようにタクシーに頼むマクレーンだが、英語が堪能だったタクシー運転手(パシャ・D・リンチニコフ)は自分の歌を聴いてくれたマクレーンと親しくなり道路が渋滞するので歩いていく事を薦め、代金も無料としてくれる。

裁判所に連れられるジャックとコマロフだが、謎の武装集団によって裁判所の壁が爆破されて襲撃される。
コマロフを捕らえようとする襲撃犯だが、混乱の中、ジャックはコマロフを連れて逃走を図る。
だが車で逃走しようとしたジャックの前に、突如マクレーンが姿を現す。
突然現れた父親に驚くジャックだがマクレーンのジャックを呼ぶ声で襲撃犯に見付かってしまう。
ジャックはマクレーンを突き放して車で逃走し、武装集団の追撃を受ける。
マクレーンも状況が判らないまま、彼らの後を追跡する。

実はジャックはCIAの諜報員だったのだ。コマロフを国外へと連れ出そうと潜入していたジャックだが、父親の出現によって作戦が6分遅れてしまい、作戦が変更となってしまう。

マクレーンに恨みを感じながら逃走するジャックは武装集団と激しいカーチェイスを繰り広げる。
だが、そこに割って入ったマクレーンにより、武装集団の車を横転させる事に成功する。
自分の奪った車も大破したマクレーンだが、ジャックに回収され共にCIAのアジトへと到着する。
CIAの局員と合流したジャック。
CIAの局員はコマロフに彼が隠し持っているチャガーリンの弱点となる証拠を自分たちに引き渡せば海外へと逃亡させると確約し、コマロフは娘も同行する事を条件に同意する。
コマロフは娘のイリーナ(ユーリヤ・スニギル)と連絡を取り合流の手はずを整えるが、直後武装集団によりアジトを襲撃される。
CIA局員が殺害されてしまい、3人はアジトから再び逃走して娘との合流予定のホテルへと向かう事になる。
道中、ジャックはコマロフとマクレーンの会話を立ち聞きして、父が仕事にかまけて子供達を放って置いた事を後悔していたと知る。

改装工事を行っているビルの中、待ち合わせ場所でイリーナと合流したコマロフだが、マクレーンは何か嫌な予感がしていた。そんな父親の言葉に耳を貸さなかったジャックだが、そこにまたもや武装集団が現れてしまう。
しかもイリーナと武装集団は通じており、コマロフは彼らに捕らわれてしまう。
武装集団のリーダーであるアリク(ラシャ・ブコヴィッチ)は用済みとなったマクレーン親子を殺害しようとするが、二人は絶妙なコンビネーションで武装集団を撃退して逃走する。

コマロフ親娘とコマロフの証拠を取り戻すため、ウクライナのチェルノブイリへと向かう。
実はチェルノブイリの事故はコマロフとチャガーリンが関与していたのだ。

チャガーリンは証拠を手に入れるとコマロフ親子を殺害するつもりでアリクに指示を出していた。
だが、全てはコマロフ親子によって仕組まれていた事だった。
コマロフが本当に隠していたのは濃縮ウランだったのだ。ウランを手に入れた彼らはアリクを殺害、更にチャガーリンも暗殺してしまう。

そうとは知らずにコマロフの救出にきたマクレーン親子は、隠し部屋でコマロフと合流する。
咄嗟に取り繕うコマロフだったが、マクレーンはすぐさま異変に気付いてコマロフが黒幕と見抜く。
しかしイリーナたちも無線でコマロフがマクレーン親子に捕らえられたと知り、部下と共に父の救出とマクレーン親子の殺害へとやってくる。
マクレーン親子は協力して武装集団との対決に挑む。

・キャスト
ジョン・マクレーン:ブルース・ウィリス(吹替:中村秀利)
ジャック・マクレーン:ジェイ・コートニー(吹替:野沢聡)
ユーリ・コマロフ:セバスチャン・コッホ(吹替:伊藤和晃)
ルーシー・マクレーン:メアリー・エリザベス・ウィンステッド(吹替:園崎未恵)
イリーナ:ユーリヤ・スニギル(吹替:加藤忍)
アリク:ラシャ・ブコヴィッチ(吹替:関俊彦)
コリンズ:コール・ハウザー(吹替:宮内敦士)
マーフィー:アマウリー・ノラスコ(吹替:落合弘治)
チャガーリン:セルゲイ・コルスニコフ(吹替:金尾哲夫)
タクシー運転手:パシャ・D・リンチニコフ(吹替:斎藤志郎)

