« 生徒会役員共* 第7話「上手いこと いってやったぜ/君を照らす大きい存在/見たまんま たれ流し」 | トップページ | 生徒会役員共* 第8話「波との戯れ びちょびちょだぜ/万能ウィング/夏の夜 夏の朝」 »

2014年2月21日 (金)

キルラキル KILL la KILL 第十九話「たどりついたらいつも雨ふり」

上空に出現した無数のカヴァーズ。
会場にいた人々が次々と人間がカヴァーズに着させられ、満艦飾マコは人々を急いで避難させていたが、モニターに映し出された映像で纏流子が鬼龍院羅暁の死んだと思っていた娘だと知って驚く。
それに気を取られていたマコもカヴァーズの糸に捕らえられ、助けようとした蟇郡苛も一歩間に合わず、食われてしまう。
マコが喰われてしまうという事態ですが、流子はそれどころではないご様子。

心臓を抉り出されても羅暁と同じように瞬く間に回復してしまう流子。
自分の父親は纏一身であり、羅暁の娘ではないと必死に否定する流子は取り乱す。冷静さを取り戻させようとする鮮血の声も届かない彼女に、針目縫はやはり自分の目に狂いは無かったと笑う。
神衣純潔を奪われて倒された鬼龍院皐月だが、最後の力で会場に仕掛けていた爆弾を起爆させる。
明らかに以前より回復能力が増しているのは、皐月との戦いを経て、流子の中にある生命戦維が活性化したためだろうか。

一ヶ月後、本能町はカヴァーズたちで溢れかえり、人々は隠れ住んでいた。
子供達だけで隠れ住んでいた満艦飾又郎はガッツと共にカヴァーズの目を盗んで食料の調達に出るも捕らえられてしまったところを蛇崩乃音に救出される。
乃音たちも今やすっかりヌーディストビーチ仕様。生命戦維が使われていない服が殆ど存在しないから、あーゆー恰好になるしかないのかな。又郎はもっと乃音の格好に食いつくかと思ったけど、それどころでは無かったのかな。
今や本能町だけにとどまらず、日本中にカヴァーズが溢れかえっていた。
猿投山渦は北関東ススキヶ原で人々を逃がしていたが、カヴァーズとの戦いの中で三つ星極制服剣の装更改が限界を迎えて崩壊してしまう。そんな彼を北関東番長連合が我が身を犠牲にして助ける。
酷使しているのと、メンテナンス用の生命戦維がないから極制服を維持することが出来ないのかな。

かつての四天王を中心に、人々は大阪にあるヌーディストビーチ秘密基地でヌーディストビーチの一員となっていた。
北関東番長連合が敗れたことにより、皐月が生命戦維への対抗勢力として築いていた学園は全て敵の支配下となってしまった。
3年掛けて支配してきた学園が、僅か一か月で壊滅か。
今や彼らに極制服も残っておらず、皐月のかつての秘剣『縛斬』を元に作り出した縛斬・臥虎と縛斬・藏龍の二本、黄長瀬紬のテイラーズ・ダガーとテイラーズ・グローブ、美木杉愛九郎のDTR(道頓堀ロボ)だけだった。
ヌーディストビーチの施設も本能字学園で破壊しため、武器の供給もおぼつかない。
皐月の真意を知っていたのは四天王と伊織糸郎、揃三蔵だけで、それを羅暁に知られるわけにはいかなかったのだ。
秘密は知る者が多いほど流出の危険性が高いからね。ヌーディストビーチに羅暁のスパイがいないとも限らない。縫とは普通に変装して色々なところへ潜り込めるし。
直前までは絶対に知られるわけにはいかなかったんだろうし、思い通りに計画は進められたけど、羅暁の化け物加減がそれを上回ったという事なんだな。
しかしやはり本家ヌーディストの美木杉はヌード具合が他の奴らの頭一つ上を行く。

