« キルラキル KILL la KILL 第八話「俺の涙は俺が拭く」 | トップページ | フリージング ヴァイブレーション Episode8「Rebellion」 »

2013年11月25日 (月)

〈物語〉シリーズ セカンドシーズン #21 恋物語 第恋話「ひたぎエンド 其ノ壹」

貝木泥舟の語りから始まった阿良々木暦と戦場ヶ原ひたぎの最後の恋物語。

元旦に京都にある日本有数の有名神社(伏見稲荷)へと足を運んでいた貝木の下に、ひたぎから電話がかかってきた。
貝木はひたぎから「騙して欲しい人間がいる」との依頼を受ける。
沖縄にいるという嘘を付いた貝木だったが、それならば沖縄へ行くと言い出したひたぎに会うため、沖縄へと足を運ぶことになってしまった。
律儀に沖縄へ向かうところが詐欺師のくせに悪党に徹し切れていないところなんだろうか。
自分によって詐欺の被害者となったひたぎが騙したい人間がいる、その事に興味を抱いた貝木は、いやな予感を感じながらも彼女と空港で落ち合う。
喫茶店で鼻眼鏡のひたぎに対抗意識を燃やして売店で購入したアロハを着て現れた貝木の姿に、飲んでいたジュースを吹き出してしまったひたぎ。
くだらない事で張り合うとか子供か……しかしアロハな貝木はひたぎからみたらインパクトあったんだと思うが、一般人からみると鼻眼鏡のひたぎがかなり奇天烈なんだが、店員は凄い平静だな。

詳しい話を聞かないと依頼を受けられないという貝木に、ひたぎは顔を立てて依頼という形にしているが、貝木は埋め合わせをしなけせればならないのだと告げる。
ひたぎが騙すべき相手は千石撫子。
やはり撫子が対象か。撫子をなんとかするための手段として、怪異の専門家を考えていて、現時点で頼れるのが貝木という結論に達したのか。

暦に秘密にしてまで自分に会いに来たというひたぎは、自分たちがこのままでは卒業式の日に撫子に殺される事になると告げる。
撫子は11月に人間から神になった事を教える。
そしてその撫子は貝木が騙した中学生によって被害を被った人物である。
ただ直接騙したわけではないから、貝木は撫子の事を知らないのか。まじないを教えた相手が誰を呪うのか、までは関与していないんだな。

撫子を騙して自分を助けて欲しいというひたぎの言葉に、貝木は心を揺り動かされる。
中学生を騙すぐらいはできるという彼だが、一文の得にもならない事はしないという。そんな彼に、ひたぎは忍野メメに蟹退治をしてもらった時と同じ10万円の謝礼を提示する。
今回もメメに頼めば良いという貝木だが、彼の消息は全くつかめず、羽川翼が海外にまで探しに行っても見つける事ができなかった。
撫子と交渉した時に考えいたのかはわからないけど、とりあえず対応策として最初に思いついたのがメメだったんだな。最悪の場合は暦の命だけは助けてもらえればと考えてるのか。
翼に渡航するほどの金があったのだろうか。何かしらの理由をつけて親にお金を出してもらったのか、将来を見据えて今までお金を貯めていたのか。
翼でも見つけられないとなると、後見つけられるのは臥煙伊豆湖ぐらいなのかな。ひたぎは彼女の存在を知らないから頼ることはできないのだろうけど。

かつて迷惑をかけた自分と暦、そして間接的被害にあった撫子のために無償で働く気はあるか、とわずかばかりの希望を込めて訊ねるひたぎに、即答で否定する貝木は10万円でも足りないと告げる。
ひたぎは10万円は手付けとして、幾らならば引き受けてくれるのかと問いかける。卒業式までの間に何とか金を工面するというひたぎは、必要とあれば自分の体を売るとまで口にする。
実際は金額の問題ではないのかな。中学生相手にしていた時は簡単な内容とはいえ、端金で仕事をしていたみたいだし、彼が納得できるかどうかという問題があるのか。

そんなひたぎにコーヒーを掛けた貝木は、トイレに言って自分自身に何かを理由に無償で働く意志があるかと自問自答する。
あらゆる方面から検討してみる貝木だが、自分にとって依頼を受ける事にメリットはなく、デメリットしか見あたらない。
そんな中で、彼は先輩である臥煙伊豆湖の姉、臥煙遠江の忘れ形見、神原駿河の存在を思い出す。ひたぎと暦が彼女と繋がっているだろうと推測。
そして駿河のためならば暦とひたぎを救うことができるという結論に達する。
無償で働く事ができるかとか、あらゆる考えられる可能性についてシミュレートしてみるところが、貝木が悪人になりきれていないところなんだろうね。ひたぎも彼のそうした本質を感じ取っているのだろうか。
駿河というよりも、駿河の母親に対して特別な想いがあるから、彼女の娘のためなら無理ができるという事なのか。
ともあれ、撫子との対決に動くようだけど、そこまでにまだ何かあるのかな。