 【感想】

原題は『A GOOD DAY TO DIE HARD』
ダイ・ハードシリーズ最新作。
日本語のタイトルからはシリーズ最終作のようなイメージを受けるけど、アメリカのタイトルでは別にそういうわけでもない。ただ、ブルース・ウィルスの年齢とか考えるとそろそろ限界か。
そのブルース・ウィルスの吹替は長らく担当していた野沢那智さんが亡くなっているので、その弟子にあたる中村秀利が担当。
そして息子役に息子の野沢聡がキャスティングされています。
ただし今回の映画は吹替えがほとんど放映されてなかったので、字幕にて視聴。
吹替えだと那智さんとの違いが気になって集中できないかもしれないのでちょうどいい。

話はシリーズ初となるアメリカ以外の場所が舞台。
ロシアでの騒動となります。
展開はダイ・ハードらしく、アクションシーンの連発となっています。
それだけと言えばそれだけとも言える作品。
ただ、この作品を見る人の多くは派手なアクションシーンを期待して見に行くわけでしょうから、そういう意味では期待を裏切らない出来とも言えるか。
駆け引きや頭脳戦といったところにはあまり期待しない方が良い。

息子が青年に成長して、CIA局員となっている。
当然ながら家族にもCIAだったことは秘密となっていましたが、最終的には父親にバレて、エピローグからすると妹にもバレたのだろう。
母親は今回出てこなかったためどうなっているのか不明。
普通に考えればエピローグの場面では母親こそ迎えに来るべき場面なので、あそこのシーンでも出ないという事は今後も出てこないんだろうね。

マクレーンは相変わらず無法っぷりを発揮しています。
しかしチェルノブイリへと向かった時には、敵方はみんな用心して最初は防護服を着ているのに、マクレーン親子は生身で乗り込む勇気が凄い。行き当たりばったりなのか、何も考えていないのか判らないけど。

ジョンは父親の出現によって作戦が狂わされてしまったわけだが、CIAの女性が「彼に限って」と口にしている事からするとかなり優秀な人材なようだ。ロシアに派遣されている時点で優秀という事なのだろうけど。
しかしおそらく予定が狂わされたのはジョンだけでなく、コマロフもなんだろう。
彼の予定では裁判所が襲撃された時に娘たちに攫われた体で同行、ウランを手に入れるつもりだっただろうに、CIAが絡んできて予定を狂わされたのだろう。

ジョンがマクレーンのiPhoneを破壊したのは、彼の電話から居所が探られたと考えたのかな。実際にはコマロフがイリーナに行った通話が原因なんだろうけど。

ただの刑事に過ぎないマクレーンが海外で派手にドンパチしてしまっているわけですが、そこはCIAが絡んでいるのでCIAの作戦行動の一環として処理されたのだろう。
ロシア側も政府の高官が事件に関与していたので、あまり事件を大事には出来なかったというのもあるのかな。
まぁ、何にしてもこの手の作品に関しては細かいところはいちいち気にしていても仕方ない。

政治的な陰謀が絡んだお話だったけど、主人公の親子があまり陰謀面とは無関係な立ち位置にいち第三者的だったのが残念というか。そのためか、あまりマクレーンたちに追い詰められた感がない。
対立していた二つの勢力に横から飛び込んだみたいな感じになってしまったので、命の狙われ方も邪魔だから消すという感じで積極的に狙われていなかったので、若干緊張感が欠けたかな、というのが残念。

個人的評価:75点

■トラックバックが飛ばない場合には別館(http://libra1974.blog86.fc2.com/)

にほんブログ村 映画ブログへ ←良かったらクリックして下さいアップ

映画 感想 レビュー

|

« ささみさん@がんばらない 第8話「戦略的孤独」 | トップページ | 閃乱カグラ 第9話「秘立蛇女子学園」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダイ・ハード ラスト・デイ 感想(ネタバレあり):