今や国民全員にREVOCS社の生命戦維入りの服が行き渡っており、それを着ていることによって精神介入されて、カヴァーズがどれほど溢れかえっても人々はその存在をまったく気にしなくなっていた。
極制服を着ていた本能字学園の生徒達は生命戦維への抵抗力を持っていたため、幸いこれを認識することが可能。
つまりカヴァーズとの戦いの一方で、一般市民は普通に暮らし続けているということなのか。

皐月の行方はしれないが、四天王たちは彼女が生きていると信じていた。
一方で鮮血によって助けられた流子はあれ以来ずっと昏睡状態が続いていた。彼女を案ずる鮮血を言葉が通じないながらも慰める満艦飾好代。
満艦飾薔薇蔵は色々と精神的なショックなども起因しているのだろうというも、生きていれば良いこともあると望みを託す。
鮮血の言葉は聞こえなくとも、動くのはもはや普通のこととして受け入れられてるんだな。

無事に両親と再会した又郎が本能町に居続けたのは、マコが生きていると信じてのことでした。
まぁ、又郎はただのガキ大将で、戦闘力なんて皆無に近いから、運よくマコを取り込んだカヴァーズを見つけることが出来たとしても助けるのは無理だったんだろうけどね。

かつての本能字学園跡で捕らえられていた皐月は、羅暁にあざ笑われる。
20年も服を着ていれば抵抗感が全くなくなるため、10代後半の子供達で構成される学生を核にして羅暁を倒そうとしていたが、今や彼らもカヴァーズの餌食となっていた。
いずれ流子も自分の元へやってくると笑う羅暁。
羅暁の下から逃走した鬼龍院総一郎は、追っ手に殺害されたフリを装い、皐月に復讐を託すと同時に、纏一身として助け出していた流子を育て上げ、ヌーディストビーチを作り上げていた。
一身=総一郎という事は、流子の存在を知るまでは誰も知らなかったのか。変装にもほどがあるだろう。流石の羅暁も完全に一杯喰わされてしまったわけだ。

羅暁が皐月を生かしているのは、彼女にまだ価値があったから。
縫は精神操作された裁縫部員たちを使い、究極の神衣の製造に当たっており、皐月をこの神衣に食わせるつもりでいた。
流子を奪取するべく、ヌーディストビーチの本部へと襲撃をしかけるカヴァーズに、美木杉と黄長瀬、四天王が立ち向かう。
ガッツが一つのカヴァーズに吠えているのを目撃した蟇郡は、伊織の開発した新兵器を使い、食われていたマコを救出する。
救出されたマコは何故か全裸。カヴァーズの体内で生命戦維以外の繊維は邪魔だからと消化されてしまったのかな。
もはや蟇郡がマコに惚れてる、というのは四天王の中で共通認識になってるっぽい。

カヴァーズは母胎である原初生命戦維からエネルギー供給を受けて活動しているため、これを切断することにより活動を停止させることが出来る。
だが人を食ったカヴァーズは取り込んだ人間をエネルギー源としているため、独自に活動が可能。
取り込まれた人間を救出することで、カヴァーズの活動機能を停止させることが出来る。そのために作り出されたのが『急急救命吸引具』だった。
天代服討!
しかし一体一体をいちいちやっているのではかなり非効率な武器ではあるよな。圧倒的に相手が取り込む速度の方が早いし。
試作品である今作が成功したら量産するという可能性もあるけど、ヌーディストビーチの施設は壊滅状態だから、量産する生産ラインも残ってい無さそうだし。

カヴァーズたちは竪琴のように変化して不協和音を奏でるが、その音に反応した流子が目覚め、生身のままでカヴァーズをたった一撃で倒して取り込まれた人々も救出してみせる。
カヴァーズたちが不協和音を奏でたのは、おそらく昏睡状態にある流子を目覚めさせるためだろうな。究極の神衣に流子を食わせるには、彼女に目覚めてもらう必要があったんだろう。
だが、目覚めた彼女は鮮血を拒んでしまう。
鮮血と自分は同じ生命戦維の化け物だと。
生命戦維との融合が更に進んで、羅暁に近いパワーを持つようになってきたのか。
以前は鮮血が生命戦維としても友達として受け入れた流子なのに、自分が普通の人間じゃなかったと知ったショックからか、自分も鮮血も「化け物」だと自暴自棄気味。
鮮血のことも拒絶してしまった。
鮮血のことを友達として、共に戦うのがベストなんだろうけど。
この流子の心を元に戻せるのはやはりマコかな。かつて流子が鮮血を友達として受け入れたように、マコが流子を受け入れてくれることで氷解するのではないだろうか。

