« フリージング ヴァイブレーション Episode6「Marionettes」 | トップページ | 〈物語〉シリーズ セカンドシーズン #20 鬼物語 第忍話「しのぶタイム 其ノ肆」 »

2013年11月15日 (金)

キルラキル KILL la KILL 第七話「憎みきれないろくでなし」

なんだかよく判らないものを美味しいコロッケにしてしまう料理の腕を持つ満艦飾好代。
幼い頃に母親を亡くし、父親に寄宿舎付きの学校へ入れられていたため、家族団らんと無縁だった纏流子は、満艦飾家のような生活も良いと感じる。
満艦飾薔薇蔵、満艦飾又郎、ガッツは流子の風呂を覗いて殴り飛ばされてる。

学校での昼食中、投げナイフ部部長ジャック内蔵が襲ってきて、ナイフが弁当に刺さったのでご立腹。
更に南京玉すだれ部部長・陽炎陰三郎、綱渡り部部長・渡益代が次々と襲ってくる。
元は曲芸部だった彼らだが、流子を倒せば三つ星へ昇格できる。しかし流子を倒すには二つ星極制服が必要であるため、新しい部を作り部長となっていた。
この学校て、そんな簡単に部活を作れてしまうんだな。くだらない部活でも実績さえ出せれればOKという方針なのか。
二つ星極制服の量産もこのあたりを見越していたのだろうか。

満艦飾マコから話を聞いた流子は、喧嘩部を創設。
蟇郡苛は認めまいとするが、鬼龍院皐月はそれを承認。
学園を中から破壊するという流子に、皐月は飲み込まれないように注意しろと笑う。
が、部長職には大量の書類や事務手続きが必要になるため、流子はマコに部長を押しつけました。
まぁそんな予感はしていたよ。しかしマコが部長になるなら、極制服はもらっておいてもいいんじゃないかという気もするが。

フォークダンス部部長・御倉浜舞夢を始め、水泳部、陶芸部部長・陶器三兄弟などを次々と倒したことで、実績が認められた喧嘩部。
満艦飾家の暮らしはすっかり裕福になり、父親の職業も「表やみいしゃ」へ変更。
裕福な暮らしにちゃんとした食材を使った料理に大喜びのみんな。
みんなキラキラしていると、マコは部長として頑張ることに。
しかし部長になっただけで極貧生活から、普通の生活になれるなら、そりゃあ新しい部を作って部長になろうと考えるよな。
部長というだけで二つ星として優遇されるなら、実績のない部はやはり廃部にされたりもするのかな。

喧嘩部部員として流子は卓球部部長・河豚原愛善坊、折紙部部長・追手タタムも倒す。
更に裕福な生活を送れるようになった満艦飾家。
しかし薔薇蔵はキャバクラで豪遊、好代はホストクラブで遊び、飾又郎は高級チョコを買い占めて女の子に配り、ガッツは雌犬たちに餌を与え、マコは裕福な生活を守ろうと部活に没頭。
家族の心はバラバラになってしまう。
同じ二つ星でも、学校での活躍でその待遇が大きく変わってくるのか。
全国各地の遠征で他の学校を支配下に治めたような部活の部長もやっぱり高待遇なんだろうね。
そういや、飾又郎は学校へ行っていないけど、本能字学園は高等部だけなのか? それとも小中高一貫なんだろうか。でも小学生とか見かけないし、やっぱり高等部だけなのかな。
だとすると、他の年齢の子供たちはどうしているのか。

体育館にいた大量の部活と戦う過密スケジュールを立てるマコ。
更に地位を高める喧嘩部に、四天王は不服を覚えるが、皐月はもう暫く様子を見るように指示。
それは彼女たちが学園のシステムに破壊しているのか、飲み込まれようしているのか、判るようになる、と。
一人きりの食事になり、鮮血は自分たちが本当に勝っているのか、と問いかける。
実績をあげることで贅沢な暮らしが出来るというシステムに満足してしまっている満艦飾家の姿から、戦いには確かに勝ってるけど、この学園のシステムを破壊する、という勝負には勝てているとは思えないわけだ。

いよいよ四天王に挑戦する時がやってきた。
これに勝てば何もかも思いのままだと笑うマコだが、流子はそんなマコに退部届を叩き付ける。
スラム街に戻りたくないというマコに、皐月は彼女へ喧嘩部特化型二つ星極制服を与え、流子を倒せば三つ星極制服を与えると告げる。
流子はこのままシステムの中にいても、システムを破壊することは出来ないという結論に達したんだな。

駆け付けた家族も流子を倒せとマコの応援し、皐月はこれこそがこの学園のシステムであり、人は欲望に勝つことが出来ず、人は服を着たブタだと哄笑する。
そんな中、流子は神衣の戦闘モードを解いて無抵抗となる。
流子をボコボコにするマコだが、マコはついにその拳を止めると、何故止めてくれないのか、このままでは流子が死んでしまうと両親に訴える。
みんなが贅沢な生活をする中で、マコだけはその生活を維持するために動いていて贅沢な暮らしを満喫していたわけではないからね。ただ家族のためにだけやっていたんだろう。
流子との戦いも、大好きな家族ならきっと止めてくれるはずと信じていたんだな。