» 映画「ダイ・ハード/ラスト・デイ」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「ダイ・ハード/ラスト・デイ」観に行ってきました。大事件に巻き込まれる不運でタフな刑事ジョン・マクレーンをブルース・ウィリスが演じる、言わずと知れた超大ヒットシリー... [続きを読む]

受信: 2013年3月 5日 (火) 20時27分

» ダイ・ハード/ラスト・デイ [佐藤秀の徒然幻視録]
ループするのにもってこいの日 公式サイト。原題:A Good Day to Die Hard。ジョン・ムーア監督、ブルース・ウィリス、ジェイ・コートニー、コール・ハウザー、メアリー・エリザベス・ウィ ... [続きを読む]

受信: 2013年3月 5日 (火) 21時02分

» ダイ・ハード/ラスト・デイ (IMAX)/ブルース・ウィリス [カノンな日々]
劇場でもテレビでも宣伝を頻繁に目にしましたけどホントにこれでラストになるんでしょうか?シリーズ第5弾です。不死身の男・ジョン・マクレーン刑事に息子さんがいたんですね。も ... [続きを読む]

受信: 2013年3月 5日 (火) 21時35分

» ダイ・ハード/ラスト・デイ [タケヤと愉快な仲間達]
【あらすじ】 過去4度もアメリカ国内で凶悪テロを防いできたニューヨーク市警刑事ジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)は、ボヤキ交じりにモスクワへと旅立った。疎遠になっていた一人息子ジャック(ジェイ・コートニー)が、“世界で最もツイてない男”である父親のDNAを...... [続きを読む]

受信: 2013年3月 5日 (火) 21時42分

» ダイ・ハード/ラスト・デイ/A GOOD DAY TO DIE HARD [いい加減社長の映画日記]
やっぱり、ブルース・ウィリスといえば、ダイ・ハード・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 久しく会っていなかった息子ジャック(ジェイ・コートニー)がロシアでトラブルを起こした上に、ある裁判の証人となったと知らされた刑事ジョン・マクレーン(ブルース...... [続きを読む]

受信: 2013年3月 5日 (火) 22時18分

» ダイ・ハード/ラスト・デイ  監督/ジョン・ムーア [西京極 紫の館]
【出演】  ブルース・ウィリス  ジェイ・コートニー  コール・ハウザー 【ストーリー】 NY市警の刑事ジョン・マクレーンの元に、音信不通の息子・ジャックがロシアで投獄されていると言うニュースが届く。ジョンは息子を引き取りにモスクワに飛ぶが、ジャックのいる裁...... [続きを読む]

受信: 2013年3月 5日 (火) 22時36分

» ダイ・ハード/ラスト・デイ [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★☆【3,5点】(10) ひとつのアトラクション映画として観れば楽しい。 [続きを読む]

受信: 2013年3月 6日 (水) 00時22分

» ダイ・ハード/ラスト・デイ [だらだら無気力ブログ!]
モスクワでロシア語を話すなって、そない理不尽なこと言われても・・・。 [続きを読む]

受信: 2013年3月 6日 (水) 02時10分

» 『ダイ・ハード ラスト・デイ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ダイ・ハード ラスト・デイ」□監督 ジョン・ムーア□脚本 スキップ・ウッズ、ジェイソン・ケラー□キャスト ブルース・ウィリス、ジェイ・コートニー、セバスチャン・コッホ、       ラシャ・ブコヴィッチ、コール・ハウザー、ユ...... [続きを読む]

受信: 2013年3月 6日 (水) 08時15分

» 映画:「ダイ・ハード/ラスト・ディ」♪。 [☆みぃみの日々徒然日記☆]
平成25年2月22日(金)。 映画:「ダイ・ハード/ラスト・ディ」。 監督:ジョン・ムーア 撮影:ジョナサン・セラ 音楽:マルコ・ベルトラミ キャスト: ブルース・ウィリス (John McClane) ジェイ・コートニー (Jack McClane) メアリー・エリザベス・ウ…... [続きを読む]

