« 絶滅危愚少女 Amazing Twins 第1話「わたしたちのショウへようこそ」 | トップページ | キルラキル KILL la KILL 第十六話「女はそれを我慢できない」 »

2014年1月29日 (水)

咲-saki-全国編 第4局「東風」

インターハイベスト16に残った初出場校は2校。うち一校が長野県代表・清澄高校だった。
ちなみにもう一校は南北海道代表・有珠山高校。準決勝での対戦校で、大将がヤバイらしい。たぶんサイドテールの子だと思うけど。
もし決勝進出が清澄と有珠山になったら、決勝戦が常連校一校、初出場二校、二度目が一校という大波乱状態。でも有珠山の先鋒の子ではお姉ちゃんを相手に戦うには戦力不足だから、姫松か臨海女子だろうな。真っ当に考えれば臨海。

・先鋒戦
永水女子 神代小蒔(2年)
宮守女子 小瀬川白望(3年)
姫松高校 上重漫(2年)
清澄高校 片岡優希(1年)

片岡優希の起家でゲームが始まる。
南大阪代表・姫松高校は先鋒戦での要注意人物を優希としていた。
永水女子・神代小蒔はその実力から注意するのは当然であったが、優希は県予選にて東場のみで歴代ハイスコアを残していた。
清澄ではダメっ子っぽい優希ですが、東場のみに注目した場合は凄い子なんです。個人戦でも東風戦の時は大活躍していたし。

異様なまでに東発起家の多い優希。
優希は三順目からいきなり立直をしてくる。
これに対して、小瀬川白望が危険に思われる赤五索を切ると、小蒔が鳴いてくる。
二人の行動を理解出来ないまま、本来であれば優希が引いた牌を引いた上重漫は、それが優希の当たり牌なのではと危惧する。
そして次巡、優希は五筒で満貫を和了る。
もし先の鳴きがなければ、優希が親倍を和了っていたと知る。
トップとの点差を3万点に抑えなければ、おでこに油性マジックで落書きされることになっている漫は厳しさを実感。
一見すると無能力者のように見えて、実は優希も能力者。
三順目リーチとか麻雀ゲームの世界だよ。現実ではなかなかお目に掛れない早手。テンパっても高目を目指せそうならダマで行くしな。

白望は県予選での優希の試合から、鳴く事で和了を食い止めることが出来るはずと伝えられていたが、予選直前の四校合同合宿で井上純の特訓の成果により、優希は鳴かれても調子が狂わないようになっていた。
みんなとの練習が彼女の中に力となっていた。
合宿の中、天江衣は南場になると集中力が切れて弱くなる優希に対して、それならば東場で連荘して討ち果たしてしまえば「毎回東風戦だ」と笑った。
「ここからは私の連荘で終わらせる!
 この試合に、東二局はない!」

あり得ない発言を口にする優希に戸惑う漫。
白望は優希にそこまでの実力があるとは思えず、トラッシュトークか天然かと考える。
衣の発言は普通に考えればそれはねぇよ、という発言なんだけど、優希だからこそその言葉に乗っかったんだろうね。実際には無理でもそれぐらいの心持ちで当たるんだろう。

東一局一本場。
漫は鳴いて一気に手を進めに行くも、優希はそれを上回る速度で和了ってくる。
しかも優希のうち筋は明らかに予選とは異なっているため、漫は対応に困惑。
こんな速度で立て続けに和了る相手は嫌だよな。

東一局二本場。
優希はダブル立直
もはや何を捨てたら良いのか判らないで北を切った漫は直撃を受けてしまう。
ダブリー相手にいきなり字牌切りはないだろう。

東一局三本場。
白望は何でもないところで迷いが生じる。
四人の中でももっとも注意するべき小蒔がおとなしいことも彼女にとって気がかりの一つ。
「ちょいたんま」と言って捨て牌で悩む。
彼女がそうして悩む時、必ず手が高くなるという特性があった。
その直後、突然「あっ」と声を上げた小蒔は、今まで眠ってしまっていたと言い出す。
ここから全力以上であたるという宣言に危惧する優希たち。
そんな中、控え室にいた宮永咲だけは、彼女が目を覚ましたことで力が現れたのではなく、消失したのを感じ取っていた。
普通に打っていたのに、いきなり寝てたとか言われたらビックリだよね。姫松は各校を研究しているけど、小蒔が寝ながら打つという事までは判ってなかったらしい。