贅沢な暮らしをすることでみんなキラキラしていたと思っていたが、そうではなかった。
欲に目が眩んでクラクラしていただけであり、ギラギラのグラグラだと怒る。
流子はマコが本気で戦っていなかったことはその攻撃から察していたため、わざとやられていたのだ。
ただ友達だから無抵抗を貫いたのではなく、マコの真意を悟っていたのか。まぁ、流子は喩え友達だとしても、マコが本気で倒そうとするなら戦うタイプだろうしな。
マコの極制服は喧嘩部のものだから、他の部活のように特殊な能力がない代わりに、破壊力が抜群だったんだな。

喧嘩部を廃部にすることを宣言したマコ。
流子は人間は皐月のいうよほど弱くはない。人は自分の欲望を押さえ込めると、マコの極制服を破壊する。
今回の一件で、かなりの極制服を繊維喪失させて生命繊維を取り込んでいるわけだけど、鮮血が生命繊維を取り込んでいるのがどういう影響を齎しているのか、未だに不明なんだよね。
鮮血がパワーアップするのか、それとも他の理由があるのか。

マコの言葉にすっかり反省した彼らは流子に土下座して謝罪する。
貧しい生活に戻った彼らだが、そこには賑やかな食事と笑顔が戻った。
普通なら蟠りが残ったりするけど、あっさりと元の生活に戻れてしまうところがこの家族らしさでもあるのか。

皐月は今回の一件をきっかけに、本能字学園の秩序を一から作り直すため、本能字学園壊惨総戦挙を行うと宣言。
そう、皐月はこの学園のウミを排出するために流子たち喧嘩部を利用したのだ。
壊惨総戦挙というぐらいだから、一般的な選挙ではなく、争って力づくで自分の地位を獲得させるのだろうね。
総戦挙というぐらいだから、この戦挙には皐月や四天王も参戦するのかな。

次回 第八話「俺の涙は俺が拭く」

総戦挙開幕かと思いきや、何故か苛の話。
蟇郡苛が運転免許……

■トラックバックが飛ばない場合には別館(http://libra1974.blog86.fc2.com/)
にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さいgood

アニメ 感想 レビュー

|

« フリージング ヴァイブレーション Episode6「Marionettes」 | トップページ | 〈物語〉シリーズ セカンドシーズン #20 鬼物語 第忍話「しのぶタイム 其ノ肆」 »

キルラキル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/58581005

この記事へのトラックバック一覧です: キルラキル KILL la KILL 第七話「憎みきれないろくでなし」:

» 『キルラキル』#7「憎みきれないろくでなし」 [ジャスタウェイの日記☆]
「みんなキラキラしてる。こんな生活うそみたい。 流子ちゃん、私頑張るよ。喧嘩部部長として」 満艦飾家のにぎやかな食卓にもすっかりなれた流子。 学園での星持ちたちからの襲撃にもすっかり慣れた様子だったが、 何でも流子に勝てば3つ星になれるとのこと。 だが、流子に挑めるのは部長だけらしく、 ヘンテコな部活が続々作られている様子…... [続きを読む]

受信: 2013年11月15日 (金) 21時11分

» キルラキル 第7話 「憎みきれないろくでなし」 感想 [ひえんきゃく]
今回のテーマは家族の絆。 流子とマコの戦いはいつかはやると思っていましたが、 ここで持ってきましたか。 満艦飾家が夢を見た。 六畳一間に家族四人、犬一匹、居候一人。 貧乏暮しに慣れた身がなぜか突然贅沢暮らし。 頂点目指して有頂天。  キルラキル 公式サイト ごめんね、いいコじゃいられない。(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)(2013/11/13)沢井美空商品詳細...... [続きを読む]

受信: 2013年11月15日 (金) 23時23分

» 欲望には勝てなかったよ… キルラキル 第7話「憎みきれないろくでなし」感想 [アニメ色の株主優待]
皐月が大量生産した二つ星極制服を欲した者達によって部活動が乱立し、流子は数多の部長達から狙われる慌しい日々を送っていた。 そんな中、流子はただ待っているのではなく、この本能字学園のシステムを利用して困窮する満艦飾家の生活を改善しようと『喧嘩部』を自ら創設してしまう。 皐月の一声によって公式に認められた「喧嘩部」は流子の活躍もあり瞬く間に成果をあげ、満艦飾一家の...... [続きを読む]

受信: 2013年11月16日 (土) 00時30分

» キルラキル 第7話「憎みきれないろくでなし」あらすじ感想 [コツコツ一直線]
今回はマコ・満艦飾家メイン回で、流子が喧嘩部を作り、学園の部活とたくさん戦う話。流子が勝つごとに裕福になっていく、満艦飾家。ですがそれによって家庭は――。幸せってなんだろうhellip;?と考えさせられる、奥深い1話でした。... [続きを読む]

