« キルラキル KILL la KILL 第二話「気絶するほど悩ましい」 | トップページ | フリージング ヴァイブレーション Episode2「Evolution Pandora」 »

2013年10月15日 (火)

〈物語〉シリーズ セカンドシーズン #15 囮物語 第乱話「なでこメドゥーサ 其ノ肆」

阿良々木暦の部屋でクチナワの神体を探していた千石撫子は、一枚の御札を発見する。
クチナワはそれこそが神体であると悟るも、そこに暦が姿を見せた。
暦は撫子に御札を置くように告げる。
撫子が中学で起こした騒ぎを聞いていた暦は、彼女が追い詰められていたことに気付かなかったことを詫びる。
必死に説得しようとする暦に、撫子はこれは自分にとっての償いだからと拒否する。
しかしクチナワは一切撫子の問いかけに答えない。

忍野忍は可愛いだけの可哀想な娘に気を使わず、力尽くで奪えばいいのだと告げる。
そして御札が忍野メメではなく、臥煙伊豆湖より預かったものであり、クチナワは甦っておらず、シュシュはただのアクセサリーで、撫子に語りかけていたクチナワとは彼女が作り出した妄想でしかなかった。
クチナワに関する一連の事は、完全にただの幻覚・幻聴でした。

暦と忍は御札を飲み込もうとする撫子を阻止しようとするも間に合わず、怪異そのものと化した撫子に忍は深傷を負う。
忍を辛うじて救った暦だが、自分の事は救ってくれなかったのに忍の事は救ったと逆上した撫で子は、暦を滅多刺しにしてしまった。
完全にただの逆恨み。
暦たちは血も蒸発して無くなるから、部屋が猟奇事件の現場みたいにはならずに済んだのか。

そして北白蛇神社にいた撫子の元へやってきた暦と忍だったが、二人は戦いに敗れてしまう。

クチナワは全て撫子の作り出した妄想に過ぎず、撫子は御札を飲み込んだことによって、既に失われていた信仰を甦らせたのだ。
クチナワと撫子は今や同一の存在となっていた。
撫子が暦とその恋人の姿を目にした時に、全てが始まっていた。
撫子は嫉妬を抱き、神に祈った。
だがその記憶さえも撫子は封印していた。
神頼みの力を実感していた撫子だが、北白蛇神社は神体を失い神の力を受けることは出来ない。
忍野扇からその事実と、ご神体を暦が所有している事を聞かされていた。
シュシュも扇から手渡されたものだった。
全ての黒幕は実は扇だったようだ。撫子の闇を見抜いて、彼女を誘導したのか。
蛇にでも飲み込ませたら良いと言っていたことから、撫子も当初は自分でお札を飲むつもりはなかったけど、暦がやってきた事で飲み込んだのかな。と、考えると、暦がやってきたのも実は扇に何か言われた結果だろうか。

自分の願いを叶えるために神を復活させようと考え、神を復活させるために神を擬装した。
暦の家の鍵を開けたのも、前日、暦の家に泊まった時に手に入れていたものであり、その暦の家へ泊まるのも全て計算してのことだった。
暦が現れた理由は不明ですが、どこからか情報を入手していたようだ。
今のクチナワの口調が撫子の幻覚と一致しているのは、復活したクチナワは撫子の信仰によって復活したものだから、彼女のイメージがそのままトレースされているのか。

暦が生きていれば、また彼女などを作ってしまうかもしれない、そう考える撫子は暦を殺すことで永遠に叶わない恋をしようと考える。
暦を殺害しようとした所へ、暦の携帯へ戦場ヶ原ひたぎから電話が掛かってきた。
ひたぎの様子からすると、ひたぎは今回の一件について知っていたようだな。

暦がまだ生きていると撫子から聞いたひたぎは「良かった」と口にする。
そして撫子に自分を殺しても構わないので、暦と忍を助けて欲しいと願い出る。
だが、3人とも殺すつもりだという撫子はこの願いを拒絶する。
ひたぎはその答えに動ずることもなく、それならば殺す順番を考えた方が良いと告げる。
暦よりも忍を先に殺さなければ、忍は本来の力を取り戻して撫子を殺してしまう。
そして更にそれよりも先に自分を殺さなければ、八つ当たりで「みんな」を殺害すると宣言する。
そして神である撫子に自分たちを殺す事を受け入れる変わりに、卒業式までの半年の時間をくれと約束を取り付ける。
復活したキスショットは神になった撫子よりも実力が上なのか。
当然、ただ単に先延ばしへしたわけではなく、その期間に何らかの手を打つつもりなのだろうが、果たして二人が勝てなかった相手にどう対応するつもりなのか。やはり怪異の専門家たちの出番かな。