利用するために捕らえたまま生かしておかれていた皐月だが、彼女はまだ諦めてはいなかった。
爪は鑢になっていて、アレで脱出を図る予定なのだろうか。とはいえ脱出しても正面から挑めば負けるだろうし、やはり純潔の奪還が必須か。後は原初生命戦維を先に何とかするとかもあり得るかな。

次回 第二十話「とおく群衆を離れて」

予告は今回で終了。次回からはWEB限定配信。尺が足りないのかな。
流子は一人で羅暁に挑んで負けて、あの神衣を着させられそうになってしまうのかな。

■トラックバックが飛ばない場合には別館(http://libra1974.blog86.fc2.com/)
にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さいgood

アニメ 感想 レビュー

|

« 生徒会役員共* 第7話「上手いこと いってやったぜ/君を照らす大きい存在/見たまんま たれ流し」 | トップページ | 生徒会役員共* 第8話「波との戯れ びちょびちょだぜ/万能ウィング/夏の夜 夏の朝」 »

キルラキル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/59174296

この記事へのトラックバック一覧です: キルラキル KILL la KILL 第十九話「たどりついたらいつも雨ふり」:

» キルラキル KILL la KILL #19 [ぐ~たらにっき]
『たどりついたらいつも雨ふり』 [続きを読む]

受信: 2014年2月21日 (金) 20時00分

» 『キルラキル』#19「たどりついたらいつも雨ふり」 [ジャスタウェイの日記☆]
「あぁ、そうだ、私は人間じゃない。生命戦維の化け物だ!!」 空一面を覆いつくすカバーズがいっせいに動き出し、 観客たちを吸収し始めた。 四天王はあわてて阻止に動き出すが、 蟇郡の奮闘もむなしく、マコまでもが吸収されてしまう。... [続きを読む]

受信: 2014年2月21日 (金) 21時10分

» キルラキル 第19話 「たどりついたらいつも雨ふり」 感想 [ひえんきゃく]
蟇郡、マコにベタ惚れですね(笑) 流子はまた鮮血を否定するのか。 たとえ人間でなかったとしても自分は自分でしょうに。 流子は倒れ、皐月は消え、マコですらも行方不明。 ヒロイン3人が不在という最大のピンチ。 だがまだ四天王がいる。 裸の戦士がいる。 人間のしぶとさ、見せてやる。  キルラキル 公式サイト 新世界交響楽(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)(2014/...... [続きを読む]

受信: 2014年2月21日 (金) 21時20分

» キルラキル 第19話「たどりついたらいつも雨ふり」 [破滅の闇日記]
キルラキル (1) (カドカワコミックス・エース)(2013/12/02)あきづき りょう商品詳細を見る  衝撃的な展開が続いています。生徒会四天王がヌーディストビーチに加わっていました。4人ともセクシーですよ。こちらの方が似合っているような気もしてきました。極制服も限界が来たようですし、原初生命戦維と戦う拠点も限られています。蛇崩乃音が基地を攻めたこともあり、気まずい部分もありそうですが...... [続きを読む]

受信: 2014年2月21日 (金) 23時08分

» キルラキル 第19話「たどりついたらいつも雨ふり」感想 [アニメ色の株主優待]
皐月の謀反、『COVERS』による人々の吸収。 混迷を極める本能字学園、大文化体育祭会場。 皐月を倒し『神衣 純潔』を奪った羅暁はさらに流子の心臓を抉り出し、流子が羅暁と同じ生命戦維と融合した存在である事を告げる。 驚愕の真実に戸惑い荒ぶる流子は鮮血の制止も聞かずに羅暁に斬りかかるが、縫と羅暁の二人に挟まれ絶体絶命の状況に陥ってしまう。 その時、純潔を奪われ満身創...... [続きを読む]

