« 百花繚乱 サムライブライド 第1話「真陰、開幕(オープン)」 | トップページ | フォトカノ 第2話「学園天国」 »

2013年4月12日 (金)

DEVIL SURVIVOR2 THE ANIMATION 2ND DAY「激動の月曜日Ⅰ」

気象庁・指定地磁気調査部「ジプス」に捕らわれの身となった久世響希、志島大地、新田維緒の3人は秘密の地下通路を利用して、国会議事堂地下にある「ジプス」の東京支局へと連れて行かれる。
響希はそこでジプスの若き局長・峰津院大和とジプス東京支局の局員・迫真琴から、ジプスが密かにこの国を霊的力で護ってきた事、悪魔を召還する技術を彼らが身につけている事、ヒビキが世にも希な強力な神獣を召還した事、そしてヒビキが倒した異界からの侵略者・セプテントリオンを後6体倒さなければこの世界が消滅する事を教えられる。
怒濤の如く状況説明をされましたが、ヤマトはかなり上から目線

ヒビキたちの携帯電話を解析した研究者たちは、悪魔召還アプリは使用者の力を解析して悪魔をオークションで落札して召還する仕組みで、自分たちの使う術式よりも遥かに強力なものである事と解析する。少なくとも一般局員では召喚された悪魔に対抗できないようだ。
召喚アプリを作成、配布した者が誰かという事についてはジプスでも不明。
召喚アプリで召喚できるのは使用者の力次第だから、力のない人間は召喚すら出来なかったのかな。

憂う者は一体目のセプテントリオンが倒された事が偶然か否かを見定めようとしていた。

ジプスから協力を要請されたヒビキは、二人の解放をまず要求する。
ジプスにとっては携帯について調べたかったというのもあるし、悪魔召喚アプリを手に入れているのが彼らだけではないのは判っているだろうから、ダイチやイオを拘束しておく必要性なんてないので簡単に受け入れてます。
だが、港区へと連れて行かれるも、そこは他と同じように酷い惨状となっていた。
歩いて自宅方面へと向かおうとする維緒に、響希たちは避難所まで一緒に行くことにするが、避難所でも親の情報は見つからず、有明に関する情報は手に入らなかった。
ダイチはマコトに避難所の人たちをジプスに避難させることが出来るのではないのかと訊ねるも、ジプスにはジプスの役割があると受け入れを拒まれてしまう。
確かにここの人たちは避難させることが出来ても、東京中に大量の避難民がいるのに、それら全てを受け入れて守ることなんて出来ないわけだしな。

避難所にいる人々の中には悪魔に関する噂が持ちきりだった。
避難所の人々を見ていたヒビキだが、そこに悪魔の襲撃が発生する。
響希は白虎を召還して悪魔と戦う。大地も協力しようとするが、悪魔が修復中のため召還する事が出来ない。
一度倒された仲魔は回復するまでに結構時間がかかるのか。
ただの高校生だったヒビキだが、ここでみんなを見捨てる事は出来ない。
しかし悪魔は次々と出現してきりがない。
3人を送り届けて帰還しようとしていた真琴は騒ぎに駆け付けると、天使 能天使(パワー)を召還してヒビキに力を貸すと、暴走している携帯を探し出して破壊に成功する。
携帯だけ落ちていたのは、持ち主が死んでしまったからみたいだけど、事故などに巻き込まれたのか、悪魔を制御しきれなかったのかは謎。
使用者が死ぬと仲魔が暴走するのは前回と同じだけど、今回大量に現れたのは別に持ち主があれだけ大量の仲魔を持っていたというわけではなく、暴走の影響なんだよな。
今のところ悪魔召喚アプリの仲魔を悪用する人間は出てきていないけど、そのうちに悪用する人間とかも出てくるのかな。

避難所の人々から畏怖の目で見られるヒビキだが、助けた少年から感謝の言葉を掛けられた事で救われる。
そしてヒビキたち3人はジプスに協力して戦うことを決意する。
ヒビキだけでなくダイチやイオも一緒に戦うことにしたらしい。
取り敢えずダイチもそろそろ2体目の仲魔が欲しいな。

3人にはジプスの召還システムを開発しているジプス大阪本局にいた筈が行方不明となっている菅野史博士を探し出すという使命を与えられることになる。
いきなり扱き使われ出した。
フミは設定では名古屋支局員になってるけど、開発のために大阪へ出向していたとかなんだろうか。
しかしジプスの主要メンバーはみんな若いな。古くからある組織みたいなんだし、中核にいるのはもっと年齢高そうなんだけど。中年になると現場を退いてしまうとか?