小蒔を警戒するも、相変わらずの好調の優希。
更に白望もテンパイ、小蒔も手が進んでいた。
そんな中で立直をした漫は、他の二人が既に張っている事に気づいて、和了れないのではないかと危惧するも、あっさりと小蒔が放銃してしまう。
4人中では本来最強クラスの筈の神代があっさりと振り込みという事態にシロも気が抜けてる。親番を流された優希に至っては放心状態。

実は小蒔は寝ている時こそ力を発揮する能力を持ち、起きている間は普通のがんばりやさん
チームメイトの狩宿巴は二度寝も無さそうであるから、三万点差は覚悟しなければならないと考える。薄墨初美は六万点差でも自分が逆転する、石戸霞は九万点差ならおやつ抜き、滝見春はトバされなければなんでも良いとお気楽ムードだった。
緊張感があるのかないのかイマイチ良く判らないのがこの永水女子のみなさん。

衣のトイレに付き合っていた純は宮守女子の姉帯豊音とすれ違い、彼女の長身に驚く。
登場人物中、最も長身なトヨネ。

大事な親番が流れて気落ちする優希だが、まだ東場であると気合いを入れ直す。
優希は一手目からテンパイとなるも、それでは四風連打で流れてしまう。
優希はそれで流れるような勢いなら願い下げと、敢えてテンパイを崩して挑む。
四風連打は1順目に4人が同じ風牌を捨てることで、その場合は流局となってやりなおしになります。ルールによっては4人目が流すかどうかを選べる時もあります。
好手だったり、テンパイだったりしたら、流せるけど敢えて流さない、という選択肢は普通にあります。

解説の戒能良子プロや霞は、白望の力が『迷い家』であり、迷うほどに手が強くなるのだと気づく。
優希の勢いを押さえて和了る白望。
最下位として引き離される姫松高校だが、真瀬由子はそれでもまだ想定の範囲内であり、漫の爆発を待っていた。
原作では語られていないシロの力が解説されました。
原作でも霞が「マヨヒガの子」という言葉は口にしていて、宮守女子での要注意人物にしていたんだけどね。
原作ではこの試合に関しては実況・解説が出てきていないんだけど、戒能を解説にしたのは原作で明らかにされていない能力を説明させるためなのかな。
しかしこの戒能はこの後で姫松の練習に付き合うんだけど、解説プロが特定の高校へ肩入れすることは許されるんだろうか。ああ、でも靖子も清澄に力を貸しているか。

自分たちが山から降りてきたこのタイミングで、同じく山から降りてきた宮守女子の選手達。
果たしてそれが偶然なのか、霞は見極めようとしていた。
そして再び小蒔に異変が訪れようとしていた。

次回 第5話「神鬼」

次回は先鋒戦の残りと、次鋒戦。
発揮されずに終わったエイスリンの力についても解説があるのかな。
後、巴もか。

■トラックバックが飛ばない場合には別館(http://libra1974.blog86.fc2.com/)
にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さいgood

アニメ 感想 レビュー

|

« 絶滅危愚少女 Amazing Twins 第1話「わたしたちのショウへようこそ」 | トップページ | キルラキル KILL la KILL 第十六話「女はそれを我慢できない」 »

咲-Saki-」カテゴリの記事

コメント

原作では、漫ちゃんは油性で何を書かれたのかが描かれてなかったと思うので、次回のアニメでそこがわかるんじゃないかと期待しています。
やはり、「辰」なんでしょうかね?

投稿: やっさん | 2014年1月29日 (水) 23時56分

> やっさんさん
原作でちらっと出ている場面はあるんですが、はっきり判らないんですよね。
たぶん「末」か「未」だと思うのですが、末原の末かなぁ

投稿: 黒虎 | 2014年2月 6日 (木) 01時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/59033234

この記事へのトラックバック一覧です: 咲-saki-全国編 第4局「東風」:

» 咲-Saki-全国編 テレ東(1/26)#04 [ぬる~くまったりと]
第4話 東風 大会2回戦の第3試合、初出場校は既に残り2校。その内の1校が清澄だった。 実は要注意人物は清澄の先鋒、片岡優希選手です。大将も要注意ですが、彼女は個人戦歴代ハイスコアを 獲得しています、東場だけですが。しかも起家の確立が異常に高い、能力持ちです。 今回も起家の優希、3巡目でリーチの速攻。小瀬川白望の5索をポンする神代小蒔。優希が自模るはずだった牌は2筒。それでも5筒を自模る優希。4千点オールの親満だったが、2筒なら三色、一発も付いて 親ハネだった。ずらしても駄目なのかと漏らす小瀬川白望... [続きを読む]

受信: 2014年1月29日 (水) 20時40分

» 咲-Saki- 全国編 第4話「東風」 [のらりんすけっち]
東風戦ならタコス、先鋒にはうってつけの子。 本人も自信満々、快調に飛ばし始めましたが。 タコスのスタートダッシュは長続きせず。 この辺はさすが全国大会か。 タコスの勢いを止めたのは永水女子の小蒔ちゃん。 なんと対局中に寝てました^^; しかし、仲間たちの会話から察するに、眠りは彼女の重要ポイントのようで。 現状で一番避けたい状況をコントロール出来る力がありそう。 咲ち...... [続きを読む]

受信: 2014年1月29日 (水) 21時04分

» 咲-Saki-全国編 第4話「東風」 [破滅の闇日記]
咲 -Saki- フェス 四角い宇宙でSquarePanic! [Blu-ray](2013/03/06)悠木碧、東山奈央 他商品詳細を見る  ようやく、本格的に麻雀戦が始まりました。このアニメは特殊能力の使用者が多いです。萌え属性だけでなく、麻雀アビリティでも個性分けをしているようです。美少女雀士が多数おり、それぞれを魅力的に描いていこうとすれば、ゲーム構成を考えるのも大変そうです。片岡...... [続きを読む]

受信: 2014年1月29日 (水) 21時25分

» 咲-Saki-全国編 第4話「東風」 [空 と 夏 の 間 ...]
第2試合、先鋒のタコスは得意である東風で力を発揮。 迷うほどに強くなる小瀬川白望もその能力を見せ始めるが… 起きたといいつつ、まだ何かを待ってるような神代小蒔が不気味です。 タコスのターンだじぇ(笑) 最初は調子いいんですが、どこまで頑張れるか? 注目される小蒔の能力が気になりますw... [続きを読む]

受信: 2014年1月29日 (水) 22時34分

» 咲-Saki-全国編 第4話 [おちゃつのちょっとマイルドなblog]
咲-Saki-全国編 第4話、「東風」。 コミックは未読、アニメの無印および阿知賀編は視聴済みです。 先鋒戦開始。 [続きを読む]

受信: 2014年1月30日 (木) 01時15分

» 咲-Saki-全国編 第4話「東風」感想 [かて日記-あにめな生活-]
咲-Saki- 全国編 第4話「東風」感想   東風をその背に受けて。 [続きを読む]

受信: 2014年1月30日 (木) 23時55分

» 咲-Saki-全国編 第4話 東風 [ゲーム漬け]
優希の東発の起家で始まる先鋒戦。 意外にも姫松高校が警戒しているのは小蒔ではなく優希で、漫もチームの方針に従い、優希を警戒。 勿論、小蒔は強いからマーク ... [続きを読む]

受信: 2014年2月 2日 (日) 20時20分

» 咲-Saki- 全国編 第4話 『東風』 早いリーチは一四索(イースーソー)。 [こいさんの放送中アニメの感想]
というセオリーが通用しない。東場の優希は鬼強い、これは他校にも知られる様になってました。逆に言えば東場を凌げば怖くない訳で。安手で早々と南入させるのは対策として間違ってない。でも優希は合宿を経てパワーアップ。生半可な対抗策じゃ通じない。 今回一番割を食ったのは姫松の上重ですね。優希の研究をして、対策も練ってきた。でも無能力者の悲しさ。他の連中がズバズバ危ないところを切っていく中で一番大丈夫そうな牌を当たられてしまう。永水の神代と宮守の小瀬川は能力で当たり牌を自動回避しているフシがあり、何とも不公平... [続きを読む]

受信: 2014年2月 3日 (月) 16時54分

« 絶滅危愚少女 Amazing Twins 第1話「わたしたちのショウへようこそ」 | トップページ | キルラキル KILL la KILL 第十六話「女はそれを我慢できない」 »