« たまこまーけっと 第12話(最終回)「今年もまた暮れてった」 | トップページ | 劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME 感想(ネタバレあり) »

2013年4月 1日 (月)

聖闘士星矢Ω 第51話(十二宮編完結)「輝け光牙!光と闇の最終決戦!」

闇の神アプス連れ去られたアテナ城戸沙織を救出するため、復活した星矢より射手座(サジタリアス)の黄金聖衣(ゴールドクロス)を身に纏い、闇へと飛び込んだ光牙はアプスと対峙する。

アテナを闇に飲み込もうとするアプスは、光牙の光を捨て闇の小宇宙(コスモ)を燃やせと告げる。
アプスに諍い、光を捨てない光牙に、アプスは光牙がアテナの作る世界で苦しんできたはずだと告げる。
しかし光牙はそれを否定し、沙織が自分を信じてくれたのだと、アテナを救うと誓う。
というか、光牙ってアテナの世界ではあまり苦しんだ自覚ないよね。むしろアテナが捕らわれて、マルスが新しい世界を作ろうとした事で苦しんでいた感じだし。
沙織が世界を治めていた時は、平々凡々と修行なんてしたくねぇ、と我が儘言ってただけだから。
ま、アテナの世界で闇を身体に宿すことにはなったんだけど。

闇を切り裂き沙織へと続く階段を前にした光牙。
アプスは自分の作り出した世界を奪った神々はアテナを残すのみであり、宇宙を返して貰うと語る。だが、沙織は光牙という希望を託す。
光牙を倒し、アテナの希望を消し去りアテナを消し去ろうとするアプスだが、光牙は傷つき尚も立ち上がる。
闇に囚われ仲間を傷付けたにもかかわらず、自分に希望を託してくれた星矢や仲間たちのため、アテナを護ろうとアプスへと挑む。
神々の残りがアテナのみっていうのは、沙織が星矢たちと一緒に他の神々を片っ端から倒してきたからという事なのかな。でも、神々ってやられても転生するんだよな。

仲間を傷付けた時、その事を苦しんでいた光牙。
アプスに憎しみを抱きながらも、憎しみを力と変えるのではなく、闇を怖れず痛みを背負って戦うと決意した。
闇に飲み込まれるのを怖れるのではなく、闇を自分の一部として受け入れる覚悟を固めたらしい。

アプスを倒すべく燃やす光牙の小宇宙を感じ取った蒼摩、ユナ、龍峰、栄斗、エデンの5人は魔障に犯されながらも小宇宙を燃やして光牙へと送り届ける。
「燃えろ! 羽ばたけ! 沸き上がれ! 越えろ! 轟け!
 ……そして、輝け! 俺たちの小宇宙!!!」

5人の小宇宙を受け取った光牙は仲間の小宇宙に支えられ、必殺のペガサス流星拳を放ちアプスを貫く。
星矢は小宇宙を届ける力がもう残ってなかったのかな。
星矢の台詞と仲間はそれぞれみんなの属性や特性に合わせたものみたいだけど、何故栄斗が「越えろ」なんだろう。「吼えろ」とか「肥えろ」なら判るが、「肥えろ」はないだろうし。兄者の死を乗り越えたという意味では、他のみんなも同じだし。

遂にアテナを救出した光牙だが、アプスは尚も光牙たちを追跡する。
アテナに魔障を施し、闇へと飲み込もうとするアプスだが、光牙が沙織を救う。
沙織さん、あっさりと闇に蝕まれすぎだろう。光の女神がそんなあっさりと闇に飲み込まれなくても。
アプスの作り出した世界であっても、世界はそこに生きている自分たちのものであると、沙織を仲間の下へと送り、光牙は一人でアプスに挑む。
光牙は闇を拒むのではなく、闇の中に生きているからこそ、自分自身を光り輝かすのだと告げる。
アプスの闇の小宇宙を持ってるから、光牙だけは魔障を受けないのか。変わりに闇に落ちていたけど、闇を怖れなくなったことで闇に落ちなくなったわけか。
そんなアプスを倒そうとしたアプスだが、火星の地底から舞い上がってきたアリアの杖の欠片に阻まれると、光牙によって遂に打ち倒される。
アリアの杖が最後が頑張ってくれた。

アプスの闇は消滅し火星が地球より引き離されると、光牙の身を案じるユナだが、星矢はこの星にいるのが危険だと告げる。
やっぱりユナがヒロインになってるな。

光の世界を漂う光牙は、そこでアリアと出会う。
「ありがとう、光牙……
 世界を護ってくれて」

感謝を述べるアリアを泣いて抱きしめる光牙。
アリア、ラストに出番が戻ってきた。
しかしエデンの前には出てきてくれないんだね。
終盤はユナがヒロイン化して最終回まで頑張ってたのに、アリアに美味しいところを全部持って行かれた……ま、でも生きているモノが最終的には勝ち組って事で。