受信: 2013年3月 6日 (水) 10時37分

» ダイ・ハード ラスト・デイ [そーれりぽーと]
これで最後?『ダイ・ハード ラスト・デイ』をIMAXで観てきました。 ★★★★ 第九を効果的に使い「またあいつが帰ってきた感」を出していた予告編とは打って変わって、本編の冒頭は全然『ダイ・ハード』シリーズらしくない。 というか、むしろもう『ダイ・ハード』である必...... [続きを読む]

受信: 2013年3月 6日 (水) 20時46分

» 「ダイ・ハード/ラスト・デイ」 もうシリーズ、厳しいのでは? [はらやんの映画徒然草]
ただのアクション映画としてならば、及第点なのかもしれないのですけれど。 やはりあ [続きを読む]

受信: 2013年3月 6日 (水) 22時36分

» ダイ・ハード ラスト・デイ [迷宮映画館]
これは根本的に、邦題が間違ってる [続きを読む]

受信: 2013年3月 7日 (木) 08時11分

» 「ダイ・ハード ラスト・デイ」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法]
2013年・アメリカ/配給:20世紀フォックス映画 原題:A Good Day to Die Hard 監督:ジョン・ムーア脚本:スキップ・ウッズ、ジェイソン・ケラー製作:アレックス・ヤング、ウィク・ [続きを読む]

受信: 2013年3月 7日 (木) 22時54分

» [映画『ダイ・ハード / ラスト・デイ』を観た(寸評)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆このシリーズは、私、もう、見逃せないのです。  ただ、気になっていたことがあるのだが、これまでのシリーズ全てが2時間超の上映時間のアクション超大作なのに、今作は、100分足らずなのである。  これ、どう撮っても、一時間半の、キレのいい良作レベル(例え...... [続きを読む]

受信: 2013年3月 8日 (金) 00時12分

» ダイ・ハード/ラスト・デイ [ダイターンクラッシュ!!]
2013年2月14日(木) 21:55~ TOHOシネマズ日劇1 料金:1000円(TOHOシネマズデー) マクレーン ロシアでも法規無視 『ダイ・ハード/ラスト・デイ』公式サイト 長いこと音信普通だった息子がロシアで逮捕され、急遽ロシアに渡るマクレーン。 息子は投獄されているロシアの政治家を保護するために潜入したCIAのエージェントだった。 裁判所に武装集団が乱入し、息子は政治家と逃げるも、親父マクレーンと再会。 親父と息子は、武装集団との戦いを余儀なくされる。 過激化した破壊シーンは、... [続きを読む]

受信: 2013年3月 9日 (土) 20時37分

» ダイ・ハード ラスト・デイ : ブルース・ウィリス大将、光ってますね [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 プロ野球は、キャンプ真っ盛りですね。とはいえ、広島カープのように弱いのがど定番になると、ファンとはいえどうでもよい感じですよ。特に、監督がアレですから。ちなみに、本 [続きを読む]

受信: 2013年3月11日 (月) 19時50分

» 息子登場となるが・・・ [笑う社会人の生活]
27日のことですが、映画「ダイ・ハード ラスト・デイ」を鑑賞しました。 ジョン・マクレーン刑事、シリーズ第5弾 疎遠だった息子ジャックがモスクワで警察に捕まっていると知ったマクレーンは 身柄を引き取りに現地を訪れるのだが テロ事件に巻き込まれてしまい・・・...... [続きを読む]

受信: 2013年3月17日 (日) 17時32分

» 映画『ダイ・ハード/ラスト・デイ』を観て [kintyres Diary 新館]
13-20.ダイ・ハード、ラスト・デイ■原題:A Good Day To Die Hard■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:98分■観賞日:2月23日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)■料金:1,800円 □監督:ジョン・ムーア◆ブルース・ウィリス(ジョン・マクレーン)◆ジェイ・コー...... [続きを読む]

受信: 2013年7月21日 (日) 12時56分

« ささみさん@がんばらない 第8話「戦略的孤独」 | トップページ | 閃乱カグラ 第9話「秘立蛇女子学園」 »