願いを受け入れる交換条件に、撫子はひたぎにその期間、手も繋がないようにと告げる。
もし違う形で出会っていれば友達になれたかもしれないという撫子だが、ひたぎは「撫子のような子が昔の自分以上に嫌いだ」とそれを完全に否定する。
撫子のセリフは本音ではなく、単に漫画とかの良くある台詞を口にしただけなのかな。
ひたぎはそれを正面から切り捨ててしまったけど。

話は消化不良のまま。
春、撫子は神社にやってきた暦、ひたぎ、忍、更に羽川翼や神原駿河も加えて彼女たちを殺害する……
というオチを迎えるかどうかはまだ先の話で。

次回 #16 総集編Ⅲ

■トラックバックが飛ばない場合には別館(http://libra1974.blog86.fc2.com/)
にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さいgood

アニメ 感想 レビュー

|

« キルラキル KILL la KILL 第二話「気絶するほど悩ましい」 | トップページ | フリージング ヴァイブレーション Episode2「Evolution Pandora」 »

化物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/58391483

この記事へのトラックバック一覧です: 〈物語〉シリーズ セカンドシーズン #15 囮物語 第乱話「なでこメドゥーサ 其ノ肆」:

» <物語>シリーズ セカンドシーズン 第15話「囮物語 なでこメドゥーサ其ノ肆」 [いま、お茶いれますね]
第15話「囮物語 なでこメドゥーサ其ノ肆」 お札を手にした撫子を見て、刺激しないように説得を試みる暦。 暦が持っている分には害は無いのでしょうね。しかし今の撫子には危険でしかない。 ... [続きを読む]

受信: 2013年10月15日 (火) 21時06分

» 物語シリーズ セカンドシーズン TokyoMX10/12)#15 [ぬる~くまったりと]
第乱話 なでこメデューサ其の肆 公式サイトから ついにご神体を見つけた撫子。上機嫌なクチナワは撫子に願いを叶えてやると言う。 だが、そこに暦があらわれご神体を手放すよう撫子を説得しはじめる。 千石、僕は何もしない。ゆっくりそれを床に置くんだ、それは危ない物なんだ。お前が色々抱えていることは良く分かった。気付いてやれなくてごめん。 何も分からない小娘なんて殴って奪えば良いんじゃ。これは償いだから。くちなわさん、撫子を助けてよ。早く札を返すのじゃ。 お札を飲み込む撫子。止めようと飛びかかる忍、しかし一歩... [続きを読む]

受信: 2013年10月15日 (火) 21時13分

» 『<物語>シリーズ セカンドシーズン』#15「囮物語なでこメドゥーサ 其ノ肆」 [ジャスタウェイの日記☆]
「でも仕方ないよね。 自分は可愛いよ、誰だって。撫子もそうだっただけ」 暦お兄ちゃんと両思いになりたい、 そんな願いをつぶやく撫子の前に当の本人、暦が帰ってきた!! だが、撫子の願いについては最初に否定しただけで、 暦の関心事は撫子が手にしたお札に方にある様子。 冷静になって札を床に置くよう懇願する暦だったが…囮物語完結です!... [続きを読む]

受信: 2013年10月15日 (火) 21時32分

» <物語>シリーズ セカンドシーズン〜第15話感想〜 [ブラり写真日記〜鉄道・旅・アニメのブログ。]
「囮物語 なでこメドゥーサ 其ノ肆」 千石撫子の前に現れた阿良々木暦と忍。 お札を渡すように撫子に告げるが、 それでも撫子はクチナワの封印を解くことを決意し、邪神化した。 そして、1話冒頭に戻り、邪神と化し髪が白蛇となった撫子。 クチナワは本来、撫子の空想上のものだったが、 復活させたことで、実体化することになった。 ひたぎと歩いているところを見た撫子は、神様に祈ったのだった。暦のことを。 そして、あのクチナワのような..... [続きを読む]

受信: 2013年10月15日 (火) 22時44分

» 物語シリーズ セカンドシーズン 第15話「囮物語 なでこメドゥーサ 其ノ肆 [空 と 夏 の 間 ...]
クチナワのご神体を見つけた撫子。 しかし、そこに暦が現れて、ご神体を手放すよう説得するが… ようやく「囮物語」の冒頭の話に繋がる展開。 撫子が作りだした「囮」の物語は、ここでひとまず完結? 続きは、別エピソードを挟んでまたって本当ですか?(^^;  ... [続きを読む]