ヤマトの前に現れた憂う者はヒビキを側に置いておかなくてもいいのかと問いかけるが、ヤマトは簡単にやられる者なら用はないと冷たく言い放つ。
そんな彼に憂う者は期待していると見抜くと、自分も新しい「輝く者」に期待してみようかな、と告げる。
どうやらヤマトは憂う者と関係しているようで、ジプスの組織自体とは別に何か目的を持っていたりしそうな感じか。

名古屋ではジプスの動きを察知した栗木ロナウドはヤマトの思惑通りにはさせまいと、自分たちの計画を実施しようとしていた。
でも次回の舞台は大阪なので、ロナウドたちの計画は次回のラストで発動されて、その結果4話でヒビキたちは名古屋へ向かうことになるのだろう。

次回 3RD DAY「激動の月曜日Ⅱ」

3人は大阪へ。
和久井啓太や九条緋那子と一緒にセプテントリオンと戦うみたいだ。

■トラックバックが飛ばない場合には別館(http://libra1974.blog86.fc2.com/)
にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さいgood

アニメ 感想 レビュー

|

« 百花繚乱 サムライブライド 第1話「真陰、開幕(オープン)」 | トップページ | フォトカノ 第2話「学園天国」 »

デビルサバイバー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/57158514

この記事へのトラックバック一覧です: DEVIL SURVIVOR2 THE ANIMATION 2ND DAY「激動の月曜日Ⅰ」:

» DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION 第2話「激動の月曜日Ⅰ」 [WONDER TIME]
「誰かに期待しちゃ駄目だ  考えるんだ 今俺が出来る最善の事を!」 ジプスの東京支部へと連れて行かれた響希たち そこで峰津院から何が起こっているのか聞かされる事に…    ジプスのメンバー捕ら...... [続きを読む]

受信: 2013年4月12日 (金) 20時19分

» DEVILSURVIVOR2(デビルサバイバー2)theANIMATION ... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
戦う理由--------。東京都の地下にある秘密通路を、車に乗せられ、強制的に連れ去られてしまった響希と大地、維緒。政府はこの事態を予見していたという事なのか。だとしたら、なぜ人... [続きを読む]

受信: 2013年4月12日 (金) 21時06分

» DEVIL SURVIVOR2 THE ANIMATION 2ND DAY「激動の月曜日Ⅰ」 感想 [積みとゆとりのブログ]
先週、謎の組織に囚われた久世響希、志島大地、新田維緒の3人でしたが、まさか彼らが国会議事堂の地下へと連れて行かれるとは・・・ 国会議事堂なのに、政治家は皆無なのねw ジプスの基地を国会議事堂にす...... [続きを読む]

受信: 2013年4月12日 (金) 23時37分

» DEVIL SURVIVOR 2 2ND DAY「激動の月曜日Ⅰ」 [がっちの言葉戯び]
折角なので関連診断メーカーやってみました。 私はこの人だそうです。 個人的には『生きるとは、食べること。』とか言っていた少年に激しく同意なんですが、 まぁ確かにこれはこれで、幼女を育てるゲ...... [続きを読む]

受信: 2013年4月14日 (日) 04時39分

» みなみけ繋がり(俺の妹がこんなに可愛いわけがない。とか、とある科学の超電磁砲Sとか) [アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)]
【はたらく魔王さま! 第2話】勇者登場の巻。魔王さんは“魔王”だけに元の世界での強さが魔力依存だと考えることができますが、勇者さんは人間なんですから強さの依存度は魔力+ ... [続きを読む]

受信: 2013年4月15日 (月) 12時29分

« 百花繚乱 サムライブライド 第1話「真陰、開幕(オープン)」 | トップページ | フォトカノ 第2話「学園天国」 »