受信: 2013年11月16日 (土) 03時10分

» キルラキル TBS(11/15)#07 [ぬる~くまったりと]
第7話 憎み切れないろくでなし いつも家族全員で食べる夕食が嬉しい流子。母親は知らず、父は流子を寄宿舎に入れた。初めての家族団らんを知ったのだった。しかしお風呂を覗かれるのは許せない。 ランチ時に投げナイフ部、南京玉簾部、綱渡り部から 襲われる。流子の所為で曲芸部が細分化した、流子を倒せば 3つ星極制服が部長にだけ渡される。部長でないともらえないからだった。 それならと喧嘩部を作って内部から統制を壊してやる。毎週の会議に、毎月の予算計上に申請が必要。部長は満艦飾マコだ。 フォークダンス部と戦闘、陶芸... [続きを読む]

受信: 2013年11月16日 (土) 12時26分

» キルラキル 第七話「憎みきれないろくでなし」 感想 [書き手の部屋]
堀内賢雄さんの格好良い声はずるい。 あらすじ 部活や学業等の成績をそのまま家庭の生活レベルに反映させる。それが本能字学園のシステムだ。マコのせいで最低水準で生活する満艦飾一家だが、彼らはいつも幸せそうだ。そんななか流子は部活制度を逆手にとってマコを部長に任命、『喧嘩部』を創立する。部の成果が上がるほど満艦飾家の生活も向上。大喜びで流子に感謝する満艦飾家。しかしマコは手に入れた生活...... [続きを読む]

受信: 2013年11月16日 (土) 20時32分

» キルラキル 第7話「憎み切れないろくでなし」 [空 と 夏 の 間 ...]
マコの一家との暮らしに、家族の温かみを実感する流子。 学内では流子を狙う部活が乱立して、次々と挑戦してくる。 流子も喧嘩部を作り、マコを部長にして、有象無象の部を撃破していく。 それにつれマコ一家の生活はセレブになるが、家族の絆は薄れていってしまう…。 物質的な幸福だけでは人は幸せにならない。 そんなテーマを、お茶らけたストーリーで描いた良エピソード。 1話完結でいろ...... [続きを読む]

受信: 2013年11月16日 (土) 20時58分

» キルラキル 第7話「憎みきれないろくでなし」 [破滅の闇日記]
「キルラキル」オリジナルサウンドトラック(2013/12/25)TVアニメOST商品詳細を見る  このアニメも視聴を継続しています。勢いが凄いですね。昭和アニメを意識したような表現方法で疾走していますよ。猥雑さも昔ながらといった感じでしょうか? 主人公はイケメン女子ですが、女性キャラも遠慮なくボッコにされるようで。ヒロインにも容赦がありません。第7話はギャグ回かと思えば、家族物語も含まれて...... [続きを読む]

受信: 2013年11月16日 (土) 22時36分

» キルラキル 第7話 『憎みきれないろくでなし』 皐月の深慮遠謀に脱帽、「大衆は服を着た豚」の意味が痛いほど分かる回。 [こいさんの放送中アニメの感想]
部長の粗製乱造。部長になれば二ツ星極制服ゲット。纒流子を倒せば三ツ星昇格。このシステムにより細分化された部活が次々と作られ、流子に襲いかかる。神衣に二ツ星じゃ勝負にならないとはいえ、鬱陶しい。ならばと喧嘩部を立ち上げる逆転の発想。 この街では子供の学校での立ち位置、つまりスクールカーストで家族の生活レベルが決まります。子供居ないとずっとスラム暮らしなんだろうか。ある意味「産めよ増やせよ」を促進するシステムと言えます。 皐月の思惑。生徒会とあからさまに敵対している流子の部活設立。当然認められることも... [続きを読む]

受信: 2013年11月17日 (日) 13時53分

» (アニメ感想) キルラキル 第7話 「憎みきれないろくでなし」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
投稿者・ピッコロ シリウス(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)(2013/11/13)藍井エイル商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日夜11時からアニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送!一週間のアニメの感想を語り合っています。掲示板も設置、アニメ交流してみない?初めての方も大歓迎だぜ~!! ↑ポチって押して頂けると励...... [続きを読む]

受信: 2013年11月18日 (月) 13時37分

» 歴史をある程度知っていると…(アウトブレイク・カンパニーとか清須会議(映画)とか) [アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)]
【境界の彼方 第7話】恩人の妹さんとのお話決着編の巻。妹さんがこんなに早く退場しちゃうとは思いませんでしたよ。“妖夢を倒すごとに力を増す武器”という、いかにも厨二病が好 ... [続きを読む]

受信: 2013年11月19日 (火) 10時04分

« フリージング ヴァイブレーション Episode6「Marionettes」 | トップページ | 〈物語〉シリーズ セカンドシーズン #20 鬼物語 第忍話「しのぶタイム 其ノ肆」 »