受信: 2014年2月22日 (土) 01時49分

» キルラキル 第19話「たどりついたらいつも雨ふり」 [パンがなければイナゴを食べればいいじゃない]
評価 ★★★★ 今回で最終回!              [続きを読む]

受信: 2014年2月22日 (土) 06時44分

» キルラキル 第19話「たどりついたらいつも雨ふり」 [こう観やがってます]
マコのママ股間見過ぎ。 ののんの格好がえっちかったですね。 ヌーディストビーチっていいところだと初めて思った。 キルラキル 纏流子 神衣鮮血ver. (1/8スケール PVC製塗装済完成品)(2014/06/30)ファット・カンパニー商品詳細を見る 以下キルラキル 第19話「たどりついたらいつも雨ふり」の感想 ... [続きを読む]

受信: 2014年2月22日 (土) 13時06分

» キルラキル TBS(2/21)#19 [ぬる~くまったりと]
第19話 たどりついたらいつも雨ふり カバーズが空一面を覆う。地上の人間を捕まえて取り込んで人型カバーズとなる。捕まったマコを助けようとする蝦郡だが四天王に止められる。 美しい、これほどまでに生命戦維と一体化しているとは。流子の心臓を眺めながら羅暁が囁く。私の父は纏一身だ。落ち着け流子。まだ私は負けていない、羅暁スタジアムを爆破する皐月。 1か月後、町ではカバーズが跋扈していた。捕まりそうな又郎を助ける蛇崩乃音。猿投山と蝦郡は北関東で人々をカバーズから救出していた。しかし猿投山の極制服も限界、破壊し... [続きを読む]

受信: 2014年2月22日 (土) 15時38分

» キルラキル 第19話 『たどりついたらいつも雨ふり』 COVERSと人類の存亡を賭けた戦いが始まった!! [こいさんの放送中アニメの感想]
マトリックスのようなターミネーターみたいな。COVERSが人を取り込んでエネルギー源にするのは「マトリックス」で人類を電池にしていた事を思い出します。また町中を捜索している様は「ターミネーター」のハンターキラーを彷彿とさせる。 心臓をえぐり出されたにも関わらず生きている流子。彼女は鬼龍院羅暁の娘であり、失敗したと思われた生命戦維融合実験の成功体だった。しかし流子そして皐月ともに満身創痍。天空に現れたCOVERSが次々と人を取り込んでいく中で自爆ボタンを押すのが精一杯。こうして人類は... [続きを読む]

受信: 2014年2月22日 (土) 15時52分

» キルラキル 第十九話「たどりついたらいつも雨ふり」 感想 [趣味人の宿部屋]
敗北と拒絶 あらすじ 心臓を引き抜かれても、なお生きている自分に驚く流子。流子はその身体に生命戦維を組み込まれた、羅暁の実の娘であり、流子と皐月は姉妹だったのだ。流子は衝撃の真実に愕然とする。上空からカバーズに襲われた市民たち、そしてマコまでもがカバーズに吸収され本能字学園は羅暁と縫、カバーズらの手に渡ってしまう。大阪では逃げ延びた四天王はじめ生徒たちとヌーディストビーチが共にレジス...... [続きを読む]

受信: 2014年2月22日 (土) 20時04分

» キルラキル 第19話「たどりついたらいつも雨ふり」 [空 と 夏 の 間 ...]
羅暁とカバーズの前に敗れ去った本能寺学園。 皐月は最後の手段に羅暁スタジアムを爆発させるが…。 毎回目が離せない展開です。 マコと蟇郡に着実にフラグも立って行くのもw  ... [続きを読む]

受信: 2014年2月22日 (土) 23時38分

« 生徒会役員共* 第7話「上手いこと いってやったぜ/君を照らす大きい存在/見たまんま たれ流し」 | トップページ | 生徒会役員共* 第8話「波との戯れ びちょびちょだぜ/万能ウィング/夏の夜 夏の朝」 »