次回 #22 恋物語 第恋話「ひたぎエンド 其ノ貳」

■トラックバックが飛ばない場合には別館(http://libra1974.blog86.fc2.com/)
にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さいgood

アニメ 感想 レビュー

|

« キルラキル KILL la KILL 第八話「俺の涙は俺が拭く」 | トップページ | フリージング ヴァイブレーション Episode8「Rebellion」 »

化物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/58639053

この記事へのトラックバック一覧です: 〈物語〉シリーズ セカンドシーズン #21 恋物語 第恋話「ひたぎエンド 其ノ壹」:

» <物語>シリーズ セカンドシーズン〜第21話感想〜 [ブラり写真日記〜鉄道・旅・アニメのブログ。]
「恋物語 ひたぎエンド 其ノ壹」 京都市内のとある神社にいた貝木泥舟。 すると、戦場ヶ原ひたぎから電話が。 名前と現在いる場所に対してもウソを言ったため、沖縄に行くことにw メガネを目印にしているというひたぎ。 なぜか、パーティー用のひげ付きメガネだったw ひたぎは、貝木に自分や阿良々木暦を狙う千石撫子をだまして欲しいという。 撫子は邪神と化しているがそれでもだます自信はあるという。 しかし、話を訊いても受ける理由はな..... [続きを読む]

受信: 2013年11月25日 (月) 15時19分

» <物語>シリーズ セカンドシーズン 第21話 「恋物語 第恋話 ひたぎエンド 其ノ壹」 感想 [wendyの旅路]
何事も信じるな、疑え― [続きを読む]

受信: 2013年11月25日 (月) 19時26分

» 物語シリーズセカンドシーズン 第21話「ひたぎエンド  其ノ壹」 [明善的な見方]
猫物語(白) 第二巻/つばさタイガー(下)(完全生産限定版) [Blu-ray]『最期の物語をはじめよう』 原作:西尾維新 キャラクター原案:VOFAN 製作会社:シャフト 監督:新房昭之 阿良々木暦:神谷浩史    羽川 翼:堀江由衣   戦場ヶ原 ひたぎ:斎藤千和 忍野 忍:坂本真綾   八九寺 真宵:加藤英美里   神原 駿河:沢城みゆき 千石 撫子:花澤香菜  ...... [続きを読む]

受信: 2013年11月26日 (火) 00時00分

» 物語シリーズ セカンドシーズン 第21話「恋物語 ひたぎエンド 其ノ壹」 感想 [キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記]
総集編だろうな~と思って視聴していたらこの有り様だよw 命より大事なお金を投げ捨てる光景… …すごい表現ですねw 今回の中で一番おもしろいと感じた台詞でしたw ということで貝木の登場~ 昔の敵は今は友?(違) 囮物語 第一巻/なでこメドゥーサ(上)(完全生産限定版) [Blu-ray](2014/02/26)神谷浩史、斎藤千和 他商品詳細を見る... [続きを読む]

受信: 2013年11月26日 (火) 17時58分

» 物語シリーズ セカンドシーズン 第21話「恋物語 ひたぎエンド 其ノ壹」 [空 と 夏 の 間 ...]
恋物語 ひたぎエンド、スタート!  千石撫子の死の宣告から逃れるため貝木を頼った戦場ヶ原。 話を聞いた貝木は、損にしかならないことだが。 自問自答して、引き受ける理由を探す貝木の性格が難儀ですね(笑)  一月一日、宿敵である貝木泥舟に電話をかけた戦場ヶ原ひたぎ。 それは自分と、そして阿良々木暦を「死の宣告」から救うための、苦渋の選択だった。  ... [続きを読む]

受信: 2013年11月27日 (水) 00時49分

» 『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』 第21話の感想と考察 [オレが面白いと思っているアニメやマンガは、本当に面白いのか? |『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』 第21話の感想と考察]
『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』 第21話「恋物語 ひたぎエンド 其ノ壹」を観ました。<ストーリー>一月一日、京都にいた貝木泥舟は戦場ヶ原ひたぎから [続きを読む]

受信: 2013年11月29日 (金) 17時28分

» 一歩間違えば“八百長”だが…(ゴールデンタイムとかせかつよとか) [アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)]
【シリーズ セカンドシーズン 第21話】戦場ヶ原さん、貝木さんにお願いごとをするの巻。何だか久しぶりにお声を聞いたような気がする戦場ヶ原さんですが、話の主役は貝木さんの方 ... [続きを読む]

受信: 2013年11月30日 (土) 19時41分

« キルラキル KILL la KILL 第八話「俺の涙は俺が拭く」 | トップページ | フリージング ヴァイブレーション Episode8「Rebellion」 »