火星に吸収された小宇宙が地球へと光となって降り注ぎ、聖闘士たちの魔障は消える。
そして光牙もまた地上へと舞い戻った。
星矢や旧青銅聖闘士たちの魔障については描かれていないけど、沙織やユナたちからも消えたので消えたんだろう。
これで新章では戦えるようになっている筈なんだけど、どうやってメインの戦いには参加できない状況を作り出すのか。星矢は黄金聖闘士として十二宮でアテナを護るという任務があるけど。
地球の小宇宙がマルスにも降り注いでいたから、マルスが人間として生き返るのかと思いきや、どうやらそうでも無かったみたいだ。
そういや、十二宮はどうするんだろう
流石にマルスの作ったバベルの塔の十二宮をそのまま使うわけにはいかないだろうし、あれは今崩壊仕掛けている筈だから、作り直し?
ちなみに光牙たちが聖衣をボロボロにしているので、貴鬼は修復が大変そう。射手座の聖衣なんて木っ端微塵になってるし。ま、昔みたいに血がいらなくなっただけマシか。

次回 第52話(新生聖衣編)「新たな聖衣(クロス)!翔べ、新生(ニュー)ペガサス!」

女神パラスとパラサイト……
パラサイトって……とりあえず、部下たちの名前からすると、巨人族みたいだけど。
聖衣石が砕けて、また昔の聖衣箱に戻るらしい。
予告で光牙と戦ってるのは鋼鉄聖闘士の昴だな。
光牙の弟分になると書いていたし、画像を見た限りではてっきりもっと小さい子供かと思ったら、そうでもないのか。
謎の黄金聖闘士みたいな人物も出てくるみたいだけど、あれがタイタンなのか、それとも別の黄金聖闘士なのか。

■トラックバックが飛ばない場合には別館(http://libra1974.blog86.fc2.com/)
にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

アニメ 感想 レビュー

|

« たまこまーけっと 第12話(最終回)「今年もまた暮れてった」 | トップページ | 劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME 感想(ネタバレあり) »

聖闘士星矢Ω」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聖闘士星矢Ω 第51話(十二宮編完結)「輝け光牙!光と闇の最終決戦!」:

» 聖闘士星矢Ω第51話(3.31) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
「たとえおまえが世界を生んだ神であろうとも、 この世界はそこに生きる俺たちのものだ。 おまえの闇がすべてを覆い隠そうとも、 俺たちは女神の光と共に未来を切り開いてみせる!」 十二宮を突破した光牙たち青銅聖闘士の力で マルス、マルスを操っていたメディアは滅び、 射手座の黄金聖衣をまとった光牙は闇の神アプスを撃破、 捕えられていた城戸沙織は救出され、世界は救われたと 第一部完。 この回のアプスを倒すシーンは凄い描写の仕方だったな なんか絵がガンバの冒険っぽかった。 終盤慌ただしくて、メディアさんの描き方... [続きを読む]

受信: 2013年4月 1日 (月) 01時30分

» 聖闘士星矢Ω 51話「輝け光牙!光と闇の最終決戦!」の感想 [真実悪路]
闇より生まれ、光に生きる。 どうして光牙は闇ではなく光を選ぶのかという問いに対する答えは、 いずれ自分の敵となるかもしれないと知りながら育ててくれた沙織への恩。 闇の申し子である光牙でさえも、...... [続きを読む]

受信: 2013年4月 1日 (月) 02時36分

» 聖闘士星矢Ω 第51話 『輝け光牙! 光と闇の最終決戦!』 星矢の赤シャツが懐かしい...そしてやっぱりヒロインはアリアなのか。 [こいさんの放送中アニメの感想]
ヒロインはあくまでアリアなのか。アプスの攻撃をアリアの杖がガード。直後に弾け闇を光で満たすと。これで無限大もとい大にパワーアップした光牙がアプスを倒すという展開でした。 更に闇の世界を漂う光牙を救ったのもアリア。そして自身は復活せず。唐突に死んだアリアだけにどっかで復活するのではと思ったのですが死んだままでしたね。 ユナ「光牙は?光牙はどうしたの!?」星矢と沙織「」。ひとり光牙の心配をするユナに帰還した沙織は無言。更に星矢が「ここは危険... [続きを読む]

受信: 2013年4月19日 (金) 06時22分

« たまこまーけっと 第12話(最終回)「今年もまた暮れてった」 | トップページ | 劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME 感想(ネタバレあり) »