受信: 2013年10月15日 (火) 23時22分

» 物語シリーズセカンドシーズン 第15話 なでこメドゥーサ其ノ肆 [ゲーム漬け]
撫子に御神体を手放すように説得する暦ですが、忍はぶん殴って奪えば良いと。 追い詰められた撫子は御神体を口の中へ。 おぞましい怪物へと変貌する撫子 ... [続きを読む]

受信: 2013年10月16日 (水) 00時26分

» 〈物語〉シリーズ セカンドシーズン 第15話 [桃色のティータイム]
なでこメドゥーサ其ノ肆 衝撃のラスト‥、駄洒落で終わった(笑)   囮物語の囮とはそういう事か‥‥。 語り手が正しい事を(読者に)言っているとは限らないというUnreliable〜 撫子の危うさには気付いていたけど、ここまで来るともう‥ そして唆したのは忍野扇か‥。 目的は他のエピソードで語られるのでしょうか? というかこの事態の結末はちゃんと語られるんでしょうか‥? 感想ブログリンク もす! ぬる〜くまったりと 空 と 夏 の 間 ... ブラり写真日記〜鉄道・旅・アニメのブログ。 気ままに歩... [続きを読む]

受信: 2013年10月16日 (水) 05時04分

» 囮物語 #15 [桜詩〜SAKURAUTA〜]
【なでこメドゥーサ 其ノ肆】 囮物語 第一巻/なでこメドゥーサ(上)(完全生産限定版) [Blu-ray]出演:神谷浩史アニプレックス(2014-02-26)販売元:Amazon.co.jp ラスボスですよー!  [続きを読む]

受信: 2013年10月18日 (金) 17時35分

» ガンプラ趣味の扱い(ガンダムビルドファイターズとかのんのんびよりとか) [アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)]
【シリーズ セカンドシーズン 第15話】神になった少女の巻。撫子さんとのバトルがエピソード冒頭に繋がるにしても、そこから阿良々木くんらの巻き返しがあるかと思ったのですが、 ... [続きを読む]

受信: 2013年10月19日 (土) 14時12分

» 『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』 第15話の評判 、及び感想と考察 [オレが面白いと思っているアニメやマンガは、本当に面白いのか?]
『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』 第15話「囮物語 なでこメドゥーサ其ノ肆」を観ました。<ストーリー>ついにご神体らしき呪符を見つけた撫子。上機嫌 [続きを読む]

受信: 2013年10月19日 (土) 16時30分

» 〈物語〉シリーズ セカンドシーズン第15話囮物語「なでこメドゥーサ其ノ肆」レビュー・感想 [ヲタブロ]
・・・そしてそれをきっかけに撫子は物語の捏造を開始したってことなんだ・・・阿良々木家、暦の部屋でエロ本の隙間からクチナワのご神体を発見した千石撫子だったがそれを暦に見 ... [続きを読む]

受信: 2013年10月19日 (土) 17時08分

» <物語>シリーズ セカンドシーズン 第15話 『囮物語なでこメドゥーサ 其ノ肆』 戦場ヶ原は最後まで出ないのかと思った。 [こいさんの放送中アニメの感想]
遂に対面って電話越しだけど。私の男、まだ生きてる?のっけから挑戦的な言葉を投げつけてくれます。忍といい、阿良々木の周りには煽るのが好きな女性が多いですね。お陰で阿良々木の説得が全く効果ありません。まあ撫子にしてみりゃ聞く気も無かったかもしれませんが。 警告を無視して御札を飲み込み、自ら蛇のご神体を取り込んで神となった撫子。因みにこの札臥煙伊豆湖なる人物から阿良々木に託されたらしいのですが知らない。こちら別の話で語られることもあるのかな。 そして話が最初と繋がった。阿... [続きを読む]

受信: 2013年10月20日 (日) 13時56分

» <物語>シリーズ セカンドシーズン 第15話 「囮物語 第乱話 なでこメドゥーサ 其ノ肆」 感想 [wendyの旅路]
愛は憎悪の始めなり― [続きを読む]

受信: 2013年10月20日 (日) 15時56分

» 物語シリーズ セカンドシーズン 第乱話 「囮物語 なでこメドゥーサ 其ノ肆」 [つれづれ]
 さすがの戦場ヶ原さんですね。 [続きを読む]

受信: 2013年10月20日 (日) 18時27分

« キルラキル KILL la KILL 第二話「気絶するほど悩ましい」 | トップページ | フリージング ヴァイブレーション Episode2「Evolution Pandora」 »